投げ釣り用のリールを新しく買いたいのです。
釣具店に行くと,7千円くらいから3万円くらいまで,いろいろあります。
どれを見ても同じように見えますが,どう違うのでしょうか。

ベアリングの数?
替えスプールの有無?
重量?
よくわかりません。

それなりに良ければ高くても買おうと思っているのですが。
どなたか,詳しい方,教えていただけませんか。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

何を狙って、どういうシーン(環境)で使うか?というのが一番のポイントなのですね


更に言えば、リールのどのような機能を重視するかによります

遠投のキスつり(引き釣り)をされるのであれば、ドラグは不要でベアリングが多くて回転が滑らかなリールですね
飛距離が出るならば、出来るだけ大口径のリールです

更に飛距離が欲しければ、ティーパー形状のリールです(つまりスプールに角度がついて先が細めのリール)。ただしバックフラッシュでライントラブルのリスクがあります。

大物狙いであれば、ドラグ付きリールです。
食わせにも影響があるのですが、この釣りの場合、尻手ロープをしておかなとタックルが引き込まれて水没する危険性があるので、ドラグ必須です
外道で大きい魚が掛かる可能性がある場合も同様です

それ以外のカレイ釣りなど中心とした五目釣りの場合は、ドラグなしで十分です
恐らく、これに該当されるような気がしますので、シマノを礼にとって具体的に言えば、

http://fishing.shimano.co.jp/search?price_min=0& …

飛距離100m以内の場合、「アクティブサーフ」で十分です
6,000円前後で入手できる筈です
飛距離が100m前後の場合、「スーパーエアロ スピンジョイ」かな?
10,000円前後でしょうね
飛距離が100m以上の場合、「スーパーエアロ スウイングキャスト」以上が良いと思います
スウイングキャストだと、口径が大きく巻取りが楽ですし回転も滑らか。
上級機に匹敵するコストパフォーマンスモデルだからです
12,000円~20,000円程度になると思います
このクラスになると専業サードパーティからオプション品が幾つも出てますよ

ドラグ付きが必要な場合、「パワーエアロ」を選びます

巷で大変人気なのが、フリーゲンですが、私はスピンパワー+スウイングキャストの組み合わせで満足してます
    • good
    • 0

リ-ルの購入については現実的には、メ-カー品の中級機(1万円くらいかな)で十分です。

高級機は、若干の飛距離が伸びることと操作が快適なくらいです。(釣果にはほとんど関係しません)
ドラグの有る無しですが、置き竿する場合あったほうがいいです。
ドラグをゆるくして抵抗を減らし魚の食い込みをよくする(30cm超のキス狙い)ためや、目を離した隙に20kgのエイや船などに竿を一気に持っていかれないためです(西日本では必要なことが多いです)。
投げ釣りのドラグは磯やルア-釣りと使用目的が違います。
なお荒磯のカゴ釣り用リ-ル(タイ、ヒラマサ用)がドラグ付き投げリ-ルと同じだと思います。(シマノのパワ-エアロは糸巻き量を調整すれば共用できます)
逆に持ち竿の場合(キスの数釣り)ドラグ無しの方が、快適でトラブルが少ないと思います。
    • good
    • 0

ドラグ付きの件ですが、魚種によると思います。


私はキス、カレイ狙いなのでドラグは必要ではありません。
遠投、超遠投ものは大概そうだと思います。
ですからドラグ付きの投げ専用も少ないと思います。
(私が知らないだけかもしれませんが、正式には見たことがありません)

必要かなと思われるのはマダイやクロダイなど引きの強い魚を投げで狙う場合でしょうか。

あと参考程度ですが、青物をサーフトローリング(弓ヅノ)で狙うときでさえ、キスと同じタックルで十分やりとりができます。

ある程度、自分が狙う魚種を定めて、それに合わせたタックルを準備すればよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変よくわかりました。

お礼日時:2001/06/01 09:01

竿からの連ちゃんですね。


欲しくなると止まりません。私もそうでした(笑)
私はダイワ精工のリールを使っているのでその感想ということでお話します。

使っているのはTonamentSerf Z45T (\40,000位)
それまでも\10,000位のまあまあの物を使っていたのですが、スプールの長さが30mmから45mmと長くなりラインの出方がスムーズになり距離が出るように。
値段の差が明らかに性能の差となりました。

ただし、値段と距離はそんなに正比例しません。
\10,000のリールでも人並みには距離は出ていますから。あくまでも自己満足ですね。

実際に買われるときのアドバイスとしては、距離を求めるなら絶対に投げ専用リールをお買いください。
汎用の大口径リールは鯛などを狙うには良いでしょうが、距離なら専用にはかないません。
\10,000以上の製品なら替スプールも付いているでしょうし、後から注文することも可能です。長く付き合えると思います。実際、もう私のは両方とも型落ちですが十分満足しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

ついでに一点教えてください。

ドラグ付の投げリールはどうですか?
ドラグ付って種類が少ないようですが。。。
あまり必要ないのでしょうか?

