東京の山手線沿線に住んでいます。毎朝、毎夕、自宅と某駅を徒歩で片道20分程かけて通勤していますが、幹線道路の歩道上には、駐輪場のないマンションの住人の自転車やバイク、酒屋さんのドラム缶(石油缶ではありません)、八百屋さんのダンボールの山、そして駅に近づくにつれ飲食店が増え、配達用の三輪スクーターの駐車場代わりになっています。
また、色々な店舗の看板が酷い時には歩道の半ば近くまで飛び出しています。
・・・放置自転車は言うに及びません。

こういう状況ですので、歩道は狭くしか使えず、通勤する人とぶつかったり、すれ違う登校中の学生のカバンで腕などを傷つけられることも少なからずあります。

最近、どこかの行政で看板類の規制が認められましたが、看板のみではなく、バイク、その他の物も何とかならないものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

警察に連絡するだけでは心配、ということであれば、区役所に連絡されては如何でしょうか-単なる気休め程度に終わるかもしれませんけど…。


「地域環境の保全」という観点から、その場所の区道である・無しに関わらず、区役所は放置自転車の取締りをしているはずです。

また「幹線道路」とのことですので、多分この道路は都道か国道と思いますけど、都道であれば最寄の都建設事務所、国道であれば国道管理事務所(だったっけかな?)に連絡するのが「本筋」です。
道路は本来「国民の共有財産」ですから、特定個人・法人がこれを勝手に使用することは道路法で禁じられています。
道路占用が許可される場合もありますが、その際は道路管理者(区or都or国)にその旨申請し、占用料を支払う必要があります。
ただ、お話にあるような駐輪場・廃物置き場代わりの使用や、路上に看板を置くことは絶対に認められません-本来なら「罰金」ものです。

つまり「道路の無断使用」は何十年も前から法的取り締まりの対象になっています。
が、なぜこれが常態化してるかと言うと、このことに対して強い憤りを感じ、その意を表明される方が「圧倒的少数派」だからです(本来、こうしたことに憤りを感じられるのは当り前だと思うんですがね)。
さらに、商店会は地元議員にとって大事な「票田」ですので、行政に対し「商店による道路の不法占用」の取締り強化を求める議員は皆無と言っていいでしょう。

ただ、何遍もしつっこく区役所や警察に電話をすれば、相手は道路の無断使用を取り締まる責任がありますので、そのたんびに商店へ口頭注意しに行くのではないかと。
で、そのうち商店が根を上げるのが先か、役所または警察が重い腰を上げて根本的解決を図るのが先か…。
町内会またはこれに類した地域団体に地域の問題として取り上げてもらって、団体名で関係各署に苦情申し立てする、という手もありますが、こっちの方がなお非現実的かな…。

腰砕けなアドバイスで申しわけないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「腰砕けなアドバイス」なんて、とんでもない!
大変参考になりました。どうもありがとうございました。

要は、(とりあえず・・・)私がどう行動するかなんですよね。
いずれにしてもお役所相手なので、気が重いです。
どうせ、たらい回しでしょうし、即・解決なんて事は有り得ないでしょうから。

でも、自分も迷惑をしているのはもちろんですが、観点を変えると、そういう状況の人為的に狭くされた歩道を通学路とせざるを得ない子供達も可哀想に思えます。
こういう状況の積み重ねでストレスが溜まって、心が荒廃するという図式も少なからず成り立つと思うのですが・・・。

お礼日時:2001/06/04 15:16

私は神奈川の地方都市に住んでますが、あんまりadelaideさんと状況は違わないですね。


私は最寄駅までは自転車で通っていますが、自宅近くの居酒屋さんがもう歩道占有の常習犯で、よくお客さんの車が駐車してあったり、品物の搬送があるのかダンボールが置きっぱなしになっていたりと、これはこれで歩行している時より危ないんです。ちょっとした段差や物にも自転車のバランスが悪くなりますからね。
特に車がデーンと平気で歩道に駐車してあるとそれで歩道がいっぱいいっぱいになってしまい、歩行者ならなんとかスリ抜けられても自転車だと他に通るところもなく結局車道に出て迂回するはめになります。でもその車道じたい、いつも車の行き来が多く、いったい自転車の人はどうしたらいいんだ!といつも思って怒っています。

