『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

趣味用で大型車検討中です。
今海外で働いていますが帰国後は引退して趣味中心に生活したく自動車の購入も楽しみにしています。大型車が好きでメルセデスのVシリーズ、クライスラーのグランボイジャー、グランチェロキーなどが候補です。主に一人運転で首都圏から上越や信州のスキー場往復(片道200KMx2)を想定してます。四駆を想定していますが実際の意見を聞くと「スタッドレスならFFでもFRでも充分。燃費が悪いから無駄。注意して走れば皆同じ。かえって軽い方が制動距離が短くて危険回避出来て安全」とか極めて妥当で自分が(暇な叔父さん=業界の鴨)であるかのような気持ちになってしまいました(笑))実際、普通にフイットでも買っていれば十分なのかも? とか考えてしまいますが何かつまらないです。実際 安全面で考えてメリットは如何でしょうか? 夜間早朝に高速で事故等に巻き込まれたり雪道で追突とかされたとき、其れ也のサイズの車で良い事、投資に値する安全確保の例とか有りますでしょうか?
車なんか趣味なら何でも乗れば? とか言われたらそれまでなのですが、出来れば納得して選択したいです。
皆様の豊富なご経験から(でかい車の良い点)教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

鴨でいいんじゃないですか。



実際、衝突した時の安全性は段違いにいいですよ。
前にベンツに追突した軽自動車の事故をみたことがありますが、
ベンツはかすり傷。軽は前半分が潰れてぐしゃぐしゃ。
みたいな。大型のSUVだと普通自動車とでもそんな感じです。

ただ、スキー場なんかで夕方の帰り道に雪の壁につき刺さっているのは
大抵がそんな車なんですね。
4駆とオフロードタイヤを過信(盲信?)する人が多いのですね。

所詮、雪道では、はがき4枚分の設置面積で車の挙動が
決まるわけですから、軽いほうがコントロールしやすい
というのは本当ですよ。滑り出したらどうにもなりません。

その辺は慎重に走る人ならなんてことはないので、
保険と考えて、衝突時の安全性のために、
維持費も高くて(タイヤとかも高いし)、燃費も悪い
大きなSUVを選択するのはありだと思います。

一度、知人のジープで真冬に真夜中の南アルプスの林道を
走ったことがあるのですが、膝より深い、深雪の中をぐいぐいと
踏み込んでいく走破性は他の車では考えられない快感でしたね。
(もっともその後、麓に降りてきてから、調子に乗って、
民家近くでスリップして、深い溝に嵌めて亀になってしまい、
農家のトラクターで引き出されたなんてこともありましたが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
>雪の壁につき刺さっているのは
大抵がそんな車なんですね。
4駆とオフロードタイヤを過信(盲信?)する人

おっしゃる通りですね。肝に銘じます。

>はがき4枚分の設置面積で車の挙動が
これは本当に目が覚める表現です。ありがとうございます。フロントガラスに年賀状4枚貼っておこうかと思いました。

お礼日時:2013/10/31 09:56

結果論ですが、現実問題


車同士の事故の時、やはり、重い方が被害が無く、軽傷で安全です。

2トン越えの場合、2WDでも4WDでも燃費は変わらないですし、気にすべき事ではないと思います。

>スタッドレスならFFでもFRでも充分

十分という意味では正しいですが
4WD+スタッドレスは無敵で、十二分以上です。

ちなみにFR+スタッドレスはそこそこ弱いですので
「FFでもFRでも」という方は
実際には運転の経験がないと断定できます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>やはり、重い方が被害が無く、軽傷で安全です。
ご意見ありがとうございます

お礼日時:2013/10/31 23:34

>実際 安全面で考えてメリットは如何でしょうか?


 大型4駆は、小型車に比べて乗車位置が高く
 また、クラッシャブルゾーンも大きく取れるので保身度は高いです。
 雪が降り積もった駐車場などでカメになるリスクが下がるのも〇ですが、
 下りのブレーキに関しては車重がある分、不利になります。 
 進入速度が速くカーブを曲がり切れない状況になった時、
 減速を止め、アクセルオンでクルマの向きを変えることは可能ですが、
 そういう運転が出来るようになるには経験/慣れが必要です。

 最大のデメリットは相手への加害性が高くなること。
 小型車や軽自動車のボディサイドに突っ込んだら、
 4駆のフロントグリルは頭部を直撃する高さにあるので、
 致命的な傷害を与えるリスクがあります。
 自分の身体は無傷だか、精神的、経済的に深手を負う結果を招くかも知れません。

 正面なりオフセットなりで衝突したら
 4駆は急減速して停止するに留まるが、軽や小型車は後ろに跳ね返されるでしょう。

 4駆ならGクラスがベスト。
 乗用車に毛の生えたような4駆では、4駆同士の時の保身度があまり高く無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>くカーブを曲がり切れない状況になった時、
 減速を止め、アクセルオンでクルマの向きを変えることは可能ですが、 そういう運転が出来るようになるには経験/慣れが必要です。

