ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

上記の通りです。
B型肝炎から 肝臓がんになり、ラジオ波での手術がもう不可能と言われ、カテーテル手術で抗がん剤を入れました。以前と違い、がん細胞が散らばっていると言われたそうです。
そのため、ラジオ派手術が出来ない、と。

担当医から家族に、余命は今の所 はっきりとは言えない。
短い場合1、2ヶ月、長ければ1年、2年もあり、と言われたそうです。
今回のがん細胞は勢いがとても強いらしく、定期検診の間に急に暴れ始めたようです。
末期がんの場合、何も治療法はない、と言われる件例をネットで数件みましたが、父の場合、カテーテル治療をした、と言う事は 完治しないにせよ、まだ何かしらの 望みはあるからなのでしょうか?それとも どのような症状でも 本当の末期以外はするものなのでしょうか?

現在術後9日が経ち、退院は出来ましたが、食事がほとんどのどを通らないようで、
筋力、体力の消耗が激しいようです。
手術が急に決まり、手術前はゴルフへも行っていたのですが。

かなり遠方に住んでおり、小さな子供もいるため、すぐに会いに行く事が出来ずにいます。
また 本人には余命の事は知らされておらず、ただ 完治は出来ない、と言う事は
お医者様から言われているそうです。
私が行けば、余命が短いからか、と思わせてしまいそうです。
かといって、もしあと1、2ヶ月だとしたら。。。

患者の状態、ガンの状態、によって一概に言えないのは 解っていますが、
先生の仰る余命は 本当にわからないのでしょうか?
可能性として 6ヶ月以上、それ以下、のどちらなのでしょうか?

術後になってしまいましたが、乳酸菌生産物を頑張って飲んでもらっています。
少しでも 抗がん剤の副作用が軽くなるかな、と。もっと早くに飲めば良かったのですが。

また 免疫細胞療法と温熱療法(ハイパーサーミア)という療法は 試してみる価値はあるのでしょうか。何もせず 手をこまねいて 今の状況を見守る、というのが とても辛いです。
この場合、現在の化学療法との併用ができそうなのですが、担当医の先生には どのように申し出たらいいのでしょうか。
 今の状態のカルテ?などを回していただけると、助かるので、
何も言わずに 上記二つの療法を試すことには出来ずにいます。というか、迷っているのですが。料金も半端ないし、保険が効かないという事で、期待出来なさすぎる?とも。ただ副作用が少ない様なので、それなら延命になるだけだとしても、本人が希望するならば、また 一緒にいる母が希望するならば、受けて欲しいと思っています。

誰にも寿命があるとは解っていますが。。。
宜しく御願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

他に治療法ないなら免疫治療はどうでしょうか?


興味あるなら久留米大学病院のホムペを見て下さい
    • good
    • 8

No.5です。


すいませんでした。
No.3の間違いでした。
    • good
    • 1

No.2です。


お礼ありがとうございます。
免疫療法について私の知っている事を書きます。
免疫療法は大学病院でも研究されている療法です。
ただ、効果が期待出来るレベルまできていないのが現状です。

元々、健常者でもがん細胞は出来るそうです。
それを免疫細胞が攻撃し抑えているそうです。
免疫 >がん細胞という状態
これが加齢やなんらかの状況で
免疫<がん細胞となりがんがあらわれるそうです。
免疫療法はこの免疫を人工的に増やし体内に
戻してがん細胞を攻撃させ治療するものです。
この治療はただ免疫を増やし戻す治療法と、
がん細胞を分析し、
そのがん細胞を攻撃する免疫細胞を主に
増やして戻す治療法があるそうです。
ただ後者はかかりつけ医からがん細胞の
提供をしてもらわないと出来ません。
私の母の主治医の先生みたいに反対の先生だと
難しいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度お時間を割いて下さったんですね。ありがとうございます。
お礼メールを書いたのですが、なぜか反映されていませんでした。遅くなって失礼しました。

とてもきちんと勉強されていて、頭が下がる思いです。
私なりにPCで調べていても、なんだか難しい言葉も多く、気が焦るばかりで 当然良い事ばかりは書いていないので、それで落ち込んでしまったりで 差情けないです。
解り易くご説明いただき ありがとうございます。
父ぬきで、先生と話をする機会を持てそうです。
先生がどちらよりのお考えなのか、びくびくしております。

