忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

A ベストアンサーの選択が完了しました

B ベストアンサーの選択が完了されました

 Bは不自然です、単語の“完了”は受身形がないというわけですか?

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず「完了」単独ならこれは名詞なので、「受身形」も何もありません。

質問自体が「不自然です」。
「完了する」なら動詞ですから、これに受け身を意味する助動詞「れる」をつければ「受身形」にはなります。
しかし「受身形」というのは基本的に「AがBを○○する」という表現をBを主語として「BがAに○○される」と言い換えるものなので、いわゆる目的語のない「Aが○○する」という表現には「受身形」はありません。「僕は毎日千メートル泳ぐ」を「受身形」にはできないでしょう。「泳がれる」なんて変ですよね。
例文Aの場合、「完了する」は「終わる」というような意味で用いられているのでしょう。だとしたら目的語が考えられないので「受身形」もないだろうということになります。
これが「山田さんがベストアンサーの選択を完了しました」であれば、「完了する」は「終える」という意味で用いられているので、「ベストアンサーの選択は山田さんによって完了された」という文は考えられます。例文Bの場合、このような「受身形」の主語が省略されたものであると考えられないこともありません。ただ日本語ではこのような「受身形」の表現は一般的ではないので、やはりどこか不自然な印象を持たれてしまいそうです。英文の直訳のようですね。

まとめると
「完了」には「受身形」はない。
「完了する」を「終わる」という意味で用いる場合、「受身形」はない。
「完了する」を「終える」という意味で用いる場合、「受身形」はあるが、不自然な印象を与えることが多そうだ。
となります。
    • good
    • 0

A ベストアンサーの選択が完了しました


質問1つに対する複数の回答から選択の時は、「完了」は使いません(私なら)、「選択した」ですなわち完了です。
複数(相当数)の質問に対する多数の回答から、それぞれ選択したなら、「完了」もありです。
>完了される
品詞に分解すると?、完了=名詞、さ=動詞、れる=助動詞
助動詞や助詞に至っては、助、がつくように単独では特定の意味を持ちません、その前の言葉、さらには文章の主語にもよるかも知れません、文法というより、もはや感性の世界と思っています。
例 洗濯するタライの前にチョウチョが1匹、2匹、師匠いわく、そのチョウは死んでいるのか?。
師匠が訂正すると、洗濯するタライの前をチョウチョが1匹、2匹、文法的なことは分かりませんが違いは十分に分かります。
助動詞、れる・られる、には、使役・受け身・可能・尊敬?謙譲の意味があります、そのため、その前にある言葉、さらには主語等によっては、いかようにも変身します。
したがって、受け身がないのか?、ではなく「完了」という言葉に受け身の表現が必要か?だと思います。
    • good
    • 0

感性の範囲になるのかな。


実現されました、は在りのような気もします。
逆に、受身形がないといけないのか?、という疑問が生じます。
必要のない動詞があってもおかしくない?。
例 居る、居さされる(受身?)、ほかの表現で伝えることが多いのでは?。
言葉は他人に何かを伝える手段であるのが第一では?。
    • good
    • 0

鋭いところを突いていると思います。



この場合の「完了する」は自動詞です。目的語を持ちません。ですから、受身形があるはずはありません。

しかしながら一方で、「完了する」は他動詞としても使えると思います。例えば
 「彼は、任務を完了した」
この目的語は「任務」です。つまりこの「任務」を主体にすれば、自動的に「完了する」が受身の形になるはずです。
 「任務は完了された」
・・・あれ? これはちょっと不自然です。それなら
 「任務は完了した」
と言う方が自然ですよね。つまり、こういった場合は自動詞としての「完了する」になってしまうのです。


「完了する」を受身にしなければならなくなると、自動詞としての「完了する」になってしまう。・・・ということで、「受身形が無い」というのも遠からずだと思います。無いというよりも、「慣習として、使う機会が無い」ということかもしれません。
勿論「任務が完了された」等としても、誤りとはいえないと思います。場合によってはもしかしたら使われる機会もあるかもしれません。(すみません、自分は例が思いつきません。)
    • good
    • 0

あっても良いと思う。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング