ちょっと変わったマニアな作品が集結

右手舟状骨骨折と診断され5週間ギブスで固定してました。
2週おきに通院し診察をうけていたのですが、先日偽関節化している可能性があるといわれました。
そして手術を勧められたのですが、手術をうけるべきでしょうか?
日常生活では支障をきたしてはいないのですが、重いものを持つなど負荷をかけると痛みがあります。関節が固くなっていることも原因ではあると思うのですがやはり痛いです。
同じような経験のある方、ご回答よろしくお願いします。
できれば手術の際の入院期間、費用などに関しても教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

偽関節した場合、一番困るのは後遺症として手に力が入りづらくなる事ですね。

例えば鍵を回す事が出来なくなる可能性があります。
右手舟状骨では、特に右利きの方にはこの後遺症は将来不自由な生活を送るようになる恐れがあります。

そういう後遺症を残さないために手術が必要なら従うべきですね。主治医とよく相談されてください。
    • good
    • 5

状態によりきり……


つまり、ケースバイケースです。

「手の外科」という専門医のアドバイスを受けることをお勧めします。
主治医から専門医の紹介を受けてください。
主治医が専門医ならば、セカンドオピニオンを受けるという
方法があります。
セカンドオピニオンで検索してみてください。

偽関節のまま放置すると、痛みが増す、壊死を起こすなどの
問題が生じる可能性があります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偽関節とは

偽関節という言葉を耳にしました。

骨がちゃんとくっつかない為に出来るのは理解しましたが
具体的にどのようになるのか教えてください。

・動くのか?(本人の動かす意思は問わず?)
・動かすと痛みはあるのか?
・軟骨なども作られるのか?
・治療法は?
・その他何かありましたら教えてください。

Aベストアンサー

> 動くのか?(本人の動かす意思は問わず?)
 動きます、というか曲がります。
 例えば腕
 ここには骨が入っているため通常では曲がりませんが
 もし骨の途中がない場合、そこが折れ曲がれます。
 骨折をするとぷらぷら折れ曲がるのとおなじだと思ってください。

> 動かすと痛みはあるのか?
 必ずしも痛くありませんが、多くの弊害を生じることがあります。
 本来曲がるところではないため、曲がることによって筋肉や神経、血管などを圧迫し
 偽関節より先、例えば腕の場合、手首や指にしびれや麻痺を生じることがあります。

> 軟骨なども作られるのか?
 可能性は0ではないでしょうが、
 偽関節はあくまで偽であって、
 本物の関節のようには使えません。

> 治療法は?
 手術や超音波療法・赤外線療法などがあります。
 症状によって、できるだけ患者さんの負担のかからない方法を選択したいものです。

> その他何かありましたら教えてください。
 折れた骨をくっつけるには
 とにかく固定するのが得策です。
 しかし、それまで患者さんはじっとするわけにも行かず
 どうしても患部がずれてしまうことが。
 こういったものは偽関節を生む原因の1つになるのです。
 偽関節は、別の見方をすると骨が失われている状態です。
 そのためその治療は骨を補う・骨を再生させるといったことになります。
 日頃から骨に優しくない生活をしている方は骨折しやすく偽関節も生みやすいってことになりますね。

> 動くのか?(本人の動かす意思は問わず?)
 動きます、というか曲がります。
 例えば腕
 ここには骨が入っているため通常では曲がりませんが
 もし骨の途中がない場合、そこが折れ曲がれます。
 骨折をするとぷらぷら折れ曲がるのとおなじだと思ってください。

> 動かすと痛みはあるのか?
 必ずしも痛くありませんが、多くの弊害を生じることがあります。
 本来曲がるところではないため、曲がることによって筋肉や神経、血管などを圧迫し
 偽関節より先、例えば腕の場合、手首や指にしびれや麻痺を...続きを読む

Q骨折には全治何週間くらいかかるのでしょうか?

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。
その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。
仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑)
気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。
また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。
すぐ歩けるようになるのでしょうか。
早く治す方法ってあるのでしょうか。
質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。
 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。...続きを読む

Q難治骨折は専門外来がいいのかなぁ……

足を骨折し療養中です
今は毎日、超音波を当てています
ですが治る兆しがありません
もう、半年以上になります

セカンドオピニオンをとってみたらと友達に言われたりするのですが
今の状態でどこに行ってもただ待つしかないと思うので
最初に治療を受けた近所の医院に通っています

それでもちょっと気になってネットで調べてみると
難治骨折の専門外来がある病院もあるようなんですが
専門外来に行ってみたほうがいいのでしょうか?

ほかにも、同じような経験されている方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

骨折後6ヶ月以上とすればこれは骨折遷延治癒(治癒が遅れる状態)もしくは偽関節(骨折治癒機転がなくなる状態)です。超音波(セーフス)を使っているのであれば間違いないと思います。骨のつながりが判然としない場合の判断には骨折部のCTによる検査が有効です。
骨折した骨がヒ骨の場合はあまり急ぐ必要はありませんが、脛骨であればそろそろすっきりさせましょう。20代の若さで脛骨偽関節では歩行できない状態で骨、筋肉とも廃用性萎縮が進みますので後々大きな問題が残ります。偽関節手術はある程度大きな病院で整形外科の医者が複数いれば一般的には可能です。

Q足の指の骨折が治らない

4ヶ月半になりますが、足の薬指の骨折が、全く治りません。

3週間ごとにレントゲンで診ていただいておりますが、画像を見ても、最初の状態と
全く同じです。
(ひびが入っているように見えます)

個人差はありますが、同じように、過去に骨折された方(指だけ)
どれくらいで完治されましたか。

Aベストアンサー

No.4です。補足ありがとうございます。

>画像を見ても、最初の状態と全く同じです。
とありますが、担当の先生はどう言っていますか?

仮骨ができてきていたり、骨が癒合し始めてくる様子は、一般の方が見てもわからないと思います。
一方、骨折線は一般の方が見てもよく分かるので、「まったく同じ」と感じているのではないでしょうか。

痛みもなく、骨癒合の兆候が見られているのなら、骨折線が見えていても通常問題はありません。そのうち見えなくなるでしょう。「完治」という言葉にそれほどこだわらなくてもよいと思います。

以上は私の感じたことですが、直接診察しているわけではないので、不確実かもしれません。担当の先生と相談して下さい。

Q足の小指(指骨)を骨折し、1ヶ月がすぎようとしています。

足の小指(指骨)を骨折し、1ヶ月がすぎようとしています。
かかっていた整形外科で、偽関節ができて骨がひっつかないので手術を勧められました。
他の整形外科にかかりましたが偽関節ができて骨がひっつかなくても問題ないとテーピングでした。
初めての骨折で不安です。
経験のある方、知識のある方教えてください。

Aベストアンサー

偽関節になるとくっつ可能性はほとんど無いですね。しかし超音波治療なら偽関節でもつく場合があるそうです。私もまだ実際には確認したことはないですが、そういう報告は聞いております。骨折の超音波治療を行っている医療機関を受診されてみてはいかがでしょうか?

Q骨がつかない

1ヶ月前に事故で右手とう骨遠位端(親指側にある骨の、どちらかというと
真ん中より手首に近いほう)を骨折し、全治一ヶ月の診断を受けました。
完全に折れてましてずれはないものの骨と骨の間にはっきり隙間がありました。
通院後ギブスでひじから手首まで固定、2週間たってレントゲンを撮った
ものの、一方のはじは隙間がなくなった程度、もう一方のはじがまだ離れていました。
そしてさらに二週間たった今日病院に行きましたが、2週間前と何も変わっておらず
骨もできていないといわれました。影がないといわれました。
大変重い気分です。
年は26歳、
タバコもすわないしお酒も1週間に1回ビールを一杯飲んだ程度です。
毎日3食食べ、牛乳(低脂肪Ca強化)も1リットル飲んでいます。
スナック・カップラーメンは食べずジュースすら一滴ものまず牛乳か水。
コーヒー紅茶も我慢してます。
ただ毎日会社に行って残業が激しくほぼ毎日9時まで仕事、家に着くのが11時、就寝は12時、
でもギブスのせいで寝付けなくて毎日寝不足です。
睡眠不足やストレスは骨の生育に関係あるでしょうか。
また骨粗しょう症は女性ホルモンが少なくなるからといいますが
骨折の場合も女性ホルモンは関係あるのでしょうか。
また、空いている骨の隙間を狭めるために手の先を押し付けたりしたら
だめでしょうか。自分の体ながらあまりの回復力のなさに泣きたいです。
2週間後にまた病院ですがそれまでに少しでも骨をつけて何とかギブスを
短くしたいのですが・・・。
また骨の修復に関する情報なんでも結構ですので教えてください。