そうですね。所詮道具である以上大きくて複雑なら対応した技術が無いと十分な性能は使いこなせませんね。

> 4駆のフロントグリルは頭部を直撃する高さにあるので、
 致命的な傷害を与えるリスクがあります。
 自分の身体は無傷だか、精神的、経済的に深手を負う結果を

凄く勉強になります。所詮道具である以上、特性を理解して使わないと両刃の剣になる訳ですね。自分の身を守る盾で有っても自分の動きをきちんとわきまえないと周りの人を無意味に傷つけてしまうのですね。自分が安全になった分だけ慎重にならないといけないのですね。

しかしながら自分がしっかりしている限り(他の人の不注意に巻き込まれた場合の安全度)は高いから、最悪の場合でも自己責任で納得が出来る(というか自分も周りも納得できる運転をするしかない)というのが安全に繫がる良いところ。 ということですね。

レベルの高いアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2013/10/31 12:42

グランドチェロキーはSUVのなかではミドルサイズで大型SUVではありません!~国産のランクル200より一回り小さいです。


フルサイズ(大型)だとナビゲーターやエスカレード、GMCユーコン~逆輸入だとトヨタ・セコイア、インフィニティQX56…辺りになります!
○メリットは寸法が大きいとクラッシュゾーンが稼げるので衝突面では安全性は高いと言えます!(~セダンでもなんでもそうですが…)
×デメリット~維持費もですが、地方のスキー場などに行く場合や観光地などの狭い道では気を使います。(→800系のユーコン・デナリを経験)

ただフィット等、小型車は長距離移動にはシートが小さく~座面の狭い車種は疲れます!
したがって、エクストレイルやパジェロ、CX-5~なんか手頃では?
○エクストレイル…クリーンディーゼルがある(ただしノイジー)、座面はやや小振り

○パジェロ…クリーンディーゼル(こちらもノイジー)、燃費を考えないならレギュラー車はお得? サイズもチェロキー位ある!

○CX-5…クリーンディーゼル(かなり遮音対策されてます)、シートもしっかりしてます! …ただ車体はやや小柄

~大型SUVと小型車の比較はあまりにも極端なので、国産SUVを検討されてはいかがでしょうか?


●気になった車種は要試乗です! 月並みですが、実車でなければみえない部分は沢山あります!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>~国産のランクル200より一回り小さいです。
確かにそうですね。現在アジアの某国の首都に居ますが、ユニセフとか赤十字とかの政府機関の車はランクルが多いです。高級官僚(特権階級)はBMWとかカイエンとか乗っています。

>観光地などの狭い道では気を使います。(→800系のユーコン・デナリを経験)
 ユーコンデナり確認しました。確かに野沢温泉とかの路地に入ると大変そうですね。まさにこれこそがフルサイズですね。


>はあまりにも極端なので、国産SUVを検討されてはいかがでしょうか?●気になった車種は要試乗です! 月並みですが、実車でなければみえない部分は沢山あります!

おっしゃる通り周りとのバランスも有りますね。日本的環境の中で何処まで自分の好みを出すかは色々検討ですね。
大きいのを持て余し気味に乗り廻すのも面白そうですが程度問題かもですね。(笑)

お礼日時:2013/10/31 12:42

安全面と言うことでしたら、衝突には強いです。

クラッシャブルゾーンが広いので、衝撃吸収力が上がりますので。大型SUV4駆の優位性というと、走破性ですね。ですから、アウトドアの悪路を走るとか言うのは有利ですが、単純にスキー場などに行くだけというなら、スタッドレス+FFでもそれほど変わりません。
止まることに関しては4駆と2駆の差はないですから。

デメリットは燃費が悪い、小回りがきかない(同車種の2駆と比べて)というぐらいですか。
まあ、大型ですから高さ、幅の制限で都内周辺の駐車場では止めにくいと言うことでしょうか。これは、SUVとかじゃ無くてもスポーツカーでも同じですけど(スポーツの場合は低さで下がこするとか長さの割に幅が広いとかいう制限ですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>安全面と言うことでしたら、衝突には強いです。クラッシャブルゾーンが広いので、衝撃吸収力が上がります。

背中を押して頂きありがとうございます、

>止まることに関しては4駆と2駆の差はないですから

おっしゃる通りですね、重たく成るだけむしろ車間距離を取って慎重に運転ですね、

お礼日時:2013/10/31 09:48



先代モデルですが、FitとAccordのオフセット衝突実験の様子です。
同じ世代で衝突安全性を考えると、物理の法則通りで、やはり小型で軽い車のほうが不利であることは間違いありません。もちろん、大型SUVとの対比なら尚更差が出るでしょう。

ただ、車対車の事故を起こした場合、こちらが2トン超の四駆だと、自分は安全でも相手を不幸にさせてしまう可能性は大いにありますね。なにせ今の日本、軽自動車が増えています。

大型四駆とフィットとの対比は極端だと思いますが、長距離移動を考えると、疲労度は比較になりませんよ。
大型四駆を選択出来るだけのご予算があるのなら、選択肢はたくさんあるということで、Vシリーズやグランドチェロキーのような燃費無視の大型SUVでなくとも、クリーンディーゼルや小排気量ターボ搭載のクロスオーバー的なワゴンという手もあります。
なにしろ、地方はいいとして、首都圏、とりわけ23区内では大型SUVは駐車場が限られ、取り回しが悪く、スキー以外では不便なことが多いです。

スキー場に行くだけなら、大型SUVは不要です。四駆でなくても行けますし、四駆である意味は、急に積雪があった時の発進性能が良いという程度です。

いずれにしろ、安全性で考えれば、大型四駆は有利ですが、燃費や首都圏での取り回しなど、スキー以外の用途も考えて選択されたほうが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます
>FitとAccordのオフセット衝突実験の様子です。
なるほど全然違いますね。続けて多くの車の場合も見せて頂きました。
ワンボックスも運転席に居ると下半身は大問題かもですね勉強になります。

>相手を不幸にさせてしまう可能性は大いにあります
おっしゃる通りですね、それだけの質量=凶器となった時の破壊力、大型に成ればそれだけの責任感で安全運転ですね。

>燃費無視の大型SUVでなくとも、クリーンディーゼルや小排気量ターボ搭載のクロスオーバー的なワゴンという手もあります。

ありがとうございます、色々考えて見ます。
グランチェロキーも欧州向けにはクリーンデイーゼルが有るらしいのですが日本では無いので残念です。

お礼日時:2013/10/31 09:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪路走破性がもっとも優れた車は?

こんばんは。ラングラーに憧れている者です。

世の中にはクロカン車はたくさんありますが、最近は
ラグジュアリー性を追求したものになってきて本来の
悪路走行性能を犠牲にしているクロカン車まで存在し
ますね。個人的には残念だと思います。

さて、クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は
何だと思いますか?ジムニー?三菱ジープ?ラングラー?
ランクル70?メガクルーザー?ハマー?ウニモグ??
思い出せる車を列挙してみましたが、どれが一番なので
しょうね。私は2スト時代のジムニーは優れていると思います。

ちなみに、装輪車だけに限定します。装軌車は除いてください。

Aベストアンサー

たくさんの回答が出ていますが、私も長~い一言。

>ラングラーに憧れている
◎ラングラーは最もJeepらしい良さがありますね。

>クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は?
◎悪路走破性も状況次第ですが、
あらゆる状況下で前進できる(動ける)ことを考えると、以下の条件が挙げられると思います。

1、大径タイヤの全輪駆動
これは言うまでもないことですね。

2、全てのデフをロックできる
例えば直結4WDでも、もちろん前後それぞれにデフが有り、これをロックできないと、
2輪が浮く(空転する)と動けません(2WDは1輪空転で×)。
*MB.G.ヴァーゲン
 フルタイム4WDですが、フロント/センター/リアそれぞれのデフロックをボタン操作で可能。
 (この車の開発は、主にシュタイヤー・プフ社)。
*ウニモグもデフロック可能。
※デフロックに代わる新技術。
【電子制御による空転防止】
*レンジローヴァー
 空転しようとする車輪のブレーキを掛けることで、1輪のみ接地状態での前進可能としています。
 ランクルに採用され、最近パジェロへも採用され、なかなかの優れものです。

3、最低地上高が高く、しかも低重心
厳密に考えると、デフ下面orサスメンバー最下部が最も地面に近いことになります。
従って、大径タイヤが有効ですが限りがあります。
*ハマー
 ホイールリダクション=車軸からギヤを介してホイールを駆動。
 デフ含む車軸が上部へ移動=大きな地上高が得られる。
 メガクルも同設計ですが、これはフルコピー「トヨタ製ハマー」と言うべきですから問題外。

4、前後重量バランスが良く軽量かつ頑丈、視界に優れ、前後オーバーハングが少ないか無い車体
*軽トラ4WD
 エンジンが運転席下=ミッドシップかつ低重心、トラック=頑丈、軽=軽量、視界良。
*ハマー
 フロントミッドシップ、4点フックでヘリ吊り上げに耐えられる頑丈さ(超重ですが)、真四角=視界良。
*パジェロ(?とりあえず愛車なもので)
 フロントミッドシップ、フルモノコックの頑丈設計、ロングストローク四独懸架
 ラグジャリー路線で、すっかりオフに弱くなっています(--;)

5、粘り強く強力なパワーを有する
2stジムニーは、低速はカラッキシで、勢いをつけて一気に突入スタイルで乗り切るタイプでした。

◎結論=万能クロカンは無い
日本の狭い林道なら、ジムニー(軽トラ4WDも)ですが、厳しいガレ場、砂地、泥濘地走行ではまた違った結果でしょう。

◎私の思う理想
ハマーの小型民生モデル!
そのままの技術を洗練されたミディアムサイズ・ボディーに詰め込んだもの。
ホイールリダクションによる高い地上高、走行中も空気圧変化可能なシステム、さらにホイール空転の電子制御などで万能。

