ふるさと納税を自分が居住する市町村に対して行うと、何か良い事はありますか?
税金の控除の面では、損になりますでしょうか?
また、自分が住む県内の別の町等にふるさと納税する場合と、別の都道府県
の市町村にふるさと納税する場合では、税金の控除の関係で違いはありますか?
もし判る方がいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No1の方の回答の通り、どの都道府県市区町村に寄付しても、税金上の控除に違いはありません。


ただし、一定額以上のふるさと納税をした方に対して、一定の御礼(サービス)を実施している自治体があります。地域の特産品等をもらえる場合がありますので、市町村のホームページをご確認ください。
なお、多額のふるさと納税をしても、全額が控除になるわけではありませんので、ご注意ください。
    • good
    • 3

「納税」という名称ですが、実際には「寄付」と「税額控除」の組み合わせです。


自分が住む県内の別の町等にふるさと納税する場合と、別の都道府県の市町村にふるさと納税する場合では、税金の控除の関係で違いはありません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qふるさと納税で現金化しやすいお礼ないですか? ふるさと納税で現金化しやすい商品を探しております。

ふるさと納税で現金化しやすいお礼ないですか?


ふるさと納税で現金化しやすい商品を探しております。

まさか商品券などはないとおもいますが教えて下さい。
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

こちらをどうぞ。

http://minatoku-time.com/furusato-tax-ranking/gift-ticket/

Q来年住宅ローン控除を使います。今年はふるさと納税の控除はフルで使えますか?

住宅ローン控除とふるさと納税の控除の仕組みがいまいち理解できておらず、困っております。
来年住宅ローンを開始し始めます。ふるさと納税を今年行うと今年の払った所得税から還付されたり、来年の住民税が安くなったりすると思います。今年ふるさと納税をした場合、しなかった場合で、来年払い始める住宅ローンの1%控除にはどのような影響がありますか?具体的にやった方が金銭的メリットがあるのでしょうか?教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

事実関係を確認しますと。

①ふるさと納税 今年中
②住宅ローンの開始 来年。
③確定申告をするか?

②住宅ローンの契約は来年と
 考えてよいですか?
 居住条件なども来年整う
 ということですかね?
③で住宅ローン控除の申告を
来年3月することはないですよね?
確定申告する場合は、
●ふるさと納税の申告も
確定申告で申告する
必要があります。

②が全て来年ということであれば、
今年ふるさと納税には特に影響は
ありません。

質問は逆でしたね。
来年の住宅ローン控除に
影響はありません。

来年ふるさと納税をするなら
住宅ローン控除を考慮して
ふるさと納税をする必要が
あります。

関係性をまとめると以下の
ようになります。
 今年   来年   再来年
①ふるさと
 納税1
    ①住民税軽減
    ②住宅ローン
     開始
          ③の
          確定申告
    ①ふるさと
     納税2→→②と申告
          ①②で
          住民税軽減

ちょっとみづらいですかね?
いかがでしょう?

事実関係を確認しますと。

①ふるさと納税 今年中
②住宅ローンの開始 来年。
③確定申告をするか?

②住宅ローンの契約は来年と
 考えてよいですか?
 居住条件なども来年整う
 ということですかね?
③で住宅ローン控除の申告を
来年3月することはないですよね?
確定申告する場合は、
●ふるさと納税の申告も
確定申告で申告する
必要があります。

②が全て来年ということであれば、
今年ふるさと納税には特に影響は
ありません。

質問は逆でしたね。
来年の住宅ローン控除に
影響はありません。

来年ふるさ...続きを読む

Qふるさと納税について

ふるさと納税をしますが、住民税等の納税地(住民票の登録地)と実際の居住地が異なります。ふるさと納税の特典品は実際の居住地に送っていただきますが、この場合、確定申告や所得税・住民税の控除申告に支障はないでしょうか?

Aベストアンサー

そのこと(送付地と納税地が違う)を寄付した自治体に伝えておく必要があるでしょうね。
寄付を受けた自治体では、貴方の住民登録がどこにあるかは把握できません。
今年度から、ワンストップ(確定申告しなくてもよくなった)で住民税の控除受けられるようになりました。
寄付をうけた自治体は貴方が申告した住所の役所にその情報を提供し、それを受けた自治体が住民税の控除をします。
でも、送付地しか申告してないなら、そこでは貴方が納税者とはなっていないので控除のしようがありません。

参考
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/topics/20150401.html#block02

なお、貴方のようなケースでは、住民税は、本来、実際に住んでいるところで課税することとされています。

Qふるさと納税 って本当にお得?

ふるさと納税 をしようかと思っています。(サラリーマンです)

いくらの年収で扶養家族が何人いて、税金いくら払っていて・・・・などを入力していくらまでならふるさと納税をしたらトクであるかがわかるページで

7万5千円 までなら可能と出ました。

で、まずは一件1万円のお米が頂ける都市へ寄付したのですが、ふと
医療費控除をかなり受けているのでもしかして特にはならないかも。。。
と調べてみると、よくわからない 市役所で聞いても、人それぞれだという。

医療費控除で毎年、5万弱 還付金が戻ってきます。(家族が多いので)
そこで、今年も同じくらいの収入で医療費控除もすると仮定して 国税庁の平成25年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告書作成コーナーに入力してみたのですが、1万円を入力しても1750円しか返ってこない、と出てきます。(医療費控除を入力しなくてもしてもそうなります。)

テレビなどで言われていることは、2000円引いた額がそのまま確定申告すると戻ってくるとのことでしたよね。

実際 ちゃんと戻ってくるのでしょうか。トクするとおもってふるさと納税したら損する場合もあるのでしょうか。
今からふるさと納税取り消すことはできるのでしょうか・・・・

詳しい方よろしくお願いいたします。 ネットで探しても自己責任でと書かれていたりしてよくわかりません。
よろしくお願いいたします。

ふるさと納税 をしようかと思っています。(サラリーマンです)

いくらの年収で扶養家族が何人いて、税金いくら払っていて・・・・などを入力していくらまでならふるさと納税をしたらトクであるかがわかるページで

7万5千円 までなら可能と出ました。

で、まずは一件1万円のお米が頂ける都市へ寄付したのですが、ふと
医療費控除をかなり受けているのでもしかして特にはならないかも。。。
と調べてみると、よくわからない 市役所で聞いても、人それぞれだという。

医療費控除で毎年、5万弱 還付金が戻...続きを読む

Aベストアンサー

>1万円を入力しても1750円しか返ってこない、と出てきます。

もっと戻ると思いますが…。
http://www.furusato-tax.jp/example.html

それに、寄付先を選べば、寄付額に応じた「記念品」が貰えるので、税の控除額と記念品の相当額を足せば、そこそこモトが取れる筈です。

>今からふるさと納税取り消すことはできるのでしょうか・・・・

各自治体で「寄附採納要綱」とか「寄附採納条例」とかを定めていて、自治体への寄付に関する決まりを定めています。

通常、その中に「寄附の取消し」の条項がある筈なので、その条項に定めた手順で取り消ししないといけません。

要綱や条例で定めた手順に従えば取り消し可能でしょうけど、余り良い印象は持たれないと思います。

Qふるさと納税と学校法人寄付

今年のふるさと納税で寄付出来る額(世間で言われている自分負担2,000円)が8万円程あり、既に6万円を5カ所の市に納税しました。残り2万円を、そろそろふるさと納税しょうと考えていたところ、息子が通っている大学にも寄付をする事を思い出し、大学に2万円の寄付をしました。ふるさと納税と学校法人への寄付は別物と聞いたのですが、当方の場合、まふぁふるさと納税で残っている2万円を寄付しても、当方の今年分の8万円に収まるので、ふるさと納税に使う方が得策でしょうか?いや、この2万円をふるさと納税に使ってしまうと、学校法人への寄付分の2万円のほうに、影響を与えるのでしょうか?

今年残り約4ヶ月、自分で悩むより、専門家に分かりやすくアドバイス頂きたく。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今回の場合、影響しないと思います。

ふるさと納税と言うのは、任意の自治体に寄付することで、
寄付金額から2000円を除いた分を全額、
住民税と所得税を組合わせて、還付、減額する制度です。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

これを実現するために、
従来からある寄付金控除による所得税、住民税の所得控除と、
特例分の住民税の税額控除を適用します。

これらの控除にはそれぞれに限度額があり
所得税は総所得金額の40%、
住民税の所得控除分(基本分)は総所得金額の30%、
住民税の特例分は住民税所得割額の10%、
となっています。

ふるさと納税の限度額は通常、住民税所得割額の10%が基準になりますので、
質問者様の8万円というのはここからきています。

限度額が8万円の方であれば、この8万円に学校法人への2万円を足しても、
総所得金額の30%を超えることはありませんので影響はぜず、
両方について控除されると思われます。

今回の場合、影響しないと思います。

ふるさと納税と言うのは、任意の自治体に寄付することで、
寄付金額から2000円を除いた分を全額、
住民税と所得税を組合わせて、還付、減額する制度です。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

これを実現するために、
従来からある寄付金控除による所得税、住民税の所得控除と、
特例分の住民税の税額控除を適用します。

これらの控除にはそれぞれに限度額があり
所得税は総所得金額の40%、
住民税の所得控除分...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報