すぐにでも行きたいのですが、遠方では何も出来ず本当に情けないです。
このような場所で 相談に乗って下さる方がいるだけでも 助かります。

お礼日時:2013/11/05 17:41

質問の趣旨に外れるとは思いますが…



免疫細胞療法と温熱療法については、他の回答者様の回答が的を得ております。

さて、肝臓の病には灸が効く、という逸話はあります。癌に効くか?と言われると難しいですが、肝炎、肝硬変などに不思議なほど効いた話はあります。もちろん、全ての人に効くわけではないです。

もぐさを捻っての灸は、普通にすれば、灸痕が残りますが、灸点紙というものを使えば灸痕は刺激が強すぎなければ痕にならないです。灸師ならそういう芸当ができますが、普通の人は難しいか?
せんねん灸などもソフトなものを使えば、痕は残りにくいです。ツボなどは、また質問してみてください。ある意味、これも温熱療法ですが。灸師に頼んでも安上がりです。抗がん剤の副作用対策としての意味合いも強いかもしれません。

灸の話は本当に横道ですが…

余命は、本当にわからないと思います。人間の身体を知れば知るほど、予知は出来ないものですから。

手をこまねいている質問者様の心情を思いますと、私も何かしら可能性を探りたくなります。

質問の内容からかなり外れる事書いておりますが、可能性の一つを示せればと思い、ここに書きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お灸、枇杷灸なるものも効く、とあったのですが、そういうものも考えてみれば温熱療法ですよね。調べると 温熱療法は他の臓器を痛めてしまう事もある、とか肝臓は深い所にあるので、効きにくい、などもありました。
現在とても体温が低く、35度はがん細胞が一番好きな温度で活性化し易い、とあったので、とにかく温めなくては、とも思っております。
自分で出来る、家庭で何かしら出来る一つとして お灸ももう少し調べてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/03 06:03

 私の母も3年前に乳がんになり手術しました。


手術後、質問者様の免疫細胞療法と温熱療法(ハイパーサーミア)を2クールしました。
 今年、3カ所に転移が見つかり、1クールして現在縮小している状態です(抗がん剤も併用)
ただ、この免疫療法はまだ研究段階で効果がそれほど見られません。だから健康保険適用外
なのです。一般的に癌に対しての効果は

1.効果が期待できるのは2割以下
2.残り3割が効いているかわからない状態(悪くもならないし良くもならない状態)
3.残りが全然効果がない状態

だそうです(全てではありません)
ただ、困った事にたとえ1や2の状態だとしても免疫療法を続けて行かねばならず、
1クール(6回位)100万円~200万円位の莫大な治療費がかかり、悪く言うとお金の
切れ目が命の切れ目となりかねません。

 それと主治医の先生に相談されるときは、十分に注意して下さい。私の母の主治医の先生は
免疫療法には反対の考えの先生で、私が相談したときは気分を害され、免疫療法をされるので
あれば勝手にして下さいと言われました。今は内緒でしています。

 温熱療法(ハイパーサーミア)については癌が熱に弱い事を利用して熱で癌細胞を壊すというもの
です。この治療は一部の診療所では保険が適用になります。現在私の母はこれを利用しています。
ただこれも保険適用が出来るのは半年間だそうです。その後は半年間以上あけないと保険適用には
なりません。

 副作用については殆ど考える事はないと思います。免疫療法は元々は本人の免疫をとって培養し
体に戻します。ただ、温熱療法については癌細胞だけでなく周りの健常な細胞にも影響を与えて
しまうそうです。

 私達兄弟も今後、どこまでするのかはか考えなければいけない状態ですが、
質問者様も、もしされるのであれば、どこまでするのかきっちりと話しあわないと、
中途半端な状態になりかねないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんですか、療法は続けなくてはならないのですね。
先日 陽子線療法と言うのを見つけ、これはかなり肝臓がんに効果が高い、とはっきり言っている記事を何件かみつけ、こちらも免疫療法との併用で考え始めました。といっても そうなると金額がとんでもない事になり、また父の状態でその療法が受けられるのかどうかも 解らず。ただ お話を読むと、怪しい療法ではなさそうですね。早く決めなくてはならず、気持ちばかり焦ります。コメントありがとうございました。お母様もお大事になさって下さい。

お礼日時:2013/11/03 06:08

患者さんの年齢ぐらいは書いたほうがいいかと。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。何故が入力出来なくて、今日見てみたらお礼入力が出来るようになっていました。なぜかしら?

さて、かなり焦って投稿したため、大切な事を書き忘れておりました。
父は75歳です。

年齢的に 大変な治療はどうなのか、と思います。
ただ本人がまだ生きる事に意欲があるならば、また母がそれを望むなら、何かしらの治療法を試してみたいと思っております。私としても、やはり少しでも長く、、と望んでしまいます。

お礼日時:2013/11/03 06:11

B型肝炎から肝臓癌になった者です。

3センチほどの癌が出来切除しました。
3年目に再発いたしました。でも現在は跡形もなくなりました。

参考になるかどうか解りませんが
 1,抗がん剤は癌の進行を止めるだけで、他の細胞にまで危害を及ぼし、治癒能力はありません。
 2,癌はウィールス説も少数ですが学説があります。
 3,がん細胞は摂氏42度で死滅するそうです。
以上のことから私は
 「究極ザッパー」という物を使用しています。癌で亡くなったハルダクラーク医師の研究による
 ウイールス、寄生虫などの除去器具です。ネットで究極ザッパーと検索すれば出てきます。
 使用法も詳細に書かれています。
電気的なパルス信号によってウィールスを死滅させる方法です。
これを使用し始めてから3ヶ月全くがん細胞は見つかっておりません。
私の身内にも癌患者がおりますが快方に向かっているようです。
価格は3万円ほどです。HPに体験者の声が沢山載っております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

初めて効きました。
早速調べてみようと思います。
貴重な情報、ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/03 06:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝臓癌での最後の症状

今現在、39歳の兄が肝臓癌の末期状態で余命1ヶ月と言われた所を
1ヶ月半程がんばっています。

私は近畿に在住していて兄は鹿児島に入院しています。
昨年、大腸癌が見つかってそこから肝臓へ転移して
今を迎えているのですが、兄は独り者で面倒を見てくれるのは
病気がちな母しかおらず、わたしも出来る限り時間を作り
帰っていましたが正直今の状況だといつ帰っていい物なのか
わかりません・・・

今すぐ帰りたいところなのですが
心も体もボロボロで仕事もそう長々とは休めない状態です。

どの様な症状が出たら危ないサインなのでしょうか?

母によると兄の状態は意識ははっきりしていますが腹水がたまり
3日前程から下半身が相当腫れて来て歩くのが難しくなって
尿も出ずらい状態だそうです。

こういうことを書いてる自分に嫌悪感を覚えますが
どなたかわかる方がいらっしゃいましたら教えてもらえると幸いです。

Aベストアンサー

家族が全く同じ状況だったものです。
肝臓の機能が低下すると足に水が溜まってきます。
足が膨らんでぱんぱんになります。
そうなったらもう長くはないはずです。
本人が苦しくなった場合、死の数日前に早めにモルヒネを大量に投
入して意識をなくした状態にするかもしれません。
会うのであればその前がいいと思います。
意識をなくすかどうかは本人が決めることだと思います。
死の直前は呼吸の仕方が変わります。
肩で息をするようになります。
ただそうなってからは1時間も持たないかもしれません。
最後は心臓の持久力次第なので、医者にもわからないと思います。
意識をなくす前に一度お別れの挨拶をして、後は死後でもやむを
えないと考えたほうがいいのではないでしょうか。

Q肝臓癌末期 余命1ヶ月といわれ…

私の父は、昨年6月に胃癌がみつかり、肝臓にも小さな転移があり今日まで入院と通院で抗がん剤治療をすすめてきました。
一時は肝臓も胃の方も癌が小さくなり、順調に進んでいたのですが(2月の検査時)今回、肝臓の検査をしたところ大きな癌がたくさんあり今日、突然肝臓癌の末期と宣告されました…
このまま、抗がん剤も何もしなかったらもって1ヶ月。
副作用の強い抗がん剤をしたら数ヶ月は抑えられると。
先生いわく、肝臓の癌が急に大きくなったのは、抗がん剤によって抑えられてたのが一気に爆発して大きくなったのだと…
こんな事ってあるのでしょうか。
今になって体力の落ちるばかりの抗がん剤の恐ろしさに疑問を感じました。
今は、腹水も黄疸もなく特に痛みはないようですが、何も治療しなければもって1ヶ月と言われ、どうしたらよいのかわからない状態です。
本人はとても落ち込みやすい性格なので余命の事は話してありません。