現ハマー不要になった時、世界平和も訪れる時であると(^^)v

たくさんの回答が出ていますが、私も長~い一言。

>ラングラーに憧れている
◎ラングラーは最もJeepらしい良さがありますね。

>クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は?
◎悪路走破性も状況次第ですが、
あらゆる状況下で前進できる(動ける)ことを考えると、以下の条件が挙げられると思います。

1、大径タイヤの全輪駆動
これは言うまでもないことですね。

2、全てのデフをロックできる
例えば直結4WDでも、もちろん前後それぞれにデフが有り、これをロックできないと、
2輪が浮く(空転す...続きを読む

Q追突事故に強い車を教えてください

後方から追突された時に、乗員の生存(非受傷)率が高い
車の車名( 分かれば型式も )を教えてください。
ただし、次の条件を満たしている事とします。

1.定員5名の普通乗用車であること
2.10年(10万km)程度乗り続けられること
3.一般的な立体駐車場(幅:1800mm以下、高さ:1550mm以下)
  に駐車できること
4.輸入車・国産車、新車・中古問いません
5.予算は200万円±50万円程度

個人的には、高速域での走行が想定されている欧州車
(BMW3/x1シリーズ、メルセデスCクラス、VWゴルフ/パサート)の
中古が良いのでは?と考えています。

※私は、都下在住です。
 メンテ経験は、日常点検のほか、オイル、オイルフィルター交換、
 プラグ交換、ブレーキパット、フルード交換等の軽整備レベルです。
 ただ、今の環境ではウマ掛けするような場所がなかったり、
 廃液の処分も難しいため、整備は整備工場さんにお願いしています。

実は、先日、高速道路上の渋滞最後尾で、ハザードを点滅させて停車していたところ、
後方から普通乗用車に約80km/hの速度で追突される、玉突き事故に遭いました。

まだ、肉体的にも精神的にも運転できる状態ではない
(自分の後ろから車が近づいてくる気配を感じただけで恐怖を覚えます)のですが、
我が家には車が必須なことから、次の車は安全性能を最重視して
購入したいと考えています。

また、軽自動車やリアオーバーハングの短い車両は避けたいと考えています。
⇒今回の追突事故の衝撃は、BピラーとCピラーの間まで伝わっていました。
 一方前部は、ボンネットが「山」になっていて、
 運転席から前がほとんど見えませんました。
 もっと大きい車、もしくはもっと高速で追突されていたら、
 と思うと怖くて眠れません。
 ちなみに、乗っていた車はUSアコードワゴンです。

今回の交通事故に遭い、公道を走るすべての車両に、
スバルのアイサイトやメルセデスのレーダーセーフティパッケージのような、
衝突防止装置が装着される日が来ることを願うようになりました。

運転者の不注意や予想外の出来事が原因の交通事故で悲しむ人が、
いなくなって欲しいと思うからです。

みなさんのご回答お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

後方から追突された時に、乗員の生存(非受傷)率が高い
車の車名( 分かれば型式も )を教えてください。
ただし、次の条件を満たしている事とします。

1.定員5名の普通乗用車であること
2.10年(10万km)程度乗り続けられること
3.一般的な立体駐車場(幅:1800mm以下、高さ:1550mm以下)
  に駐車できること
4.輸入車・国産車、新車・中古問いません
5.予算は200万円±50万円程度

個人的には、高速域での走行が想定されている欧州車
(BMW3/x1シリーズ、メルセデスCクラス、VWゴルフ/パサート)の
中古が...続きを読む

Aベストアンサー

そりゃラダーフレームがある車に決まっています。
そんな高級車を買う必要はありませんし、
今時の車には、トランクルームのフルパッケージかなどが進み
余分スペースなどは皆無です。

大中古のパジェロやランクルやビッグホーン。
車幅も5ナンバーです。
ロングボディだと、
これらの車の二列目シートまでつぶすには
20トンくらいの大型トレーラーが必要です。

乗用ボディで言えば
もちろんセンチュリーですね。
やはり同様にラダーフレーム車両であり
総重量3t近いすべて溶接によって止められたボディが
ほぼ絶対の耐久性を持っています。
トランクルームも無駄に後ろに長いです。

あと、
映画などで目にすることも多いと思いますが
ラダーフレームの入ったアメ車=ハイウェイパトロールが採用するような車は
同様にラダーフレームで衝突させるようなシーンが続出しますが
全く前後方向にはつぶれませんね?ごらんの通り。

平成6年以降のバブル崩壊後の国産車において
こういう無駄な頑丈さを持った車は
絶滅しました。
欧州車はもっと昔から絶滅していますが・・・。
80年代くらいまでの欧州乗用か、
唯一ラダーが生き残ったのは90年代までの
SAABかVOLVOだけですね。

リアオーバーハングの長い車など
今時の車にはほぼ存在しません。

そりゃラダーフレームがある車に決まっています。
そんな高級車を買う必要はありませんし、
今時の車には、トランクルームのフルパッケージかなどが進み
余分スペースなどは皆無です。

大中古のパジェロやランクルやビッグホーン。
車幅も5ナンバーです。
ロングボディだと、
これらの車の二列目シートまでつぶすには
20トンくらいの大型トレーラーが必要です。

乗用ボディで言えば
もちろんセンチュリーですね。
やはり同様にラダーフレーム車両であり
総重量3t近いすべて溶接によって止められたボディが
...続きを読む

Q頑丈な車はかえって危険?

