最新閲覧日:

私の会社では月単位で約800枚の手形が入金になります。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが簡単に説明します。
大きく分けて3部門あり各部門にて伝票を起こし、経理でチェック。
各部門へは手形のコピー(200枚くらいたまるとA4に手形3枚そして切断)を渡しています。(チェック時伝票に添付)
データは最後にダダダッと入力します。
入力内容は(1)通し番号(コピーをする前にナンバリングしてます)(2)期日(3)支払地(4)(3)の都内・地方の別(4)金額(5)振出人(6)部門(7)裏書人(必要な会社のみ)(8)代理店といったところでしょうか。
手形は月次決算が終わるとすぐ銀行に預けます。(6行に割り振り)
とココまで書きましたが結論は「コピーをやめよう」と上司。
一番安全でスピーディー(入金と同時にデータ入力する余裕はなく起票やチェックをデータでやると面倒)かと思ってるのですが・・・・

「我社ではこんな管理してるよ!」とかありましたらぜひぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

コンピューター全盛時代にこんな相談がまだ出るとは


思いませんでした
部門というのは手形を受け取る部門ということでしょうか
エクセルまたは経理ソフトに手形処理用のものがあれば
どちらかで一括入力して必要項目ごとに仕分けして
仕分けしたリストを出力する
これで受け取り手形の全点照合が出来ます
照合したら帳簿に入力して(経理ソフトなら連動処理)
あとは取り立てに分類して回すだけで済みます
通し番号もいいですが手形の番号があるので
改めて通し番号をつけると返って確認に手間がかかる
という人もいます
手順を上手く考えれば以外に簡単にいくものです
800枚ですからいずれにせよチェックの手間が
大変なのはしようがありませんが
あ、そうそう仕分けした手形は一括して入力順を
出来る限り崩さないようにすると楽になります
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