店鋪付き住居と通常の住宅を建てる場合との違いを教えてください。
2階建て・3階建ての場合での決まりごとなどもありましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

unanasaさんこんにちは。


まだ、ほとんど白紙の状態なんですね。
店舗兼用住宅と住宅の違いは法的な違いを除けばたいした
違いはないです(特に店舗をお母様が経営する様なので)
2階・3階の決まりごとなどの特に考えなくても良いんじゃないでしょうか?(チョット無責任かな?)

まだ、建築会社や設計事務所に話をする段階じゃ「ない」
ただ何となく?どんな物が建つのかな?と言うぐらいですか?(*^_^*)

↓minotouriさんが言われるように、勉強するのもいいんじゃないでしょうか。

あまり決まり事とか考えないでとりあえず自由に考えて良いと思います。
店舗の大きさは○○坪位でここら辺を入り口にしたいな、とか 2階建てにして1階をすべて店舗にして2階を住まいそれから、中から行き来出来た方が便利だしでも、お店を通らないで出入りしたいので2階に玄関が欲しいとかね。
とにかく、イメージしてみましょう。
細かいことは、プロ(設計や)任せましょう。
がんばって下さい。e(^。^)g_ファイト!!

低層住専とは主に住宅・学校・などしか建築出来ない
地域(用途地域と言います)です。
unanaさんが考えている場所に現在、工場が建っていると言うことなので「低層住専」ではないでしょう。
役所(都市計画課または建築指導課)でお住まいの地域の用途が確認出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなって申し訳ありませんでした。
有り難うございます。
おかげさまで、具体的に建設会社との打ち合わせが進んでおります。
大変参考になりました。
本格的に建てるまではまだ時間がありますが、楽しみながら、勉強していきたいと思います。

お礼日時:2001/06/23 21:13

こんばんは、faceです。



法的なことは良く解らないですが、
住宅金融公庫を使われるのでしたら、
店舗部分は融資対象外と聞いたことがあります。
(未確認情報なので問い合わせてみて下さい)
間違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0

家を建てるための勉強に役立つHPを見つけました.


これから建築会社や役所に行くこともあると思いますが,自分に知識がないと後悔すると思います.
頑張ってくださいね.

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/honki/
    • good
    • 0

unanaさんこんにちは。


すいませんが、もう少し具体的の内容が分からないと
お答えしょうがありませんね(°°;)

「店舗兼用住宅」と「住宅」違いは?と言っても
地域・規模・建物の構造の種類(耐火・準耐火・防火)
等々によって考え方がちがいます。

わたしが思いつく(一般的な)違いは

一種低層住専内で建築できる兼用住宅でしょうか。
(一種低層住専内では原則として店舗等は建てられない)
ただし、非住宅部分の面積が
1.延べ面積の1/2以下、かつ50平米以下
2.非住宅部分の用途 事務所・喫茶店・食堂・理髪店
等々

その他、建築の法規以外にも消防法の規制にも関わることがあります。(これも規模・用途・等によって違う)

兼用住宅って結構面倒なんですよね _(・・;φウッ・・・

この回答への補足

ありがとうございます。
建築については全くのど素人なのものですから、説明不足で申し訳ありません。
100坪の土地がありまして、現在工場になってます。それを潰して店鋪付き住居にしようと思ってます。店鋪内容は母が経営したいといっているブティック系にしたいと思っております。
ちなみに『一種低層住専内』というのはなんでしょう?

補足日時:2001/05/31 18:34
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般的な2階建て木造住宅の2階の床は何キロで抜けるでしょうか?

アイダ設計の木造2階建て住宅に住んでいますが、東日本大震災で震度6強を経験し内壁にヒビが入ったほか、2階部分の床が軋む音がして2階の荷物の重量が気になるようになりました。そもそも、木造2階建て住宅の2階部分の床はどれくらいの重量に耐えられるように設計されているのでしょうか?また、何方か荷物の重量で床(天井)が抜けた方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

建築基準法により、一般的な住居の床の耐荷重は
「1平米あたり180㎏以上の重さに耐えられなければならない」と定められています。
つまり1m角に180kgまでなら確実に大丈夫、大まかに200㎏程度までの重量を想定しているでしょう。
後は部屋の面積と単純計算すれば、大体の耐荷重がわかるかと。
ただし経年劣化・1箇所に荷物を置きすぎたりすれば床が抜けることはありえます。

Qマンション 10階以上 決まり

10階以上のマンションは
外から見て10階以上と分かるように、電気の色や目印を付ける決まりなどはありますか?

Aベストアンサー

建築基準法にはありません。
地方の条例などでは有るかもしれませんが、全ての都市で義務ずけられているものはありません。

Q1階が駐車場で2階から家の場合 壊れやすい?

都心で1階が駐車場で2階から家の場合って
やっぱり耐震的に普通の家より壊れやすいのでしょうか?

中が駐車場で空洞でもあまり変わりはないのでしょうか?

Aベストアンサー

前に書いたとおり、昔はピロティに関する理論が不完全だったので、それに基づいて「しっかり計算」したところで、危険な建物であることに変わりありません。

いまのピロティの基準は、たしか、平成7年阪神淡路地震のあと決められたものだったと思います。たぶん、この基準に従って建てられたものは問題ないでしょう。

Q店舗付き住居購入について

店舗付きの住居を購入して喫茶店を経営しようと思っているのですが、
店舗付き住居のメリット、デメリットなどを教えて頂けますか?

店舗と住居は別々の方がいいのでしょうか?
店舗を借りてまた別に家を持つほどの資金がないのですが…
中古物件を購入し、そのぶん内装に手をかけようとおもっています。
いいアドバイスがあればお願いします。

Aベストアンサー

メリットは、通勤の時間節約です。営業時間外でも接客ができます。そういうイミで経費削減ができます。逆にデメリットは平穏な私生活が守られない、そうしても仕事をしたい場所と巣みたい場所、環境は違います。お店を止めるときはお店だけ貸すという方法もあります。逆に住宅部分だけ貸す方法もあります。賃料収入で住宅ローン等の返済も楽になります。その場合は、店舗と住宅がなかで行き来きできない構造にしたほうがいいです。そこで店舗併用(中で行き来できるタイプ)か完全分離型か選択する必要があります。建物全体を売却する事態になったときは、店舗付住宅は一般に需要が限られるため、売却しにくく、買い叩かれる可能性があります。そのことは担保価値がかかった建築費と比べて低くなることがあります。これは、銀行ローンの借入れにも影響します。住宅だけら、住宅金融公庫で職業等の差別なく借りられますが、店舗部分の建築費と合わせて全額銀行借入れする場合は注意が必要です。もっとも公庫で店舗併用住宅でも住宅部分だけは借りれます。

Q地震の際 木造2階の建物で1階と2階どっちが安全か

一般的な木造2階建て建物について質問します。こうした建物が何らかの損傷を受けるような規模の地震に遭遇した場合、1階に居る場合と2階に居る場合のどちらが、より安全なのでしょうか? 地震の際、とにかく建物の外に出る方が安全とすれば、外階段などを使わずに出ることができる、1階に居た方が出やすいとも思います。しかし2階部分の重量が掛かっている1階の柱や壁などが、2階より先に傾いたり損傷を受ける確率が高いのであれば、1階に居ても外に通じる戸口などが損傷を受ければ外への避難は出来なくなってしまうことも考えられます。 時々TVで放映される木造建物の耐震実験などによる科学的なデータに基づく、この事項についての学説があるのでしょうか? ご回答頂きたくよろしくお願いします。 木造2階立て木造の建物といっても、いろいろな条件などがあろうかと思いますか、ごく一般的な普通の建物に関してで結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学説じゃなく体験した話なので感想として聞いて下さい。

阪神淡路大震災では1階が挫滅した家が圧倒的に多かったです。日本の家屋は古くから災害といえば台風のことを対象に考えて作られてきました。
屋根瓦や屋根自体が風で飛ばないよう重く作られているのでトップヘビーの状態になってます。屋根+2階の重さを支えきれずに1階が崩れおちます。
そのくらいの揺れになると(震度7)立ち上がって脱出することは困難です。揺れがおさまるまでしがみついてるしかありませんので。
揺れがおさまるまで壁や柱が耐えてくれればいいのですが、古い家屋はほぼ全部といっていいくらい潰れました。
まだ起きている時間ならば咄嗟に逃げたりテーブルの下へ潜り込んだりすることも可能かもしれません。しかし、寝ている深夜早朝に被災した場合飛び出す余裕はありません。

また、救出作業では、2階は比較的原型を留めていたことと瓦を剥がせばすぐ部屋に侵入できたので素早く救出することできました。一方、1階は高さ1mくらいまで圧縮された上に2階部分の床が作業の手を阻みました。
大変残念なことですが、長田区近辺では倒壊した家屋の下でまだ生存していただろう人が火に飲まれて亡くなりました。

津知町や清水町など戦後から残っていた古い家屋で、足の悪い年寄は1階で寝ていた為、多くの方が圧死しています。可能な限り2階で寝るほうが安全でしょう。

余談ですが、家じゅうがガラスや食器の破片だらけになりますから、ベッドの近くにスニーカーを用意しておきましょう。
切り傷、釘の踏み抜きなど、日ごろだったら大怪我の部類ですが、非常時にはその程度は怪我の内に入りません。治療は重症患者が優先されますから、避難生活の間、ずっとつらい思いをすることになりますよ。

学説じゃなく体験した話なので感想として聞いて下さい。

阪神淡路大震災では1階が挫滅した家が圧倒的に多かったです。日本の家屋は古くから災害といえば台風のことを対象に考えて作られてきました。
屋根瓦や屋根自体が風で飛ばないよう重く作られているのでトップヘビーの状態になってます。屋根+2階の重さを支えきれずに1階が崩れおちます。
そのくらいの揺れになると(震度7)立ち上がって脱出することは困難です。揺れがおさまるまでしがみついてるしかありませんので。
揺れがおさまるまで壁や柱が耐え...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報