 先日、交通事故に遭い、マイカー(トヨタナディア)は廃車(修理費120万円で全損)となりました。怪我は軽傷で済みましたが、衝突の瞬間まで相手方車両や運転手の顔まではっきり見えていたため、今でも、交差点や対向車を見ると、すべて私に向かって突っ込んでくる錯覚に陥り、いつもビクビクしてマツダデミオ(妻の車)を運転しています。
 それで、今回、大きくて頑丈な車を買おうと思いました。希望としては、運転席の座面が高くて対向車などが突っ込んでくるという印象が薄い車、突っ込んできてもダメージの少ない頑丈で大きめの車を考えています。候補としては、ランクルプラドを考えていました。
 ところが、先日、知り合いの方から、ランクルプラドはモノコックボディじゃないから、衝撃を生身の体で受けてしま割合が高いのでかえって危険じゃないか。また、相手方の車両や同乗者へのダメージも大きくなるよ。アウトレックのようなSUVか、アルファードやエルグランドなどの大きなワゴンにした方がいいんじゃないかと意見をもらいました。
 もちろん、安全運転でのんびりゆったりの運転です。一番の願いは、自分のビクビク感を少しでも和らげて安心して運転したいと言うことなのですが・・・。やはり、ランクルプラドのようなモノコックボディでない車は、かえって危険なのでしょうか?

 先日、交通事故に遭い、マイカー(トヨタナディア)は廃車(修理費120万円で全損)となりました。怪我は軽傷で済みましたが、衝突の瞬間まで相手方車両や運転手の顔まではっきり見えていたため、今でも、交差点や対向車を見ると、すべて私に向かって突っ込んでくる錯覚に陥り、いつもビクビクしてマツダデミオ(妻の車)を運転しています。
 それで、今回、大きくて頑丈な車を買おうと思いました。希望としては、運転席の座面が高くて対向車などが突っ込んでくるという印象が薄い車、突っ込んできてもダメ...続きを読む

Aベストアンサー

・・・モノコックボディでない車は、かえって危険なのでしょうか?
衝突安全基準をふまえてつくられていますから、「危険」ということはありません。ただこの手の車種で「安全確保のため守ること」「不得手なこと」というのはありますから、その点は理解して乗ることが必要です。
「安全確保のため守ること」・・・後付けで「カンガルーバー」などと一般に呼ばれているフロントグリルを覆うガード類をつけないこと。オプションで購入時につけられる場合でもつけない。
レスオプションではずせるならはずす、「百害あって一理なし」の装備です。理由は次の2点
(1)対歩行者の事故が起こった場合、相手の受傷リスクが増える+重傷となる度合いが高くなる。
(2)対車の事故が起こった場合、「クラッシャブルボディ」が有効に機能せず、乗っている人への衝撃が大きくなる。
たぶんお知り合いの方が懸念されているのは(2)の事柄を断片的に知識とされていて、アドバイスされていたのだと思います。
「カンガルーバー」を勧めない理由はこの装備の本来の目的を考えればわかります。北欧やオーストラリアなど、自然環境が厳しい+人口密度や交通量が極端に少ない場所で野性動物と事故を起こして自走不能になると最悪命を落とします(北欧で携帯電話が真っ先に普及したのも同じ理由からです)そのため事故で破損すると即走行不能となるエンジンや冷却系をはじめとした補機類、前輪のサスペンションを保護するためにつけられるようになった経緯があります。ようは障害物は跳ね飛ばして自分は助かろうというシロモノですから、日本で普通に暮らす分には全く必要ありません。イギリスではこの装備をつけていると任意保険の料金が割高になるそうです。もちろん先にあげた(1)の理由からです。
「クラッシャブルボディが有効に機能しない」理由はもうおわかりでしょう。エンジンルームやトランクルームなどを「つぶれしろ」にして事故の衝撃を吸収しようというのが近年の車の設計思想ですが、それを「つぶれない」ようにしてしまえば衝撃が一気にきます。多分脳が衝撃にたえられないですよ。
「不得手なこと」・・・見た目は乗用車でもシャシー・足回りの成り立ちは「トラック」です。たとえ4WD・ABSがついていても過信は禁物、ハンドリング性能はスポーツカー・セダンの足元におよびません。緊急事態を「ステアリング操作で避ける」のはまず無理と思ったほうがいいです。また車両重量も重いですからブレーキもあまり利かないと思ったほうがいいでしょう。
以上のことを踏まえたうえで選ぶのはsk21さんの自由ですが、相手が大型トラック・ダンプの場合や高速道路での事故では必ずしも大きいことが有利にはならない(乗用車レベルの話です)ことはお考えになってクルマ選びをされることをオススメします。では。

・・・モノコックボディでない車は、かえって危険なのでしょうか?
衝突安全基準をふまえてつくられていますから、「危険」ということはありません。ただこの手の車種で「安全確保のため守ること」「不得手なこと」というのはありますから、その点は理解して乗ることが必要です。
「安全確保のため守ること」・・・後付けで「カンガルーバー」などと一般に呼ばれているフロントグリルを覆うガード類をつけないこと。オプションで購入時につけられる場合でもつけない。
レスオプションではずせるならはずす、「...続きを読む

Qベンツのゲレンデヴァーゲンは雪道でもチェーンは必要ないというのは本当な

ベンツのゲレンデヴァーゲンは雪道でもチェーンは必要ないというのは本当なのでしょうか?オーナーの方、その方面に強い方など、お忙しいところすいませんが教えていただければと存じます。

Aベストアンサー

年に1~2回20センチくらいの積雪に遭いますが、チェーンはもちろん携行はしながらも、ノーマルタイヤのまま今まで一度も装着せずに走っています。昔はスパイクタイヤというものがありましたが、スタッドレスになってから、どうもゴムだけというのが信用できずまた高くてもったいないので買ったことがありません。何度もどこかで付けなければならないかなと思うような積雪でも、意外と走れてしまうものです。もちろん、慣れが必要なので、初めての人はいくら四駆でも難しいかもしれませんが、センスがあればすぐに路面やタイヤの感覚がわかるようになります。ポイントとしてはできる限り信号で停止しないように遠くの信号の状況を見ながらゆっくり走り、アクセルは一定を保つ(踏み続ける)ことです。安定したパワーを与え続けることが走行安定性を高めます。アクセルオフにすると、糸の切れた凧と同じで不安定になりやすいです。ブレーキは絶対にタイヤをロックさせないよう、タイヤの回転を少しずつ弱めるような感覚で、デリケートに踏み込んでいきます。また道路に前の車の轍ができていたら、極力轍に沿って走ることです。轍以外を走ろうとすると柔らかそうに見える雪でも結構凸凹していて、ハンドルを取られたり、スタックしてしまう可能性があります。また峠道の場合は、ATなら登りも下りもDレンジではなく、2速固定でエンジンブレーキを有効に使い、当然そのギアの範囲内のスピードで走ります。
また前に車がいたら、十二分な車間距離は開けましょう。また後続車の状況を見て、自分のペースが交通の流れを乱していると思ったら、どこかの駐車場か広場を見つけて、潔くチェーンを装着することはもちろんです。交通量の少ない雪道で何度も練習するのが一番です。くれぐれも安全運転で。

年に1~2回20センチくらいの積雪に遭いますが、チェーンはもちろん携行はしながらも、ノーマルタイヤのまま今まで一度も装着せずに走っています。昔はスパイクタイヤというものがありましたが、スタッドレスになってから、どうもゴムだけというのが信用できずまた高くてもったいないので買ったことがありません。何度もどこかで付けなければならないかなと思うような積雪でも、意外と走れてしまうものです。もちろん、慣れが必要なので、初めての人はいくら四駆でも難しいかもしれませんが、センスがあればす...続きを読む

Qどちらがよい?ベンツゲレンデかカイエン

頭が悪い奴と思われると思いますが、ご教示お願い致します。
この度、独立開業を果たし、軌道に乗せる事ができて趣味の車を
購入することとなりました(中古ですが・・)ゲレンデかカイエンとなります。

今買うならどちらでしょうか?予算は700万位ですがとくに限度はありません。
ファッションとして、実用性、職種との適正、壊れやすい等アドバイス、ご教示お願いいたします。
職種は物販業(宝石 時計 ブランド品)となります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どちらかと言うとGです。
理由は単純に見た目がかっこいいからですw
逆にカイエンは個人的にはデザインセンス悪いと思います。
(独断と偏見ですのでカイエン好きの人はスルーしてください)
あれはトヨタのハリアーあたりから始まったSUV人気に乗っかったはいいが、ポルシェらしいデザインを捨てる事も向上させることもできなかった駄作だと思っています。あくまで見た目はの話ですが。
ちなみに車名は出しませんが同じように失敗していると思っている車が3車種程あります…。

他の方も書いておられますが、Gかカイエンだけにこだわらないならレンジローバーも良いですし、
リンカーンのナビゲーターも落ち着いた大人の高級SUVという感じですし、
少し派手ですが、キャデラックのエスカレードなんかも良いんじゃないでしょうか。

私は機能面には疎いので見た目でしか言えませんが、
ファッション性が高く、仕事にも使える(好き嫌いがあまり別れないという意味で)
という観点からいくとSUVならレンジローバーかナビゲーターがおすすめですね。

Qポルシェは事故でぶつかった時の強度は強いのですか?

