旅人が教える「旅に出たくなる映画」

一年前に母が亡くなりました。母名義の預金がゆうちょに数口残ったままです。

口座は本人死亡で停止されてます。

父は在命なのですが 数日前に意識不明になりました。母の遺産手続きは何にもしていないようです。

これから起こることを予想すると かなりの出費になりそうなので。。。。。

父が亡くなる前に、母の遺産のお金を息子の私が 貰うことはできないでしょうか?

ちなみに わたし息子は一人っ子(配偶者有り)、母父は兄弟有りです。

残高、通帳、印鑑はわかります。

親とは完全別居しています。

相続の問題、金融機関の対応の問題と、ふたつあると思うのですがアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まずは相続の問題ですが,


ご両親には直系卑属のあなたがいるので,
遺言でもない限り,ご両親の兄弟には相続権はありません。

ただ,だからといってあなたが勝手にしていい訳でもありません。
今はまだ,あなたのものと決まったわけではないのですから。

まずはお母さんの遺産ですが,
遺言がないようですので,お父さんとあなたには相続権があります。
が,ここで安心はできません。
僕の経験からすると,扱った相続の1500件に1件ぐらいかな,
被相続人の身近にいた相続人の知らない相続人が出てくることがあるんです。
両親の一方に前配偶者との間の子がいたとか,
若い頃に養子をもらっていたことがあったとか。
ですので遺産に手をつける前に,必ずこの確認はしておくべきだと思います。
でないとこういう相続人が出てきたときに,
遺産を不当に隠したなどと言われ争いになることもあり得ます。

それを確認するためと金融機関の手続きに使うために,
お母さんの出生から死亡にいたるまでの戸籍謄本一式を取得します。
現在の戸籍謄本だけでなく,両親の結婚前の除籍謄本や改製原戸籍謄本等もです。
他には相続人の戸籍謄本も必要なはずですが,
お父さんはお母さんと同じ戸籍になっているはずなので別途用意不要で,
あとはあなたの戸籍謄本を用意すればいいはずです。
とりあえずここで他に相続人がいるかどうかは判明するでしょう。
いないことがわかったらこの先を安心して進められます。

他には相続人全員の印鑑証明書が必要になると思うのですが,
金融機関によって他にも必要な書類があるかもしれないので,
それは金融機関に問い合わせてみてください。
金融機関の定める書類に相続人が記名押印をすることになると思いますので,
必要書類を教えてもらうついでにその用紙ももらってくるといいでしょう。
お母さんの預金をあなたのものにするには,お父さんの承諾が必要になります。
本来的には遺産分割協議によるのですが,
金融機関は,専用の書式に記入して欲しいと言うかもしれません。
金融機関に方法を確認してください。
そういった書類をそろえて手続きし,
払い戻しを受けるか名義変更を終えたら預貯金は使用可能になります。

そういった正規の手続きをせずして払い戻しをすることはできませんので,
(やっちゃうような金融機関は預金者の権利を軽んじており危険です)
お金が必要であるならば,早めに手続きを進めていくべきだと思います。

なお,相続の問題に相続税の問題を含めて考えられている場合には,
遺産の総額等が関係してくるので書かれた情報からは判断できません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

専門家の方でしょうか。

詳しいアドバイスありがとうございます。

ひとつひとつクリアできたらと思います。

お礼日時:2013/11/15 16:34

回答4に家庭裁判所で手続きとあるけど、一人っ子なので特に必要ないのでは?


口座を誰が凍結したのか、貴方では?とありますが死亡届けを提出すれば役所から各金融機関に連絡が行き口座を凍結されます。個人が凍結するわけではないです。
死亡診断書を役所に提出する前に2枚くらいコピーをして持っててください。それが証明書になり、再発行はされませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りだと思います。

何番さんだったか あなたでしょう は実に不愉快この上なし!!!!!