お礼日時:2001/05/31 08:58

各メーカーが独自開発した機能が搭載されているモデルは高いですね。

ベアリングのボールの数や替えスプールの有無、材質などによる軽さ、などももちろん価格に反映されてます。
実際の使用では7千円位の物でも不自由はないと思います。投げ釣りの場合、ラインの出ている長さが他の釣と比べて長いですから、ラインのクッション効果で衝撃吸収も期待できます。その為かドラグ機能のついていないものも少なくありません。私は竿立てに立ててアタリを待つ釣り方が多いせいか、あまりリールの性能が気になった事はありません。6000番位で1万円前後の物で十分なように思います。とくに繊細なリール操作が必要な釣りだとも思いませんし、置き竿であれば重さもさほど気にならないのではないでしょうか。
ただ、壊れにくい、という信頼性は重要だと思いますので有名メーカー品が安心だとは思います。ちなみに私はシマノとダイワの、どちらも1万円前後のものを所有しております。使用感は大差ありません。最後に、経験上、替えスプールは絶対に付いてる方がよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/05/31 09:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスプールへのボールベアリング追加

初めてなのですが、スプールにボールベアリングを追加してみようと思っています。
手順なのですが
1.BBをCRCで洗浄
2.BBにグリスをたっぷり吹き付けて1週間放置
3.素手で触らないように(ピンセットなどを使って)取り付け
と、このような流れで良いのでしょうか?
検索してみたのですがサイトにより手順が違い、細かい所が解りませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一週間放置は不要です(^_^;

洗浄乾燥したら(拭いてもいいし)すぐに取り付けてもいいです。

CRCはグリスを溶かしてしまうので、それが取れればすぐに施工してもいいですよ。

ピンセットを使うのは手が汚れないようにです(^_^;
グリスのついていないBBを素手で触ると錆びるから、グリスがついているのなら素手で触ってもいいです。

でも素手だと作業しにくいですが(^_^;

Q投げ釣り用のロッド&リール

この度、サーフから弓角を使った投げ釣りを始めようと思い、ロッドとリールの購入を検討中です。先日、持ち合わせの道具で初釣行したところ、20号のジェット天秤で、よく飛んでもせいぜい70mくらいでしたので、せめて100mは、と思っております。腕はともかく、道具だけでも多少良いものをということで、購入にあたっては、安物買いの銭失いだけは避けたいと思っており、かといって費用対効果に見合わないほど高額なものを買うほどお金もありませんので、(1)ロッド&リール購入のポイント(どのような機能があるのか等)(2)お勧めのロッド&リール(メーカー不問ですが、できればシマノ・ダイワ)(3)そもそも道具で飛距離は変わるのでしょうか?(4)中古品でもいけるでしょうか?(ロッドは中古を検討中)
以上4点教えていただけますでしょうか。
ちなみに予算はロッド&リール合わせて4万円前後を考えています。もちろん足りなければ、増額も考えますし、反対にそんなに出さなくても良いものは買えるのであれば、それはそれで大歓迎です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

投釣りで飛距離を出すためには幾つか要素があります。
一番重要なのは「技術」。ちゃんと投げなければ飛ぶわけがありません。
技術をカバーするのが道具立てですが、道具立ては「技術に見合ったもの」でないとカバーするどころかかえって足を引っ張ります。

(1)竿については、選ぶ基準が幾つかあります。最初はここまで細かく考える必要はないのですが、いずれ別の投釣りをしたくなったときに役に立つだろうということで書いておきます。
1.値段(当然ですね)
2.並継か振出か
3.固さ
4.調子
5.長さ
6.重さ
7.リールシートの位置
8.ガイドリングなどの素材
概ねこんなところ。

1は他の要素を満たす中で最も高価なものということにしておいて、他の要素を見ると、2は携行性など要らないからとにかく性能(投竿ではほぼ遠投性と見てよい)というのなら並継、多少遠投性は落ちても携行性、例えば複数の竿を出す、磯投げをやるというのなら振出。サーフの弓角なら基本的には並継の方がいいです。
3は標準錘負荷で示すもので、簡単に言えば、どのくらいの錘を投げられるのかという話(正確にはメーカーがもっともその竿に適した錘として推奨する錘)。これは実際には標準錘負荷(カタログに書いてあります)よりもワンランク柔らかい竿の方が一般的には投げやすいです。例えば20号の錘を投げるなら標準錘負荷23号(ダイワだとそのままの表記、シマノだとFX)辺りが適当です。
固ければ固いほど重い錘を投げられるのでその分遠くへ飛ぶ……、と単純にはそうなるのですが前提として「使いこなせる限り」という条件が付きます。実際には「使いこなせるかどうかは技術と体力によって決まる」のでこればかりはその人次第です。ただ、一般的な成人男性の体力ならば27号程度までは問題なく使えると思います。
いずれにしても使う錘が既に決まっているのならそれに合わせれば良いです。
4は最初は分からないのが普通ですし、実際使ってみないとわかりません。ですからあまり気にしなくていいのですが、特に対象魚を限定的にしている竿の場合は汎用性が低いと見て、自分の釣り物と違う場合は避けた方が無難です。もっとも対象魚を限定している竿は高級品に多いので最初から買うことはあまりないと思いますが(最後まで買わないかもしれません)。
5は標準は4.05mです。長いほど遠投性に優れ、短いほど取り扱いがしやすくなります。体力に自身があれば4.25を選ぶ手もありますが、体力だけの問題ではないので他に特に理由がなければ4.05でいいでしょう。ただ、弓角の場合はキャストを繰返すので例えばダイワのキャスティズムのような少し短めの竿というのがいい場合もあります。飛距離は犠牲になりますが。なお、磯場など生え根を避けるために5m超の竿を使うこともあります。
6は軽い方が単純に言えば疲れません。しかしこれはリールとのバランスの問題(いわゆる持ち重り)もありますし、財布との相談でもあります。実物を持ってみて極端に重いと感じなければそれでいいと思います。ただ、投げやすさは軽さとイコールではありません。ある程度の重さがある方が投げやすいこともあります。これは人によるのでどれがいいとは言えませんが、最初は「リールとのバランスが取れる範囲で最も軽い竿」でいいと思います。持ち重りがすると疲れて投げるのが嫌になりますが、軽い限りは慣れである程度ごまかせます。
7は基本は利き手でリールシートを持って竿尻が胸の中心に来るくらいで、一般には80cm強くらいです。メーカーごとの差はそれほどありませんが、2cm程度は違う場合があるのでその2cmが効いてくることもあります。なお、極端に短いローシートというのがありますがこれは磯場などで使うものです。しかし、現実には「選択の余地はほとんどない」でして、「他の要素で竿を選ぶと自動的に決まってしまう」です。しかし、使っている内に不満が出てくる可能性も大きいところで、「リールシート位置というのが投げやすさに占める比重は決して軽くない」ということを知っておくと後々役に立つ(自分でシート位置を変えてしまうということもできます)と思います。
8は使う糸にもよります。ナイロンなら別にハードガイドで構いません。ぶっこみで放置ならPEでもハードガイドで問題ありません。ただ、予算が許すならSiCを選んだ方が良いです。特にPEを使いしかもキャストを繰返すならSiCの方が有利です。フレームはステンレスで構いません。チタンだと錆びにくくて軽い(竿の振りぬけ性能などに影響する)というメリットがありますが高価いですし、固いので岩などにぶつけると衝撃を吸収できずにリングが割れることがあります。
以上以外にも選択基準はありますが、このくらいは比較検討してみていいと思います。

リールは基本的には値段=性能です。ぶっこみ釣りをしないならドラグは不要なのでドラグなしの通常の投げ専用リールを財布と相談して選べば良いです。細かい話は色々ありますが、竿に比べれば何とでもなります。ただ、竿との重量バランスというのは扱いやすさに少なからず影響しますからこれは外せません。

