【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

盛岡市で、特に豪雪のため毎年雪処分に困っています。
範囲はあまり広くないのですが、雪の積もる量が多すぎるので毎年苦労しています。
家庭用でバーナーか何かで雪を解かすようなもので融雪機か何か良いものを知りませんか。
家の前が坂になっていて側溝がありますので、解かしたものはそれに流せます。
場所的にロードヒーティング、除雪機が使えません。
価格があまり高くなく効率の良い製品で販売かリース等で、情報があればお知らせください。
また、調べた機種もあるのですが、火が外に見えて風の強い日には問題があるだろうという事と、燃料を沢山使う割には効率が悪い、急激な高火力を発するためにバーナーの材質に問題があるのか故障が多く、修理費が高くつくという製品もありました。
信頼のおける安全と思われる製品があれば情報をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どんな熱源を使おうとも、外面、上面から熱を与えても、ご承知のように熱は比重が軽く過ぎの上空へと逃げてしまい、使用する熱量の割に域を溶かす効率としてははかどりません。



ロードヒーティングを例に挙げておられますが、地面に設置したこのロードヒーティングの場合、その上に積もった雪が蓋をするように積もっているわけですので、発生した熱が雪と熱交換をする以外に熱の逃げ場はなく高熱でなくとも発熱が持続するだけで効率よく融雪出来るわけです。

機材や材料などを購入する際には、その物の価格よりは効率を重視し検討されることをお勧めします。

いくら高い立派な機材を買おうと、燃料や電力ばかり食ってなかなか雪が解けないではお金をどぶに捨てるような物ですね?

一番安く効果的に消すとすれば、熱源は電力、燃料など何であれ、せいぜい5~10度近くまで持続的に水を加温できるもの、貯めておける物を使い、雪の積もっている地面に均等に流せる配管を設置することでしょうか?

高熱のお湯を作る必要はありません。
むしろ熱湯の出口付近から真っ先に雪が解け、積雪に穴が空き、後は貴重な熱が真っ先にそこから逃げてしまいます。

そちら盛岡でも、道路に消雪パイプという路面にチョロチョロ地下水が噴き出す物が設置されている箇所がありませんか?
あれは地下水であり、お湯ではありませんよね?温度差も知れたものです。
あれで良いのです。

ほんの数度だけでも温度を加温できれば、原水は水道でも構いません。
浴槽、2~5杯分も使用するとして、その水道代がいくらくらいになるか、水道料金からアバウトながらも計算できませんか?

高価な装置や機器を購入するより融雪の際も流しっぱなしで手間も掛からずコストも割安かと思いますよ?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうですね。
良く考えるとそう思ってきました。
消雪パイプの検討をしてみます。
貴重な回答で大変ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 17:33

雪国、富山の住人です。


私の家は井戸水を流して融雪しています。
ホームセンターなどにも三角形の丈夫なゴムパイプでそこに水を通すと、たくさん開いた小さな孔から水が噴き出てくる、簡単なもの売っていますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

これは良いですね。
このような製品を探してみます。
良い情報をありがとうございました。

お礼日時:2013/10/26 08:27

融雪剤といのがあります。


建築現場などで使うものです。

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%9E%8D%E9%9 …

火で雪を溶かすのは大変ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

実を言いますと、昨年使用してみたのですが、雪が多く降り出すとその上にどんどんと積もって行って、融雪剤はどうなったという感じでした。大雪に効果ある製品があれば良いのですけれどね。氷には効果はありました。
大変ありがとうございます。

お礼日時:2013/10/19 17:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自作融雪機の作り方知りませんか?

毎年庭に溜まる雪の処分に非常に困っています。
以前にテレビでストーブの廃熱を利用した融雪(ロードヒーティング?)を自作している方がいました。おそらくラジエターの様な構造で不凍液を暖めていたのだと思うのですが作り方が解りません。どなたか教えて下さい

