「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

イタリア料理のプロの本を教えてください

材料が普段使わないのばっかりだったりでなく材料費が高すぎない本が特にほしいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


まず先に、失礼な上にご質問の主題と全く違うことを延々のべることをお許しください。

以前のご回答を何件か、覚えております。特にフレンチのレシピ本についてのご質問を、非常に違和感を持ったので覚えております。
私は何冊か気にいっているフランス料理の本を持っているので、ご回答したかった。
でもできませんでした。
たいへん失礼とは存じますし、うまく言い表せないのですが、質問者さんの質問文に現れるコミュニケーション能力とでもいうようなもの、これが「他の人のふつうの感覚」と私が捉えるところとだいぶ違うような気がして、質問者さんがなにをどの程度をお求めなのか、よく理解できなかったのです。
質問者さんはご自身がなにを求めているか、明確におわかりだと思います。
しかし文章からは思考がそこでストップしてしまって、
「どのように言えば、他人がどの程度、どのように理解してくれるか、なので求める回答を得るためには、何を伝えなければならないか」ということを、ほとんど考慮されていないと感じるのです。
「自分が思っていること、理解していることを他人が同じように感じ、理解しているわけではない」という理解がすっぽり抜け落ちているような…。
ご質問への回答数が伸びない理由は、その答えにくさのためではないかと思います。

このご質問でもそうです。

まず、「プロの本」の意味がよくわかりません。
どの国の料理であろうと、日本で読めるほとんど全てのレシピ本はプロの料理人がレシピを考案したり提供したものです。
でもプロでもぴんからキリまで…というと失礼ですが、フランス料理ですとビストロからグラン・メゾンまで、提供する料理はかなり違います。
またプロの料理人がレシピを提供していても、一般書店で購入できる本は家庭向けに手直しされていることが多いものです。
質問者さんが今までどのような料理本をご参照になり、どのようなところが不満だったか…それを理解する指標となる情報がまったくありません。
以前のご質問には「フォアグラとトリュフばかりのレシピ本だとか、キンメダイのような高価な材料しか使わない本ばかり」とありましたね。
フランス料理のレシピ本でも「ロッシーニ風以外のレシピは数少ない」といった本はほとんどないはずです。一般家庭で使えるようなレシピ本は多数あります。
なので特に、この感覚に何か、大きなズレを感じました。
たとえば「いちばんやさしいフランス料理」「手軽に作れるほんとうのフレンチ」、「フライパン1本でできるお手軽フレンチ」といった本をご紹介しても、ご満足いただけないのではないかと。

プロ用の本だとしても、日本語で発行されている本は「日本で入手できる材料」を念頭に書かれていることがほとんどです。当然、プロ向けのルートを知っている料理人が参照するのですから、珍しい材料も含みます。
手持ちの柴田書店「コンフィとリエット」は材料のほとんどが獣肉だとかカモだとかで、それも「アヒルの脂4kg」などと書かれているので一般家庭向けではありません。
一般的な食材をテーマにしていたとしても、高い技術力がなければ再現できません。たとえば私が手持ちの遠藤十士夫「大根料理」は、大根というごくありふれた食材を使っていますが、さらっと見るだけで一般家庭向けではないことがわかります。
それでも、利用しようと思ってレシピ本を購入した以上、高い食材を安くありふれた食材に置き換えて作ってみたり、作れるレシピからためすものだと思います。質問者さんがなぜそれをなさらないのかわかりません。

またプロ用に書かれた本はたいていは本自体が安くありませんし、ジャンルごとに別れていることがほとんどです。上述の「コンフィとリエット」「大根料理」のようにです。
ですので、より専門的な本をお求めならばジャンルの指定をなさらないといけません。
フランス料理なのですが、たとえば小島景の「野菜で、おいしい。」などはいかがでしょうか。

しかし質問者さんは「高い材料はイヤだ」と仰る。ご自分がシェフとして店で提供する料理の参考になる本をお探しというわけでもないとうことだけはわかりました。
でも材料費が高すぎないと言われても、どの程度なのかはっきりわかりません。
一般的な収入の家庭で日常の料理に何千円もする食材を使えないのは理解できます。しかしこれからのクリスマスや年始年末用に人をもてなす場合には奮発する人も多いわけです。
どのようなシチュエーション向けの本で、どの程度までフランス料理あるいはイタリア料理を学びたいのかがわかりません。

さらに「材料が普段使わないのばっかり」と仰られても、「普段使う食材/常備してある食材」は家庭により千差万別なわけです。
ですのでそのあたりは、本を確認なさってどの程度「使えそう」かご自分でご判断いただくほかありません。

つまり、質問者さんがどのような立場で、どの程度のスキルがあり、どのようなタイプの料理本、あるいはどこまでカバーされた本をご希望なのか、すべてが欠けているので非常に回答しにくいです。
ですので以上を踏まえた上で、もしご希望でしたら補足頂きたいと思います。


さてようやく本題です。
フランス料理の次にイタリア料理の本をお探しということは、日本ではより気軽なイタリアンならば、材料費が高すぎることはないとお考えなのかなと推測しました。なのでそのような視点からいくつかお薦めしてみたいと思います。

個人的には落合務の本をお薦めします。
10年ほど前に「日本でいちばん予約の取れない店」として有名になったラ・ベットラ・ダ・オチアイのシェフの書いた本です。イタリアンでは、同じ著者で何冊も買ったのは私はこの人のだけです。
惜しみなく与えようとする人柄が行間から伝わってくる内容であると同時に、ややクラシカル寄り、材料費としても毎日食べられる気軽なイタリア料理ですので、もしまだお持ちでなければ、ご希望に添えるのではないかと思います。
もちろんキンキだとか高い食材を使い、人をおもてなしする特別なシチュエーションに使えるレシピも多数あります。

落合務の本はたくさん出ていまして、一部はレシピがかぶっているのですがその内から4冊。

「ちゃんと作れるイタリアン」http://p.tl/vXH2
「なぜその工程がこの段階で必要なのか」という情報が多い良い本です。

「落合務の基本のイタリアン」http://p.tl/Vnboと「落合務シェフのイタリアン」http://p.tl/MhlH
前者は「キノコの万能ペースト」が載っていること、特に手軽な印象のレシピが多いのでねじこみましたが、パスタがやや多めです。
レシピ数自体が多く他人をもてなすのに使える料理が多いのは後者のほう。
キノコのペーストはレシピをNHKのきょうの料理で公開しています。イタリアンだけでなく、油や調味料を変えるとどんな料理でも展開させられる上にとっても美味しいのでお薦め。
http://p.tl/0EOW

「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 落合務完全レシピ2006‐2010」http://p.tl/xZJ1
タイトルの通りの本ですので、一般家庭向けではあまりないかもしれません。

あとは
「人気のイタリアン」http://p.tl/1nzo
私は持っていませんが、内容は知っていますので載せます。
別冊家庭画報の「人気の~」シリーズのうちのイタリアンです。人気イタリア料理店のシェフが何名か集まってレシピを提供しています。本自体がやや高価ですが古本屋でもよく見かけますし、レシピ自体が多いのでどれかはお気に召すのではないかと思います。
まだフランス料理を作られたいのであれば、同じシリーズの「人気のビストロフレンチ」はいかがでしょうか。ビストロ料理ですので少なくとも「フォアグラとトリュフ」はひとつも使われておりません(*ゝω・*)ノ

最後に、レシピ本はいきなり購入するよりも、できれば最寄りの図書館で内容を確かめてからだと、自分の希望に合わないレシピ本を買ってしまう失敗を防ぎやすくなります。
またエルパカというネット書店のリンクを貼った理由は、こちらはポンタカードというポイントカードを持っているとポイントか還元クーポンで新刊でも割引で購入することが可能だからです。
ご検討ください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

かいとうありがとうございます

失礼な事なんておもっておりません。


助かる助言していただきありがとうございました

お礼日時:2013/11/29 21:26

今日は。


勉強熱心ですね。

さて、以前、barutokaiさんが「日本で直ぐ手に入る材料でできて、プロの秘訣が書いてあるフランス料理の本」を訪ねられたとき、フランス料理に詳しい回答者が
「それじゃフランス料理にならない」「最近出版されている料理本の信憑性はなくなってきているものも多いようですから、きちんと勉強したいのなら、昔からある由緒正しい料理本を選びましょう。『正しい仕上がり』を知らないままもし変なものが出来あがってしまったとき、食べさせられる人がかわいそうです。」
とアドバイスされていたので、二度とこんな質問はしないだろうと思っていたのですが、今度はイタリア料理ですか。

私は、和食が中心でイタリア料理は詳しくありませんが、およそ上と同じことがいえると思います。

barutokai様は今年の春頃、「私はテレビにでるほど有名な学校に通っていて、技能五輪出場目指して桂向きの練習中。早く旨くなるこつを知りたい」とおっしゃっていたので、先生の考え方もあるでしょうから、そのような情報は学校の先生に聞くのが一番でしょう。

ところで、桂むきは上手になりましたか? きっと、先生が、マナガツオもカツオも一区別が付かないあなたの料理センスを何とかしてあげたくって「知ったかぶりするな!基礎から学び直せ」という気持ちを込めてかつらむきに取り組ませたんでしょう。

味覚&料理センスがない人は努力でカバーですよ。頑張れ!

追伸 いま、どんな包丁使ってますか? かつらむきは何包丁で取り組みましたか? もしかしたらそのあたりから知識を確認した方が、いいアドバイスができるかもしれません。   

この回答への補足

タイピングミスしました 桂向きに使った和包丁はTOJIROの薄刃包丁ぐらいしか分かりません

補足日時:2013/11/19 22:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます・・・・・・・・

私のことそんなに知られていたなんて・・・・ちょっと驚きました・・・・・・

包丁はTOJIROの牛刀とぺティです

桂剥きは名前は詳しく知りませんがTOJIROの和包丁です

お礼日時:2013/11/19 22:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生パスタのコシを出したいのですが・・・。

お世話になります。
生パスタを作っているのですがどうしても「コシ」のある麺が出来ません。
レシピ:強力粉300g 全卵3個 オリーブオイル小さじ3
    塩少々
    →つやが出てまとまるまで20分位こねる
    →ラップをして冷蔵庫で5時間以上ねかせる
    →パスタマシーンで伸ばす&裁断
     (厚さ#5,4mm幅)
    →塩少々を入れた熱湯で浮き上がってくる
     まで茹でる(2~3分位)
    →すぐに作っておいたソースとからめる
茹でる時間やこね方、パスタの厚み(薄過ぎる?)に問題があるのでしょうか?
デュラムセモリナ粉でないと駄目なのでしょうか?
せっかくパスタマシーンを買ったのにガッカリしています。
解決策を教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

今までの練り方で、裁断した後、打ち粉をしてから半乾燥させて(10分から20分で十分です)、たっぷりの沸騰したお湯に多めに塩を入れて茹でてみてください。

乾燥パスタで無いから茹で時間は短めです。
浮き上がってくるまででは、茹ですぎです。1分したらためしに食べてみて、茹で具合を調整してみてくださいね。

セモリナ粉を使うとコシと香りがでますが、多いほどまとまりにくくなります。セモリナ粉だけでつくったときは、かなり大変でした。
少しづつ割合を増やしていくと、より美味しいパスタができると思います。
私も何回かやってるうちにコツをつかんで、楽しめるようになりました。がんばってくださいね