免疫療法など試したほうがよいのか、延命目的で抗がん剤投与したほうがよいのかとても悩んでます。
インターネットでいろいろ調べていますが、情報が多すぎて何を最後の望みで信じたらよいのかわからず困惑してしまってます…
同じように末期の状態で回復された方など、治療法などいろいろと教えていただけたらと思います。お力貸してください。
よろしくお願いします。

私の父は、昨年6月に胃癌がみつかり、肝臓にも小さな転移があり今日まで入院と通院で抗がん剤治療をすすめてきました。
一時は肝臓も胃の方も癌が小さくなり、順調に進んでいたのですが(2月の検査時)今回、肝臓の検査をしたところ大きな癌がたくさんあり今日、突然肝臓癌の末期と宣告されました…
このまま、抗がん剤も何もしなかったらもって1ヶ月。
副作用の強い抗がん剤をしたら数ヶ月は抑えられると。
先生いわく、肝臓の癌が急に大きくなったのは、抗がん剤によって抑えられてたのが一気に爆発して大...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちよくわかります。
私は父をガンで亡くし、姉は末期ガンの治療中です。
私も父には余命を告げませんでした。
私達がしたことは、父にとって何をしてあげるのが1番良いことなのかを考えたのです。意識もなく機械で無理やり生かされていたり、抗がん剤を使って体力も落ち、もがき苦しみながら最後を迎えるのは、見ている家族も辛いですが本人が一番辛いはずだし、本人が望んでいることではないと思ったのです。苦しませずに最後を迎えさせたいという事をお医者さんにも告げ、治療方法はお任せしました。最後の最後は痛みをとる為、少量のモルヒネを使用していました。
だからといって、pu-tyさんのお父様にも・・・ということでは決してありません。
こういった考えもあると言う事だけです。
事前にお医者さんに相談をしてからって事になりますが、カバノアナタケ・サルノコシカケ・レイシ・鮫の軟骨などの漢方も試してみるのも
良いのかもしれません。森林浴も良いそうです。木があり、川や滝がある場所は免疫効果もあると効きました。
決して安いものではないし、効くかどうかはわかりませんが、試してみるのも1つの方法だと思います。
そのお陰かどうかはわかりませんが、父も余命宣告から半年近く長く生きてくれましたし、末期ガンの姉も通常の生活を送っています。

セカンドオピニオンって言う方法もありますので、お父様とって
最善の方法を見つけてあげて下さい。

お気持ちよくわかります。
私は父をガンで亡くし、姉は末期ガンの治療中です。
私も父には余命を告げませんでした。
私達がしたことは、父にとって何をしてあげるのが1番良いことなのかを考えたのです。意識もなく機械で無理やり生かされていたり、抗がん剤を使って体力も落ち、もがき苦しみながら最後を迎えるのは、見ている家族も辛いですが本人が一番辛いはずだし、本人が望んでいることではないと思ったのです。苦しませずに最後を迎えさせたいという事をお医者さんにも告げ、治療方法はお任せしました。...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q肝臓がんと診断され、治療できないと言われました

77歳の父が肝臓がんと告知されました。

AFP:250 PIVKA-2:5800 超音波検査で2センチ角と4センチ角の腫瘍を確認。

場所が離れているため外科的治療は無理、年齢的なものと肝機能低下による体力低下から見て、抗がん剤治療も無理だろうとのこと。投薬での治療もないと言われたということは、手の施しようがなく放置すると解釈できるのですが、さらにCT検査をするのはなぜでしょうか?

何か助かる希望はないのでしょうか?

何が何でも助けてあげたいです。

Aベストアンサー

「投薬での治療もないと言われたということは、
手の施しようがなく放置すると解釈できる」
まずは、このようにご自分で解釈することはやめましょう。

まずは、どうして、CTを撮影するのか、
ということを先生に質問されてはいかがですか?
ここで、色々な人が、色々言っても、すべて憶測です。
本当の理由を知っているのは、先生だけなのです。

手術も抗がん剤もできなければ、手の施しようがない……
ということは、ありません。
http://www.gsic.jp/cancer/cc_03/guideline02/index.html
肝動脈塞栓療法という方法もあります。
そのためには、CTなどで正確な病状を把握する必要があります。
ということを、先生も考えているのではありませんか?