1ヶ月前に事故で右手とう骨遠位端(親指側にある骨の、どちらかというと
真ん中より手首に近いほう)を骨折し、全治一ヶ月の診断を受けました。
完全に折れてましてずれはないものの骨と骨の間にはっきり隙間がありました。
通院後ギブスでひじから手首まで固定、2週間たってレントゲンを撮った
ものの、一方のはじは隙間がなくなった程度、もう一方のはじがまだ離れていました。
そしてさらに二週間たった今日病院に行きましたが、2週間前と何も変わっておらず
骨もできていないといわれました。影がな...続きを読む

Aベストアンサー

橈骨遠位端は非常に骨折しやすい部分ですよね。それでいて、固定が静雷雨語気の多い部分なので、くっつきにくいですね。確かに女性ホルモンと骨は大いに関係します。ちょうど更年期に当たる人が骨粗鬆症になりやすいのはそのためです。女性ホルモンがカルシウムの吸収と排出をコントロールしている訳ですから、関係ないわけがない。でも、よほどのことでない限りその年でホルモンバランス異常で骨折という疑いにはなりません。同じ骨折でも、折れ方によってつながり易さが違うし、体の部位によっても違うので、焦りすぎてもいけません。模試あなたの骨密度が異常な場合には病院で何らかのお薬を処方してくれると思うので、食生活にとくにこれというものはいらないとは思うのですが、コラーゲンが骨粗鬆症にいいというのは有名ですよね。後、カルシウムだけをとるのではなく、マグネシウムやビタミンDを一緒にとると吸収が促進されます。バランスのいい食事をとって焦らず頑張ってくださいね。

Q骨折した箇所に骨ができない…

当方、8年ほど前に交通事故に遭って、右大腿骨の複雑骨折を患いました。
手術により、大腿骨の内部にキュンチャー(カーボンの棒)を入れていたのですが、去年の秋にそれが大腿骨内部で折れてしまったので、抜去手術を行いました。

医者判断で、また挿入してしまうとキュンチャーを取り出すときに手術が負担になってしまう…
ということで、抜いたのですが、それから半年。
まだ、骨が発育しません。
(レントゲンをみると、うっすらとは出来ているみたいなのですが、完全ではないみたい。)

カルシウム剤(アスパラca)などは積極的にとるようにしているのですが、骨が接合されない理由とかってどんなものがあるのでしょうか…

追伸1:複雑骨折と言うことで、2カ所折れていたのですが、現在では、一カ所はレントゲンでみても分からないほどに完治しています。また、つかない箇所には、3年ほど前に自分の骨盤を削って骨移植したりもしています。

追伸2:父親が、甲状腺に関係する病気を持っており、甲状腺に関係するというのは聞いたことがあるのですが…
(自分は、甲状腺系の病気はしたことがないですが)

当方、8年ほど前に交通事故に遭って、右大腿骨の複雑骨折を患いました。
手術により、大腿骨の内部にキュンチャー(カーボンの棒)を入れていたのですが、去年の秋にそれが大腿骨内部で折れてしまったので、抜去手術を行いました。

医者判断で、また挿入してしまうとキュンチャーを取り出すときに手術が負担になってしまう…
ということで、抜いたのですが、それから半年。
まだ、骨が発育しません。
(レントゲンをみると、うっすらとは出来ているみたいなのですが、完全ではないみたい。)

カルシウム...続きを読む

Aベストアンサー

<釘が折れた箇所と骨のつきにくい箇所って
一致してるんですが、何か関係あるのでしょうか…?>

なぜ釘が折れたかを考えてみてください。
なかなか骨がつかないということは、そこが微妙に動いていたからでしょう。
ですから一種の金属疲労で釘が折れたということなんですよ。
釘が折れると、その部分の骨がつかない状態になることが多いのですが、
あなたの場合は幸いなことに骨癒合が起こったと思われます。

転倒したりしないように用心してくださいね。

Q足小指の骨折が治らない

2/12に雪上を歩いていたらピキッと痛み。内出血も酷く、翌週月曜2/15に受診しました。レントゲンで、足小指第一関節より上部にうっすら線が見え、骨折と診断されました。処方薬は湿布のみ。小さく切って貼り、薬指と共に紙テープで固定との指示でした。
細い骨だから1ヶ月程度で治るでしょうと言われ、約1ヶ月後、痛みも消えてきた事もあり自己判断で「骨くっついた」と思い、ランニングしてしまいました。2日間走ったら赤みが出て、痛みが少し強くなり再度受診、レントゲン。画像はくっきりと骨と骨が離れた状態で写ってました。
あれから更に一ヶ月が過ぎました。
指の腫れもまだ治まらず、痛みも少々あります。
ギブス等々がないままで、いつまでたっても治らない気がしてます。来週あたり受診予定なのですが、医療機関を代えた方がいいのでしょうか?
(今までに3回受診)

Aベストアンサー

医療機関の問題じゃなくて、勝手に判断してランニングなんぞするのが問題。
足趾の骨折はその医療機関での指示通りにテーピング等の固定でじゅうぶん治癒する。
そもそも1カ月程度だったらようやっと骨ついてくるかな?って時期。
仮骨形成されてきた頃なのに、そこで無理な負荷なんかかけちゃってんだから。

>画像はくっきりと骨と骨が離れた状態で写ってました。
それを転位っていう。

>ギブス等々がないままで、いつまでたっても治らない気がしてます。
普通はテーピングみたいな感じか、追加で足底にアルミ板しいたりする程度。
抹消だからNo1様のおっしゃるように偽関節になっちゃっても不思議じゃない。
ただ偽関節の診断を下すまでには6カ月経過しても骨癒合の機転がみられず、異常可動性を示さないと診断されない。
従ってまだこの時期では偽関節にはまずならない。
足だから、普段の歩行でそれなりのマイクロモーションが骨折部にはたらくから、それによって骨癒合も促進されるとは思う。
とりあえず医療機関を変えたところで骨折治療学上の治療方法は変わらないから、今のところで良い。
腫れてるってことはその中で破骨細胞が古い骨をくって、骨芽細胞が新しい骨を生み出している最中だろうから、とりあえずそのまま安静にしておけば良い。
あとは医師の指示を守って治療に専念すれば良い。

医療機関の問題じゃなくて、勝手に判断してランニングなんぞするのが問題。
足趾の骨折はその医療機関での指示通りにテーピング等の固定でじゅうぶん治癒する。
そもそも1カ月程度だったらようやっと骨ついてくるかな?って時期。
仮骨形成されてきた頃なのに、そこで無理な負荷なんかかけちゃってんだから。

>画像はくっきりと骨と骨が離れた状態で写ってました。
それを転位っていう。

>ギブス等々がないままで、いつまでたっても治らない気がしてます。
普通はテーピングみたいな感じか、追加で足底にアル...続きを読む

Q骨折を放置しておいたら?

先週の土曜日の夜、手の平をぶつけてしまいました。その時かなりの間激痛が走り、ぶつけた箇所が膨れてしまったので(たんこぶ?)とりあえずシップをして寝ました。
翌朝にははれもなくなり、痛みも引いていたのでそのままにしておきました。

しかし週明け、その箇所を触ったら痛かったので「もしや骨でも折れてたら・・・」と思ったのですが、腫れも無いし、痛みも触った時だけ。手を動かすとにも何に支障も無かったので、「ただの打ち身だろう」と今まで放っておきました。

が、今見たらその箇所が少し盛り上がっているんです!明らかに、というほどではないですが、反対の手と比べると良く分かります。触った時の痛みも少々あります。
これはもしかして、実は骨が骨折していて、変な風にくっついてしまったのでは・・・?と心配になりました。

もし骨折・骨のひびなどを放置しておいたらどのようになるのでしょうか?また骨折した状態は常にその箇所が痛いのでしょうか?過去骨折の経験がないため分かりません。
一応週明けに病院へ行ってみようと思いますが、骨折だった場合放置していたらどのようになるのかを教えてください。手術とかなったら怖いし、手を使う仕事をしてるので差し支えがあっても困るので・・・。

ちなみにぶつけた箇所は手の甲、人差し指の下から手首のぐりぐりしているところの中間点くらいです。ぶつけてない方の手で確認すると、確実に骨がある場所でした。
(ぶつけたくらいで骨が折れるのか・・・?という話もありますが、ぶつけたというより打ち付けたという感じでした)

先週の土曜日の夜、手の平をぶつけてしまいました。その時かなりの間激痛が走り、ぶつけた箇所が膨れてしまったので(たんこぶ?)とりあえずシップをして寝ました。
翌朝にははれもなくなり、痛みも引いていたのでそのままにしておきました。

しかし週明け、その箇所を触ったら痛かったので「もしや骨でも折れてたら・・・」と思ったのですが、腫れも無いし、痛みも触った時だけ。手を動かすとにも何に支障も無かったので、「ただの打ち身だろう」と今まで放っておきました。

が、今見たらその箇所が少し...続きを読む

Aベストアンサー

骨の異常(骨折)は大変な痛みを伴います。

私は中学生の頃にバスケットボールで突き指したようになったのですが、今までの突き指と違ってその指を少し動かすだけで掌の付け根?まで電気が走ったような激痛が走りました。まさか骨折とは思わなかったのでそのまま指をグルグル巻きにするように湿布をして数日したら痛みは引きました。
しかし、指を何かに押さえるようにすると、その箇所(指の爪の付け根あたり)が痛むのが続いたため、突き指?した時から4ケ月後に病院に行ってレントゲンを取ったら、「ああ、もうくっついてますがヒビ(いわゆる亀裂骨折)が入ってましたね。」と言われました。そしてちゃんとギブス等で固めて治療しなかったために痛みが残ってると言われ、約1ケ月通って毎日マッサージをしてもらい、それで完治しました。

貴方の激痛がどの程度かはわかりませんが、やはりきちんと病院に行って調べてもらう事をお薦めします。今のうちきちんと対応しておいた方がいいです。

Q手首舟状骨骨折後のリハビリについて

昨年の年末にスノーボードをしていて右手首舟状骨を骨折しました。
その後、手術(ハーバートスクリュー&針金)を二回やり、今では
普段の生活はできています。6月に撮ったレントゲンでは骨折線にそって
骨がやせていました。
 そこで相談です。舟状骨は血流が悪いので骨ができにくいと聞いています。
もし次に転倒した場合に折らないために、なにかするとしたら何がいいですか?
今考えているのは、エアロバー(通販でやってるゴムの棒で
握って細かく動かすと筋肉に負荷がかかってムキムキになる!らしい)
を使おうかと思ってます。手首の筋肉がつくかなと思いまして。
 買うかどうか踏ん切りがつかないので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。
この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような可動域を全て使った運動を行ってください。
関節を固定した形での運動はあまりお勧めしません。
特にお聞きとは思いますが、ある程度の重量を与えたベンチプレスは、舟状骨や月状骨にストレスを与え、血行障害を起こします。
骨も当然血液の栄養を受けていますから、血行障害は骨の成長を阻害します。
特に骨折時に栄養血管を損傷していますので、そのため骨が痩せているのです。
当然、手根骨に血液が十分行き渡るような運動が適しています。
これは相反することですが、骨の成長には血液の栄養ともう一つ適度の負荷が必要です。
ということはある程度手首に負担が与えられないといけないということです。
これは手首の関節運動によって筋力負荷が得る必要があるので、ある程度の強度は必要だということです。
もしエアロバーというもので運動するつもりなら、それに加えて手首の十分な関節運動を行う種目が必要です。
リストカールなどでしょうか。
反物を巻き取る動作などもいいのですが、私の知る範囲では野球部の人間などが良く行う、30cm位の棒の中央に紐をつけてその紐に重しをつけて、その両端を握り巻き取る運動などが適しているのではないかと思います。(理解できますか?)
ストレッチや前腕のマッサージも必要でしょう。
上記のトレーニング分かり難ければ補足します。

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。
この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような...続きを読む


人気Q&Aランキング