Aベストアンサー

石川県の元金沢市議の杉浦さんが考案し、実施している方法があります。

側溝の水を小型のポンプで排出し、ある程度の長さのホースの所々に穴をあけ、融雪装置にしています。
当然、道路に流した水をせき止めて側溝に戻す工夫が必要です。

詳細は、たぶん金沢市役所に聞けば良いかと思います。

Q駐車場の雪を早く溶かす方法

急いでいます、簡単に・・・
2日後に我家に友達3人招きました。
それぞれ自家用車で来ます。いつもは私の車軽1台を含め4台余裕で止められますが、積雪後みんなで会うのは初めてで・・・
すっかり忘れていました・・・雪が・・・
除雪した雪が邪魔で車が止められそうにありません。
何とかしょうと試みたのですが硬くて手に負えません。
晴れてお日様にお願いするのが一番だとは思いますが、曇り空ですし晴れても気温が低く期待できません。
早く溶かすのに水を撒いたらだめですか?
何かいい方法があったら教えて下さい。
ちなみに除雪車の影響で両側に雪があるので道幅が狭く路上駐車は難しいいです。

Aベストアンサー

市販の融雪剤をまくのが一番手っ取り早く楽です。一袋25kg入りで2000円程度です。かなり効果ありますよ。今の時期でしたら、ホームセンターで普通に売っています。色々な種類がありますが、基本は塩化カルシウム、ナトリウム、つまり塩です。ですから、植物が生えているところなどにはまけないのですが、駐車場なら問題ないでしょう。

学校の校庭やグラウンドでもよく冬の間は、これを撒いています。

家庭で一時的に使うなら、やや高いですが、塩の成分ではないものもあるようです。

Qロードヒーティングってどう?

こんにちは!雪国の方に質問させてください。
昨年暮れに新築したのですが、今年は例年以上に雪が多く、毎朝の雪方付けに大変苦労しました。
そこで次の冬には除雪を極力しないようにしたいと考えています。
今、候補として考えているのがロードヒーティングなのですが、長所と短所を教えて頂きたく宜しくお願いします。

Aベストアンサー

世界一の豪雪都市に住んでいますが(当地自治体調べ)
ロードヒーティング便利ですよ~
自動にすれば雪が降った時のみ稼動します
朝の駐車場の雪方付けってよりは雪捨て場として重宝しています
(ちなみに家の前に流雪溝はあります)

短所は当然お金がかかることです
車2台分のスペースですが月1万5千円ほどかかります
(今年1月)

Q水道管を使って自宅前の消雪がしたいのでですが...

自宅前に水道管を使って消雪装置を作りたいのですが、材料で迷っています。
お薦めの材料を教えてください。

状況
アスファルト敷き、道路際に排水溝あり。
ホームポンプで地下水を汲み上げてゴム製ホース?で消雪中。
これを恒久的な配管に変えたいと考えています。
地面埋め込みはせずに、建物の基礎や玄関ポーチ、ブロック塀の際を這わせる予定です。

強度と耐久年数を考えて金属製の水道管を考えたのですが、エルボーや分岐など自分で工事ができないので業者にお願いすることになります。
どうせお願いするなら材料費だけでも抑えたいので、安い配管材を教えてください。

また、高価な専用工具など使わずに自分でできる配管材料などありましたら教えてください。
強度と耐久年数があることと、安いことが条件です。
塩ビ管も考えましたが、強度と耐久年数に不安があるために止めようと思います。

口径は13mm程度、耐久年数は20年を考えています。
蛇口との接続はゴムホースです。

Aベストアンサー

また連投です。

ロックタイトはネジ止め用だと使用したことがないので、どの程度シールが効くのかわかりませんが、私は以下の製品を使用していました。
http://kudohkenzai.shop-pro.jp/?pid=15091323
(私はなんちゃら建材の回し者ではありませんw)

金属同士、もしくは片面金属で使用可。
ネジ山に塗ってギュッと閉めるだけの作業性です。
これなら専門の方でなくても施工できますね。
できればシールテープと同時使用が良いかと思います。

鋼管の様にネジ山の横にツバが無いパイプなら、シールテープを巻く際にネジ山をプライヤーで強く挟み、そのまま捻ってネジ山自体に傷を入れてから巻いてください(先端寄りに傷を入れるのがベター)。
これでシールの滑り(カラ回り)を防止できます(カラ回りすると漏水します)。

ネジ山にキズ入れたら余計漏れるのでは!?と仰る方もいますが、ヤジ山自体が大きな傷の様なものですし、シールを巻くので問題ありません。
一部の水道屋ならではの技術ですので、知らない人は驚きます^^;