まずは、先生に質問することです。

ついでに、免疫療法という方法もあります。
民間療法ではなく、ちゃんとした治療方法ですが、
未だに、実験段階の治療方法であり、全額自費となるので、
百万円単位のお金がかかります。
しかも、効果は、それほどでもありません。
http://www.gsic.jp/immunity/mk_01/index.html

ご参考になれば、幸いです。

「投薬での治療もないと言われたということは、
手の施しようがなく放置すると解釈できる」
まずは、このようにご自分で解釈することはやめましょう。

まずは、どうして、CTを撮影するのか、
ということを先生に質問されてはいかがですか?
ここで、色々な人が、色々言っても、すべて憶測です。
本当の理由を知っているのは、先生だけなのです。

手術も抗がん剤もできなければ、手の施しようがない……
ということは、ありません。
http://www.gsic.jp/cancer/cc_03/guideline02/index.html
肝動脈塞栓療法とい...続きを読む

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Qエコー検査で肝臓に腫瘍を発見した場合の悪性率は?

別件でエコー検査をしている最中に、偶然にも肝臓に腫瘍らしきものがあるのが発見されました。しかし、エコーだけでは良性か悪性か判別つかないので、CTスキャナーとかMRIとかで調べる必要があると言われました。肝臓には4箇所の腫瘍があるらしいのですが、本人は特に自覚症状はないようです。ただ、現在生後6ヶ月の乳飲み子を育てている最中なのですが、3ヶ月くらい前から、つわりのような気持ち悪さが続いているようで、今回はその調査をしていての偶発発見だったのです。そこで質問です。この状況から考えて、この腫瘍が悪性(つまり癌)である可能性は、おおよそどのくらいの確率なのでしょうか?おおよそでけっこうです。心の準備が必要ですので、ぜひ数値的なものを知っておきたいのです。お手数ですが、ご存知の方、ご教示お願い致します!

Aベストアンサー

ウイルス肝炎等の異常は特に言われませんでした。(血液検査で分かるのものなのでしょうか?)
調べてあればほぼわかります、今回ウイルスをいきなり調べたかは判りませんが、肝機能は調べた可能性はあると思います。
それ以前にお産のときにウイルスは調べてあるだろうと思います。

エコーで、肝硬変ということは特に言われませんでした。(エコーで肝硬変が分かるものなのでしょうか?)
エコーは肝硬変を調べる最も有用な検査の一つです。エコーをやってあれば通常肝硬変かはわかります。また、この状況で受診して肝硬変があれば説明はその時点であると思います

エコーでの腫瘤の有無以上情報(印象というべきか)が通常あって、それはかなり重要なのですが、文章でわかる範囲の状況(年齢、肝炎ウイルス、肝硬変の指摘がないこと)から、肝内の多発性の癌の可能性はかなり低いと思います。 肝細胞癌の可能性が低いとすると、癌であるとすれば、どこかに癌がありそれが肝臓に転移しているということになります(これも年齢などからは可能性は低そうです)
もちろんあくまでも可能性ですので完全に否定できるわけではありませんが・・・。
CTの結果をお待ちください。

ウイルス肝炎等の異常は特に言われませんでした。(血液検査で分かるのものなのでしょうか?)
調べてあればほぼわかります、今回ウイルスをいきなり調べたかは判りませんが、肝機能は調べた可能性はあると思います。
それ以前にお産のときにウイルスは調べてあるだろうと思います。

エコーで、肝硬変ということは特に言われませんでした。(エコーで肝硬変が分かるものなのでしょうか?)
エコーは肝硬変を調べる最も有用な検査の一つです。エコーをやってあれば通常肝硬変かはわかります。また、この状況...続きを読む

QCT検査で肝臓に影があると言われました

私の主人(30歳)のことですが、先日別件でCT検査をした際に肝臓に影があると言われました。
腫瘍の疑いありということで、次回MRI検査とエコー検査をすることになっていますが、3週間も先のことで不安が募っています。
周囲の人からは重大な病気の可能性が高ければもっと早く検査するだろう、と言われていますが医師の方では大方の予測がついているものなのでしょうか?

CT検査以前の血液検査ではGOT、GPT、γ-GTPなど肝臓に関わる項目の異常はありませんでした。
ネットで検索してみて肝血管腫や肝のう胞などの場合それらの項目に異常が出ないと知りましたが、やはりこのどちらかの可能性が高いのでしょうか?

