専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

 
  家族が、交通事故(過失割合0対10:当方0)で被害に遭いました。
  膝の挫傷により通学の合間の四か月近く病院通いとなりましたが、何とか通常生活に戻れまし   た。
  
  そして先日、保険会社から「損害賠償に関する承諾書(人身用)」が届きました。
  その承諾書の文章の中に以下のような文面があり、不安になりましたので、どなたかお知恵をお  貸しください。

______________________________________________________________________________________________________________________________

    ___________________________________________省略__________________

    上記事故によって乙の被った一切の損害に対する賠償金として、乙は「甲・丙」の保険契       約に基づき丁より

       既払い額                      000000円
       の他に                       000000円

    を受領後には、その余の請求を放棄するとともに、上記金額以外に何ら権利・義務関係の無
    いことを確認し、甲・丙・丁に対し今後裁判上・裁判外を問わず]なんら異議のの申立て、請求    および訴の提起等をしません。
     ___________________省略________________

   _______________________________________

   以上の記載がありました。

  実際、診断書では「治癒」とはなっておりません。
  (「既払い額」は、損保会社が病院に直接支払った金額・「の他に」の金額は、実通院日数×4200  円×2+交通費実費です)
  
  現在、本人は将来に後遺障害が起こるかもしれない不安を持っております。
  
  この場合、
  「示談成立後に後遺障害が発生したときには、再度協議する。」
  あるいは、
  「本件事故による負傷が原因で将来後遺症が発生した時は生じた損害を賠償する。」
  などの文面を、この書類に記載して良いのか分からないでおります。
  
  また、もっと良い文面のみならず示談書に署名捺印する前に必要なこと等々、良いお知恵をお願  い致します。
  
  


____________________________________

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

現在、治療は中断しているのでしょうか?



診断書が治癒以外なら後遺症が残った⇒後遺障害の申請となります。
※もし少しでも症状があるのなら、示談は待った方が良いです。

現時点で症状はなく、示談するのであれば、「示談以降の後遺症について別途、協議する」という一文は入れておいた方が良いです。

示談後の予測が困難な後遺症についての協議は上記の一文がなくても良い、とされていますが記載するに越した事はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答くださった皆様、有り難うございます。
ベストアンサーは、具体的に御説明いただいたn-426hemi様に決定させていただきました。
有り難うございました。

お礼日時:2013/11/06 09:17

他に回答がありますように診断書の内容が「治癒」ではない、というのが気になります。



症状はあるが、生活出来なくはない、という状態なのでしょうか?

「治癒」以外の治療の中断なら、ここで示談すれば、以後の後遺障害の申請は非常に困難だと思います。
※事故との因果関係を証明するのが容易ではない

示談書の内容ですが、後遺障害の懸念があるなら、この示談書にサインをすべきではないと思います。

後遺障害の申請で等級認定されれば、後遺障害慰謝料、逸失利益の請求となります。

症状があるのであれば、示談を急がず、申請の方を検討した方が良いでしょう。
    • good
    • 0

既出ですが


まさしく

・サインしてシャンシャンと手打ちにして、もうこれ以上何も請求しない。

・サインを拒否して、1円も受け取れないまま、民事裁判で訴える。

につきます。

お金が欲しくない場合は
とことん納得いくまで裁判すればいいと思います。
お金が貰えないどころか、訴訟費用がとんでもなく高額になりますが・・・・・
    • good
    • 0

今後、後遺障害が発生したとして、それが事故との因果関係が認められるかどうかという問題ですので、どのみち裁判で争うことになります。


過去の判例においては、示談締結時に予見できなかった後遺障害が発生した場合は、示談は無効であるとの判決がありますので、そのような心配は無用です。
    • good
    • 0

>この場合、


>「示談成立後に後遺障害が発生したときには、再度協議する。」
>あるいは、
>「本件事故による負傷が原因で将来後遺症が発生した時は生じた損害を賠償する。」
>などの文面を、この書類に記載して良いのか分からないでおります。

そういう文言は追加できません。

この承諾書は「書かれた金額で手打ちにしましょう。そのあとで何があっても一切請求しません」って意味の承諾書です。

後遺障害が起きても、それ以上協議はできませんし、賠償も請求できません。

この承諾書にサインしてしまえば「その金額ですべて終り」です。

後遺障害が心配なら、この書類にサインは出来ませんが、この書類にサインする事が「示談の条件」なのであれば、示談は決裂してしまい、貴方には1円も支払われません。

なので、示談が決裂した場合は、後遺障害の分も含め、民事で損害賠償請求訴訟を起こす事になります。

簡単に言えば

・サインしてシャンシャンと手打ちにして、もうこれ以上何も請求しない。

・サインを拒否して、1円も受け取れないまま、民事裁判で訴える。

の2つのうち、どちらかを選ぶ、と言う事です。

この書類の文面から察するに「後遺障害の分は放棄する」のが示談の条件のようですから「後遺障害の分も何とかしてもらう」と言うのは出来ません。
    • good
    • 1

 


普通は示談書を書く以前に後遺障害の認定を取ります。
そして、後遺障害に対する保障金も含めて示談書を書いた方が良いですよ。

示談書を書く時点で障害が固定してない場合は、まだ治療中との事で示談を先延ばしするべきです。
 
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「損害賠償に関する承諾書」とは?

3月頭に交通事故に遭いました(相手の信号無視で過失割合は100(相手):0(私))。車は修理に出し、私は現在も治療中です。
その修理に出していた車が1ヶ月半以上経ってようやく修理から戻って来ました。修理に取り掛かる際に相手側の保険会社の担当者が「修理が終わったらまた連絡します」と言ってましたが何の連絡もなく・・・。
代わりに昨日「損害賠償に関する承諾書」が郵送されて来ました。「金額・内容に異存がなければ署名捺印の上返送せよ」と書かれていました。
書面には修理代金+代車費用として××円、今後の異議の申し立て、請求、訴訟はしない、と書いてあります。また、書面右上に「物損専用」と印刷されています。

教えて頂きたいのは次の2点です。
・この承諾書は「物損」についてだけであり、怪我に対する治療費・慰謝料などについては別途話があるのか?
・承諾書に記載の金額(休日のため修理工場にはまだ金額詳細については確認が取れていない)に納得がいかない場合(例えば代車費が全日分ではないとか)拒否出来るのか?

私としては記載金額の詳細の説明もないのに「検討せよ」などおかしいと思うのですが・・・。
もちろん実際掛かった費用全額を出してもらえばいいのであり、それ以上のものを要求するつもりではありません。修理については相手の保険会社と修理工場の間で修理金額の合意を得て修理を行っているのですから、いきなり合計金額だけを提示されても判断材料がないので困惑しています。
私が工場なり相手の保険会社に問い合わせて詳細の確認をするのが一番正しい方法なのでしょうか?

3月頭に交通事故に遭いました(相手の信号無視で過失割合は100(相手):0(私))。車は修理に出し、私は現在も治療中です。
その修理に出していた車が1ヶ月半以上経ってようやく修理から戻って来ました。修理に取り掛かる際に相手側の保険会社の担当者が「修理が終わったらまた連絡します」と言ってましたが何の連絡もなく・・・。
代わりに昨日「損害賠償に関する承諾書」が郵送されて来ました。「金額・内容に異存がなければ署名捺印の上返送せよ」と書かれていました。
書面には修理代金+代車費用として××円、今...続きを読む

Aベストアンサー

1.文言及び人身については治療中であるため物損についてのみです。
なお、人身の承諾書(免責証書など)は治療完了後に取り交わします。

2.修理金額及び代車費用については本来なら保険会社から被害者に支払われるところですが、手間を省くため保険会社から修理工場(代車費用は場合によってはレンタカー会社)に直接支払うことになるのが一般的ですから拘る必要はないと思います。

確認する必要があるのは車に不具合がないかよく確かめることです。
承諾書を返送してしまえば後は何も文句を言うことができません。

Q交通事故示談金の支払いまでの日数について

以前からこちらで相談させていただいておりました事故被害の示談交渉が終了しました。
皆さんのアドバイスやお心強いお言葉のおかげで、
何とか納得できる形で終わる事が出来ました。
本当にありがとうございました。
昨日(10月7日、金曜日)に示談書にサインをし保険会社に送付いたしました。
保険会社に到着が11日の火曜日としますと、入金までにどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
うっかり聞くのを忘れてしまい、相手方も休日のために確認できません。
通常どの程度の日数がかかるのかご存知の方がおられましたらお教え願います。

今までご回答いただきました皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

 示談が完了されたとの事ですが良かったですね。示談が済んで賠償金が精算されれば、事故での嫌な思いでも忘れる方向に向かう事が出来るでしょう。さてご質問の件ですが、相手の保険会社の担当者の手に渡れば後は担当者の手順次第です、担当者が直ぐ手続きをすれば、保険会社からは一番早い場合3日位で振り込まれるでしょう。もしお急ぎなら賠償金ですので遠慮なく請求すべきです、担当者は沢山の支払い案件があると思います。従ってどうしても請求される方を優先しますので、遠慮しないで請求して下さい。もし示談書(免責証書)を郵送した事を連絡していなければ改めて連絡して、そのとき必ず支払い日の確認をして下さい。送付した事を連絡をした後でしたら、確認の電話をした方が良いと思います。

Q交通事故のとき、相手側の保険屋さんから送られてきた同意書について。

質問です。
車同士の交通事故で被害者となりました。現在むちうちで通院中です。

相手側の保険屋さんから二通の同意書が送られてきて、サインして返送するよういわれました。

一通は個人情報の取り扱いに関する同意書。
もう一通は病院に対してこちらの治療状況などを教えてもいい、といった内容の同意書です。

これはすぐにサインしてしまっても大丈夫なのでしょうか?
相手が催促してくるまで、手元においておくべてですか?
渡さないと、どういったことが起こりえますか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

>渡さないと、どういったことが起こりえますか?

 No.3さんの回答の通りですが、専門家の立場で回答します。この2通の同意書は、加害者又は被害者に代わって第3者が保険業務を遂行するためには必要不可欠の書類なのです。(今後の示談交渉自体に直接影響するものではありません。) 同意書は、保険会社ではなく、貴方自身にとって必要な書類なのです。

 もし同意書がなければ、保険会社は治療費の支払いや、慰謝料、休業損害、通院交通費等の支払いが一切できなくなります。何故なら同意書がなければ、保険会社は所詮単なる第3者になりますから、当然病院は治療の実態を保険会社に知らせることも、治療費を保険会社に請求することもできません。従って保険会社も治療費等の支払いのしようがないのです。

 かつて同意書を渡さない被害者が、治療費を支払わない保険会社を相手どって訴訟を起こしたことがあります。裁判所は、同意書を渡さなかった被害者に対しては、治療費等の支払い義務がないという判決を下しています。

 同意書を渡さない場合は、相手(加害者側)任意保険会社を通さずに、直接相手自賠責保険会社に自ら被害者請求をすることができます。これは、相応の知識と共に大変手間が掛かります。同意書を渡せば、相手任意保険会社が貴方に代わってその処置してくれるのです。

 どちらにするかを決めるのは、貴方自身です。


 

>渡さないと、どういったことが起こりえますか?

 No.3さんの回答の通りですが、専門家の立場で回答します。この2通の同意書は、加害者又は被害者に代わって第3者が保険業務を遂行するためには必要不可欠の書類なのです。(今後の示談交渉自体に直接影響するものではありません。) 同意書は、保険会社ではなく、貴方自身にとって必要な書類なのです。

 もし同意書がなければ、保険会社は治療費の支払いや、慰謝料、休業損害、通院交通費等の支払いが一切できなくなります。何故なら同意書がなければ...続きを読む

Q車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないと

車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないといわれました。
 一週間前くらいに事故られ、100ー0であちらが全てもつ状態になりました。
 首に痛みを感じ、めまい吐き気もあり病院にも通院している状態です。車の修理代は全て向こうの保険会社が負担すると言ったのに関らず、つい先日修理をお願いした車屋から、修理代全てを保険会社が出さない、一部しか出ないと言われました(総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた)残りの金額は自己負担になるといわれて、私はあまりの悔しさに涙がでそうになりました。なぜ、事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか!!
 私は一銭も払うつもりはありません。皆さんが同じ境遇であれば同じように思うとおもうのです。それで、保険屋と徹底抗戦を考えているのですが、なにかアドバイス、法律的なことやこういえば保険屋をギャフンといわせれるなどいった事を教えて欲しいのです><

Aベストアンサー

>総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた…

失礼ですが、何年ほど乗った車ですか。
相手方 100% 責任の事故でも、補償額は事故に遭う前の時価が限度です。
時価を上回る修理額までは出さないのが普通です。

>保険屋をギャフンといわせれるなどいった…

入るときはえびす顔、出るときはえんま顔。
これが保険屋というものですから、ギャフンと言うことはないでしょう。

>事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか…

ですから、保険会社が払わない分は加害者本人に請求すればよいのです。
もちろん修理費用だけでなく、治療費や休業補償も含めてね。
あくまでも事故を起こした責任は保険会社でなく加害者本人なのですから。

Q慰謝料は通院回数以外認められないのか

交通事故の慰謝料について質問です。

6/1~7/14まで約1月半の間が治療期間ですが、
実質病院には7回。

保険会社から提示されたのは
5200×7×2=72800

確かに病院には7回、これは平日は通えず土曜日だけで
日曜日は病院が休みのためですが、ここで質問です。

(1)1ヶ月半首が痛い状況は続いていたわけですが、それでも
通院回数でしか認められないのでしょうか。
7日毎日通って完治したのと1月半も痛い思いしたものが同じ
評価というのが納得できないので何がしかの根拠が欲しいのです。

(2)5200円という基準額は妥当なものでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通るか通らないか、等級によりますが、「日弁連基準」これで知るだけで金額が変わります。
勿論全て日弁連基準で計算して請求です!
保険会社の意味不明な自社基準に従う理由は、どこにもありません。
むちうちの一番下の14級でも日弁連基準なら慰謝料や逸失利益含めて数百万、12級なら一千万近くになります。
後遺症認定には、医師が必要ですから医師と良好な関係を築き必ず整形外科に通院です。
整骨院だと医師でないので後遺症認定の書類が書けないのです。


私は、10、0のオカマ事故被害者で「バックミラー見てなくて怪我したのが悪い」ってニュアンスの言い方するような保険会社を相手にもう話し合う気すらないので弁護士に依頼して訴訟して闘います。
後遺症残った場合など全て日弁連基準で取れるなら仮に借金しても着手金払う価値ありますから(弁護士特約付いてるなら使えますが私付け忘れてた…、これを期に特約付けました)。
ついでに忘れがちなのが生命保険、交通事故通院で出るか確認して忘れずにきっちり請求しましょう。

知ってる弁護士が有り難い事に相談料金無料にしてくれ、「等級決まったら正式依頼で着手金だけ先に払ってね、取れるだけ取りますよー、成功報酬は貰うけど(笑)」と言ってくれてますから、面倒くさい紛争センターより私は、こちらを選びます。

