12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

来週、転職の面接があります。
(某大手求人サイトで応募し、WEB書類選考を通過できました)
今回の転職の理由は、給与遅延による生活の不安定のため。

そこで、今回初めての転職面接で緊張していますし、どうしても入社したいと思っています。
今回、もし、自己PRをしてくださいと言われた時に備えて、原稿を作成し事前練習を今しているとこですが、下記原稿でおかしい部分があればご教示おねがいします。

今回応募する企業は、
WEBサイト制作会社です。ですのでWEBが作れることをアピールしたいと思っています。
(念のため、個人が特定されてしまうような部分は、●●や、XXで隠しています)

============================================================================
親族が中学の英語教師をしている影響で
幼いころより外国に興味を持ち、高校の頃から留学して海外で生活をしてみたいと志すように
なり、留学制度が整っている大学を志望し、●●大学に進学。
2006年~2007年にかけて、1年間中国・XX地方に語学留学。この時期は中国での反日感情が
高まっている時期と重なり、私もタクシー乗車中に運転手の会話で日本人だと告げると
突然激高し始め、人通りがほとんどない山奥で降ろされるなどして、反日を実感しました。
この経験から、日本と中国が友好的になってほしいと思い、
卒業後は中国と取引のある企業に就職し、そこで貿易の仕事を通じて中国語のスキルを高めてきました。
また、新規事業で●●専門学校の中国人留学生募集業務に携わり、更なる日中間の友好の助けになれると思い●●専門学校の学生誘致への転職を決意。専門学校では、主に広報としてWEBサイトの作成や高校生に対しての学校PR業務に従事してきました。
しかし、入社3か月目から給与遅延が発生し、現在も解消されていないため今後のことを考え転職を決意。在籍期間は1年ですが、WEB戦略の見直しを行い、WEB訪問者数を1年で平均約3倍に延ばすことはできたのは成果だと思っています。
今回御社では、WEBコーディネーターを募集していることを知り
私のこれまでの経験が御社のお役に立てると考え、今回応募させて頂きました。
=======================================

以上、です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中国云々は不要です。

転職先が、中国企業と主に取引してるのなら別ですが、日本国内で主に活動してる企業にとって、日中関係なんてどうでも良いことなので、アピールになりません。
触れるにしても、「留学経験が有り、新しい環境にも即座に順応できる自信があります」程度に留めるべきかと思います。

あとは「WEB戦略の見直しを行い、WEB訪問者数を1年で平均約3倍に延ばすことはできたのは成果だと思っています。」の部分で、どういった戦略を行ったのかを具体的に語るべきです。
会社にとって、一番聞きたいのはそこです。転職先は、貴方にどういうスキルが有り、どれだけの実績があるのかを見ているので、その部分を中心にすべきです。
実績が確かなら、「アクセス解析のデータを見て、ユーザーは現在ページで強調してる情報より、○○の情報を望んでいると分かったため、こういう風にデザインを変更した」等、語れることはあるかと思います。

また「入社3か月目から給与遅延が発生し、現在も解消されていないため今後のことを考え転職を決意」の部分は、自己PRの時には話さなくても良いかと思います。前職を辞めた理由というのは、別途聞かれることでしょうし、聞かれなかったなら、辞めた原因は無理に話す必要は無い事柄です。
また、あまり前の就職先を悪く言わないようにしましょう。関係無い人間にとって、別の会社の悪口なんて聞いてても、あまり気分の良いものではないので、ソフトに話すのが良いです。

こんなところでしょうか。がんばってください。
    • good
    • 0

相手にとって興味があるのは何かを考えるべきです。



どうもそのように考える習慣がないように見えますが、言われてわかりますか。
もしあなたが採用側にいるとして、応募者がこちらには関係ない、個人的な中国での体験を話したり、不確定な希望を述べたり、いまいる会社の悪口をいう人間がほしいですか。

私ならほしくないですよ。

唯一耳を立ててもいい話題はこれだけです。
「WEB戦略の見直しを行い、WEB訪問者数を1年で平均約3倍に延ばすことはできた」

WEBには具体的なテクニックがいくつかあります。
しかもそれは素人が聞いてもすぐに理解できるものです。

実際に行うのはちょっとした体力と知力がいりますけど。
だから聞いただけでそうそう真似する人が少ないんですが。

したがって、本当にそれを実行して訪問者をアップさせたとすれば、具体的に説明すべきです。
どうせあなた以外にできにくいのだから。相手はあなたを雇わない限りそれを実現することはできないでしょう。

だったら採用されるでしょうね。

それができなければ単なるホラにしか聞こえません。

第三者の目からあなたがどう見えるかの演出をしてください。
    • good
    • 0

>下記原稿でおかしい部分があればご教示おねがいします



ほぼ全部ダメです。
転職者の自己PRは
*以前の職の実績、経験
*自分の(仕事の)能力のアピール
*これからの可能性、潜在性のアピール
です。

「WEBサイト制作会社です。ですのでWEBが作れることをアピールしたい」訳ですから、
*使用可能なwebサイト作成ソフト
*同 ツール(類)
*同 技術
*実際に作ったサイトの概要(突っ込んだ質問に備えて、サイトのプリントアウトも準備)
等々をメインにしないと意味がありません。

新卒じゃないので、学歴とか興味のある分野とかは不要です。
履歴書に学歴を書くことで十分伝わります。
国際交流みたいなものも、(転職者にとっては)社会へ出てから業務で行ったもの以外は価値がありませんので注意。
    • good
    • 0

日中関係とWEBデザイナーの関係が分かりません。


結局、何が言いたいのかわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです。

今まで日中関係の仕事してるので、WEBデザイナーは関わりが薄いので悩んでいます。
WEBデザイナーでも中国語ができるWEBデザイナーでアピールしていけたら武器になるとは思うんですけど。。。

お礼日時:2013/11/08 12:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング