『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ハワイアンバンプのコード進行は楽譜に無くても勝手にいれてしまって良いのでしょうか?
それとも入ってる曲と入ってない曲では何か明確なルールがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 『パーリーシェル』や『ハーバーライト』などにバンプをいれない理由はわかりました!



>例えば白石信さんのメロディジョイフルのCメロ譜を見るとハワイ語のトラディショナルでも半分くらいにバンプが入っていません。

> 『アロハオエ』や『ハワイアロハ』など、、。
これらの曲にもバンプを入れても間違いではありませんか?

それらの曲は、元々ダンスミュージックではないので、ヴァンプは入れません。
ハワイ語のトラディッショナルソングでも、歌曲や賛美歌調の曲で、元々踊りと一体ではなく、あとから振り付けがなされた曲の場合は、たいていヴァンプは付きません。ヴァンプが入るのは、文化的に「歌・踊り」が一体となって同時に作られた曲の場合です。これが原則です。リズム的には、ハネるリズムで調子のよいものが多いです。8ビートのイーブンのリズムのものは比較的ヴァンプが付かない場合が多いです。8ビートでヴァンプが付くので有名どころの曲は「Pua Lililehua」くらいです。

ヴァンプは踊りが付くときの合いの手のようなものですから、原則としては、
英語歌詞のもの→ヴァンプは付かない。
トラディショナルなダンスミュージック→ヴァンプが付く
トラディショナルな、ダンスミュージックは、リズムがハネる、同じ歌詞が二回ずつ歌われる、構成的にAメロしかない(サビやリフレインがない)、などの特徴があります。
「カイマナヒラ」「ヘウイ」「ケアロハ」など。
ただし、鑑賞用にアレンジされてCDに収録されている場合はこの限りではありません。土着のままでは退屈するからです。

賛美歌調、歌曲調、バラード調の曲→元々踊りの曲ではないので、ヴァンプは付かない
このタイプの特徴は、同じ歌詞が繰り返されることは無く、構成的にAメロ、Bメロ(サビ、リフレイン)があるという点です。
それ以外の場合は、曲によって、「たいてい付けない・たいてい付ける」というのが一般的(業界的)には決まっています。
曲ごとにyoutubeなどで検索して、実際にどう弾かれているのかを確認されるとよいです。
また、本来ハネるリズムであるが、もっぱらタヒチアンビートという8ビートの変形で弾かれる場合があります。
「ウルパラクア」「ワイカロア」「カウルベヒオケカイ」など
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます!解決しました。本当に感謝です。
やってみます。

お礼日時:2013/11/05 10:45

>ハワイアンバンプのコード進行は楽譜に無くても勝手にいれてしまって良いのでしょうか?



トラディショナルなフラミュージックの場合は、二小節のヴァンプを必ず入れるのが原則です。
また、英語歌詞の「ハオレもの」の場合は入れないのが原則です。
しかし、フラダンサーが踊る場合は、あらかじめ打ち合わせをしておかないと、振り付け寸法が合わなくなります。


>それとも入ってる曲と入ってない曲では何か明確なルールがあるのでしょうか?
ハワイアンミュージックには、大きく二つに大別され、ひとつは生粋のトラディショナルと、トラディショナルを踏襲した作りの曲で歌詞がハワイ語のもの、もうひとつは、「ハパハオレ」俗に「ハオレもの」とか「青竹珊瑚」といわれるもので、「ブルーハワイ」「小さな竹の橋」「珊瑚礁の彼方」が代表曲です。
後者は、いわば「ハワイ風ポップス」といわれるべきもので、アメリカのポップス作曲の専門家が作ったもので、ハワイの情景を歌ったり、ハワイの地名が出てくるだけで、ハワイの民謡ではありません。一般的には、アメリカの作曲家が書いたものは、メロディーやコード進行もよく出来ていて、魅力的な作品が多いです。歌詞はもちろん英語で書かれています。

ヴァンプが入るのは前者のトラシショナルなつくりのフラミュージックの場合です。音楽と踊り(フラ)が一体となって、ひとつの民族文化と成っていますので、ダンスも音楽もしきたりがあり、そのひとつが、二回ヴァンプで始まり、(1回目はリーダーだけが弾き、二回目はバンド全員で弾く)、ワンコーラスが終われば二小節のヴァンプを入れ、最後は一回のヴァンプで終わる、という形式です。
その他、1番歌詞の一回目はソロ歌手だけが歌い、1番歌詞の二回目はハモリがつくというように、同じ歌詞を二回ずつ歌うことや、最後の歌詞のアタマは必ず「ハイナ」または「プアナ」という単語で始まる、などのしきたりがあります。

一方、ハオレものは、トラディショナルではないので、もともと踊りは付かず、曲だけで独立したものです。曲のつくりもしきたりにのっとったものではないので、ヴァンプは入りません。(バンドによっては、ハワイ風の雰囲気を出すために入れる場合もあります)曲が魅力的なので、あとから振り付けがなされて、現代フラの重要なレパートリイになっている曲も多いです。

判りやすいのは、歌詞を見て、ハワイ語ならたいてい規定のヴァンプが入り、英語の場合は入らないと思っておいて間違いがありません。
ただし、ヴァンプの進行は、D7/G7|Cといくものと、G7→|Cと行くものがあります(ケアリイ・レイシェルの曲に多い)。
それから、1番歌詞から1番歌詞に行くとき(繰り返しのとき)にはヴァンプなしで、2番歌詞にいくとき(歌詞がかわるとき)にはヴァンプが入る(「カネオヘ」など)、という場合もあります。

そのような変則ヴァンプは、定番になっているアーティストのCDがよく普及したときに、その演奏が定着したもので、本来のヴァンプの入れ方の原則は上記のとおりです。

この回答への補足

わかりやすくありがとうございます!
『パーリーシェル』や『ハーバーライト』などにバンプをいれない理由はわかりました!

例えば白石信さんのメロディジョイフルのCメロ譜を見るとハワイ語のトラディショナルでも半分くらいにバンプが入っていません。
『アロハオエ』や『ハワイアロハ』など、、。
これらの曲にもバンプを入れても間違いではありませんか?

補足日時:2013/11/04 15:06
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウクレレのエンディングについて

こんにちは。ウクレレを演奏していて、エンディングで「ジャ ジャ ジャン!」という感じで、コードを3つ移動させて弾くやり方(これで説明わかりますか?)があります。
C のキーだと
・B♭(TAB:1123)→B(2234)→C(3345)
という風に弾きますが、他のキーの場合、どのような弾き方があるのか教えていただけませんか?よろしくお願いします。
また、このような弾き方では無くても、お勧めのエンデング(&演奏の入り方)があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フラミュージックのエンディングは、しきたりがあって、Keyごとにパターンが決まっています。
KeyCの他のエンディングパターン
C 3000→0120→0230→0340(C6)
C 3000→1120→2230→3340 (C)
など

KeyG(コードネーム「G」は、必ずG6に置き換えます。フラミュージックのしきたりです。Gと書いてあってもGコードを弾いてはいけません。)
G6 2020→0000→1010→2020(G6)
G69 0020→0000→0010→0020 (G69)
KeyF(Fの場合、最後は必ずF6となります。同)
F 0102→3333→4444→5555(F6) 
薬指のセーハをズラします。親指を動かしてはいけません。(リズムが遅れます。)

KeyD(KeyDのときは、最後は必ずD6になります。)
D 5222→0000→1111→2222(D6)
この場合は、人差指セーハをズラします。

KeyA
A 0012→0024→0035→0046(A).

その他、色々あります。
演奏の入り方とは、ハワイアンヴァンプのことでしょうか?
KeyCならD7→G7→Cといくやつでしょうか?
KeyC
D9 7565→7454→3345 (C)

KeyG(A7は必ずA9になります。Gは必ずG6になります。Gを弾いてはいけません。)
A9 2010→0202→2020 (G6)
A9 2010→2202(D13)→2020(G6)
KeyG(裏コード使用)
A9  4344→3233→2020 (G6)

KeyF
G9  2122→1011→0102 (F)
G9  0120→0003(C13)→0102 (F)

ヴァンプからエンディングに繋げる例
KeyC(かなりジャジーでカッコ良いです。同じ手の形を移動させるだけ。これだけ上が動いても親指の位置は固定です。)
D9 7565→6454(Db9)→5343(C9)→3121(Bb9)→4232(B9)→5343(C9)

フラミュージックのエンディングは、しきたりがあって、Keyごとにパターンが決まっています。
KeyCの他のエンディングパターン
C 3000→0120→0230→0340(C6)
C 3000→1120→2230→3340 (C)
など

KeyG(コードネーム「G」は、必ずG6に置き換えます。フラミュージックのしきたりです。Gと書いてあってもGコードを弾いてはいけません。)
G6 2020→0000→1010→2020(G6)
G69 0020→0000→0010→0020 (G69)
KeyF(Fの場合、最後は必ずF...続きを読む

Qウクレレでコードを押さえるときのコツを教えて下さい

ウクレレの練習中なのですが、コードを押さえる時
指を立てなければならないのはわかっているのですが、
難しいコードを押さえる時は、ついつい指を寝せてしまいます。

そうすると、次のコードを押さえづらくなり、泥沼です。

なお、左手の爪は切り、弦を押さえやすいようにしているつもりです。

うまく左手の指を立てて、スムーズに演奏できるコツがありましたら
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>うまく左手の指を立てて、スムーズに演奏できるコツがありましたら
アドバイスをお願いします。