必ず慰謝料は、日弁連基準請求で!これが基本です。
「裁判にならないと日弁連基準適応されない」なんて保険会社の大嘘信じたらダメですよ。

頑張って下さいね。
お大事に。

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通る...続きを読む

Q自賠責限度額120万を越えた部分は・・

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治...続きを読む

Aベストアンサー

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120...続きを読む

Q交通事故 示談後 請求がきました。

うちの父が交通事故を一年と半年前おこしていました。ミラーに軽く腕が当たった程度でしたが人身事故になり相手方は4ヵ月後に自動車の保険屋を通じて示談に応じてます。2日前に突然家に被害者の女性と婚約者となのる男が訪問してきてこう言われました。「一ヶ月前から後遺症がでて病院にかよっている。保険屋に行ったが話しがつかない。治療費と誠意をみせてください。」と言われました。今日保険屋とその被害者と婚約者となのる男と父で話をしましたが「誠意をみせてくれ」のみで話がつかず、何度でも家に話をしに来るというようなことを言われたみたいです。後遺障害の申請については病院の先生から後遺障害の診断書を書いてもらえなかったそうです。保険屋は顧問弁護士に頼んで裁判で決着をつけるといってます。自宅に被害者がこないようにするにはどうすればいいでしょうか?自宅にこられるのが妹が妊娠しているので迷惑です。それと刑事事件としてあつかうにはどのような状況なら可能でしょか??

Aベストアンサー

病院の先生から後遺障害の診断書を書いてもらえなかったのに、自己診断での請求ですよね?「オレオレ詐欺」よりも性質が悪いではないですか・・・。人の弱みに付け込むやり方は許せません。
それであれば、まったく応じる必要はございません。
むしろ保険屋さんの言われるとおり、裁判での決着を付ける以外はないと思います。ただ、逆恨みされてしまうケースも考えられますので、妹さんが妊娠中とのことですので、その辺も保険屋さんにキチンとご相談されて対処すべきと考えます。
刑事事件として扱うには、それ相応の被害を被った場合でないと警察も動いてはくれないと思いますが、相手が何らかの手段で脅迫や嫌がらせをした場合は、即保険会社さんに連絡をして、警察に届けるべきなのでしょうか。
何よりもまず保険屋さんと話し合ってください。
何事もないようにお祈りいたします。

Q物件事故に関する承諾書について

先日自転車で事故に遭い通院をしています、こちらは過失0です。
自転車が全損とゆうことで保険屋さんと話が進み承諾書が送られてきましたが、衣類の保障もしてもらえるとゆうのを聞き一応保険屋さんに確認してみると"今度見に伺いますのでそのままにしておいてください、送った承諾書は自転車の分ですのでそちらは先に出してください"と言われました。。

★承諾書には…
  当事者甲の負担分(免責金額等)\______ の他、甲が加入する自動車
  保険より¥○○○○を受領の上は甲及び運転者に対して、物損事故
  およびこれに伴う一切の請求権を行使しないことを誓約します。
 とあるんです。保険屋さんが自転車の分と言っている事は正しいので
 しょうか?

★もし承諾書の文面を訂正もしくは付け足しをして提出した方が
  いらっしゃれば、どのようにすればいいか教えて下さい。

★肝心な服の状態ですが…
  破れてはいません
  ごく小さい範囲で擦れているのとその一帯が汚れています
  色はカーキです。
  10月頃新品購入です
  値段は3万くらい(ネットで買ったので記録はあります)です
  着用はまだ3~4回位です 

破れていないのでどうしようか迷ったのですが、気に入っていただけに妙に擦れが気になるんです、
クリーニングで目立たなくなるようだったらその分だけでもと思っています。 
以上の質問です。。どうぞよろしくお願いします
   

先日自転車で事故に遭い通院をしています、こちらは過失0です。
自転車が全損とゆうことで保険屋さんと話が進み承諾書が送られてきましたが、衣類の保障もしてもらえるとゆうのを聞き一応保険屋さんに確認してみると"今度見に伺いますのでそのままにしておいてください、送った承諾書は自転車の分ですのでそちらは先に出してください"と言われました。。

