会社の者が先日ロサンゼルスに出張したのですが、
円で仮払をして、領収証を大量に持ってきたのですが、
換金の際のレートの資料を無くしてしまって、
精算が出来なくて困っています。
(会社の体質で、かなりシビアなもので・・・)
5月15日から21日の両替のレートがわかる方法はありますか?

また、21日に14万円を両替した際、
Buy Currenciesは0.007416で、
普通に計算すると、1038.24ドルもらえるはずが、
受け取ったのは、1022.60ドルでした。
手数料が何パーセントとかあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

ご質問の内容では状況が今一わかり辛いのですが、


多分、LOSで円からドルへ換金した場合のレートをお知りになりたいのだと
思いお答えしますが、日本でも同じですが銀行によって換金レートが異なります。
手数料も同様に異なりますし、換金額によっても異なる場合があるようです。
換金した銀行がわかり、日本支店があるのでしたらそちらにお尋ねになってはいかがでしょう?
わからないのであれば、どこか日本の銀行で聞いてそのレートで精算してしまったらどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
換金はロスの空港でしたのですが、日本の銀行に問い合わせてみました。
ロスの空港では$1=\136.9でしたが、
同じ日、日本で換金したら$1=\126.4で安いんですね。
よい勉強になりました。
(もう、あちらに行ってしまっているので、日本でどうこうは出来ませんがね。(^^))

お礼日時:2001/05/30 17:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドル請求の未払計上時の為替レート

海外の関係会社からドルでの請求書が届いたのですが、今月には支払いをする予定はなく、未払金に計上したいのですが、この場合、平均レートと月末レート、どちらを使用すべきなのでしょうか?
今まで、海外からドルでの請求が来たことがなかったのでどう処理して良いかわかりません。
ご回答いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

発生時のレートで計上します。したがって請求日ではなく、実際の取引の日のレートになります。
支払時までに為替が変動して計上済額と実際の支払額とに差額が生じれば、為替差益(差損)となります。
決算時に未払いのままであれば、決算時のレートで評価します。

http://homepage2.nifty.com/NODE/accounting/kaikeihouki/kaikeikijun/foreigncurrency.htm

Qドル預金から送金した場合のBS上の換算レート

こんにちは。
昨年の11月にUSD150,000@106JPYで購入したドル預金口座から今年4月にUSD150,000を送金しました。
弊社は12月決算で、昨年末にUSD1=103で評価替えをし、
現在のBS上の残高はこのUSD150,000@103JPYになっております。
この場合、送金時の仕訳をする際の為替レートは
(1)外貨購入時のUSD1=106JPY
(2)決算時のUSD1=103JPY
(3)送金当日のレートUSD1=108JPY
どれを摘要して計上すればよいのでしょうか?

要領の悪い書き方ですみませんが、大変困っておりますのでご存知の方お教えください。

Aベストアンサー

原則的には購入資産・費用等は (3)送金当日のレートUSD1=108JPY です。
税法でも
(外貨建取引の換算)
”第六十一条の八  内国法人が外貨建取引は、当該外貨建取引を行つた時における外国為替の売買相場により換算した金額とする。”
となっています。
ドル預金の減少については会社の方針を決めてその方法に常に従えば
(2)決算時のUSD1=103JPY
(3)送金当日のレートUSD1=108JPY
のどちらでもいいでしょう。(次の期末換算替えでレート調整されますから差損益計上の期内の時期ズレに過ぎないので)
(1)外貨購入時のUSD1=106JPY は決算評価替えをした以上もう使われません。

Q仮払消費税の期末処理を間違えました

はじめまして。よろしくお願いします。小さな会社の経理初心者です。
昨年の消費税中間納付時に
仮払消費税○○/普通預金○○
と処理しましたが、期末処理として
法人税等○○/仮払消費税○○
の処理が抜けているのに今頃気がつきました。
もう次の決算の準備が始まるのですがなぜ今頃(汗)
この場合、今期の決算時に昨年末の抜けた処理として
どちらが正しいのでしょうか…?