まず基本姿勢ですが、ウクレレは意外にも自分の体に対して、平行ではなく45度ほどヘッドを前に出します。小脇に抱えるような感じになります。そうすると自分の顔の前に左手が来ます。それが正解です。
それから、もうひとつ大切なことは、左手の人差し指の付け根のところにウクレレのネックが乗ります。
これを間違えて、体に対して平行にしたり、手のひらとネックを平行にするとコードがまともに押さえられません。
Photo
このように、体に対して45度に構えます。青い線を見て下さい。左の腕とネックと体のラインが三角形になるのが正解です。写真は、体を真正面に向けた状態で撮影しています。
赤い丸の部分を常にネックに付け(受ける)て演奏します。写真はG7ですが、Cの場合も同じ場所でネックを受けます。従って左指の各節は、フレットに対して45度くらい斜めに入ってきます。フレットに平行に指の節が来ているのは間違いで、斜めが正解です。
手のひらをネックに対して平行にしたり空間があると、コードチェンジのたびにネックが手の中に落ちてきて演奏できません。

>うまく左手の指を立てて、スムーズに演奏できるコツがありましたら
アドバイスをお願いします。

まず基本姿勢ですが、ウクレレは意外にも自分の体に対して、平行ではなく45度ほどヘッドを前に出します。小脇に抱えるような感じになります。そうすると自分の顔の前に左手が来ます。それが正解です。
それから、もうひとつ大切なことは、左手の人差し指の付け根のところにウクレレのネックが乗ります。
これを間違えて、体に対して平行にしたり、手のひらとネックを平行にするとコードがまともに押さえられま...続きを読む

Q楽器(ウクレレです)の保管方法?

こんにちは。ウクレレを習っています。
普段、ハードケースに入れて閉まっていて、
弾くときだけ出しているのですが、
もう少しウクレレに触れる時間を増やしたいと思っていて、
「ケースにいちいちしまわずに、
 部屋にごろんと置いておくのはどうだろう?」
と思っているのですが・・・
木の楽器を、暖房のきいた部屋に
ケースに入れずに置きっぱなしにするのは
あまりよくないことなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

 一応弦楽器デザイナなんですが、ウクレレは5本しか作った事が無く(A^-^;)、経験豊富とゆぅワケではありませんが・・・・とりあえず回答です。

>木の楽器を、暖房のきいた部屋に
>ケースに入れずに置きっぱなしにするのは
>あまりよくないことなのでしょうか?

 本質的には、よくない事は確かです。木製のアコースティック楽器(=胴が空洞になっており、それが共鳴胴として働く楽器)では塗装されていない生地の面が広いので(胴の中は塗装しません)、乾燥にも多湿にも非常に弱いです。ウクレレは木自体もその塗膜も薄く特に繊細な作りなので、ほったらかしはお止めになっておいた方が無難です。

 とゆぅのは理論的な話。経験的には・・・・ワタシはクルマにウクレレを1本積みっぱなしにして3年経ちますが(渋滞にハマッた時、弾いて時間をツブすため。ケースもありません!)、今のところ特に問題は発生していません。さすがに夏場の炎天下ではマメにトランクに移すなどしていますが・・・・意外に丈夫なので驚いています(このウクレレは自分で作った特別製では無く、そこらのガッキ屋で¥1.5万ほどで買ってきた、普通のウクレレです)。
 よって家の中なら、直射日光があたる窓辺とかストーブの前などでなければ出しっぱなしでもどぅとゆぅ事は無い様な気もします。
 もっとも、極度の乾燥で割れやソリなどが生じたらリペアは結構ヤッカイなので、高価なモノであればやはりあまりお勧め出来る所業ではありませんね~。

 しかし簡便さもウクレレの魅力の一つなので、そこらに転がしておいてちょっと手に取って弾きたい、とゆぅ御気持ちもごもっともです(だからワタシはウクレレをクルマに積んでいるワケで・・・・今ではクルマの中でしかウクレレを弾きません・・・・)。
 かつてのウクレレブームのおかげで、現在は¥ン千円でもそれなりにマトモなウクレレが購入可能になりました。ここは一つ練習用として、最悪踏み抜いてしまっても(!)あまり後悔しない様なヤツを新たに購入されては如何でしょう?

 尚、ついでに御参考。

 ウクレレとゆぅ楽器は基本的には消耗品です(マーティンの¥30万もするウクレレでも消耗品です。ハーブ・オオタ氏が使えなくなったマーティンをゴミ箱にさしてゴミの日に家の前に出す話は結構有名です。ハワイまで拾いに行きたくなってしまいますが)。
 勿論アマチュアレベルで普通に演奏されている限りかなり長持ちしますが、例えばトップの板が最初から弦のテンションに耐える構造になっていないなど、少なくとも設計段階では半永久的に使う事を狙うギターとは本質的に違います。
 そぅ考えますと、ギター以上にラフな扱いには耐えられない、と言えます。

 一応弦楽器デザイナなんですが、ウクレレは5本しか作った事が無く(A^-^;)、経験豊富とゆぅワケではありませんが・・・・とりあえず回答です。

>木の楽器を、暖房のきいた部屋に
>ケースに入れずに置きっぱなしにするのは
>あまりよくないことなのでしょうか?