こちらの過去の質問を一通り読んでみて、肝臓ガンの場合にも血液検査で異常もなく本人に症状もなく急激に悪化することもあると知り3週間後で大丈夫なのかますます心配になっています。
CT検査の結果を聞いた日に、再度詳しく血液検査をするということで採血しましたが、腫瘍マーカーと呼ばれる項目にも異常がなければひとまず安心なのでしょうか?それとも腫瘍マーカーにも異常が現れないこともあるのでしょうか?

どなたかご存知の方がおられましたら教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

私の主人(30歳)のことですが、先日別件でCT検査をした際に肝臓に影があると言われました。
腫瘍の疑いありということで、次回MRI検査とエコー検査をすることになっていますが、3週間も先のことで不安が募っています。
周囲の人からは重大な病気の可能性が高ければもっと早く検査するだろう、と言われていますが医師の方では大方の予測がついているものなのでしょうか?

CT検査以前の血液検査ではGOT、GPT、γ-GTPなど肝臓に関わる項目の異常はありませんでした。
ネットで検索してみて肝血...続きを読む

Aベストアンサー

肝血管腫、肝嚢胞であれば、そのまま放置です。病気だと思わなくてもいいくらいです。
熱、痛みがなく、検査で異常がなければ「肝膿瘍」もほぼ否定的ですね。

肝癌には、原発性肝癌と転移性肝癌があります。
原発性肝癌の場合、多くは肝硬変や慢性肝炎から肝癌に移行します。B型やC型ウィルスの陽性頻度も高いです。

転移性肝癌は他の癌が転移した状態ですので末期です。
したがって、診た感じで何となく予想がつきます。

どんな検査をしても判らない癌は決して珍しくありませんが、
医者の対応からは良性のような気がしますが・・・
何れにせよ、3週間位遅れても予後は左右されない疾患ではないでしょうか。

Q肝臓ガン末期?の治療方法について 

私の伯父のことですが、事の始めは伯父が自宅でろうそくの火が足に燃え移り両足にかなりのやけどをおい2ヶ月間も外科にその治療に通っていました。ある日週に2回通っている老人施設で入浴サービスを受けようとしたとき担当から体に黄疸がでていることを指摘され病院で診察したところ肝臓ガンの末期と診断されました。肝臓のど真ん中にかなり大きくあるとのことで手術しても無理だといわれました。その後入院し点滴治療のみで二週間すごし黄疸が引いてきたので一度退院しましたが、すぐに食欲がなく体のだるさがましてきて黄疸が出てきたので再度入院し現在にいたっています。現状は入院しているのですが点滴もせず、薬を投薬するのみで日に日にやせ、元気がなくなりオムツになってしまいまいました。今日担当医に私の母が治療はどうなっているのか、このままただ病院で食事をさせるだけでどうなっているのかと聞いたところ急に慌ててエコーを取ったそうでその先の説明や治療の方針については一切聞けませんでした。
ここで質問ですが、このようにガンが大きく手術で全摘出できない場合の患者はこのまま何もせずにだんだん症状が悪化していくのを待つのみなのでしょうか。
ちなみに伯父は現在75歳です。
やけどのときに通っていた病院の対応といい(おうだんがでていたのはわかっていたのに放置していたこと)、手遅れだと何もしない医者の対応といい本当に怒りでいっぱいです。来週早々に転院させる予定でいますがなにかよいアドバイスや体験談があったらどなたか聞かせてください。

私の伯父のことですが、事の始めは伯父が自宅でろうそくの火が足に燃え移り両足にかなりのやけどをおい2ヶ月間も外科にその治療に通っていました。ある日週に2回通っている老人施設で入浴サービスを受けようとしたとき担当から体に黄疸がでていることを指摘され病院で診察したところ肝臓ガンの末期と診断されました。肝臓のど真ん中にかなり大きくあるとのことで手術しても無理だといわれました。その後入院し点滴治療のみで二週間すごし黄疸が引いてきたので一度退院しましたが、すぐに食欲がなく体のだるさがま...続きを読む

