『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

amazonの「中森明菜 in 夜のヒットスタジオ」の
カスタマーレビューの中に、
北ウィングとサザン・ウィンドは、
夜のヒットスタジオでは“歌わせてもらえなかった”との記載がありました。
どういう理由で、歌わせてもらえなかったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どっちもリアルタイムなのであまり覚えていませんが、そのようなことは聞いたことがあります。

北ウイングは空港のイメージが悪くなるというクレーム、そのような場所もないといわれていた気がします。

サザン・ウインドは本人も意味が分からないクレームで歌えなく早く歌いたいといっていた気がします。どちらもゴシップ雑誌でみたので、あくまでも噂です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「北ウィング」の理由は解せませんよね~。
空港や駅なんて、それなりのドラマがあって当然なのに…。

「サザン・ウィンド」の意味が分からないクレーム!?
何なんでしょ。知りたいです。

お礼日時:2013/11/04 03:46

どうしてもと言うならあくまでもゴシップですが、あの曲の題材になった国には国名忘れた!歌詞のなかでホテルの窓辺とあってその国のホテルと言うのがほとんどラブホテルらしくそのことであまり公表せず歌うのも控えていたそうで、本人も知らなくてでも気にしていなかったらしくちょっとブーイングとなった歌だと聞きました。

中森さんはたまにそういうのがあってデビューも問題になった新しいタイプのアイドルとして、知っていると思いますが、キュッチフレーズが”ちょっとHなミルキーっこ”と言ってそんな歌を歌うので...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

な~んか、訳の判らないことですね。
殆どイチャモンみたいですよね~。

にしても、どちらの曲も、
作詞家に喧嘩売ってるような感じに思いました。

お礼日時:2013/11/10 03:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング