人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

を教えてください

「異音」、「オイル漏れ」、「固着」、「へたり」
これらの言葉を自分なりに調べたのですが、イマイチよくわかりません

「異音」、「オイル漏れ」、「固着」とは何が原因で、車高調のどこから症状が出るのか、その症状によってどういう悪影響が出るのか、
「へたり」とは車高調のどこがへたるのか、なぜそうなってしまうのか、その症状によってどういう悪影響が出るのか、を教えてください

その他、車高調を利用していると出てくるトラブルも何かあれば教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「異音」サス(コイルスプリング)が収縮時に出る音 収縮時にサスが回転するとかが要因


    安物スプリングとか 固すぎるとか 下の受けの形状やアッパーマウントの収まりかな?
    影響 異音で不快で乗ってられない 異音放置で 二次被害トラブルに発展する恐れあり。

「オイル漏れ」 アブソーバー(ダンパー)のロッドとオイルシールの間から漏れる
        ロッドの精度が悪いや オイルシールが安物 新品をオイルシール慣らしをせずいきなり
        急ハンドル フルボトムさせるや 冬時期 オイルシール暖気をしない場合 オイルシール        が暖まらずゴムが馴染まず 抜ける
        安物ロッドで 変形しやすいなどなど
        影響は、アブソーバーの踏ん張り(固さ)が保てすスカスカ コーナーで OUTへ振られ        る 危険で乗ってられません

「固着」車高調アウターシェルにサス(コイルスプリング)の位置を変えるハーフナット2枚あり このナッ    トが有ります 車高調整を行うナットです。
    個々が走行による泥や遺物の附着で 緩まなくなる また 錆で固着や 柔らかい材質でねじ山が
    変形しネジがガジリ回らなくなる


「へたり」とは
     1、サス(コイルスプリング)が弾力が無くなる事 縮を抑える力 縮んだ状態から伸びあがる
       力がなくなる事。 ばねとしての力が弱くなる事!
     2.アブソーバー オイル・ガスが抜けてしまい 踏ん張りが利かなくなる事
       ゆっくり縮み ゆっくり伸びるような役割を担うのがアブソーバー これが ばねだけの様に
       すっと縮み すっと戻るので これまた 乗っていて危険 怖くって乗ってられません。


安物車高調は、形だけが車高調に作り上げただけで 材質も安いものを使用しているので 耐久性が期待できない 高度も考えられておらず 簡単に曲がるや、錆びる、固着する、オイル漏れが起きるなど
一番 アホな点は、車高を落とせるだけで 各車に合わせた足回りとして完成しておらず 正しい脚の動きをしない 危険でスピード出せないなど 安かろー悪かろうの代名詞見たなもの。

車も 足回りについても 詳しくない人は、車高調を付けようなど 考えるものでは有りません。
何か起きても 何がどう悪いか クレームか 製品上しょうがない問題かも判断できず。店とトラブルになるだけ。安易に車高調など 付けるものでは、有りません。ノーマルからチューンダウン 乗り難く 車検に通らないように弄ることになります。
    • good
    • 2

車高調でもノーマルサスでもそのような症状は出ます



構造は同じですからアブソーバーのオイル漏れスプリングのへたりとか異音

走行性能に影響は出ますが一般ドライバーでわかる方は少ないかと

車種とか使用方法でもね

使用目的がなんなのかはっきりしてから取り付けてください
(ノーマルのふわふわが嫌とか車高が高すぎとかね)
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車高調のオイル漏れ

よく分からないのですが車高調のオイル漏れがあるとどういう不具合が
あるのでしょうか?
オイル漏れで走ると良くないでしょうか?
あとよく抜けているやへたっているっていう言葉を聞きますがどういういみでしょうか?

Aベストアンサー

車高調の中のショックアブソーバーは、オイルを小さな穴(オリフィスと言います)に通すことにより、車体が上下する速度を押さえるための物です。
減衰力調整式車高調の場合、この穴の大きさを変えることにより、速さを調整する物です。
そのオイルが漏れていればまともな働きはしてくれません。
つまり、「抜けている」状態ということです。

ショックアブソーバーの無い状態は、バネだけで支えていますから、ビョーンビョーンと、いつまでたっても収まらない、しかも、四輪がそれぞれのタイミングで動くことになります。
このビョーンをスッと納めるのがショックアブソーバーの仕事です。
支える仕事はしていません。 ショックの棒を押さえれば沈みますし、引っ張れば伸びます。手でも出来ますよ。

オイルがオリフィスを通るときに、熱が発生します。
ある程度はオイル自身が吸収し、筒が放熱してくれます。
が、ラリーをやったり、峠を攻めるような走りをした場合、熱が加わりすぎます。
オイルは熱で劣化するので、粘度が下がります。
粘度に頼って調整していたのに、粘度の変化により調整できなくなっている状態がへたっている。です。

オイルが漏れている物は使用不能ですから、オーバーホールに出すか廃棄することになります。

車高調の中のショックアブソーバーは、オイルを小さな穴(オリフィスと言います)に通すことにより、車体が上下する速度を押さえるための物です。
減衰力調整式車高調の場合、この穴の大きさを変えることにより、速さを調整する物です。
そのオイルが漏れていればまともな働きはしてくれません。
つまり、「抜けている」状態ということです。

ショックアブソーバーの無い状態は、バネだけで支えていますから、ビョーンビョーンと、いつまでたっても収まらない、しかも、四輪がそれぞれのタイミングで動くこ...続きを読む

Q車高調の寿命

普通に無茶な走りをしないで使ったときの車高調の寿命ってどれくらいですか?

Aベストアンサー

減衰力を調整できるダンパーの場合、硬い状態で乗り続けた場合と、柔らかい状態で乗っていた場合では相当寿命は違ってきますよ。

街乗りではある程度柔らかく、サーキット等のスポーツ走行をされるときにだけ調整するのが長持ちさせるコツだと思います。

スプリングに関しては、バリアブルレートのものや不等ピッチのものよりは、直巻のものの方が長持ちすると思います。

Qショックやサスのヘタリ具合の判断方法について

標記の質問ですが、どこで判断するのでしょうか?走行中突き上げ感が大きくなったとか?

Aベストアンサー

車重、普段の荷物の積載量などによりけりですが、おおよそ普通に使ってれば7万kmないし、7年程度でショックが抜けて気が付く頃だと思います。

抜け始めを感じたら後は完全に抜けるまで時間の問題です。走行中の突き上げが大きくなる場合、タイヤが原因である事もあります。サイドウォールが硬かったり、扁平率を落とす、空気圧が高いと乗り心地に響きます。

完全に抜けた場合は、車高が落ちるので見た目で判断もつきますね。良く見るのは平成1桁、それも前半だと大抵の車が抜けて車高ぺたぺたになってます。
要はショックが抜ける→スプリングのみで車高維持→スプリングもすぐへたる→ストローク量0ですから一番車が沈んだ状態になります。乗り心地は最悪ですよ。

Qショックの抜けとはどのような症状?

こんばんは。

素人の質問で申し訳ございません。以下2点宜しくお願い致します。

1.車高調などの「抜け」とはスプリングを外してショックを押し込んだときに戻ってこない事を言うのでしょうか?

2.戻ってこない場合、O/Hでの修理は可能なのでしょうか?

以上

Aベストアンサー

1 ショックの「抜け」はスプリングの上下動を抑え込む減衰力が弱ってる症状です。ロッド周辺からオイルが漏れていたりすると目に見えますけど、そこまで行かなくてもガス抜けやオイル劣化などで減衰力が弱るのが「抜け」です。押して戻って来ないのはガスとオイルの併用ショックでは抜けの症状の代表です(ガスが抜けてるのが原因)が、最初からガスの入っていないものは新品だって押しても戻りません。

2 オーバーホールはできるものとできない(メーカーが想定してない)ものがあります。まずはショックの販売元に問い合わせるのがいいでしょう。

Q車高調整をお店で頼むといくら位ですか?

ネジ式の車高調整を入れているのですが、
車高が低く、下をよく擦るので、少し上げようかと思います。
前日、実行したわけですが、パンタジャッキで上げて、
車高調レンチで廻そうと思っても、全然動く気配が感じられません。
車がゆれだして、もしかしたら崩れるかも?と思いました。
ここまで、苦労するなら、お金を出した方がいいな?と思いました。
あるお店で聞いたら、1本2000円、1台8000円と言われました。
妥当な工賃なのでしょうか?
経験談やショップの方ご意見ください。
また、皆さんはどうやって作業していますでしょうか?

足周り装着時にお店に頼んだ以来なにもしていません。

Aベストアンサー

妥当ではないでしょうか

ディーラーとかだと、
大体7000円/1時間/1人の工賃計算になります

頼むか、自分でやるかの目安は
・自分でやったらどのくらい時間がかかるか
・時給7000円(工具使用料、専門知識料含め)をどう感じるか
の2点だと思います

私の場合も#2の方のように
作業の見当がつかない部分は依頼して見せてもらい
以後は自分でやるようにしてます

あと、このサイトでも良く出てきますが
足をいじるなら、車載ジャッキでは危険すぎです
(中断されて正解ですよ)
ガレージジャッキと馬を買いましょう
安物なら5000円もあれば1セット買えます
お金も大事ですが、命はもっと大事です

Q車高調O/Hと使い捨てサス

素朴な疑問ですが、
社外で27万円の車高調を買って、ヘタって来たらオーバーホール。
というのと、
純正のサスで12万円。ヘタると密閉式(?)なので使い捨て。

一回、一回使いすてのサスより、オーバーホールして長く使用できる方が
お得そうに見えるのですが、
やっぱりオーバーホールの回数にも限度があって、
結局は耐久性がなくてお得ではないのでしょうか?
やっぱり、密閉式の方が良いとか、良くないとか、あるんですか?

Aベストアンサー

えーっと・・・
車高調の場合ですと、直巻のスプリングがほとんどですので、
ノーマルのスプリングと比較して、ヘタリが早いものです。
寿命は大体半分ほどだと言われています。

アブソーバについては、シール材が痛んでしまって
中のオイルがにじんで来るまでは大丈夫です。
従って倒立タイプのものは、砂などが付着することが無いため、
正立タイプのものより耐久性に優れていると言えます。
ノーマルのサスペンションの場合、スプリングの寿命は、
だいたい6万kmぐらいだと言われています。

仮に10万kmまでその車に乗ったとして、アブソーバが
無交換で済んだとしても、ノーマルではスプリングの交換が一回、
アライメントの調整が一回は必要となります。

車高調ですとスプリング交換は最低でも3回は必要となります。
スプリングがへたると車高は落ちますので、アライメントは
狂いが生じ、その都度調整する必要があります。

スプリングの値段は一本当たり1万円もしないのが普通です。
従ってノーマルならば10万km乗って、4万円と交換工賃に、
アライメント調整代が2.5万円として、6.5万円ですね。

対する車高調は、スプリングだけで12万円、アライメントを
3回で済ませたとして7.5万円、それにサスペンションの代金
27万円がそのまま加算されますから、合計46.5万円となります。
(ノーマルならば標準装着なので、代金は車両代に含まれます)

つまり10万km乗ったとして、その差額は40万円です。

これ以外に例えばタイヤなどは、固い足回りにすれば
受ける重量がよりダイレクトになりますので、当然ながら、
ノーマルよりも早く磨耗することになります。
4万kmまでもつものが、3万kmで寿命になる可能性があります。

するとタイヤの代金が一回分、余分に必要となります。

要するに、ノーマルをチューニングするということは
そういうことなのです。
掛かる費用を心配されるのでしたら、ノーマルのままで、
乗り続けることが、一番良いということなのです。

えーっと・・・
車高調の場合ですと、直巻のスプリングがほとんどですので、
ノーマルのスプリングと比較して、ヘタリが早いものです。
寿命は大体半分ほどだと言われています。