いつかの事故で、自転車通学中の高校生が、やはり歩道占有のダンボールのせいで転んでしまい、そこへ車が来て轢かれて亡くなったという記事を新聞で読んだことがあります。そのダンボールを置いていたお店は民事訴訟で有罪になり、莫大な損害賠償を遺族へ支払ったそうです。
そこで私は今度歩道占有を見つけたら警察へ連絡しようと思っています。あまりにも歩行者がぞんざいに扱われすぎていますからね。
事故防止のためにも警察にはきちんと取り締まってほしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、どうもありがとうございました。

そうですね・・・結局、警察に訴えるしかないのでしょうか?
以前、歩道に大型のバイクが止まっていて、歩道を歩く人を避けようとした私の自転車のハンドルと、大型バイクのハンドルがひっかかり、私は転倒して足に大あざをつくった事があります。バイクの持ち主はその歩道の前のガソリンスタンドの従業員らしく、バイクの方を気にするだけで、あやまりもしませんでした。その後警察に行き、忠告してもらうようにお願いしましたが、しばらくするとまた元通りの状態です。だから、警察にも不信感をもっています。
でも、何とかしないといけないとは、毎日思っているのですが・・・。

お礼日時:2001/06/01 15:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歩道上の看板設置に困っています

軽自動車で有名なメーカーさんの車を扱っている自動車販売会社さんが
近所にあります。
そこはディーラー直営店ではないのですが、いつも週末になると
歩道の街路樹に看板を設置しておられます。
販売店前道路の街路樹にズラリと設置されるので、看板の数も多く
景観も悪く困っています。

我が家のすぐ前の街路樹にもいつも取り付けられるので、以前に
ここに設置するのは遠慮してもらえないかとお願いしたのですが、
「ここはあなたの敷地なの?違うだろ?」とすごまれてしまいました。
複数の男性従業員に囲まれるように睨まれたので正直怖かったです。

私に正確な知識がないのですが、歩道に看板設置するのは違反なんですよね?
市役所に相談すればいいのでしょうか?それとも警察でしょうか?

もし相談したとして、私の相談内容や個人情報などが自動車販売店に
漏れることってないですよね?
私が相談したことがバレないか心配で、少し躊躇しています。
(以前すごまれたのが本当に怖かったので)

Aベストアンサー

こんにちは

>歩道に看板設置するのは違反なんですよね?

道路交通法第77条第1項には
『次の各号のいずれかに該当する者は、それぞれ当該各号に掲げる行為について当該行為に係る場所を管轄する警察署長の許可を受けなければならない。』と規定されています。

警察署長の道路使用許可は、道路をその本来の用い方である通行の場としてではなく、他の目的のため使用する行為を対象とするものであって、これらの行為は道路の効用を害し、必然的に交通の妨害となり、その他一般の交通に著しい影響を及ぼすもので、本来一般的に禁止されるものでありますが、社会実態にてらし、これを絶対的に禁止することは妥当でないので、相対的禁止行為として警察署長の許可にかからしめようとするもので、第1項に該当し、その行為をするものは、 警察署長の許可を受けなければならないこととしています。

その第2号には
『道路に石碑、銅像、広告板、アーチその他これらに類する工作物を設けようとする者』と規定されています。

「道路」には
歩道も含まれます。

「広告板」とは
広告物と看板とを総称したもので、いずれも不特定多数人に対する意思の告知をするものです。
立看板も含まれますが、張り紙や張り札のように、それ自体で独立して用いられることがないようなものは、広告板に含まれません。

また同第2項には
『前項の許可の申請があつた場合において、当該申請に係る行為が次の各号のいずれかに該当するときは、所轄警察署長は、許可をしなければならない。』と規定され
「交通の妨害となるおそれがないと認められるとき」は許可されます。
今回のケースでは申請すれば認められそうです。

>市役所に相談すればいいのでしょうか?それとも警察でしょうか?

違反か違反でないかは警察署長の道路使用許可を受けているかいないかということになりますので警察に相談しましょう。
違反していれば、両罰規定のため事業主も罰せられます。

>もし相談したとして、私の相談内容や個人情報などが自動車販売店に漏れることってないですよね?

警察のほうから相談者の相談内容や個人情報などは洩れることはありませんが、今までの経緯から質問者さんが疑われることもあるかもしれません。
しかし、証拠がないので知らないふりをしましょう。

こんにちは

>歩道に看板設置するのは違反なんですよね?