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q料理の基本を見直そうと、和食の料理本を探しています。

料理の基本を見直そうと、和食の料理本を探しています。
村田吉弘さんの「割合で覚える和の基本」がすごく勉強になりました。

スピードクッキングなどの手抜き料理や、
料理研究家が書いたものではなく、プロの調理人が書いた本が希望です。

必携の料理本(または料理人)教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

和食の本なら野崎洋光氏の本などいかがでしょう。
ただ、本によって、書いてある内容に違いがあります。
野崎氏がこんな味付けを勧めるかなというのもありますから
名前を貸しただけの本もあるのでしょうね。

レシピ集ではありませんが辻嘉一氏の本はいかがでしょうか。
ご存知かもしれませんが昭和の京懐石の大家で日本料理の普及に努められた方です。
執筆も多く全て御自身で書かれゲラ刷りのチェックまでしていたそうです。
和食料理人の心構えと言うか、気配りを書いたものが多いです。
日本料理は引き算という意味がわかる本が多いです。
引き算と言いながら足し算、かけ算の料理を出し、
またそうしなければ客が納得しない昨今、時代遅れの本かもしれません。

絶版になった本も多く図書館に行けば巡り会えると思います。
アマゾンで中古本でかなりの種類を扱っていますね。

Qパスタのきれいな盛り付け方

トングやお箸を使ってお皿にスパゲティーを盛ると、のっぺりしてしまいます。初めは盛り上げるようにのせたつもりでも、だらりと広がってしまうようです。レストランでパスタを食べると、スパゲティーがうず高く盛り付けられていて素敵だなと思うのですが、どのように盛り付けているのでしょうか。
フォークで巻きつけてみたこともありますが、普通のフォークではたくさん巻きつかないし、時間もかかり、あまりうまくいきませんでした。良い方法、良い道具を教えていただけますか?

Aベストアンサー

 僕はフライパンの中でトングを使って麺を巻き、それを皿に落とすだけです。この時、一回ですべて巻けませんが、巻けずにフライパンに残った麺は一回目の上からではなく回りに落としてあげてください。最後に器の中でもう一度麺を巻いて上がれば完了です。3段階あるように聞こえますが、簡単です。結構かっこよく盛り付けられます。
 しかし、ここで気をつけたいのは、オイルベースでもなんでも、ジュースが麺によく染み込んでいるかどうかです。水っぽい出来だといくらフライパンの中で麺をトングで巻き込んでもほどけます。スープパスタ系のほうが好きな方は麺だけボウルにとってトングで巻き、お皿に盛り、フライパンのジュースは少し煮詰めてとろみを出し、麺の周りからかけてあげればうまくいきます。

 やってみてください。だめだったらまた補足します。

Qグリルなしで焼き魚を焼くワザありませんか?

ひとり暮らしをしております。
せまいせまいミニキッチンで一生懸命自炊にはげんでおります。
さいきん、塩焼きの焼き魚がたべたくて仕方ないのですが、うちのコンロには魚焼きグリルがありません。
スーパーで焼いたのを買ってくるとけっこう高いし、フライパンで焼くと、油をひいてムニエルみたいな感じになってしまいそうで。。。(ムニエルはたべあきたんですf(^ ^;))
100円SHOPで魚焼き網を買ってガスコンロで焼いてみようかなあ。。。と思いつつ、煙がもうもうとあがるのではないかと心配です。

焼き魚をつくるのに、なにかいい裏ワザなどないですか?ご存じの方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

オーブンレンジありますか?
秋刀魚など おいしく、焼けますよ。

フライパンで 焼いてもムニエルにはならないです、
フッ素加工の物で、油なしで、塩焼きできると思います。
〈よくやっています、グリルの方が美味しいですが、スーパーで買ってきたものよりは美味しいかと〉
あじの干物などは、日本酒を入れたフライパンでやくか、アルミを敷いたオーブントースターで美味しくできます。

うーん、後は、ベランダで七輪、、、?苦情来ますかね?

焼き魚好きより、、、

Qイタリアンレストランのメニュー表:イタリア語と日本語サイト

次回のイタリア語の授業で、イタリアンレストランのメニューの読み方をやるのですが、
予習のために、イタリアンレストランのメニュー表をイタリア語と日本語が両方サイト書かれているサイトを探していますが見つかりません。(x_x;)シュン

どなたかご存知でしたら、教えて下さい。宜しくお願いいたします。m(_ _)m 

Aベストアンサー

たとえばこんなサイトでいいんでしょうか?

参考URL:http://allabout.co.jp/gourmet/italiancuisine/closeup/CU20010809/index.htm

Qイタリア料理の材料で困っています。

イタリア料理の材料の中でスーゴ・ディ・カルネや肉、魚のブロードなどの出汁ありますよね。あれってみなさんいちいち作られているんですか?家で作るにはちょっと手間暇が掛かり過ぎるのでは…
何か代用する物はないのでしょうか?

Aベストアンサー

スーゴ→フォンドボー、グラスドビアン
ブロード→チキンブイヨン、フュメドポワソン

で、どうぞ。
似て非なるものですが家庭でなら充分です。スーパーなどでハインツの物がよく売ってますよ。
味は・・・まぁしょうがない勘弁してやって下さい。
ハインツの物をベースにして屑肉などを入れ炊きなおすという手もあり。
家庭で作ると大変ですよ。
鶏のブロードで約8時間、魚で3~4時間。
スーゴなら2日ないし3日はかかります。それ以前に仔牛の骨が手に入らんでしょうし。

どうしても良い物をというなら↓
http://www.kiscofoods.co.jp/home.html
高いけど料理人でもいない限り家庭ではまず作れない味の商品を多く持っています。
業務用の商品が多いですが確か楽天とかなら一部のものは買えるはず。

Qお米と水の割合

お米を炊くときに水の割合はお米:水が1:1と聞いたのですが、炊飯器にお米を入れた時に、水が少しお米より多くなるくらいを入れたらいいのでしょうか?
基本的なことなのですが分からないので教えていただきたいです。

Aベストアンサー

NO.3の回答の方のとおり研いで浸水させた後のお米1:水1が基本の割合になります。
洗う前の米に換算するとだいたい米1:水1.2です。
お米の種類を替えた時には浸水させた後のお米で水の量を量っておくと
次からはその割合で炊けるので便利です。

炊飯器のときは洗う前のお米を計量カップで計って研ぎ
釜に入れてそのカップ数の目盛まで水を入れて炊きます。
新米か古米か、またお米の種類よって水分量が違うため固さが好み通りにならないときもあります。
その場合は1合当たり大さじ1くらいの範囲内で水の量を加減してみてください。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q主に料理に使うおすすめの白ワインを教えてください。

料理用として使えるおすすめの白ワインを
探しています。できれば1000円以下が
希望です。教えてください。

先日安物の白ワインをスーパーで買いましたが、
ドレッシングに使ったところ、どうしても口に
合わなかったのです。やはりあまり安いものは
だめなのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

お料理に使う場合であるなら、辛口で香りが強すぎないものがおすすめです。
シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、シュナンブランといった品種を選
べばそれほど間違いはありません。ゲヴェルツトラミネールやヴィオニエといった品種は香りが強くお料理には合いにくいので避けたほうがい
いと思います。
また魚介類にはミネラル感があるワインを選ぶと料理がさらにおいしく感じられます。

千円以内であるなら、チリや南アフリカあたりがよいでしょう。
アナケナ(チリ産)のソーヴィニヨンブラン
http://www.eswine.jp/product/item/itm_8806701072.html
オーカ(南アフリカ産)のシュナンブラン
http://item.rakuten.co.jp/e-yoshida/m1/
が個人的にはお勧めです。


人気Q&Aランキング