アブソーバについては、シール材が痛んでしまって
中のオイルがにじんで来るまでは大丈夫です。
従って倒立タイプのものは、砂などが付着することが無いため、
正立タイプのものより耐久性に優れていると言えます。
ノーマルのサスペンションの場合、スプリングの寿命は、
だいたい6万kmぐらいだと言われています。

仮に...続きを読む

Qフロントバンパーの底を擦らないコツ

純正の状態から、フロントを約4cm、リアを約2cmローダウンしております。もちろん、最低地上高は十分に確保できているので、全然ベタベタ状態ではありません。
しかし、先日、社外のフロントバンパーに換えたら純正に比べて、かなフロントバンパーが低くなり、リアよりもフロントを下げているせいもあるのか、底を擦ったり、厚みもないので底を擦ることによって割れたりしそうで不安です。
以前、コンビニやガソリンスタンドなどの道路沿いの店に入る時や踏み切りや平地と坂道の境目でフロントバンパーの底を擦らないコツ(運転の仕方)があると聞いた事があります。ただ、その時は純正のフロントバンパーだったので、特に興味をもっていませんでした。そこで、お聞きしたいのですが、フロントバンパーの底を擦らないコツ(運転の仕方)を教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

1さんのがすべてだと思います。
あと段差、境目はゆっくり進入ですね。こすっても、ダメージが少なかったりします。
後ろの車には迷惑なので、見切りをつけて思い切りも大切ですが・・・。

斜め進入の感覚ですが、バンパーより先にフロントタイヤを出来るだけ早く坂に乗せる事を意識すると良いと思います。

極端な例ですが、段差と平行に進入してからハンドルをめいっぱい切れば
バンパーが段差(坂)に進入すると同時ぐらいにタイヤが段差に乗りますので、バンパーがすぐに持ち上がってかなりの段差(坂)でも擦りません。

直角進入なんかは絶対やっちゃだめですね。(高さによりますけど)
わかりにくい文章ですみません。

Q社外車高調は純正より耐久性に劣るのでしょうか?

社外車高調ですが、オーバーホールがありますよね?
純正はそんなこと聞いたことがないですし(構造的にできない?)、廃車、売るまで交換しませんよね?普通。

ですが社外は2年に一度オーバーホールを推奨していますが(金儲けや、仕様変更など便利な部分もある)、それほど純正に比べ、耐久性が劣るのでしょうか?
できれば少なくとも、10年は放置したいのですが。
外し、取り付け工賃、オーバーホール代がもったいないです。

とりあえず、アラゴスタのオーダーで、車高はノーマル車高発注でお考え下さい。

よろしく願います。

Aベストアンサー

当初の乗り味を求めるのならO/Hや交換が必要であって、そうではないのなら、触らなくて良いです。

どちらにしてもオイル漏れが起これば処置が必要で、純正は出来る事は交換しか無く、社外の場合はO/Hが出来ると言うことになります。

Qダウンサスのみの交換でショックアブソーバーはどうなるの?

レガシーに乗っています。
とりあえず見た目重視でダウンサスに交換しました。
2~3cm程落ちました、やはりゴツゴツした感触が増えました。
 お店の方に「いつかはショックアブソーバーも交換した方が純正のアブソーバをそのまま付けているより乗り心地は良くなるよ」と提案していただき交換するかどうか考えています。
店の人は「純正のアブソーバが一番ソフトでよく動くが、車高を落とした場合は社外品のアブソーバに替える事で安定する」という説明をしていただきました。
素人な考えで申し訳ないのですが『安定する』というのはコーナーなど攻める人向けの言い回しなのでしょうか?
それとも一般的な運転をする人にとっても良い影響がでる言い回しも入っているのでしょうか?例えば車高に合わせたアブソーバに替えることで何らか影響があるとか??もしくは純正よりもっとソフトなアブソーバがあったりするのかな?
家族を乗せて運転する機会があるので少しでも家族には負担を減らしてやりたいのですが・・・

Aベストアンサー

販売店でお聞きになった≪安定する≫というお話ですが、攻める
攻めないの話とは違います。

スプリングは車の傾きの量を規定し、ダンパーはその連続的な動
きを規制する為のものです。純正ダンパーはメーカーが開発段階
で全長やレートを決めています。という事は、ローダウン専用の
スプリングを装着した場合、メーカーが設計時に想定した値から
逸脱するという事です。

文面からの印象ですと、ローダウンスプリングの装着によってロ
ールセンターの位置がずれてしまう為、却ってロールが大きくな
り、結果的に安定性を欠くという結果になったと考えられます。
これは本来の性能を損なうことになります。

車高調整式のサスペンションキットは、車高を落とす事が第一目
的ではありません。あれはあくまで結果論です。本来、車高調整
キットの目的は、多くの種類のスプリングを装着する事が可能に
なるので、セッティング幅が広がるということです。その場合、
ダンパーの硬さは一種類という訳はありませんで、その傾向に合
わせて仕様変更が必須になります。

私も少し競技をかじっていた経験がありますが、その際は目的毎
にダンパーを用意していました。

さて、乗り心地の話ですが、正直申し上げて純正スプリング/ダ
ンパー以上の乗り心地と操縦性のバランスを実現できるセットは
無いと思います。純正品は舗装路だけでなく、不整路面も想定に
入れて充分なテストを行なっていますので、耐久性とクオリティ
は折り紙つきです。ローダウンを目的にした社外ダンパーは、そ
こまでの想定がされていません。

ビルシュタインなどの車高調整キットの中には、比較的乗り心地
の良いものもありますが、それでも何処かに芯が残ったような硬
さは感じられます。一番バランスが良いのは、やはり純正の足回
りということになるでしょうね。

販売店でお聞きになった≪安定する≫というお話ですが、攻める
攻めないの話とは違います。

スプリングは車の傾きの量を規定し、ダンパーはその連続的な動
きを規制する為のものです。純正ダンパーはメーカーが開発段階
で全長やレートを決めています。という事は、ローダウン専用の
スプリングを装着した場合、メーカーが設計時に想定した値から
逸脱するという事です。

文面からの印象ですと、ローダウンスプリングの装着によってロ
ールセンターの位置がずれてしまう為、却ってロールが大きくな
り...続きを読む

Q車高調、ショックの底突き

車高調付の中古車を購入したのですが、とある都合で購入したショップで車高をあげてもらいました。そのときに、『あまり上げると底突きしますよ』と仰ってました。そのときはそうなのかと思ってましたが最近ネットで調べていると、車高を落とすと底突きの危険があるとあり、混乱しています。上げすぎても下げすぎてもダメということなのですか?ショックの役割はわかっていても構造が理解できてなくチンプンカンプンです。
どうかご教授ください。

あと、確かにきつい段差で底突きするので減衰力を調整してみたのですが、変わった気がしません。ダイヤルをカチッで一段ですよね?左に25段?ほど回してみたのですが…そもそもそんなに段があるのかどうか…ショックが抜けてるのかとも思いましたが、走行中特にそんな挙動も感じられません(鈍感なだけ?)。なにか間違っているのでしょうか…。

長くなりましたが詳しい方おられましたら宜しくお願いします。
なにかあれば補足します。
ちなみに車はスイフトスポーツ(HT81S)、スズキスポーツの車高調です。

Aベストアンサー

ネジ式車高調ですか。全長式ですか。

全長式だとショックのストロークがかわらないので、ショップの言葉バからしてたぶんネジ式かと思いますが、普通上げたら底付きはしにくくなります。
底付きはショックが縮みきってバンプラバーにショックの端っこがぶつかる現象です。
車高調を車体に取り付けると一定の沈み込みがあります。そこから底付きまでが縮み側ストローク、逆に伸びきるまでが伸び側ストロークになります。上げると伸び側が少なくなるので、上げすぎると伸びきりが早くなって車体に衝撃が来ることがあります。たぶん段差で底付きと感じるのはそれではないでしょうか。

減衰調整は、普通右に回すと強くなります。一度右に回しきって、そこから何段戻しなどと言います。硬いバネの場合は、弱くしすぎるとかえって乗り心地が悪く感じることもあります。車高を今の位置で決めたらあとはショックの調整しかないですが、いろいろ変えてみてだめならスプリングを交換する手もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報