ロックタイトは容量の大きいものは5000~7000円となかなか高価ですけど、この50mlだと安価ですね。
そちらで施工するには充分の量だと思います。


それと、あれから考えてみましたが、用途によって部分的に材料を変えるのも良いと思いますよ。
例えば曲りは多いが見た目を気にしなくて良い場所だと、ポリパイの成りを利用して這わし(そうすれば継手不要)、直のパイプにしたい場所は鋼管やHIなど…(HIはひわってきたりしますが)。
HIはネズミ色のTS管に比べると多少値は張りますが驚くほどじゃありません。
先々を考えるとHiの方がベターです。
ホームセンターでも取り扱ってる店はありますよ。

降雪のある場所では配管自体に強度の出る鋼管か、それとも多少当たっても動きに融通の利くポリパイか…選択に悩むところですね。
用途が用途なので別に銅管(どうかん)でも良いと思いますけど、水質を考えると耐用年数に疑問が出ます。


何を使って施工するにしても、極力継ぎ手部分を少なくする方がトラブルは少ないため、可能であればポリパイ1本で済ませると後々のトラブルが少ないでしょう。
これなら巻きで売ってるので数十m単位であります。
耐用年数とか言ったって、継手の接着部分などは施工次第ですし、半永久的なものではないですからね…。

いろいろ考えて少しでも良いものが出来るといいですね。

自分なら、可能であるなら全ての配管を埋設し、各散水部分に散水栓を設置するかもしれません。
これなら外部からの衝撃も気にならないし、使用後に水抜きも出来ますしね。
何より見た目にも美観を損なわないかと…。
と思ったらアスファルトでしたね^^;

また連投です。

ロックタイトはネジ止め用だと使用したことがないので、どの程度シールが効くのかわかりませんが、私は以下の製品を使用していました。
http://kudohkenzai.shop-pro.jp/?pid=15091323
(私はなんちゃら建材の回し者ではありませんw)

金属同士、もしくは片面金属で使用可。
ネジ山に塗ってギュッと閉めるだけの作業性です。
これなら専門の方でなくても施工できますね。
できればシールテープと同時使用が良いかと思います。

鋼管の様にネジ山の横にツバが無いパイプなら、シールテープを巻く...続きを読む

Q雪国で屋根に融雪装置をつけていない住宅

関東地方在住の者です。

今年の雪国の降雪は凄いようで、屋根に押しつぶされる死亡事故が相次いでいます。

事故にならないまでもたっぷり積もった雪を屋根に上がって雪下ろしをしている映像を見ると大変に思えます。

私の住んでいるところでは年に数回数センチ降るのがせいぜいですので設置しないのはわかるのですが、毎年確実に雪が降り、雪下ろしを余儀なくされるのに設置しない理由はどうしてなのでしょうか?

コスト的には電気式にしろボイラー式にしろそんなに高いとは思えません。
http://www.daiwasus.co.jp/yukimataji/tokutyo.html
http://question.woman.excite.co.jp/kotaeru.php3?q=1868093
雪下ろしの手間や被害を考慮すればむしろ安ように思えます。
住宅購入時にそれを含めて購入を検討すれば良いと訳ですし・・・。

少なくともクルマを新車で買える予算があれば(私など数十万円の中古車しか買えない)資金が足りなくて設置できないと言うことはないと思うのですが、その辺りのことに詳しい方がいらっしゃいましたらご回答願います。

関東地方在住の者です。

今年の雪国の降雪は凄いようで、屋根に押しつぶされる死亡事故が相次いでいます。

事故にならないまでもたっぷり積もった雪を屋根に上がって雪下ろしをしている映像を見ると大変に思えます。

私の住んでいるところでは年に数回数センチ降るのがせいぜいですので設置しないのはわかるのですが、毎年確実に雪が降り、雪下ろしを余儀なくされるのに設置しない理由はどうしてなのでしょうか?

コスト的には電気式にしろボイラー式にしろそんなに高いとは思えません。
http://www....続きを読む

Aベストアンサー

雪国に住んでいます。
新築を検討しているのですが以前色々と調べてみました。

既存の屋根に設置する場合、方法によっても多少異なりますが、大体200万円からかかるそうです。
新築時に設置する場合も150~200万位かかります。

これは大体屋根の端を一周させる時の価格です。
屋根全体に設置すると更に高くなります。

雪国で雪下ろしを業者に1回お願いすると2~3万円かかりますが、これを1シーズン4回お願いすると年あたり10万円くらいです。

既存の家に設置する場合、微妙な値段差です。20年で元は取れる計算になると思いますが・・・

私も既存の家に設置するのを躊躇してはや20年。
ここ数年大雪ですが、それ以前の10年間は年々降雪量が序々に減ってきて、来年もきっと雪が少ないんだろうなぁと・・・

結局毎年踏ん切りがつきません。

それと
http://question.woman.excite.co.jp/kotaeru.php3?q=1868093
の30万円は多分屋根のほんの一部だけ施工した金額だと思います。