(2)(1)に従って選ぶとおのずと限られてくるはずなのでまずはカタログと釣具屋の店員に相談してみてください。
(3)既に書いてしまいましたが「使いこなせる」という前提で「飛距離は変わります」。
(4)中古でも大丈夫ですが、個人的には竿はお勧めしません。見た目に分からない内部の傷などがないという保証がないからです。新品でも稀にあるのですからまして中古は、です。

おまけ。
#2の回答にもありますが飛距離を出すならラインはPEが必須です。細いラインの方が空気の影響を受けにくいので飛距離は出ます。ある意味、ほとんど技術と関係なくラインを細くするだけで飛距離が伸びると言ってもいいです。ですから最も簡単に飛距離を伸ばす方法はラインを細くすることと言っても過言ではないです。そこで単純に糸を細くすると強度が下がるので強度が高いからその分細くできるPEがいいということになります。
なおPEは、コシがないのでガイド絡みなどのライントラブルが起きやすい、軽いので風波があるとラインが扱いにくい、根ズレに猛烈に弱い、結束がすっぽ抜けやすい、とにかく無意味に高価い(原価は恐ろしく安価いという話。原糸のメーカーが基本的に1社だからか?大手繊維会社以外は自社の生産設備がないのでOEM品だし、大手繊維会社で自社生産していてもおそらくライセンス生産)、水に浮くので船の往来には注意が必要、といった問題もあります。

投釣りで飛距離を出すためには幾つか要素があります。
一番重要なのは「技術」。ちゃんと投げなければ飛ぶわけがありません。
技術をカバーするのが道具立てですが、道具立ては「技術に見合ったもの」でないとカバーするどころかかえって足を引っ張ります。

(1)竿については、選ぶ基準が幾つかあります。最初はここまで細かく考える必要はないのですが、いずれ別の投釣りをしたくなったときに役に立つだろうということで書いておきます。
1.値段(当然ですね)
2.並継か振出か
3.固さ
4.調子
5...続きを読む

Q6,7千円以下のバス用スピニングリール

タイトルの通りですが、
5、6千円以下のバス釣りメインのスピニングリールを紹介していただけると助かります。
LEGALIS2506(Amazonで5400円)を考えていたのですが、http://www.naturum.co.jp/community/701861.html#tab
をみるとなにやらいまいちみたいで。

釣りそのものが全くの初心者なのでどれを買ったらいいものか・・・。
良し悪しの判断基準もよく分かってない状態なのでそれほど出費もできません。
ひとまず釣りをやってみたいという感じなので、5、6千円以下でオススメのリールを紹介してもらえると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その価格帯でローターブレーキが付いていて
ルアー用の体を成している(といっては大げさですが)リールと言えば

シマノのナスキーかエルフまたはリョービのエクシマくらいでしょうか。

エルフ・ナスキーは釣具企業ナンバー2(自転車ナンバー1)のシマノ製なのできちんとしているでしょう。

リョービのリールも値段の割りに作りはいいです。ただ安いのであくまでそれなりですが。

全くの初心者でリールの扱いも慣れないなら安くてもある程度信頼のおけるシマノ製の方がいいかもしれません。

Q投げ釣り専用リールについて

投げ釣り専用リールについて基本的な事なのだと思いますが、教えて下さい。
DAIWAのリールで例えば「トーナメント・サーフ・Z45II」と「トーナメント・サーフ35」という上位クラスのリールを見比べていての疑問なのですが、
・「45mm正テーパーアルミ鍛造スプール」「35mmストローク」の違いはなんなのでしょうか?なんとなくスプールのサイズの違いじゃないかなー、とい事はわかるのですが、そのサイズの違いによるメリット・デメリット等がわかりません。
・また、同じリールの交換スプールに「標準」「極細」の2タイプがあるようですが、この違いによるメリット・デメリットもいまいちわかりません。

例として挙げた2商品にはその他の違いもあるということはメーカー説明を読むとなんとなくわかるのですが、投げリールについての基本的な仕様の違いと思われる上記2点の住み分けのようなものが知りたい、という意図です。
近い将来これらの商品の購入を目標にしたいので、ご助言いただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

35mm、45mmというのはスプールの糸を巻く部分の長さ、あるいはオシュレーション(スプールの前後移動)ストロークのことです。
大雑把に言えば、長い方が遠投向きです。短い方が軽くできます。また短い方がオシューレション速度が遅くなるのでその分ローターの回転速度を落しやすいのでギア比を落して巻上げ力を強くできます(巻き上げ速度は当然落ちます)。この辺はバランスをどこに求めるかという設計の方針で変わりますが、要するに遠投重視か大物狙いかという区別だと思っておけば当たらずとも遠からずです。
質問の両機種だと、ギア比が4.1と3.5、巻き取り長さが82cmと75cmという違いになっています。もっとも、巻き取り長さについては、ローターの回転速度だけではなくスプール径も影響します。Z45II(COMPETITION)の巻き取り長さが90cmになるのはスプール径が大きいためです。

