最新閲覧日:

最近よく「骨太の方針」という言葉を新聞などで見ますが、
これはどういう意味なのでしょうか?
かつては「予算大綱」といっていたものと理解していますが、
どうして「骨太」などと表現されるようになったのでしょうか?
素人にでも分かりやすく教えていただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 「聖域なき構造改革」を目指す小泉内閣の諮問機関にあたる「経済財政諮問会議」が6月にまとめる予定の経済財政運営の基本方針を「骨太の方針」と呼んでいます。


 「骨太」の意味するところは「日本経済再生ために小手先でない抜本的改革を目指す」ということでしょう。
 最大の課題は旧来の歳出構造を改革することで、ポイントは公共事業費と地方交付税の削減。具体策として道路特定財源の使途見直しなどが上がっていますが、早くも反発の声が上がっているのはご存じかと。従来のばらまき型景気対策よりは「骨太」だとは思いますが、果たしてどこまでできるか、小泉首相の手腕が注目されますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報