Qアスファルト舗装の単価

アスファルト舗装の単価
自宅前の空き地をアスファルト舗装にしようと思っています。
平米あたりの単価はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

事例で説明

条件 空き地
   排水溝なし(自然と端部に流れる勾配)
   面積 10m×10m=100m2
   基礎砕石 5cm
   アスコン 5cm(細粒加熱アスコン使用)

工事費
   材料
      砕石     100×0.05=5m3            25000円
      アスコン   100×0.05×2.3t/m3×1.2=14t    182000円
   労務機械
      整地、砕石工事、アスコン舗装工事         150000円 
   経費                           40000円
   合計                          397000円(税別)  
   
    

Q住宅ローンの金消契約について教えてください。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信用情報に照会すると履歴が残ると思うんですが、
銀行は仮審査・本審査と信用情報に照会を
入れているんですよね?
その上、また金消契約の際も照会するのでしょうか?

それと、順番がよくわからないのですが
金消契約の際は新住所の住民票や印鑑証明が
必要とありました。
中古住宅の購入なので、今売主が住んでいます。
ちょうど引渡しの前日あたりに引っ越していく
予定らしいのですが、金消契約日(つまり融資実行)
を引渡しの5日ほど前にしたいと売主から連絡が
ありました。どの段階で住民票を写すことに
なるのでしょう?

あと、この金消契約で融資実行となり、
その後はもう銀行に行くことはないですか?
銀行に直接聞けばよいのですが
不動産やさんに任せてるのであまり聞けず・・・。

最後に金消契約の段階で融資不可、となることは
ありますか?それはどんな場合ですか?

色々書いてすみませんが
宜しくお願いいたします。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信...続きを読む

Aベストアンサー

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の出る、ありがたい客」になるので、堂々とした態度で臨みましょう!
※借金しているといって「卑屈」になってはいけません。

金消契約時に新住所の住民票を用意できればベストですが、売主の退去の都合等、社会通念上合理的事由がありそれを銀行に説明し納得していれば、事前の移動は必要はありません。入居後速やかに住所変更すれば良いのです。
※銀行側としては、後での住所変更(通常の住所変更とは異なり、融資取引の住所変更は手順が多い)はメンドーかつリスク(債務者が速やかに住所変更をしてくれない等)が伴うため、金消契約時に新住所になっている方がありがたい。

取引日当日の動きとしては、一般的に買主側の取引銀行(住宅ローンを利用する銀行)で行います。双方の必要書類を確認し、
1.住宅ローンの実行・買主口座への入金
2.買主口座から決済相当額を出金し、売主へ支払い
3.売主が入金確認後、登記手続
となります。これが「取引」です(決済ともいいます)。
買主と売主の取引銀行が異なると、代金決済後の入金確認に時間がかかることも考えられますので、決済は朝一番からはじめた方が良いと思います。

この段階で物件は買主のモノになりますが、実際はその後(一週間程度、この期間については双方合意の上、売買契約書に記載します)売主が退去することになり、不動産屋を通じて「鍵」を受け取ります。これが「引渡し」です。

引渡し後、買主は中古物件の「リフォーム」等をし、速やかに引越しします。同時に役場へ出向き住民票の移動を行います。そして速やかに銀行へ住所変更の届けをします。

リフォームの有無、市外からの転入、売主の転居都合等により、全体のスケジュールは異なりますが、概ね上記のとおりになります。例外のケースもあるので、銀行・不動産屋とよく相談・確認をしてください。

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の...続きを読む

Q雪国の屋根は、耐雪屋根か融雪屋根か?

