関西圏の地震予報のサイト等、ご存じないでしょうか?
地震発生後の発表ではなく、過去からのデータ分析や傾向に基づき今後の予報をしているサイトを知っていたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足しますと、私は5~6年前に公的な地震予知関連事業の末端に参加していたことがあり、2年半前から有効な地震予知研究をWeb上で探していました。

で、その時見つけたかなりまともそうな機関が、N0.1の2つだったのです。偶然、最近、
・伊豆半島沖の地震
・芸予地震
を予知したとして、マスコミに騒がれたのも、この2機関です。

串田さんの方は毎月\5000払って会員になりましたが、公称「94%の精度」というのが誇大宣伝であることがわかり、1年程でやめました。会員以外には事前に「情報」は知らされません。興味があって精度に信頼が持てたら入会して下さい。PHP出版から彼の本が出、「講談社出版文化賞?」も受賞しました。奥さんともどもアマチュア天文家としては有名な方です。

岡山理科大の方は無料公開されてますので、関東地区在住の私も時たま見ています。

ともに、地震直前に岩盤が割れることに着目し、各々、

1)岡山理科大:
・大気中のイオン濃度を測定し、地震を予知する。

2)串田氏:
・電離層の撹乱によるFM波のノイズから、震源・規模・発生時期を予測する。

というのが本質だろうと思います。

私がお手伝いした公的機関を含めて他の機関は私が知る限り、有望な予知方法を得ていません。かなり大きな国の予算はこちらの方に付いているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なお答えありがとうございます。
経験の有る方からのお答えですので非常に心強く感じました。

やはり、岡山理科大学のサイトは信頼性が高いのですね。
今後も興味を持って観察していきます。

お礼日時:2001/05/31 09:37

で、岡山理科大の観測では、今月末から来月あたまにかけて、要警戒ということになっているんですよね。



まぁ、騒いでも仕方ないので、とりあえず高いところの物などを下に卸しておきました。

参考URL:http://www.pisco.ous.ac.jp/result/result/2001/01 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やっぱりこのサイトが一番有名ですね。

気になったので、色々調べてみたかったんです。なんせ、阪神大震災のとらうまがあるもんですから・・・・。
地震には注意しましょうね。

お礼日時:2001/05/31 07:44

関西方面では岡山理科大学がいい研究をしているようです。


雑誌も注目しています。下記URL参照。

また、週間朝日に連載している、八ヶ岳南麓天文台の「串田嘉男」氏も有料の「観測会」を開いています。対象は日本全国。

http://www.jpinfo.ne.jp/yatsu/yochi/index.html

参考URL:http://www.pisco.ous.ac.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。
最近いろいろと騒がれているのですごく不安なんですよ。

一応、身内には注意するよう呼びかけています。
何も起こらなければいいんだけど・・・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/31 07:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東海地震が来年4月±8ヶ月で発生すると予想されているって本当ですか

 近所の大手企業に勤めいているA氏が「東海地方に大地震が来年4月±8ヶ月で発生すると予想されている。うちの会社は真剣にそれに備えている。」と話していました。その根拠を尋ねたところある大学の先生の説だと言っていました。本当ですか?

Aベストアンサー

その根拠となる大学の先生が、特定されない限りガセネタだと思います。今の東海大地震中央防災会議「東海地震に関する専門調査会」では予測が的中する確率はかなり低いというのが公式見解みたいです。そして警戒地域見直しや被害想定見直しに重点が置かれているようです。

下記に、東海大地震中央防災会議「東海地震に関する専門調査会」のURLを参考に貼り付けておきます。

参考URL:http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/tokai/

Q関西電力の今後について

電力の自由化のことを少しだけ勉強しています。よくわからないのですが、関西電力が「総合エネルギー企業」を目指す理由はなんでしょうか?そもそも総合エネルギー企業とはどういったことなのでしょうか?

Aベストアンサー

関西電力のみならず他の電力会社にもあい通じると思います。
現在、諸般のエネルギー事情に因り電力の自由化が叫ばれる中で九電力以外に電源開発が民営化されました。
九州、関西、東京電力に於いては近辺の大企業の自家発化が進み、また他社ガス会社との激しい競争が始まっております。
基本的に独占事業の色相が薄れつつあるのが現状です
発電の燃料は石炭→重油→ウラン→石炭→LNGと移行しておりコストの安い電気を発電しないと生き残れません。
特に関電、東電においては大阪ガス、東京ガスの強い営業努力にあい苦境にたっています。
原発、放射能、重油、石炭、環境汚染、からクリーンであり熱効率の良いエネルギーのLNGに移行しつつあります。
発電コストを下げてクリーンな環境に合ったイメージ作りでLNGの果たす役割は重要です。

Q過去の新潟の天気予報がわかるサイトを教えてください

過去の新潟の天気予報がわかるサイトを教えてください。
ここ一年間くらいでもいいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これでいかがでしょう

参考URL:http://weather.crc.co.jp/weatherchart/

Q>東南海地震の震源域東端でM5.3の地震は前兆か

2年前にもなりますが
安芸灘でM6.7の地震があり
局地的に被害が出ました。
本震の数ヶ月前から周辺でM4級の地震が数回ありました。

今回の地震はM5.3を最大とする地震活動が東海道沖で。
要注意なのは単発的にM6.5~M7.0の地震が発生
するという危機感が。
被害を及ぼさない程度の小津波発生もあり得るのではないでしょうか。
この付近ではM5級の地震は比較的珍しい事象では
ないでしょうか?(東南海地震の前震・余震活動を除いて)

Aベストアンサー

今、学会で注目されている現象にアスペリティがあります。これは地殻内の固着域であり、地震発生に大きく関わっています。毎回同じアスペリティが破壊されて大きな地震が発生しています。また、アスペリティの破壊は、周辺から起きるので、今回の地震もまた、これに相当するものと考えられます。すなわち、世間でいるところの前兆になるのでしょうか。アスペリティ周辺での破壊が頻繁になると東海、東南海、南海地震が近づいていると言えるのだと思います。
防災対策はしっかり取りたいものですね。

Q環境計量士、環境分析測定士などの資格とシックハウスに関する測定分析について

たとえば、公害防止管理者という有資格者は公害防止組織整備法で選任や業務などが求められていますが、環境計量士、環境分析測定士の資格はどのような法によってどのような業務に対して求められているのでしょうか?。

最近、シックハウスに関する測定方法として、小型チャンバー法、大型チャンバー法などがJIS規格で定められていますが、こういったJIS規格に則った測定・分析を行なうには何か資格が必要なのですか?。上記のような環境計量士、環境分析測定士などの資格は関係あるのでしょうか?。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

環境計量士は、計量法で定められた資格です。
計測方法が変われば出てくるデーターもことなってしまいます。
そのために、証明行為を行う場合に、一定の技術を持った資格者により、統一された規格(JIS)で計測し、データーを提示するようになっています。

>http://www.sam.hi-ho.ne.jp/takeshi-kunimoto/index/sikaku/keiryo.html

環境測定分析士は、環境分析協会で行っている自主的な資格ですので、法的資格ではありません。
>http://www.jemca.or.jp/info/analysis/index.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%88%E9%87%8F%E5%A3%AB


人気Q&Aランキング

おすすめ情報