 本質的には、よくない事は確かです。木製のアコースティック楽器(=胴が空洞になっており、それが共鳴胴として働く楽器)では塗装されていない生地の面が広いので(胴の中は塗装しません)、乾燥にも多湿にも非常に弱いです。ウクレレは...続きを読む

Qフラのインサイドステップ

フラダンス初心者です。
インサイド(カホロ)ステップがよくわからなくて混乱しています。
わかりやすい覚え方があったらどうか教えて下さい。

Aベストアンサー

カホロですね。基本中の基本のステップです。
易しいステップなので、どう混乱されているか判りませんが、
右にイチニイサンチョン・左にイチニイサンチョンです。
カネフラではありませんね。
女性であれば、下のサイトの中の
http://yaplog.jp/b-e-studio/category_28/

この曲、「ポ ライライ」のダンサーの足を見てください。
出だしの、ヴァンプから曲に入ってしばらくは足はずっとカホロです。
前に出ながら、後ろに下がりながら、体の上下移動も入れながら、からだの向きが変わるところもやはりカホロです。じっと足を注視していればわかります。この曲では90%くらいがカホロです。
「PO LA’ILA’I」
http://youtube.com/watch?v=CBGVNvMJMBE

あるフラ伴奏専門のウクレレ教本にカホロの説明があります。先の動画と合わせて見れば分かり易いと思います。
腰の落とし方や重心の移動をよく観察してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次に、右左に移動するKaholo(カホロ)のステップを見てみましょう。

1拍目:右足を右にステップ
2拍目:左足を右足に寄せる
3拍目:更に右足を右にステップ
4拍目:左足先を右足にチョン
5拍目:左足を左にステップ
6拍目:右足を左足に寄せる
7拍目:更に左足を左にステップ
8拍目:右足先を左足にチョン

以上8拍(2小節)で完結するステップです。

このステップをまず覚えてください。重心の移動については、あとで説明しますので、とりあえず足の動きをマスターしてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上が「足」そのものの基本ステップです。
ただし、このままだとラジオ体操になってっしまいます。
よく、公民館などでやっている、「シルバーのためのフラダンス教室」などでは上記のとおりにやっていますが、重心の移動がないので、ラジオ体操そのものです。
やや腰を落として、最初のステップを踏み出す前に、腰を外側に出して反動をつけます。
足が先に行ってそれを腰が追いかける感じで、常に腰が遅れて動くという感じです。

 先のウクレレ教本の続きにはこう書いてあります。(ウクレレをやらない人には難解です。)
「アウフタクト」の意味が判れば簡単に理解できますが、いかがでしょうか?
下記は、どうしても判らなければならないということでもありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 先ほどKaholoについて説明しましたが、実際のフラでは単に足を動かすだけではなく、重心の移動(腰の動き)が入ります。
 Kaholoは、最初に右足を右にステップさせますが、その前に腰を左に出して反動をつけます。
 そこがアウフタクトになるのです。
 その後右足がステップ
 遅れて腰が右に移動
 左足のヨセ、そのときに、右に行き過ぎてゆり戻った腰が体の中心に来ます。ここが2拍目のアタマのアクセント。
 更に腰が左に行って、動作が繰り返されます。
 要するに、Kaholoでは、アウフタクトで腰を左に振って重心をいったん外に出さないと足が出せないのです。
 従って、伴奏もアウフタクトを弾かなければならないということです。
 Kaholoは、足の動きに対して、腰の動きが遅れます。一見、足と腰が常に反対方向にあるように見え、それがあの優雅な体の動きとなるのですが、2拍に1回必ず腰が体の中心を通ります。そこがダンサーの感じるアクセントです。
 従って、ウクレレも2拍目と4拍目のアタマにアクセントを付けなくてはなりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カホロですね。基本中の基本のステップです。
易しいステップなので、どう混乱されているか判りませんが、
右にイチニイサンチョン・左にイチニイサンチョンです。
カネフラではありませんね。
女性であれば、下のサイトの中の
http://yaplog.jp/b-e-studio/category_28/

この曲、「ポ ライライ」のダンサーの足を見てください。
出だしの、ヴァンプから曲に入ってしばらくは足はずっとカホロです。
前に出ながら、後ろに下がりながら、体の上下移動も入れながら、からだの向きが変わるところもやはり...続きを読む


人気Q&Aランキング