道路交通法第77条第1項には
『次の各号のいずれかに該当する者は、それぞれ当該各号に掲げる行為について当該行為に係る場所を管轄する警察署長の許可を受けなければならない。』と規定されています。

警察署長の道路使用許可は、道路をその本来の用い方である通行の場としてではなく、他の目的のため使用する行為を対象とするものであって、これらの行為は道路の効用を害し、必然的に交通の妨害となり、その他一般の交通に著しい影響を及ぼすも...続きを読む

Q横断歩道って歩道ですよね。?

こんばんは。

横断歩道って歩道ですよね?
だから歩行者と車両が交錯する場合、歩行者が優先ですよね。
●法律変わりましたかね?車道に。

Aベストアンサー

こんにちは

>横断歩道って歩道ですよね?
>法律変わりましたかね?車道に。

歩車道の区別のある道路には、車両が通行する道路の部分の車道と歩行者が通行する部分の歩道等(歩道及び路側帯)に分けられます。
横断歩道は車道になります。(通行と横断では違います。)
しかし、車道でも車優先ではありません。

歩道の定義(道交法第2条第1項第2号)
『歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分をいう。』

横断歩道の定義(道交法第2条第1項第4号)
『道路標識又は道路標示により歩行者の横断の用に供するための場所であることが示されている道路の部分をいう。』

>歩行者と車両が交錯する場合、

歩道と横断歩道の大きな違いは、交差する場所が歩道であれば車両が、横断歩道であれば歩行者が横断する形になります。

>歩行者が優先ですよね。

歩行者はどちらも優先ですが、車両の応対が違います。

歩道を横切る場合は歩行者の有無にかかわらずその直前で一時停止。(道交法第17条第2項)

横断歩道を通過する場合は
(1)横断する人がいないことが明らかな場合はそのまま進むことができます。
(2)いるかいないか明らかでないときは横断歩道等の直前で停止することができるような速度で進まなければなりません。
(3)横断しまたはしようとしているときは、横断歩道等の直前で停止します。
(道交法第38条第1項)

こんにちは

>横断歩道って歩道ですよね?
>法律変わりましたかね?車道に。

歩車道の区別のある道路には、車両が通行する道路の部分の車道と歩行者が通行する部分の歩道等(歩道及び路側帯)に分けられます。
横断歩道は車道になります。(通行と横断では違います。)
しかし、車道でも車優先ではありません。

歩道の定義(道交法第2条第1項第2号)
『歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分をいう。』

横断歩道の定義(道交法第2条...続きを読む

Q歩道を走る自転車

先日歩道を歩いていた所、後ろから追い越そうとしてきた自転車とぶつかりそうになり
「ちんたら歩くな」と怒鳴られました。
私は「ながら歩行」をしていた訳でもなく、真っ直ぐ向いて歩いていました
ただ歩くスピード自体は遅いかもしれません
自転車はベルなどを鳴らす訳でもなく、
ぶつかりそうになる寸前まで自転車が後ろにいる事に気が付きませんでした。
怒られてその場でつい謝ってしまったのですが、気になって色々調べていると
自転車は歩道を走る場合、歩行者の歩行を妨げてはいけない
歩行者が前にいる場合、徐行、停止が決まり(ベルで避けてもらう行為もダメ)という事を知りました
この場合、私が仮にちんたら歩いていても、交通ルール的に何の落ち度もないという事でしょうか?

もし自転車が歩道を走る場合、どちら側かに寄らなくてはならない決まりがありますか?
(車道を逆そうするなという意味ではなく、歩道を走る場合です)
歩行者は歩道のどこを歩いても良いのですか?それとも歩道でも歩く側が決められていますか?
(歩道と車道の区別がない道では右側を歩かなくてはいけないとありましたが)

先日歩道を歩いていた所、後ろから追い越そうとしてきた自転車とぶつかりそうになり
「ちんたら歩くな」と怒鳴られました。
私は「ながら歩行」をしていた訳でもなく、真っ直ぐ向いて歩いていました
ただ歩くスピード自体は遅いかもしれません
自転車はベルなどを鳴らす訳でもなく、
ぶつかりそうになる寸前まで自転車が後ろにいる事に気が付きませんでした。
怒られてその場でつい謝ってしまったのですが、気になって色々調べていると
自転車は歩道を走る場合、歩行者の歩行を妨げてはいけない
歩行者が前にいる...続きを読む