スプールの標準とか極細とか言うのは、巻く糸の太さによる区別で、つまりはスプールの深さです。場合によってはスプールの形状も違うこともあります。深さだけの違いであれば、下巻きをすれば(しなくてもいいですが恐ろしく長い糸になります)標準のものに極細の糸を使うことはできなくはありません。逆だと糸の長さが足りないおそれがでます。

いずれもメリットデメリットというよりも、「どんな魚をどんな仕掛けでどんな釣り方をするのか」ということによる区別です。細い糸を使って遠投して引きはそれほど強くない普通のキスを釣るのであれば、45mm極細。飛距離は必要ないが太仕掛けのぶっこみで大物を狙うのなら35mm標準(+ドラグ付き)。というのが「極々単純化した」区別だと思えばいいです。
ストロークの違いはリール本体の問題ですが、糸巻き量の違いはスプールだけの違いなので違うスプールを補修部品で買えばどちらにもなります(ただし補修部品は定価でしか買えないので、値段設定によっては買う組み合わせで値段が変わることが稀にあります)。と言っても、実際に買うときは互換性を確認することはお忘れなく。

35mm、45mmというのはスプールの糸を巻く部分の長さ、あるいはオシュレーション(スプールの前後移動)ストロークのことです。
大雑把に言えば、長い方が遠投向きです。短い方が軽くできます。また短い方がオシューレション速度が遅くなるのでその分ローターの回転速度を落しやすいのでギア比を落して巻上げ力を強くできます(巻き上げ速度は当然落ちます)。この辺はバランスをどこに求めるかという設計の方針で変わりますが、要するに遠投重視か大物狙いかという区別だと思っておけば当たらずとも遠からずです...続きを読む

Q投げ釣り専用リールについて

たびたびお願いします。リールについてですが、投げ釣り専用のものを買いたいと思っています。そこで皆さんに質問なのですが、ドラグはあった方がいいのでしょうか。また、オススメのリールがありましたらのせていただけるとうれしいです。予算は15000円~20000円です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

置き竿で釣るのか、サビいて釣るのかで違うと思います。
置き竿で釣る魚は、タイ系、スズキ系、ウナギ系等だと思うので外道でエイが来たりする可能性を考えるとドラグが必要になります。
ドラグをフリーにしてスムーズにラインがでる状態で置き竿にしていないと竿ごと持って行かれます。
出来ればツインドラグのものが使い勝手がよいです。シマノであればパワーエアロ系です。
サビいて釣るのは主にキスねらいになると思うのでドラグは無いもので良いと思います。シマノであればスーパーエアロ系です。
一個しか買わないのであればドラグ機能が付いたパワーエアロを買っておいた方が良いかもしれません。
私は投げリールもシマノばかりで、ドラグが付いたのは'06 PA スピンパワーと'97 パワーエアロ6000×2個。ドラグが無いのは'04 スーパーエアロ XT-SS×2個を使用しています。

投げ用リールの予算ですがラインは込みですか?
キスねらいであればPEラインは必須になると思います。PEラインを巻くと一巻き5000円くらいかかると思います。それにPEのテーパーラインを組むとリール本体には10000円も割けなくなると思います。また替えスプールにも組むと+5000円いります。
どのような竿を使っているのか分からないので、あまりオススメではないですがパワーエアロ スピンジョイXTが1.3万円、スーパーエアロ スピンジョイXTも同じくらいです。

置き竿で釣るのか、サビいて釣るのかで違うと思います。
置き竿で釣る魚は、タイ系、スズキ系、ウナギ系等だと思うので外道でエイが来たりする可能性を考えるとドラグが必要になります。
ドラグをフリーにしてスムーズにラインがでる状態で置き竿にしていないと竿ごと持って行かれます。
出来ればツインドラグのものが使い勝手がよいです。シマノであればパワーエアロ系です。
サビいて釣るのは主にキスねらいになると思うのでドラグは無いもので良いと思います。シマノであればスーパーエアロ系です。
一個...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報