私の会社では月単位で約800枚の手形が入金になります。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが簡単に説明します。
大きく分けて3部門あり各部門にて伝票を起こし、経理でチェック。
各部門へは手形のコピー(200枚くらいたまるとA4に手形3枚そして切断)を渡しています。(チェック時伝票に添付)
データは最後にダダダッと入力します。
入力内容は(1)通し番号(コピーをする前にナンバリングしてます)(2)期日(3)支払地(4)(3)の都内・地方の別(4)金額(5)振出人(6)部門(7)裏書人(必要な会社のみ)(8)代理店といったところでしょうか。
手形は月次決算が終わるとすぐ銀行に預けます。(6行に割り振り)
とココまで書きましたが結論は「コピーをやめよう」と上司。
一番安全でスピーディー(入金と同時にデータ入力する余裕はなく起票やチェックをデータでやると面倒)かと思ってるのですが・・・・

「我社ではこんな管理してるよ!」とかありましたらぜひぜひ教えてください。

A 回答 (1件)

コンピューター全盛時代にこんな相談がまだ出るとは


思いませんでした
部門というのは手形を受け取る部門ということでしょうか
エクセルまたは経理ソフトに手形処理用のものがあれば
どちらかで一括入力して必要項目ごとに仕分けして
仕分けしたリストを出力する
これで受け取り手形の全点照合が出来ます
照合したら帳簿に入力して(経理ソフトなら連動処理)
あとは取り立てに分類して回すだけで済みます
通し番号もいいですが手形の番号があるので
改めて通し番号をつけると返って確認に手間がかかる
という人もいます
手順を上手く考えれば以外に簡単にいくものです
800枚ですからいずれにせよチェックの手間が
大変なのはしようがありませんが
あ、そうそう仕分けした手形は一括して入力順を
出来る限り崩さないようにすると楽になります
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受取手形割引高と受取手形裏書譲渡高について

貸借対照表にある受取手形割引高と受取手形裏書譲渡高の意味がイマイチ分かりません。検索して色々調べてはいるものの、小難しい説明ばかりでなかなか本質、意味を理解するのが難しいです。どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか?2つとも受取手形からそれぞれ派生するものと思っているんですけど・・・。簡単な例を挙げて貰えるだけでも非常に助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

失礼ながら、ご質問者様は簿記に対する知識レベルが不明なので、本当の初歩

1 手形の割引
 例えば平成22年3月31日期日の手形(額面100万円)を持っています。このまま持っていれば、期日には手形額面の金額がもらえます[通常は、銀行に取立て依頼をする]。しかし、会社は25日の給料(30万円)を支払うのに現金(預金)が不足するので、『上記100万円の手形を、25日に現金にしてくれ』と銀行に頼みます。銀行は5日早く現金を渡すので、一定の計算をして90万円を渡す。
 これを「手形の割引」とよび、「手形の割引」の対象となった手形の内、本来の期限が到達していない物の額面合計が『受取手形割引高』

2 手形の裏書
 会社は仕入れ代金などを手形で支払う事があり、基本的な形は自社が振り出した手形(支払手形)を先方に渡します。しかし、手元に100万円の受取手形があり、支払額も100万円であり、手形期日も同じだとした場合、手形を振り出さずに手持ち手形を渡しても良い訳です。
 これを「手形の裏書」とよび、「手形の裏書」の対象となった手形の内、本来の期限が到達していない物の額面合計が『受取手形裏書譲渡高』

失礼ながら、ご質問者様は簿記に対する知識レベルが不明なので、本当の初歩

1 手形の割引
 例えば平成22年3月31日期日の手形(額面100万円)を持っています。このまま持っていれば、期日には手形額面の金額がもらえます[通常は、銀行に取立て依頼をする]。しかし、会社は25日の給料(30万円)を支払うのに現金(預金)が不足するので、『上記100万円の手形を、25日に現金にしてくれ』と銀行に頼みます。銀行は5日早く現金を渡すので、一定の計算をして90万円を渡す。
 これを「手形の割引...続きを読む

Q裏書手形の裏書に不備があるとどうなりますか

約束手形の裏書に不備があった場合どうなるのでしょうか?
不備といえるものかどうかわかりませんが
裏書手形の裏書に横判(社判)と銀行印を押しましたが、銀行印が若干
はみだしてしまい(1mm程度)また強く押しすぎたため
インクが結構にじんでしまいました。

このような手形は、銀行に渡した際どのようなことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

誰が見てもにじんで見える状態なら,その印を×してください。再度押印してください。
又は一区切り全体を×にして。×の真ん中に銀行印を押印してください。

インクが結構にじむ?朱肉でなく赤スタンプを使用したのですか?
正しいやり方は朱肉をきれいにして,銀行印をトントントンと軽く叩くようにしてください。まんべんなく朱肉が付いたら,(先ず手形用ゴム板と印矩(インク)Lの角を使用し他の紙で練習してください)

手形を手形用ゴム板の上に置いて,押印したまま20~30秒押し続けてください。もし薄い時は,印矩(インク)事務定規の角の所に何度か押印します。そうすると正しい仕事ができます。

銀行という処はこの手形は誰が見ても信用できるか否かで判断します。不備だと判断されたら返却されます。ですから慎重にしてください。

Q受取手形って持ち込んだ後でも割引できますか?

社会人1年目です。
本社で資金繰りを中心に経理全般に携わっています。

資金が足りなくなった時は、譲渡手形借入れをしていますがそこは関東営業所の経理さんが担当してくれています。

来月は支払が多く、このままではとても残高が足りません。
幸い受取手形はたっぷり残っているので借入を頼んだのですが・・。
送られてきた受取手形の使用計画を見ておどろきました。

ほとんどを『取り立て』として持ち込み、『譲渡手形借入れ』として持ち込むものだけではとても足りません。当然手形ですから取り立てで回収できるのは数か月先です。

驚いて電話したのですが、よく話が理解でしませんでした。ただ先方が「もう大量の手形を持ち込むしかない」と考えていることはわかりました。相手をイラ立たせてしまったので、つい話を終わらせてしまいましたが・・。

本当にこれで大丈夫なのかと考えると不安で仕方ありません。
「煙たがられようが怒鳴られようがわかるまでしつこく聞け! お互いが何か勘違いしてたらどうする、お前こそ会社を潰す気か!?」と言われればその通りだと思います。
上司を怖がって、会社に不利益を被らせるなんて社会人失格です。なんとかしなくてはいけません。

正直僕は関東営業所の経理さんが何を考えてこの予定を組んでいるのか皆目見当がつきません。
しかしその方は肩書きこそアルバイトですか、実際は当社で定年退職まで勤め上げ、その後も来てもらっている重鎮中の重鎮です。この道数十年の経理です。働きだして1年目の僕が口を出すことではないのかもしれません。

疑問は抱えたまま帰宅しましたが、ふと思い当たることがありました。
随分前置きが長くなってしまいましたが、手形の割引です。
一度「取り立て」として銀行に持ち込んだ手形が、いつでも割引可能なら何の心配もいりません。資金は十二分に足ります。
どうも割引というと直接銀行窓口に手形を持っていって「これ割引させて下さい」というイメージがあるのですが・・。(数回実際にやりました。)
銀行に1度持ちこんだ後でも割引は可能なんでしょうか?

長文乱文、申し訳ありません。
よろしければ回答をいただけると嬉しいです。
最後にこんな文を読んでいただき本当にありがとうございました。

社会人1年目です。
本社で資金繰りを中心に経理全般に携わっています。

資金が足りなくなった時は、譲渡手形借入れをしていますがそこは関東営業所の経理さんが担当してくれています。

来月は支払が多く、このままではとても残高が足りません。
幸い受取手形はたっぷり残っているので借入を頼んだのですが・・。
送られてきた受取手形の使用計画を見ておどろきました。

ほとんどを『取り立て』として持ち込み、『譲渡手形借入れ』として持ち込むものだけではとても足りません。当然手形ですから取り立てで回収...続きを読む

Aベストアンサー

持ち込んだ手形を割り引くことは出来ないと思います。

更には、「譲渡手形」と何回も書かれておりますが、その意味が全く理解できません。
そんな手形自体、存在することこそ不思議でならない経理処理だと思われます。
無論、顧問税理士がおられて、了解された上でやっておられるとは思いますが、初めて目にした言葉で、なおさら、不思議なのです。
私自身、約30年間程、経理事務や財務事務の役職者を続けておりますが、これまで、数多くの他社でも、全く使われることが無かった言葉です。

大変失礼ですが、日商簿記検定1級もしくは、2級のどちらか合格されてますか?
合格ナシなら、経理事務は、恐るべし職種そのものです。
例え、大学で、経済を学ばれているとしても、大変難しすぎる職種だと痛感致しております。

Q入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が

入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が


 ■皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。

 五人程度で不動産業をやっています。
 会社は、100年程度の歴史のある古い会社です。
 入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が、毎年次々にたまって、二階の物置を占領して、場所が狭く、なります。狭い場所に無理やり、押し込んでいるので、探し出すのも、実際には、大変です。
 際限なく、大きな倉庫なら、大きな棚も導入して、きれいに整頓して保存も、できるでしょうが、そこまで、お金をかけて整理保存する必要があるのかどうか疑問です。

 税務署が、査察に来たときに提示できるようにあるいは、過去の帳簿の記録を閲覧するときに保存しているのですが、どの程度過去の分を保存すれば、よいのでしょうか?

 皆さんは、どうされていますか?

 もちろん、いつまでも、保存するのがベストですが、保存する場所もお金です。後で、見るかも、知れないと保存しても、現実には、あるから、安心と思って、閲覧することは、めったに無いものです。

 今年は、平成18年ですが、いつごろの伝票だったら、処分しても、よいのでしょうか?
 処分できれば、伝票の表紙やファイルを再利用できるメリットも、あります。

 会社内部では、書類がいっぱいで、もっと、整理すべきだと攻撃が激しいのです。

 たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、よろしく教授方お願いします。
敬具

入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が


 ■皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。

 五人程度で不動産業をやっています。
 会社は、100年程度の歴史のある古い会社です。
 入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が、毎年次々にたまって、二階の物置を占領して、場所が狭く、なります。狭い場所に無理やり、押し込んでいるので、探し出すのも、実際には、大変です。
 際限なく、大きな倉庫なら、大きな棚も導入して、きれいに整頓して保存も、できるでしょうが、そこまで、お金をか...続きを読む

Aベストアンサー

★書類の保存期間★

 書類はその種類によって保存義務期間が違います。
■永久保存
 法律では規制されていませんが永久保存が望ましいと思われるものです。
・定款、株主名簿、社内規定 ・登記関係書類 ・諸官庁に対する提出書類、許認可書類、通達文書・特許、実用新案等の書類

■10年保存
・株主総会議事録-(商法244条)/取締役会議事録-(商法260条)・決算書(貸借対照表、損益計算書、営業報告書、利益処分案、付属明細書)-(商法36条) ・総勘定元帳-(商法36条) ・満期、解約となった契約書

■7年保存
・仕訳帳、現金出納帳、固定資産台帳、売掛帳、買掛帳等-(法人税法規則59条)・領収書、預金通帳、小切手控え、手形控え等・請求書、見積書など ・給与所得者の扶養控除等申告書ほか・源泉徴収簿

■5年保存
・従業員の身元保証書、誓約書など

■4年保存
・雇用保険の被保険者に関する書類-(雇用保険法規則143条)

■3年保存
・雇入、解雇、退職に関する書類-(労働基準法規則56条)
・労働者名簿-(労働基準法109条)
・労災保険に関する書類-(労災保険法規則51条)

■2年保存
・健康保険、厚生年金保険に関する書類

◆処分しやすいように保存しまよう!
 <1> 昨年度の資料は、場所を決めてまだ保管しない
   結構、昨年度の総勘定元帳とか請求書といった書類は今年度との比較に使いますよね。それで、今年度分とは別の場所に置いていつでも参考にできるようにしておきます。