困っているんです。ちょっと人情の機微に欠けます。

物知りだけでは この世はつまづきますよ。

ありがとうございます。

お礼日時:2013/11/19 21:22

ゆうちょに相談すれば、父と貴方に、母の遺産のお金を渡してくれます。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/11/19 11:19

本筋なら、お父さんの成年後見人を建て、お母さんの遺産相続をするんでしょう。

最寄りの家庭裁判所で、あなたが手続をすればいいだけです。
お母さんの口座は本当に凍結されているのかな。お母さんがなくなられても、今は知るすべはないよ。私は、簡保の保険の手続きをしたけど、郵貯に情報を流しちゃいないって釘を刺したら、凍結はされなかったけどね。
凍結するってことは、遺産相続を全うにするってのが前提ですよね。お父さんは、数日後にそんな状態になったのなら、だれが郵貯に対して手続きをしたんですかね。あなたしかいないでしょうね。民間の郵貯銀行が自動的に預金者の死亡を知ることはないです。
厳密に言っちゃえば、違法なんだろうけど、死亡した人の預金をカードで下すってのはよくある話だよ。身内の間ってことで、罪には問われないからね。通帳で、お母さんを語って卸すのは、進めないよ。回答を削除されちゃうからね。親子の間なら、盗んだって、盗まれた側が訴えないと、処罰されないからね。
前の方が言われていることだけど、メンドクサイけど、相続人の確定っていこだけど、お母さんの戸籍謄本は郵送で手に入ります。戸籍の記載方法を勝手に変えたから、原戸籍も必要でしょう。お母さんの謄本は、あなたの生まれた時までは、簡単に取れるよね。あなたを生んだときのお母さんの戸籍謄本と同じです。そこに、前の戸籍ってあるから、その地方自治体に郵送で送ってもらうように手続きをすればいいだけです。別に、あなたの続柄を証明するものをもって、そこに言って手続きをすれば早いけどね。
これも、本人の意思じゃないから、違法なんだろうな。お父さんの戸籍謄本なんて、もっと簡単です。生きてるんだから、本人確認の健康保険所の写しと、申請書を送れば、郵送してくれます。本人の住民とうめくしてるところに送るんだから、本人確認手ことに反なるんでしょう。お父さんはまだ死んでないっていかもしれないけど、相続にかかる戸籍謄本は、期限の定めはありません。
それから、お母さんの預金は、本当にお母さんのものなのかな。お母さんは、収入が過去にあったのかな。いや、男のほうが先に死ぬからなんて理由で、預金名義だけは奥さんのものだけど、実はお父さんのものとして相続税を払うってのはあるけどね。
相続税を払わない範囲の相続なんて簡単なものです。成年後見人の手続きも、自分でできます。金を出して、それなりの仕事をしてるとこに頼むなら、我慢したほうがいいかもしれません。だって、お父さんだって、それなりの資産あるんでしょう。それを使い切るのが先だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

母名義の口座は間違いなく 凍結されてます。

父が手続きをしかけていたのですが、どうにも降りなくて 弱っていました。詳しい内容は分かりません。

市の困りごと相談に行っていた記述が残されているだけなんです。 

田舎のちっぽけな家なので 相続額は5000万もいきません。

父が亡くなる前に実行すべきなのかが 迷うところなんです。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/19 11:18

>父が亡くなる前に、母の遺産のお金を息子の私が 貰うことはできないでしょうか?


できます。
ただし、お父様と貴方のや記名押印した書類やお母様の除籍謄本などが必要になります。
ただ、お父様が意識不明だと、印鑑がもらえないですよね。
いずれにしろ、「相続の申出」をゆうちょの窓口にする必要があるのでそこで相談されることをおすすめします。

参考
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tetuzuki/s …

なお、相続人はお父様と貴方の2人です。
お母様の兄弟は相続人ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゆうちょの流れの資料もありがとうございます。

すぐに 窓口へ行ってみます。

お礼日時:2013/11/15 16:40

法律的なことはわかりませんが全て期限があるので早く手続きをするべきです。

私も母親が亡くなった時、死亡診断書のコピー、父親が痴呆であることを説明したうえで手続きをしました。必要な物は金融機関によって違うので聞いてください。父親の預金は生存してるうちにおろした方が良いでしょう。残高千円以下にしておけば死亡後手続きなしで解約できます。相続税は5千万円以上だと手続きが必要です。母親と父親の両方を同一年で相続する可能性もありますね。とにかく、郵便局で話しをしてください。父母の兄弟は関係ないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

体験談参考になります。

兄弟がいないもので 相談する身内が妻しかいないもので 良く分からない事だらけです。

お礼日時:2013/11/15 16:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母が死亡した後に母名義の口座からおろす

自分の母が亡くなってしまい、まだお金がいくらか入っている
口座を発見しました。口座を凍結したあとになかなか手間がかかる
と聞き、なんとかできないものかと考えています。
そこでお伺いしたいのですが、
1.私に母が死亡したこと銀行側に告げる義務はあるのか
2.もし、告げずにすむのであればそのまま代理人としてお金を
 おろすことは法的にまずくないのか

この2点を教えてください

Aベストアンサー

質問者様の家族構成(ご兄弟)が不明ですが、告げずにおろすことは、
あとで問題になりえます。
相続にはルールがあり、銀行はお母様の残された預金を、お母様の戸籍を生前までさかのぼり(戸籍のさかのぼりと言います)、ご遺族の方に適正な割合で受け渡す義務があります。相続放棄される相続人がいなければ法定割合(配偶者、子、、、)に則ります。告げずにおろすということは、この前提を反故にすることです。
 また、死亡後に預金を引き出し、後日正式に相続手続きするとなると、預金の引き出しも考慮の上、銀行は処理しますので余計話が難しくなります。法律に則った相続をすれば相続人全員も納得しやすいでしょうが、独り占め行為は長い目で大きなシコリを残しかねません。金額の大小に関わらず相続で不和がおこる話をよく聞きます。

 銀行の相続は決して面倒ではありません。必要な書類を揃えて提出すれば一週間もあれば終わります。
 お母様のご供養のためにも、ご心労の中で且つお忙しいと思いますが、然るべき正しい相続をされることをお勧めします。

Q母死亡後、金融機関に対して行なうべきことは

お世話になります

すでに締切させて頂いた
前出の「世帯主変更届けについて」
「遺族年金について」で質問させて
頂いた者ですが、再再度失礼致します。

質問タイトルの件で、
昨年28日に亡くなった母の法定相続人は兄と私
になるのですが、亡母と私は関東在住で兄は関西在住のため、
葬儀で帰省している兄はもうそれ程長く(1/8日位まで?)地元に居られない状況で、こちらに居られる間に最低限の事は二人で行ないたいと
考えております。(喪主は長男の兄です)

一つは掛かった葬儀費用を支払うために、凍結されていると思われる、亡母名義の複数の金融機関の預金口座から最低限必要なお金を引出したいです。
(母が亡くなった直後に××万円は引出せました)

質問としまして
(1)一般的な話で構わないのですが、
 このような状況で、どのような段取りで金融機関に対して動けば
 宜しいでしょうか。 勉強はしたのですが、断片的にしか分らず、
 流れが今一つわかりません。
 (補足としまして兄は実印と印鑑証明は持参していません。)

(2)過去の質問に、「とりあえず相続代表者をたてれば分割確定まで
 口座の名義変更はできないが、引出しは出来る」とあったのですが、

☆分割協議前に口座から現金を出せたとして、分割協議の際などに、  使い道をどのように管理(証明?)すれば良いのでしょうか。

☆例えば、財産分割の前に取りあえず、相続代表者をたてて、預貯金を 全額引き出したとしたら、この資産の所有権?はどのようになるので しょうか?(その後の遺産分割協議上の手続き方法は?)

このような経験は初めてで、一昨日から調べはじめたばかりで、
恐らく見当違いな事を書いているかもしれませんので、
直接質問させて頂いたほかに、重要な事項等あれば教えていただければ
有難いです。
宜しくお願い致します。

 




 

お世話になります

すでに締切させて頂いた
前出の「世帯主変更届けについて」
「遺族年金について」で質問させて
頂いた者ですが、再再度失礼致します。

質問タイトルの件で、
昨年28日に亡くなった母の法定相続人は兄と私
になるのですが、亡母と私は関東在住で兄は関西在住のため、
葬儀で帰省している兄はもうそれ程長く(1/8日位まで?)地元に居られない状況で、こちらに居られる間に最低限の事は二人で行ないたいと
考えております。(喪主は長男の兄です)

