質問ばかりですみません。
株価の決まり方なのですが、たとえば前日終値1300円 気配値 買1500円100000株 売なし?(ディスプレーに0と表示される)となっている時に、成り行きで100株売りに出すと、1500円の値がつくのでしょうか?
毎朝見ていると、そういう風に単純に決まっていないような気がするのですが、
気のせいでしょうか?お願いします。

A 回答 (3件)

株価の直接的な決定要因が、需給関係であることは否定できません。

しかし、需給関係を左右する最も重要な要因は、当該企業の業績あるいは業績を左右しそうなトピックです。新聞などで業績を充分にチェックしてから買えばおそらく損はしないでしょう。

簡単には、買った株価より低い値段で売らなければよいのです。自分の見込みが正しいと思って買うことです。
    • good
    • 0

買い気配値は、買いにいくといくらで買えそうかを示す、売買の目安になる値段ですから、その値段で売れるとは限りません。


取引開始時点で、1200円の買い注文が入ったとして、そこへあなたの成り行き売りが入ると、1200円で売りが成立してしまいます。

株価の決まり方の詳細は、参考URLの「株価の決定」をご覧ください。

参考URL:http://www.irnet.co.jp/kyoshitsu/syokyu/kb003.html
    • good
    • 0

簡単にいうと売買開始時間前の気配値というのは「1500円で100000株 株売ろうかな?」って思っている人がいるよといっているだけで、売買開始が始まる直前に「やっぱや~めた」ということもできるのです。

それに、仮にホントに買う人がいた場合でも、売りたい人の合計株数が100000株を超えていたら全員が1500円で売ることはできません。あくまでも需給のバランスが合った時点で売買が成立します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