投げ釣り用のリールを新しく買いたいのです。
釣具店に行くと,7千円くらいから3万円くらいまで,いろいろあります。
どれを見ても同じように見えますが,どう違うのでしょうか。

ベアリングの数?
替えスプールの有無?
重量?
よくわかりません。

それなりに良ければ高くても買おうと思っているのですが。
どなたか,詳しい方,教えていただけませんか。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

何を狙って、どういうシーン(環境)で使うか?というのが一番のポイントなのですね


更に言えば、リールのどのような機能を重視するかによります

遠投のキスつり(引き釣り)をされるのであれば、ドラグは不要でベアリングが多くて回転が滑らかなリールですね
飛距離が出るならば、出来るだけ大口径のリールです

更に飛距離が欲しければ、ティーパー形状のリールです(つまりスプールに角度がついて先が細めのリール)。ただしバックフラッシュでライントラブルのリスクがあります。

大物狙いであれば、ドラグ付きリールです。
食わせにも影響があるのですが、この釣りの場合、尻手ロープをしておかなとタックルが引き込まれて水没する危険性があるので、ドラグ必須です
外道で大きい魚が掛かる可能性がある場合も同様です

それ以外のカレイ釣りなど中心とした五目釣りの場合は、ドラグなしで十分です
恐らく、これに該当されるような気がしますので、シマノを礼にとって具体的に言えば、

http://fishing.shimano.co.jp/search?price_min=0& …

飛距離100m以内の場合、「アクティブサーフ」で十分です
6,000円前後で入手できる筈です
飛距離が100m前後の場合、「スーパーエアロ スピンジョイ」かな?
10,000円前後でしょうね
飛距離が100m以上の場合、「スーパーエアロ スウイングキャスト」以上が良いと思います
スウイングキャストだと、口径が大きく巻取りが楽ですし回転も滑らか。
上級機に匹敵するコストパフォーマンスモデルだからです
12,000円~20,000円程度になると思います
このクラスになると専業サードパーティからオプション品が幾つも出てますよ

ドラグ付きが必要な場合、「パワーエアロ」を選びます

巷で大変人気なのが、フリーゲンですが、私はスピンパワー+スウイングキャストの組み合わせで満足してます
    • good
    • 0

リ-ルの購入については現実的には、メ-カー品の中級機(1万円くらいかな)で十分です。

高級機は、若干の飛距離が伸びることと操作が快適なくらいです。(釣果にはほとんど関係しません)
ドラグの有る無しですが、置き竿する場合あったほうがいいです。
ドラグをゆるくして抵抗を減らし魚の食い込みをよくする(30cm超のキス狙い)ためや、目を離した隙に20kgのエイや船などに竿を一気に持っていかれないためです(西日本では必要なことが多いです)。
投げ釣りのドラグは磯やルア-釣りと使用目的が違います。
なお荒磯のカゴ釣り用リ-ル(タイ、ヒラマサ用)がドラグ付き投げリ-ルと同じだと思います。(シマノのパワ-エアロは糸巻き量を調整すれば共用できます)
逆に持ち竿の場合(キスの数釣り)ドラグ無しの方が、快適でトラブルが少ないと思います。
    • good
    • 0

ドラグ付きの件ですが、魚種によると思います。


私はキス、カレイ狙いなのでドラグは必要ではありません。
遠投、超遠投ものは大概そうだと思います。
ですからドラグ付きの投げ専用も少ないと思います。
(私が知らないだけかもしれませんが、正式には見たことがありません)

必要かなと思われるのはマダイやクロダイなど引きの強い魚を投げで狙う場合でしょうか。

あと参考程度ですが、青物をサーフトローリング(弓ヅノ)で狙うときでさえ、キスと同じタックルで十分やりとりができます。

ある程度、自分が狙う魚種を定めて、それに合わせたタックルを準備すればよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変よくわかりました。

お礼日時:2001/06/01 09:01

竿からの連ちゃんですね。


欲しくなると止まりません。私もそうでした(笑)
私はダイワ精工のリールを使っているのでその感想ということでお話します。

使っているのはTonamentSerf Z45T (\40,000位)
それまでも\10,000位のまあまあの物を使っていたのですが、スプールの長さが30mmから45mmと長くなりラインの出方がスムーズになり距離が出るように。
値段の差が明らかに性能の差となりました。

ただし、値段と距離はそんなに正比例しません。
\10,000のリールでも人並みには距離は出ていますから。あくまでも自己満足ですね。

実際に買われるときのアドバイスとしては、距離を求めるなら絶対に投げ専用リールをお買いください。
汎用の大口径リールは鯛などを狙うには良いでしょうが、距離なら専用にはかないません。
\10,000以上の製品なら替スプールも付いているでしょうし、後から注文することも可能です。長く付き合えると思います。実際、もう私のは両方とも型落ちですが十分満足しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

ついでに一点教えてください。

ドラグ付の投げリールはどうですか?
ドラグ付って種類が少ないようですが。。。
あまり必要ないのでしょうか?

お礼日時:2001/05/31 08:58

各メーカーが独自開発した機能が搭載されているモデルは高いですね。

ベアリングのボールの数や替えスプールの有無、材質などによる軽さ、などももちろん価格に反映されてます。
実際の使用では7千円位の物でも不自由はないと思います。投げ釣りの場合、ラインの出ている長さが他の釣と比べて長いですから、ラインのクッション効果で衝撃吸収も期待できます。その為かドラグ機能のついていないものも少なくありません。私は竿立てに立ててアタリを待つ釣り方が多いせいか、あまりリールの性能が気になった事はありません。6000番位で1万円前後の物で十分なように思います。とくに繊細なリール操作が必要な釣りだとも思いませんし、置き竿であれば重さもさほど気にならないのではないでしょうか。
ただ、壊れにくい、という信頼性は重要だと思いますので有名メーカー品が安心だとは思います。ちなみに私はシマノとダイワの、どちらも1万円前後のものを所有しております。使用感は大差ありません。最後に、経験上、替えスプールは絶対に付いてる方がよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/05/31 09:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