一つは掛かった葬儀費用を支払う...続きを読む

Aベストアンサー

まずは
お母さまのご逝去にお悔やみを申し上げます。

金融機関に勤務しています。
また、私自身、ここ数年で3人の同居家族を送っており、その手続きをいろいろとしてきましたので、その立場からもアドヴァイスをさせていただきます。

口座名義人死亡による『相続』の手続きは、本当に金融機関によって異なるんです。
提出する書類の様式が異なるのは当然のこととして、必要な書類も違っていたりするんですよ。
できれば、死亡届を役所に提出する前にコピーされておかれたらよかったのですが…。
死亡の事実を確認するために、死亡診断書を必要とする金融機関が多いんですよ(私の勤務先もそうです)。
そうでないと、死亡を確認した医者に再度死亡診断書を作成してもらわなければならず、その手数料が数千円かかるので(利用していた金融機関の数が多ければ、場合によっては、その金融機関の数だけ死亡診断書が必要になります)。

『相続』の手続き以前に、
> 亡母名義の複数の金融機関の預金口座から最低限必要なお金を引出したいです。(母が亡くなった直後に××万円は引出せました)
ですが、『実際には』、金融機関に死亡の届出をしておらず、お金を引き出す対象が普通預貯金口座で、キャッシュカードと暗証番号が分かれば、「ATMを使って」お金を引き出すことが可能です。
なぜならば、役所に死亡届を出したからといって、即金融機関にその旨が連絡され、口座が凍結される…ということはないからです。
金融機関の窓口で、正直に「母が亡くなったので…。」と言ってしまうと、その時点で口座は凍結されますが。

ですから、キャッシュカードと暗証番号で対応できるものは、できる限りそれで出金してしまうのがよろしいでしょう。
ただし、現在はATMを利用して1日に取引できる額に上限が設定されていますので、1金融機関について50万円が限界になるかもしれません。
何日間も毎日毎日上限額まで出金していれば、当然、金融機関は怪しみますので。
また、この方法で出金が可能なことは多いですが、金融機関が新聞の死亡広告などから情報を得て、口座を凍結している可能性がないこともありません。
キャッシュカードがない定期預金などは、窓口でしか対応ができませんので、『相続』の手続きを取らない限り出金は不可能だと思っていただいていいです。

さらに、相続のことを申し上げれば、お母さまの被相続財産は、死亡時点の残高が対象となります。
これは後日でも取ることができますが、「お母さまの死亡時点の預貯金の『残高証明書』」を取得してください(有料)。
そして、葬儀にかかった費用は、相続税の課税対象から除かれますので、葬儀会社の領収書など、葬儀にかかった費用などの明細は全て保管してください。

金融機関への口座名義人死亡による『相続』の手続きについては、最初に申し上げましたとおり、本当に金融機関によって異なります。
それぞれの金融機関の窓口に出向かれて指示を受けられるのが一番です。
ですが、公的証明等の取得は結構費用がかかります。
法定相続人に関してもいろいろと必要な書類がありますが、被相続人(お母さま)に関しても必要な書類が多いです。
それが結構高いので、金融機関の窓口で必要書類を尋ねるとき「それはコピーでもいいですか?」と聞いてください。
「原本を持ってきてくだされば、こちらでコピーさせていただきます。」と言ってもらえる場合は、できるだけ、それで対応してもらった方が費用が安くて済みます。
ただ、お兄さまの実印の押印を必要とする書類、印鑑証明書が必要となる手続きは多いので、実印も印鑑証明書もご持参でなければ、この休暇のうちに全てを行ってしまうのは難しいです。
金融機関における相続の手続きは、「いつまでにしなければならない」ということはありませんが、合計何通の印鑑証明書が必要となるのかは、次の法要までに分かっているといいのではないかと思います。

> (2)過去の質問に、「とりあえず相続代表者をたてれば分割確定まで口座の名義変更はできないが、引出しは出来る」とあったのですが、
> ☆分割協議前に口座から現金を出せたとして、分割協議の際などに、使い道をどのように管理(証明?)すれば良いのでしょうか。
> ☆例えば、財産分割の前に取りあえず、相続代表者をたてて、預貯金を全額引き出したとしたら、この資産の所有権?はどのようになるのでしょうか?(その後の遺産分割協議上の手続き方法は?)
遺言がない場合、所有権は、法定相続人全員の共有ということになります。
所有権が移転する訳ではなく、代表者が他の共同相続人から『管理』を依頼されている…ということに過ぎません。
ですから、管理の開始から終了(=相続の確定)まで、資金の動向を明確にしなければなりません。
共同相続人全員が認める支出明細を作り、資金管理をしなければなりませんので、結構面倒ですよ。
ただ、この方法を取っている金融機関は少ないと思います。
先ほども書きましたように、金融機関における相続の手続きは、「いつまでにしなければならない」ということがありませんので。
お金が必要なのは、相続人の都合なので、それならば、さっさと『遺産分割協議』をし、『遺産分割協議書』ほかの必要書類を持って『相続』の手続きをしてくれればいい…ということになると思います。
私の家族のときも、「何しろ相続手続きを取ってくれ」という金融機関が多かったそうですから。
共同相続人の代表者を立てる方法を取ることができたとしても、結局、お母さまの全戸籍やお兄さまの署名捺印と印鑑証明書が必要になってきますからね。

#3さんが触れていらっしゃる『香典返し』分ですが、ご懸念のとおり『葬儀費用』とは認められません。

まずは
お母さまのご逝去にお悔やみを申し上げます。

金融機関に勤務しています。
また、私自身、ここ数年で3人の同居家族を送っており、その手続きをいろいろとしてきましたので、その立場からもアドヴァイスをさせていただきます。

口座名義人死亡による『相続』の手続きは、本当に金融機関によって異なるんです。
提出する書類の様式が異なるのは当然のこととして、必要な書類も違っていたりするんですよ。
できれば、死亡届を役所に提出する前にコピーされておかれたらよかったのですが…。
死亡の...続きを読む

Q親の貯金の相続

よくわからないので質問させてください。自分の母親は入院していて、余命はもうあまり長くない状態です。入院費のことがあるので、母親の口座は自分が管理することになりました(もちろん母親本人の了解の上です)。不謹慎な話ですが、葬儀代のことを考えて今のうちにまとまった金額を下ろすのは(場合によっては全額)まずいでしょうか? 税務署から指摘されそうな気がして‥‥‥ 亡くなった後は故人の口座は凍結されるのは知ってるのですが。父親は特養老人ホームに入っています。自分の兄弟は、姉が一人います。

Aベストアンサー

税務署に目をつけられるかどうかは相続税の申告義務があるかないかで変わることですので、ここでは置いておきます。

母の口座から現金を下ろす行為は委任を受けての行為ですから、贈与行為ではありません。
ここで、注意すべき点は、母から委任を受けての行為なのか、母から貰ったのかが他人からは分からないことです。
この他人には税務署長も含まれます。
税務署長は課税権をもってますので、当然に「それは贈与ではないのか?」という見解を示す可能性があります。
これに対抗するには「贈与ではない」とする根拠を示す必要があります。

「母から委任を受けました」と百万回言ってもしょうがありません。
委任状を残すのが一番です。
引き下ろした現金の管理を委任するという文面です。贈与ではありませんので、あなたが私的に使うのはアウトです。
これを示すには、いついくら降ろしたのか、そのうちいくらを何に使用したのか、手元にある現金はいくらかを示せるように、記録をとることです。

姉から「あんたは、自分の小遣いに使ってしまってるんだろ!」と仮に疑われても、これを示すことで解決します。

一部降ろしても全額下ろしても「母からの委任の範囲」ならかまいません。

なお、母上が亡くなられた際には、そのお金は「母のもの」ですから、相続財産になります。

おっしゃるように、死亡とともにそれを知った金融機関は口座凍結をします。
引きろすには相続人の証明と、その相続人全員の承諾書が必要になり、けっこう面倒です。
なにより「葬式代がない!」状態に陥りますので、わかってる方は、生前に現金化することは一般的になってます。
一般的になってるので、その帰属はどうでもよいことにはなりません。
既述のように「贈与行為があったのではないか」「長男が母の金を勝手に使ってしまってる」という声が出るのです。
前者は税務署、後者は親族、特に相続人からです。

つまり「母の金を預ってる」事を、はっきりとさせておき、決して自分の小遣いに使ってないことを示せるようにしておくのがベストだということになります。

ちなみに、母の預金を全部下ろして、姉と弟で半分ずつに分けたという状態は、現金の管理を委任されたというよりも「生前贈与」にあたりますので要注意です。

税務署に目をつけられるかどうかは相続税の申告義務があるかないかで変わることですので、ここでは置いておきます。

母の口座から現金を下ろす行為は委任を受けての行為ですから、贈与行為ではありません。
ここで、注意すべき点は、母から委任を受けての行為なのか、母から貰ったのかが他人からは分からないことです。
この他人には税務署長も含まれます。
税務署長は課税権をもってますので、当然に「それは贈与ではないのか?」という見解を示す可能性があります。
これに対抗するには「贈与ではない」とする...続きを読む

Q親の口座からのお金の移動は可能?

そろそろ老化が進んできている親の預金が気になりまして、親の同意、立会いのもとに、生前に親と同じ銀行に自分の口座を持ち、親のカードで少しずつお金を移動できないかと考えているのですが、このようなことは可能でしょうか。また、その際に移動後の預金の一部を子供の学資などに使用することは問題あるでしょうか。

Aベストアンサー

>このようなことは可能でしょうか。

親が未だ自分の意思表示が出来る状態だと、可能です。
親からの「贈与」となります。

>移動後の預金の一部を子供の学資などに使用することは問題あるでしょうか。

親からの贈与を受けたお金は、贈与を受けた者(質問者さま)が自由に利用する事が出来ます。

余談ですが・・・。
相続時精算課税の特例による贈与。
65才以上の親から20才以上の子供へ、2500万円までの贈与を非課税にできます。
但し、親の死亡による相続の時に「相続税として支払」ます。
通常は、毎年110万円以下だと贈与税は発生しません。

Q親名義の預金の引き出しについて

よく親が亡くなった時、親名義の預金口座からお金を下ろすのに苦労した話を聞きます。

銀行からすれば、全相続人を確認せず後から文句言われたり訴えられるのを防ぐため
仕方ないのかもしれないけど、面倒ですね。

私は両親ともまだ健在ですが、いずれは来ることなので気になります。一人っ子なので、両親とも亡くなった時は相続人は私だけですので、簡単かなと思ってました。だけど、新聞を見たら同じようなケースで、「亡くなった母親が結婚する前に子供を生んでいた可能性もある」と銀行から言われ、相続人が他にいないか確認を求められたそうです。ずいぶん、失礼なこというんですね。そんなこと言われたら、窓口で切れそうです。

危なくなったら、早めに下ろしておくというのもよく聞きます。まあ、やましいことは何もないので正々堂々やるつもりですが、実際、私のような場合、どうなるんでしょうか。最低でも、戸籍謄本、印鑑証明で相続人であることの確認が必要らしいですが、詳しいかたお教えください。

Aベストアンサー

お母様だけではなく、お父様も他に子供がいない証明が必要です。

お母様と違って認知している可能性もあるからです。

さらには、一生のどこかで養子などになっていれば一層ややこうしいことになります。
実のご両親にも相続権がありますから。

「そのようなことはない」証拠として、一生の転籍分の戸籍謄本、除籍謄本が必要です。

Q他界した母名義の定期預金通帳が出てきたのですが、名義変更はどのようにすればいいでしょうか

一昨年(2006年)母が亡くなったのですが、母の荷物を整理していたら母名義の定期預金通帳が出てきました。
父はまだ健在ですので、一旦、父名義にしようと思ったのですが、父が自分が亡くなった時、又、名義変更しないといけないので、息子である私の名義に変更した方がいいのではと言いました。
息子である私に名義変更した場合、相続税がかかると思われるので、父名義に変更したあと、私の口座を開設してそちらに移せば相続税もかからずいいのではと思いますが、そういうことは出来るのでしょうか。
ちなみに、預金額は100万です。
何か良い方法がありましたら、ご教授下さい。