Aベストアンサー

私の父が肝臓癌で亡くなりました(59歳)
癌が見つかった時はすでに末期で肺に転移をしていたので
全く何もできない状態でした。
6月に入院してる病院の検査で発見したのですが
すでに年内まで厳しいという状況で10月に他界しました。
父は何度もその病院に入院に検査をし、
3月にも検査をしてるはずなのに癌だと言われず、
突然の癌宣告に病院に不信感一杯で無理やり退院しました。
その時は総合病院でしたが、退院して自宅の近くの
内科の先生に通ってました。
入院施設も無い小さな病院でしたが、先生が親身に話しを聞いてくれて
とても満足でした。

手遅れだと何もしないと書かれてますが、何もできない状態なのかも知れませんね。
私の父は持病で喘息も持ってた為モルヒネが使えませんでした。

病院に入院するのを拒んでたので自宅で看護をする事になり
レンタルのベットや在宅看護サービスを利用しました。
と言っても、ベットが届き看護婦さんが来た時に亡くなりました。

父は結果的にはどちらの病院でも治療という治療は受けてませんが
先生との信頼関係という事を考えると後から通った病院の先生のおかげで
残された時間を有意義に過ごせたと思います。

質問者さんの叔父様については納得できる病院が見つかるといいですね。

私の父が肝臓癌で亡くなりました(59歳)
癌が見つかった時はすでに末期で肺に転移をしていたので
全く何もできない状態でした。
6月に入院してる病院の検査で発見したのですが
すでに年内まで厳しいという状況で10月に他界しました。
父は何度もその病院に入院に検査をし、
3月にも検査をしてるはずなのに癌だと言われず、
突然の癌宣告に病院に不信感一杯で無理やり退院しました。
その時は総合病院でしたが、退院して自宅の近くの
内科の先生に通ってました。
入院施設も無い小さな病院でした...続きを読む

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q肝臓がんのステージ4Bです

自分の母親が肝臓がんになりました。年齢は48歳です。
発見は今年の2015年3月に胃がかなり膨らんでいて医者に行った時に肝臓がんが発覚しました。
すぐに手術する事になりその時の肝臓癌は取り除く事は出来ました。
そのあとは手術出来ないぐらいの小さな癌が肝臓や胃にも転移して量が20,30個程ある状況が続いています。
9月から抗がん剤のネクサバールを飲むようになりました。最初は体中が腫れて歩けないぐらい激痛が続きましたが、現在11月は体が薬に慣れてきて歩いたら少し痛いぐらいです。
3月から1つの病院で検査を受けています。現状3月に手術をして小さな癌が肝臓や胃に転移しています。(手術出来ないぐらい小さな癌)治療方法として抗がん剤のネクサバールを服用して自宅療養しています。(アルバイトはしていいという事で働いています)
本日検査にて病院に行った時に肝臓に小さな癌が前よりも転移していると言われました。
その時に『ステージ4B』と判断されました。
◇質問としまして
現状このままでは癌が進行してしまうので可能性を1つでも潰していきたいと思っているので
セカンドオピニオンも受けに行こうと思っています。
そこで1つは大阪、兵庫県で肝臓がんの名医を教えて頂けませんでしょうか。
(現在通っている病院の医者もいいとこが見つかれば紹介状は書くと言ってくれました)
2つ目はどのように言えばセカンドステージをうまく使えるでしょうか。
少しでも可能性を高めていきたいと思っています。何卒お力をお貸し下さい。

自分の母親が肝臓がんになりました。年齢は48歳です。
発見は今年の2015年3月に胃がかなり膨らんでいて医者に行った時に肝臓がんが発覚しました。
すぐに手術する事になりその時の肝臓癌は取り除く事は出来ました。
そのあとは手術出来ないぐらいの小さな癌が肝臓や胃にも転移して量が20,30個程ある状況が続いています。
9月から抗がん剤のネクサバールを飲むようになりました。最初は体中が腫れて歩けないぐらい激痛が続きましたが、現在11月は体が薬に慣れてきて歩いたら少し痛いぐらいです。
3月から1つ...続きを読む

Aベストアンサー

ご心痛のほどお察し申し上げます。
以前、母親が癌になったときお世話になった掲示板をご紹介させてください。
かなり親身になって相談に乗っていただいた記憶がありますので。
「癌掲示板」というタイトルです。
http://www.gankeijiban.com/
このぐらいしかできませんが、質問者さんご自身、しっかりと食事を摂られて睡眠不足にならないよう留意されることが大事です。
どうかご自愛ください。


人気Q&Aランキング