1)法人税等○○/仮払消費税○○
2)前期損益修正損○○/仮払消費税○○

税理士さんにも相談するつもりですが
額面的には小さな金額とはいえ昨年度の税修正も発生しそうで…
なにか注意事項があればご指導ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>法人税等○○/仮払消費税○○の処理が抜けているのに今頃気がつきました。


・決算期末における消費税の清算(原則課税)は、おおむね
ーーーーーーーーーーー
仮受消費税 *** /仮払消費税 ***
        /未払消費税 ***
         /雑収入 ***
ーーーーーーーーーー
となります。

通常、ご質問のような決算処理「法人税等○○/仮払消費税○○」は行わないこと等から、
間違いがあるものとは断定できなく修正することもなさそうですが、ご心配なら税理士に確認されたらいかがでしょうか。

税理士に決算等を依頼しているのであれば、この程度の処理は間違いなく行っているものと期待しています。

Qハードルレート(ハードル・レート)とは?

みなさん、こんにちは。
ハードルレートについて初心者向けに分かりやすく教えて頂けませんか?

いろいろな資料を見てみたのですが、なんとなくとしか理解できませんでした。(国語辞典にも載っていません)
一応、他の情報に載っていたものは以下の様な感じでした。
ハードルレート->
投資を行なう際に基準となる、最低限クリアしなければならない運用利回り。
資金の調達コスト(資金提供者の期待利回り)をベースにして、それを賄う上で必要となる投資の基準利回り。

Aベストアンサー

太郎さんは今、使い道が決まっていない現金100万円を手元に持っています。
この100万円を銀行に預けると1年後に確実に101万円になります。つまり年利1%です。
他方、A社に資金提供すると1年後に100万5000円で返してもらうことができます。つまり年利0.5%です。
この場合、太郎さんにとってA社へ資金提供する価値はありません。なぜなら太郎さんには銀行預金という選択肢があるにも関わらず、それを放棄しなければならないからです。従いましてA社へ資金提供するためには、少なくとも年利1%以上を約束してもらわないと割に合わないのです。(経済学的にはこれを機会コストといいます)
ではA社が銀行同様、年利1%を約束したらどうなるでしょうか?太郎さんが合理的な人なら、それでも銀行預金を選ぶでしょう。なぜなら太郎さんにとって私企業に資金提供するよりも銀行預金するほうがリスクが低いからです。
この結果、
最低限クリアしなければならない運用利回り(すなわちハードルレート)は1%ないし、それ以上に設定されるわけです。
この例では、太郎さんには銀行預金か、A社への資金提供かという、2つに1つの選択肢しかありませんでした。
現実の経済では無数の投資対象が存在します。これら全ての機会コスト(投資しないことによって潜在的に失われる利益)をリスク(不確実性)調整し、勘案することでハードルレートは決定されます。

こんな感じでおわかりいただけますでしょうか?

太郎さんは今、使い道が決まっていない現金100万円を手元に持っています。
この100万円を銀行に預けると1年後に確実に101万円になります。つまり年利1%です。
他方、A社に資金提供すると1年後に100万5000円で返してもらうことができます。つまり年利0.5%です。
この場合、太郎さんにとってA社へ資金提供する価値はありません。なぜなら太郎さんには銀行預金という選択肢があるにも関わらず、それを放棄しなければならないからです。従いましてA社へ資金提供するためには、少なくとも年利1%以上を約束してもらわ...続きを読む

Q決算、為替レート適用日

質問ですが、
ドル取引をしておりますが、会社の会計システムで、毎月末にレートを変更します。
12月ですが、会社の営業日は12月26日ですが、カレンダーでは12月31日が平日ですし、銀行は30日まで営業しておりますよね。

26日付で、ほとんどの取引は終了いたしますが、30日に入金支払は発生いたします。
この場合、社内レートはいつ変更すべきなのでしょうか?

ちなみに、弊社は、12月が年次決算となります。また、当然、ドル預金残高もございます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「毎月末にレートを変更」との定めの解釈問題になります。カレンダーどおりが一般的ですが、会社の営業日ベースでも、それを継続させているのでしたら認められます。

ただ、12月決算でしたら、カレンダーどおりと考えるほうが無難とは思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報