自動車評論家がポルシェに乗っていて木に激突?してなくなりました。

写真を見たらとんでもない位に大破していました。

ポルシェと言う車はぶつかったときの安全性はどうなのでしょうか?

他の車と比べて強いのですか?軽く作ってあるので弱いのですか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

側面衝突で100km/h以上、棒状の固定物に当たって安全性を確保できている乗用車なんて存在しません。
木とか電柱とかにぶつかるとクルマ側だけでエネルギーを吸収しなければならないので
破損が大きくなるのです。それこそ車体が分断されることも珍しくないのです。
同じ側突でもクルマとの衝突であれば双方でエネルギーを吸収するのでまた違った結果になります。

固定物との衝突は車側だけでエネルギーを吸収するため
車体重量の軽さは有効に働きます。

レースカーのF1が、信じられないスピードで物にぶつかってもドライバーが大丈夫なのは
カーボンで作られた強固な車体と、車両重量600kg程度で軽いことが理由です。
でも、その条件をもってしても固定物にぶつかった場合は、
車体は大丈夫でも中に乗っているドライバーは衝撃で脳や内臓、骨を痛めます。

QLX570とランクル200ZXと、どちらにするか迷っています。

LX570とランクル200ZXと、どちらにするか迷っています。
それぞれの車種に特徴があり、ブランドの価値、イメージなど車本来の性能以外の部分で比較しているという部分もあり、どれにしようか迷っています。

ランクル200の場合、ZXにしようと思っていますが、実際に試乗をしてみてもシグナスよりも内装が安っぽい感じがしてしまいました。
また、ランクル100とシグナスの頃のように外観が少しかわっているならまだしも、外観上の特徴は「ZX」と書いてあるのと、20ホイールの違いのみ・・・。
オプション総計で850万オーバーの車にしてはプラスティックのウッド調内装はイマイチなので悩んでいます。

それにくらべて、LXはさすがレクサスというべき内装ですが、国内未販売なので並行輸入しないといけないので、いろいろと不便そうですが、実際具体的にどういうふうに不便なのかがわからないので、その辺を含めて最終的に考えたいと思っております。

そこで、LX570を並行で買うデメリット(たとえばナビはディーラー保証がない等)
を教えてください。

Aベストアンサー

質問者様はどこかの代理店を通してレクサスを買われるのですか?
例えばヤナセのような。
であればレクサスが個人的にオススメです。
左ハンドルは運転しにくいですが、
重量感、存在感はやはり大きいですよね。
部品も代理店を通せば買えると思うので大丈夫ですよ。

個人的に買った場合は日本に輸入→予備検を受けてから登録なんですが、
それだけでランクルと比べて40万は上乗せになります。
部品とかのオーダーは本当に苦労するのですが、
それだけの価値はあると思います。

また、金額から言って新車だと思いますが、
アメリカレクサスの中古ならあまりオススメしません。
なぜならアメリカのオークションで買った場合、
メーターを戻されている可能性があるからです。
普通に2万マイルとか言ってるけど本当は10万マイル
オーバーとかで頭にきます。

ランクルに関しては本当に残念な仕様ですよね。
プラドでもなんでもステッカー1枚でしかグレード判別がつかないですもんね。
ただ、サービスだけは本当に一流だと思います。(笑)

3年後位に乗り換えを考えているなら、
絶対日本のランクルですよ。
買取が高いので(笑)

あとは自分の好みでどうぞ。

質問者様はどこかの代理店を通してレクサスを買われるのですか?
例えばヤナセのような。
であればレクサスが個人的にオススメです。
左ハンドルは運転しにくいですが、
重量感、存在感はやはり大きいですよね。
部品も代理店を通せば買えると思うので大丈夫ですよ。

個人的に買った場合は日本に輸入→予備検を受けてから登録なんですが、
それだけでランクルと比べて40万は上乗せになります。
部品とかのオーダーは本当に苦労するのですが、
それだけの価値はあると思います。

また、金額から言って新車だと思い...続きを読む

Q本当にボルボやアメ車の車体は優れているのですか?

よく、ボルボやアメ車はボディが頑丈なので、事故した時、安全で、
反対に日本車はすぐに潰れてしまうので、剛性が無くて危険だと聞きますが、
本当にそうなんでしょうか?
日本の技術をもってすれば、ただボディが強いだけの頑丈な車体を作るのは難しい事
ではないと思うのですが、本当のところはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、考え方の違いです。固いから壊れにくいは合っていますが、だから安全かというとそうでもないです。固いと言うことは衝突したときの衝撃がそのまま運転席などに掛かります。そうすると、むち打ちなどになりやすいと言うことになります。日本車はボンネットやトランク部分をクラッシャブルゾーンとしてわざと壊れるようにして、その部分で衝撃を和らげる構造にしています。
これによって、むち打ちとか、衝撃で車外に飛び出す可能性を減らしています。
硬いボディーは玉突き衝突などで挟まれたときに人が載っているスペースを確保できる可能性が高くなると言うことはあります。
ですから、どちらが良いかは一概には言えません。

Q新型か?名器か?

予算 350万円とします。この金額で、ベンツ Gクラスを購入した場合、軽く10年以上前のGクラスです。同じ金額で、グランドチェロキーですと、1年落ちくらいのラレードか、リミテッドが買えるかも知れません。自身の事ですので、最終的には決断しなければならないのはわかっています。気持ちをグランドチェロキーに向かわそうとするのですが、Gクラスが頭を過ります。自宅の車庫が狭く(正確には通り道)、グランドチェロキーは入りません。Gクラスなら何とかなりそうな気もしています。また、グランドチェロキーとベンツ Gクラスは、比べるほうがおかしいとの意見もありますし、それほど完成度が高いのが、Gクラスではないか?とも思います(中には兵器と言う人も)。やはり、普通の車のグランドチェロキーより、たとえGクラスにするべきでしょうか?

Aベストアンサー

「最後のメルセデス」と言える品質で、
1台に付き一人のマイスターが監修して生産するGクラス(463)ですから、
大量生産される大衆4駆車に位置するグランドチェロキーとは造りもかなり違います。
(Gクラスを越える造りがされている4駆車は無いので、当前と言えば当前なのですが。)

別に「兵器」ではありませんが、ドイツ軍の指定車両であるため、
モデルチェンジに際してはドイツ軍の承認、承諾が必要なので、そう思う人がいるのかも?です。

戦地における「悪路、道無き道」を想定したクルマなので走破性、耐久性はバツグンです。
消耗パーツを交換すれば20年30万キロは屁の河童、楽勝に走れますから、
日本の舗装路で走った10年なんて、やっと当りが付いた程度だと。

乗り心地は、強靭なサスペンションを用いているため
空荷の2トントラック的で、ガッツン、ピョコピョコ感が付きまといますから
乗用車ライクな乗り心地を所望されるのであればグランドチェロキーで決まりですが、
4駆の実力を味わいたいのであればGクラスに決定です。

水深75cmは伊達じゃないし、何と言っても何時でも買えるチェロキーと違って
もう二度と生産されないであろうという造りのGクラスに触れるのは良い選択だと思います。

「最後のメルセデス」と言える品質で、
1台に付き一人のマイスターが監修して生産するGクラス(463)ですから、
大量生産される大衆4駆車に位置するグランドチェロキーとは造りもかなり違います。
(Gクラスを越える造りがされている4駆車は無いので、当前と言えば当前なのですが。)

別に「兵器」ではありませんが、ドイツ軍の指定車両であるため、
モデルチェンジに際してはドイツ軍の承認、承諾が必要なので、そう思う人がいるのかも?です。

戦地における「悪路、道無き道」を想定したクルマなので走破...続きを読む

Qアメリカではどうして古い車が平気で走っているの?

かな~り古い車が大きな顔をしています。大事にのっているのかな?と思いきや、結構『廃車』ぽい雰囲気で。燃費も悪いだろうし、修理や、部品の交換だってお金かかるのに、なんで買い換えないのでしょうか。新車のほうがトクだと思うんですけど。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うものの、とても、新車はおろか、適当な年式の中古車すら買えない低所得者層があまりにも多いという。
 ちょっとオーバーに言えば、錆び錆びのプリムスやフォードくらいになるとさすがに価格はあって無いようなもの、だから、彼らはとりあえず動けばこの程度のクルマで我慢するしかない。とにかくガソリンは高騰したとはいえまだ安いし、これだけは仕方がない。
 ちょっと張り切ってローンで買うと、一度でも支払いを滞納すると、アッと言う間にクルマを持って行かれてしまうから、これも恐い。

 動かなくなったらそれまでのことだけれど、これほどまで使い込まれたアメ車なら、訳の分からない故障はむしろ少なくなって、交換部品とオイルさえ手に入れば、構造も簡単で、仲間内でなんとか修理できるから安上がりで、だから、部品も比較的潤沢で交換フリマにもユニットごと沢山出てきやすいアメ車はこの階層には特に人気があるという。一部の州を除いて車検はないに等しいし、ボディーが錆びて駄目になるほどの湿度もないし、とまあ、こんなことを聞きました。

 彼らにとっては、シビックなど小型の中古日本車は故障は少なく燃費もいいいが、週末にスーパーで買い溜める食料や雑貨が入りきらない車格の割には中古価格も部品も高い。それに、昼食のためだけに100kmも走るような土地柄では、なにしろ精密過ぎて、一旦トラブルが発生すると時と場合によっては生命にかかわりそうで心配が耐えない...と不思議なことも言っていました。夢のクルマと言えば、そうだねえ、カムリなんかが欲しいねと言ってはいましたが。

 これと逆にうらやましいのがレストアード・ヴィンテージ。60年代のピンクのフリートウッドなんかは今見るとなんともドリーミーでいいですねえ。すごいのはハドソン・ワスプやエドセルがまだピカピカで生きていること。アメリカは大きいです。

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うも...続きを読む


人気Q&Aランキング