Aベストアンサー

自転車は、基本的に車道の左側を走らなければなりません。
しかし、歩道でも「自転車通行可」の歩道ならば自転車も走れます。
この場合、現状では、自転車は左右どちらの歩道を走っても良いです。
ただし、歩道の中でも車道に近い方に寄って走らなければなりません。
つまり、左の歩道を走るときは歩道の右寄りを、右の歩道を走るときは
歩道の左寄りを走ることになります。

しかし、「自転車は左側」というイメージが根付いているので
右の歩道を自転車で走ると、逆走だと怒る人もいることが予想されますし
今後本当に法令等で右の歩道の走行が禁止される可能性もありますので
左の歩道の車道寄りを走るのが無難だと言えます。
当然のことながら、右の「車道」を走るのは逆走であり完全な違反です。

そして、相談者様の言われる通り、歩道を走る自転車は
常に徐行をし、歩行者の通行を妨げてはいけないと規定されています。
ですから、相談者様には何の落ち度もありません。

第10条第1項
 歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯(次項及び次条において「歩道等」という。)と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。ただし、道路の右側端を通行することが危険であるときその他やむを得ないときは、道路の左側端に寄つて通行することができる。

という規定があるだけで、歩行者が歩道のどちら側を歩くかという規定はないのです。
しかし、自転車が「車道寄り」と規定されていますので
「車道から離れた側」を歩くのが、無用なトラブルを回避する方法だとも言えます。

参考URL:http://cycle-info.bpaj.or.jp/japanese/phot_rule/miru_rule.html

自転車は、基本的に車道の左側を走らなければなりません。
しかし、歩道でも「自転車通行可」の歩道ならば自転車も走れます。
この場合、現状では、自転車は左右どちらの歩道を走っても良いです。
ただし、歩道の中でも車道に近い方に寄って走らなければなりません。
つまり、左の歩道を走るときは歩道の右寄りを、右の歩道を走るときは
歩道の左寄りを走ることになります。

しかし、「自転車は左側」というイメージが根付いているので
右の歩道を自転車で走ると、逆走だと怒る人もいることが予想されますし
今後...続きを読む

Q歩道から自転車を追放するのは、もう無理?

タイトルどおりなのですが、本来、自転車は軽車両として車道を走行しなければいけないはずです。 それが「自転車の安全目的」という事で、ほとんどの町の歩道や混雑する商店街を自転車が暴走するようになっていると思います。

もう昔のように「自動車と同じように車道を走行する事」とするのは無理なのでしょうか?

町の歩道の実態を見てほしいのですが、歩道の幅の半分は違法(?)駐輪の自転車で占められています。 残った半分の狭い部分を歩行者が利用しているのですが、そこへ後方からベルで威嚇したり、聞こえよがしにキーキーとブレーキを鳴らしながら暴走する自転車が追い越していきます。

これで事故が起こらない方がおかしいです。

テレビなどで「マナー心」に訴えるようなCMが流されていますが、そもそも歩行者優先になっているはずの歩道を我が物顔で走行するような自転車たちに効果があるわけがありません。

地元も警察のHPに書き込んだ事があるのですが、その後、何の変化もありません。

歩行者は諦めるしか方法は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

まずは商店街などでは自転車を締め出すことは可能だと思います。
自転車の通行もやむを得ないというのが、
→自転車が通ってもかまわない
→自転車は早いから通行人がよけるべきだ
→我が物顔で走る 
という風に、マナーの悪い人間が増えているのと、
自転車自体が安くなって絶対量が増えているのも原因だと思います。


自転車の事故についてももっときっちりと取り締まり、
保険の加入、免許制度、講習制度の導入という風に、
規制やルールを設けるべきでしょう。
例えば親がついていれば無免許運転は可能だが、
小学校や幼稚園の年長くらいでは講習を受け、免許を取る
という風に変えるなどです。

賠償などもきっちりと行わせ、自動車の任意保険に近いものに
加入を義務つけることなども必要でしょう。

日本の自転車走行の環境は諸外国と比較しても
異常に悪いですから、今からすぐに環境を整えるのは不可能なので、
少なくとも運用面でいくらかの改革は必要でしょう。

Q暴走自転車 : どうして日本の歩道には段差が無いの?