Aベストアンサー

お父さんと母の子供全員で「遺産分割協議書」というのを作成し全員の実印を捺印して印鑑証明を添付し、その協議書のなかでその定期預金は誰の名義にする(相続する)と記載してください。
あと必要書類として、お母様の最低でも10歳程度以上の戸籍全部(除籍となったものも含む)を役所で取り寄せます。

銀行に持って行き、手続きします。

名義はご質問者がもらうのであれば直接ご質問者名義にしてください。
存命であるお父様経由では贈与税の対象となります。ただ100万なら非課税範囲ですが。

相続税は、もし課税となるならばお母様がなくなったときに申告手続きしていなければいけないものです。でも相続税は非課税枠が大きいですから(基礎控除で5000万、仮にお父様とご質問者のみが相続人としても7000万まで非課税)、お母様の遺産がそんなにあるのでなければ関係ありません。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む

Q死亡した母の預金口座がわからない場合

先日母が亡くなりましたが、預金がかなりあるはずなのに郵便局の普通口座に葬儀代くらいしか出てきませんでした。これは、亡くなりそうだという事で急いで引き出した物で、亡くなってから調べるには除籍謄本やら、相続人の戸籍謄本やら、印鑑証明やらを提示するように言われ、やみくもに片っ端から銀行を調べる為に揃えるには気力もなく父はかなり疲れています。母は亡くなる1年ほど前から、肝臓からくる脳症で妄想を見たりしてお金に執着するようになり、全部隠すように持っていました。死んでも父には絶対渡さないという態度で、ガンだとわかってからは印鑑を替えたりと特にひどかったのです。通帳は一切出て来ず、普通預金のキャッシュカードだけが残りました。お墓や供養にお金がかかり、年金生活の父があまりに可哀相です。どこに口座を持っていたか調べる何か良い方法がありましたらどうぞ教えてください。

Aベストアンサー

再度登場です。

万が一貸し金庫を借りていた場合、年一回貸し金庫手数料の決済が大抵4月
にあります。その決済の時に領収書を発行して借りている人に送りますので
その時にもしかしたら判るかもしれませんね。

やっぱり金融機関では書類が揃っていて状況確認が出来てからでないと動い
くれませんね。トラブル防止の為なので仕方ないのですが....

大変ですね。早く解決出来る事、祈ってます。

Q亡くなった父名義の銀行口座→母名義に、これは相続?

先日父がなくなり、父名義の銀行口座などを母の名義に変更したいのですが、名義変更=相続になるのでしょうか?

相続人は母、娘2人(姉・私)ですが、
生活に必要な公共料金などの引き落としに使っている口座などを含め、貯金などはすべて書類などがそろい次第、父→母名義に変更したいと思っています。

自宅などの不動産を含め相続については、四十九日を無事に終えて落ち着いてから、改めて家族で相談しようと思っているのですが、母に付き添い妹の私が名義の変更をしてしまい後から面倒なことになるのでは??と急に不安になってしまいました。

・母も私も姉が欲しいといえば姉の分は渡す気持ちがある

・妹の私が母と名義の変更をするのは、私の嫁ぎ先が近く、専業主婦のためです。家が遠くフルタイムで働く姉が名義変更などにまったく関心がないようです。

Aベストアンサー

>「相続の割合をきっちり決める前に名義変更をして後で分けても問題がないか?」

銀行口座が凍結されていると仮定するならば、そもそも、姉の書類(印鑑証明等)抜きで名義変更は出来ません。
ですから、相続人全員で、とりあえず口座のお金を払い出す書類を作成し、後から金額を相談の上で分けるからと、承諾を得る必要があると思います。
状況からして姉を説得するしか方法がないように思います。
また、姉の協力がすばやく得られないのならば、新しい口座を作って、変更届けを出す方が早いかもしれませんね。
あと、老婆心ながら、相続財産がプラスのみならば、急ぐ必要はないですが、戸籍謄本・登記簿謄本等、結構入手に手間取る事もおおいですし、また、認識していた事と違う事(土地が祖父名義?隠し子?・・・)が分かるのも、珍しい事ではありません。
早め早めの行動をお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報