 <2> 3年たった時点で、仕分けする(3年、5年、7年、10年)
    上記の保存期間をもとに、「3年保管箱・経理関係」「雇用関係」というように保存期間・種類によって仕分けをします。こうすることによって、いざ処分すると言うときに3年保存の箱を開けば、そこに入っているものは全て保存義務がないものということで、見分けやすいからです。あとは、上司や社長に聞いて、法律とは別に会社として保存しておきたいものをさらに保存し、いらないものを処分すればいいだけです。

 <3> 保存書類一覧を作成する
    自分の覚えのためもありますが、保存した人だけでなく上司やそれに関係する人全般に、どの書類がどの箱に保存されているのか明確に分かる表を作成します。この表を作ることによって会社の中に保存書類の規則のようなものができあがり、担当者が万が一会社を辞めた場合、又は新入社員に教える必要が生じたときに役に立ちます。

 <4> 毎年1回~2回は点検をしましょう
    重要な書類ですから、保存しっぱなしであとは知らない。というようなことのないように点検を心がける。故意ではないにしろ上司等が書類の貸し出しを受けてそのまま机の中に眠ったまま。ということは珍しくありません。この場合に<3>の一覧表が活きてきます。

★書類の保存期間★

 書類はその種類によって保存義務期間が違います。
■永久保存
 法律では規制されていませんが永久保存が望ましいと思われるものです。
・定款、株主名簿、社内規定 ・登記関係書類 ・諸官庁に対する提出書類、許認可書類、通達文書・特許、実用新案等の書類

■10年保存
・株主総会議事録-(商法244条)/取締役会議事録-(商法260条)・決算書(貸借対照表、損益計算書、営業報告書、利益処分案、付属明細書)-(商法36条) ・総勘定元帳-(商法36条) ・満期、解約となっ...続きを読む

Q受取手形の仕訳について

初歩的な質問で申し訳ないのですが、教えて下さい。
受取手形を貰った時、受取手形/売掛金と仕訳するのですが、
その手形を割引した時、当座/割引手形と仕訳します。
さらにその手形を裏書した時は、買掛金/裏書手形と仕訳します。
そういう仕訳では受取手形が残ったままになるのではないでしょうか?
宜しくご指導下さい。

Aベストアンサー

得意先から受取手形を貰った時、受取手形/売掛金と仕訳し、


(1)その手形を銀行で割引した時、
当座預金/割引手形

割引した手形の期日が到来した時、
割引手形/受取手形


(2)その手形を仕入代金の支払に充当した時、
買掛金/裏書手形

裏書した手形の期日が到来した時、
裏書手形/受取手形


なお、割引手形と裏書手形は共に負債勘定です。

Q相殺伝票起票

伝票を相殺起票する趣旨がわかりません。

(例)

 本店A           支店A
(支店) (現金) (現金) (本店)
1000 1000 1000 1000

上記の様な本支店の取引があったとき連結決算の時には
伝票を相殺して起票するそうです。相殺することによって何の意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

下のHPを見てください。

参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~yonezu/boki_i/manande/honsiten/honsiten.html

Q手形が不渡りになったときの仕訳は「不渡手形/受取手形」ではないのでしょうか?

京浜商店より売掛金の決済のために受け取り、
過日、港北銀行で割引に付していた、
同店振り出し、当店宛の約束手形\600.000が満期日に支払拒絶されたため、
同銀行より償還請求を受け、小切手を振り出して決済した。
また、期日後利息\2,000は現金で支払い、手形金額とともに京浜商店に対して請求した。

答え
(借)不渡手形 602,000(貸)当座預金 600,000
               現金  2,000

ですが
私は不渡手形が発生した場合は
「不渡手形/受取手形」と暗記していたため
(借)不渡手形 602,000(貸)受取手形 600,000
               現金  2,000
と回答してしまいました。

でもこの場合
「小切手を振り出して決済した。」はどうなるんだろう?とは思いましたが。

質問は
なぜ「受取手形」ではなく「当座預金」なのでしょうか?
問題文に「小切手を振り出して」と書いてあるからですか?

教えてください。

Aベストアンサー

下の方が書かれているように手形割引時に
(現預金)/(受取手形)
の仕訳がされていますので、不渡となったときに貸方に受取手形はきません。
手形割引は銀行に譲渡した手形が決済されることを前提として前受しているので、振出人が不渡を出した場合には受取人が代わりに一旦銀行に払います。
このとき、受取人から振出人への求償権が発生しますので
(不渡手形:振出人に対するもの)/(現預金:銀行への支払)
となります。

Q源泉徴収票からの仕訳伝票の起票方法

今年9月29日に所轄税務署へ個人事業者として(青色申告)開業届けを提出しまして、同年10月末日にて正規に(8年3ヶ月)勤務していた会社を退職をしましたが、数日前にその会社から源泉徴収票が送られて来ました。
ここからが本題なのですがその場合、
イ)源泉徴収票をみて何か仕訳伝票を起票しなくてはいけないのだと思うのですが、その場合の仕訳方法。

ロ)本来であれば退職金が支払われない会社なのですが、色々な経緯があり退職金(数十万円)が振り込まれたのですが、この場合の仕訳方法。
ただしその際の明細伝票がありません。(振込がされただけです。)
源泉徴収票に数字が入っている所は下記の部分です。
・種別=給与賞与¥
    支払金額¥・源泉徴収額¥・社会保険料の金額¥
・中途・退職(日付)
・受給者生年月日

上記2点についてご教授願います。

Aベストアンサー

>イ)源泉徴収票をみて何か仕訳伝票を起票しなくてはいけないのだと思うのですが

いいえ。事業所得と給与所得はぜんぜん別物ですから、給与所得の源泉徴収票に基づいて仕訳を起こす必要は、ぜんぜんありません。

>退職金(数十万円)が振り込まれたのですが、この場合の仕訳方法。

退職金についても仕訳は不要。

>ただしその際の明細伝票がありません。(振込がされただけです。)

会社から退職所得の源泉徴収票が郵送されてくるはずです。

Q受取手形記入帳について

簿記2級と3級を学習している者です。
受取手形記入帳についてですが、
2級では、受取手形記入帳は受取手形の増加のみを
記入すると学習しました。
しかし、3級で各取引に必要な補助簿を選択する問題がありますが、
そこでは、受取手形の増減に関わらず、受取手形記入帳に記入するようです。
自分では解決できずにいます。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

まあ~受取手形、支払手形の両方を含めた意味で、手形記入帳の使い方次第ですね。文房具店で市販の『手形帳』がどのような形式になっているのか確かめてもらった上で

・発生(増加)額のみを記入する→私が簿記を教わった時の使い方
・手形記入帳の備考欄を使い、取立済み(支手だったら決済済み)のものは消し込んでいく。
 備考欄が空白になっている行の金額を集計すれば、手形の残高となる。
・月単位で締めて、「前月繰越額」「当月増加額」「当月減少額」「自決繰越額」を書くことで、総勘定元帳の手形勘定と一致させる
 →実務に就いてから教わった方法

Q伝票起票をしなくとも良いと本で読みました。

以前、税理士さんが書かれたものの中に、伝票はは書かずにそのまま会計ソフトに入力すればいい。総勘定元帳だけ出していれば良いというのを読みました。
今のところ、伝票は切ってから会計入力していますが・・

どちらがいいのでしょうか?
伝票を書かずに入力していったときのデメリットは
どんなものがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

会社で一人事務をしています。

私も手書きの伝票は使用していません。
直接PCに打ち込みます。
(うちは弥生会計を使用しています)

正しく入力さえすれば、正しく処理してくれます。

手書き等の場合は、人間のすることですので、
転記等する場合にミスも考えられますし、
資源(紙)のことを考えても直接入力したほうがいいと思います。

法律で定められている書類の保存については、会計ソフトの内容を印字し、ファイリングすれば問題ないですし。

#1の方もおっしゃっている通り、あくまで帳簿レベルの話ですので、信憑書類(領収書・請求書等)は必要です。

どちらかといえば、手で起票してPCに入力しているほうが、
・二度手間
・転記ミスの可能性
・資源の問題
でデメリットのほうがあると思います。
(決してご質問者さまのやり方を否定しているわけではないです。お気を悪くなされぬよう。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報