雪国で新築を検討しているものです。
打ち合わせ当初は融雪屋根で150万円と営業はいっていたので、その線で考えていました。
今日HMの営業の人と打ち合わせしたのですが、建坪40(つまり屋根は20坪くらい)の場合、150万円では屋根の縁部分(1m程度)をグルリと付けるのが精一杯で、屋根全面にする場合、倍くらいかかるといってきました。
それに雪が多く降るときは融雪屋根のランニングコストが月2万円以上かかるので馬鹿になりません。
それよりも耐雪屋根にしませんか?とのこと。
こちらは強度計算が必要になりますが、大体同じ150万円くらいで建てられるのでどうでしょうか?といってきました。
耐雪屋根なら3m以上大丈夫なように設計されているので、大抵は雪下ろしは必要なくなりますよと・・・・

一応、融雪屋根は電気(200V)で一番寒い時期に月2万円くらいなら許容範囲かなとも思っています。

実際のところ、雪国に向いている屋根はどちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

札幌在住です。
こちらも雪は非常に多い地域ですが、ご質問者様はどちらにお住まいでしょうか?
お住まいの地域の事情がわかりませんが、こちらで言う融雪屋根というものは屋根に一切積雪させずに融かすというような設備は一般家庭ではまずつけません。
ご担当のHMが言うように、そのようなことをしようものなら、いくらコストをかけても間に合わないからです。
こちらで、融雪屋根を施工する場合は、軒先部分に融雪装置(パネル)を施工し、軒に溜まった雪庇が一気に落下しないよう、また、雪融け時期に大量の雪解け水が屋根から常時流れ落ちないようその部分を常に暖めて溜めないようにする為の補助設備のようなものです。
軒先以外の部分は基本的にスノーストッパーを屋根に施工するスタイルが殆どです。

拙宅も、このような格好で軒先部分にヒートパネルを埋め込んで常時運転させています。

融雪設備に過度な期待はかけないほうが良いですよ。

耐雪屋根とは、恐らく陸屋根か無落雪屋根の施工となるかと思います。
多雪地ですと、無論、屋根だけではなく、雪の加重を考えた壁の耐力等、十分な構造計算をしてそれだけ丈夫につくらなければならないので、建設時の経費はかさみます。その経費が150万とした場合、少々高いような気もしますが。
このようなタイプの屋根は、雨仕舞や地震対策に気を配ることが大切です。
最近多く見られるM型屋根は、屋根に雪を載せたままにしておけますが、雪樋は凍結防止のために建物の内側に設置します。そのため雨仕舞には十分注意しなければ、内部での雨漏りやすが漏れが発生しやすくなります。
また、縦樋の詰まり等の問題もありますので、決してノーメンテということにはなりませんのでご注意ください。

一般的に屋根雪処理法の選定は下記のようにフローチャート化できますので、雪国に向いているとか向いていないとかではなく、ご自分の住宅環境と照らし合わせ、客観的に再検討してみてはいかがでしょうか?
HMと打ち合わせをすると、視界がどんどん狭まって行き、周りが見えなくなる傾向に陥りやすいですので、一呼吸入れて、落ち着いて考えて見ましょう。
最良の選択ができるよう頑張って下さいね。


スタート→
屋根雪荷重(※)>耐雪加重?→yは1へ、nは2へ

1→
堆雪スペースは?→有るは1-1へ、無しは1-2へ

1-1→
自然滑落方式

1-2→
運用経費は?→止むを得ないは1-2-1へ、かけたくないは1-2-2へ

1-2-1→
融雪方式

1-2-2→
雪下し方式

2→
堆雪スペースは?→有るは2-1へ、無しは2-2へ

2-1→自然滑落方式

2-2→耐雪方式

※積雪が1mのとき屋根雪荷重は313kg/m3、2mのとき343kg/m3、3mのとき366kg/m3となります。
耐雪加重は、家の設計時の構造計算上の数字で、建築基準法施行令では平均密度として200kg/m3以上とされており、雪国では300kg/m3程度で計算されることが多いようです。
ですので、積雪が常時1mを超える様な場合、建基法施工令ギリギリの200kg/m3しか耐雪加重が取られていないような場合はそもそも耐雪屋根にすることができませんので、HMの耐雪計算は十分吟味する必要があります。

札幌在住です。
こちらも雪は非常に多い地域ですが、ご質問者様はどちらにお住まいでしょうか?
お住まいの地域の事情がわかりませんが、こちらで言う融雪屋根というものは屋根に一切積雪させずに融かすというような設備は一般家庭ではまずつけません。
ご担当のHMが言うように、そのようなことをしようものなら、いくらコストをかけても間に合わないからです。
こちらで、融雪屋根を施工する場合は、軒先部分に融雪装置(パネル)を施工し、軒に溜まった雪庇が一気に落下しないよう、また、雪融け時期に大量...続きを読む