歩道を暴走する自転車による被害者が年々増加しているようです。 

警察や自治体も事実上の 「無法地帯」 にしていて、歩行者は自分で自分の身を守らなければいけない、とても危険な社会になっています。

実はヨーロッパを旅行した時に気がついたのですが、歩道に結構段差がありました。 車道より数十センチ高くなっていて、歩道に上がるのにスロープはついていません。 

そのため、仮に日本のように警察が自転車に対して歩道を走っても良いという 「お墨付き」 を与えているとしても、交差点で段差を超えるたびに自転車を降りて、ヨイショと歩道まで上げなければいかないため、極めて歩道が走りにくい状態になっています。

そのため、法律面は別としても、ヨーロッパでは歩道を走る自転車は見あたりません。 必ず車道を走っています。 そして歩道は極めて安全な状態になっています。

ところで日本の歩道は? と見ると、同じく車道より数十センチ高くなっていますが、車道から緩いスロープを付けて、自転車が滑らかに上り下り出来るようになっています。 そのため自転車が高速で歩道を突っ走る事が可能な形になっています。

なぜですか?

最初は車椅子の人の利便性を考えたのかな? と思ったのですが、「それなら、あれだけ障害者の人権を優先する欧米で、なぜ歩道に段差を付けているのか?」 という疑問が出ます。

やはり日本の道路管理者は 「歩行者の安全なんてクソクラエ、自転車が最優先だ」 と考えているのでしょうか?

歩道を暴走する自転車による被害者が年々増加しているようです。 

警察や自治体も事実上の 「無法地帯」 にしていて、歩行者は自分で自分の身を守らなければいけない、とても危険な社会になっています。

実はヨーロッパを旅行した時に気がついたのですが、歩道に結構段差がありました。 車道より数十センチ高くなっていて、歩道に上がるのにスロープはついていません。 

そのため、仮に日本のように警察が自転車に対して歩道を走っても良いという 「お墨付き」 を与えているとしても、交差点で段差を...続きを読む

Aベストアンサー

よく日本人は「ヨーロッパ(あるいはアメリカなど)ではこうだから、日本もこうすべきだ」といいまして、そのこと自体は悪いことではないと思うのですが、その国がそういう制度を導入している背景も含めて考察しないといけません。

まず、ヨーロッパでは車道では基本的に歩行者は保護されません。例えばフランスでは、自動車専用道路で人をはねても基本的には無罪なんだそうです。なぜなら、自動車専用道路に入った歩行者が悪いという「大人の考え方」をするからです。だから、パリで信号が変わるとまだ自分が横断歩道を渡りきっていなくても車は問答無用に走ってきますから結構ビビりますよ。日本のように、歩行者が渡り終わるまで車が待ってくれるなんてことはないです。
また、道が狭いローマなどでは、とてつもなく一方通行が多いです。ローマでタクシーに乗ったときにボッタクられたか?と思うような(実際、しばしばボッタクられるのですが)回り道をすることが多いのですが、それは一方通行が多いせいです。

それとヨーロッパで子供ふたりと買い物かご一杯の買い物袋を突っ込んで走っている自転車を見かけたでしょうか?あれほど生活感あふれる自転車はなかなか見かけなかったと思います。ヨーロッパの大都市ではスーパーの出店にも規制がかけられている例が多いようです。ですから、市民は近所にある昔ながらの小売店に歩いて、あるいは車で買い物に行くようなケースが多いようです。

ついでに論点が思いっきりズレまくりますけど、ヨーロッパでは歩道で自転車にひかれることはないでしょうが、強盗にあったり、地域と時間によってはレイプされたりということはしばしばあります。日本の中では比較的治安が悪いといわれる大阪でも夜中に道を歩いていた女性がレイプされるってのはまーそんなにないと思いますけれども。

よく日本人は「ヨーロッパ(あるいはアメリカなど)ではこうだから、日本もこうすべきだ」といいまして、そのこと自体は悪いことではないと思うのですが、その国がそういう制度を導入している背景も含めて考察しないといけません。

まず、ヨーロッパでは車道では基本的に歩行者は保護されません。例えばフランスでは、自動車専用道路で人をはねても基本的には無罪なんだそうです。なぜなら、自動車専用道路に入った歩行者が悪いという「大人の考え方」をするからです。だから、パリで信号が変わるとまだ自分が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報