★承諾書には…
  当事者甲の負担分(免責金額等)\______ の他、甲が加入する自動車
  保険より¥○○○○を受領の上は甲及び運転者に対して、物損事故
 ...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
>これって自転車以外の物損とゆうことですよね?
う~んそれがよくわからないのです。だから質問者さんも不安なんだと思います。金額や明細を提示してもらえば、理解が進むと思います。

こういった文書に一旦同意し署名・捺印をしてしまうと、覆すのには大変な労力を必要とします。不明な点は担当者によく確認し、できる限り文書にしてもらいましょう。できれば有印文書がいいですが。よく理解したうえで書名・捺印に応じるようにしましょう。

別に担当者の見方をするつもりはありませんが、質問者さんにとっては唯一の事故であっても担当者は他にも案件を抱えています。ひとつひとつに細かい対応をするのが本当ですが、どうしても抱えている案件が増えてしまうと細かい気配りができなくなり事務的な対応になってしまいます。そこの辺りをちょっと理解してあげて大人の対応に心がけましょう。担当者とけんかしても得なことはありません。うまく対応し仕事がしやすい状況にしてあげた方が得策ですよ。

Qあいおい損保の自動車事故での慰謝料について教えて下さい

自動車事故の慰謝料について教えて下さい

去年の1月に自動車に乗ってるところ後ろから追突されました
それから通院をし先月の終わりに示談の話しが出ました

そして先日示談の書類が届きました
これは妥当な金額なのかアドバイスください

治療費=923.756円
総治療期間 199日 通院実日数 135日

交通費=43.120円

休業損害=1246056円
12月15~5月31日 日額7417円
(12月から仕事始めたばかりなので源泉徴収がなく本来の日当の半分しかもらえませんでした)

慰謝料=682.533円
通院に対して:通院期間÷30日・・・6.6月=682.533円

当社任意基準にて算出致しました。
通院日数×3=405日>総治療期間199日
いずれか短い日数を採用=199日
6ヵ月:64,2万+{(7ヵ月:70.6万-6ヵ月:64.2万)×19/30}
=642.000万+40.533円=682.533円

損害額合計2.895.465円
既払額2.169.812円
治療費:923.756円
休業損害:1.246.056円

最終お支払い額:725.653円

↑という内容の書類が届きましたがこれが妥当ですか?
ネットで色々調べたら通院1日あたり4200円と出てましたがこの書類での計算だと1日あたり3429円になります
事故は初めてなので知識がありません,是非アドバイスの方よろしくお願いします
保険会社はあいおい損保です
よろしくお願いします

自動車事故の慰謝料について教えて下さい

去年の1月に自動車に乗ってるところ後ろから追突されました
それから通院をし先月の終わりに示談の話しが出ました

そして先日示談の書類が届きました
これは妥当な金額なのかアドバイスください

治療費=923.756円
総治療期間 199日 通院実日数 135日

交通費=43.120円

休業損害=1246056円
12月15~5月31日 日額7417円
(12月から仕事始めたばかりなので源泉徴収がなく本来の日当の半分しかもらえませんでした)

慰謝料=682.533円
通院に対して:...続きを読む

Aベストアンサー

1日4200円というのは自賠責の基準です。
ご質問者の場合は、自賠責の限度額を超えているので、この基準は使いません。
そこで任意基準となるわけですが、慰謝料というのは年月とともの痛みは和らぐという考えから、逓減されるもので、計算上の日額は月日とともに低くなってきます。

以上のことから、保険会社の提示としては概ね妥当だと思います。

しかし、裁判基準の慰謝料から考えると低いので、あとはご質問者がそこをどう判断するかです。
裁判まで視野にいれて慰謝料UPをめざすのかどうかということです。

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む


人気Q&Aランキング