Q家の周りに雪を積もらせたくない

私の住む所は積雪量が多く、道路から家までにジャリ道が60~70mあります。
毎年冬になると除雪作業に追われ、どけてもどけても降ってくる雪が憎くて憎くて仕方ありません。
ジャリ道は全体的に坂になっているので、常に水やお湯を流しておいたらどうだろう?と思ったのですが気温がマイナスになるほど低いのでお湯でもすぐ凍ってしまうようです。
国道の様に道の下に管を通しそこに熱湯を流す、など素人ながら考えて見たのですが、そういう工事を伴うものは工事費、維持費とも結構な金額になると思います。
どうにかしてせめて維持費だけでもお金をかけない方法で、家のまわりの積雪量を減らす事ができないものでしょうか?

まぁ出来てたらもうみんなやっているとは思うのですが…。

Aベストアンサー

>ジャリ道は全体的に坂になっているので…

北陸の湿った雪に悩まされている者です。当地で、質問者さんのような条件では、むしろを敷いて、井戸水か谷川の水を流しておくのが一般的です。もちろん、凍結しないように、水を溜めないで常に流れる状態にしておくことが必要です。

お金がある人は、電気ヒーターを埋設して、舗装します。電気料は「融雪用電力」の契約となり、普通の電気よりは安いようです。

塩や化学薬品は、環境を汚すおそれがあるので、使わない方がよいと思います。

Q駐車場用アスファルト舗装の費用は?

ある事情があって約50坪(162.8平方メートル)の土地を駐車場にするため、舗装してもらうことになりました。工務店に見積もってもらったところ、@4000*162.8=651200円という見積もりがでましたが、予想外の高さに困惑しています。

まず駐車場と言う目的の場合、アスファルトの厚さはどのくらい必要でしょうか。
次に、この厚みがあった場合、単価4000円というのが妥当でしょうか。

工務店に問い合わせればいいのですが、ある事情のため安易に何度も問い合わせできないので、事前に目安を知っておきたいのでお聞きします。

また、残土処分と言うことで@5000*26.8立方メートル=134000円と言われたのですが、こちらも相場がわかりません。こちらについてもご存じでしたらお願いします。
フェンスやライン工事などについてはいろいろ調べて納得できたのですが、アスファルトと残土処理の情報が見つかりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず確認したいのですが、経費込みの税抜き金額ですね。
そうだと仮定しますと、標準的な料金だと思います。
普通は、直接工事費の0.5から0.7諸経費を必要とします。
つまり4000/1.5~1.7が、実際に必要な材料代と工費(直接工事費)になります。

また舗装厚は、大型車両が入らないのでしたら、アスファルト3cm、再生砕石(RC-40)10cmで充分でしょう。(砕石は地盤が良ければ不要。)

残土処分は地域によりますので、一概に高い安いは言えません。最近は産業廃棄物に対する規制が厳しいので、きちんと処理するにはそれなりの金額がかかります。逆にあまりにも安い金額をいう業者は、不法投棄する可能性があります。

地域の相場をお調べになりたいのでしたら、市町村の建設課に、お近くの残土処分場をお尋ねになると良いと思います。相場も教えてもらえるかもしれません。

また見積もりは単純に円/m2ではなく、その作業内容ごとに作成してもらいましょう。(業者は面倒なのでいやがるかもしれませんが・・)

例えば舗装の場合
地盤整形-下層路盤(砕石)-プライムコート散布(一般にいうコールタール)-舗設(舗装)

残土処分の場合
掘削積み込み-ダンプ運搬-処分費

まず確認したいのですが、経費込みの税抜き金額ですね。
そうだと仮定しますと、標準的な料金だと思います。
普通は、直接工事費の0.5から0.7諸経費を必要とします。
つまり4000/1.5~1.7が、実際に必要な材料代と工費(直接工事費)になります。

また舗装厚は、大型車両が入らないのでしたら、アスファルト3cm、再生砕石(RC-40)10cmで充分でしょう。(砕石は地盤が良ければ不要。)

残土処分は地域によりますので、一概に高い安いは言えません。最近は産業廃棄物に対する規制が厳しいので、きちんと処理...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング