産土様は生まれてからの亡くなるまでの、人生の進路、縁、運勢等を司る神様。
鎮守様は住むところを守る神様という事で聞きますが、小さいときから何回も引っ越したりしているとなかなか自分の産土様、鎮守様は解りませんね。産土様は七五三で一番先にお参りをした神社と言う方もおりますが、どうも違うようですね。
また、鎮守様は自分の住んでいる地域にある神社と言う方もおりますが、私の住んでいるところは小さなお社らしきものはあるのですが、神社がないのです。
隣の大きな市には神社が数件あるのですが。
お正月に神棚をお祭りするに、(中央-照大神、左-鎮守様、右-産土様)の様にお祭りすればよいかと考えていますが、専門的に詳しい方がおられれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

産土とはその名の通り、土地を生んだ神様=土地神様でした。

生まれた土地の神ではありませんよ、誤解なきよう。

土地神は様々なものを生み出します。農作物や水、動物、雲、風など、そして人間も・・。
そんな所から、生まれた土地の神様を産土神と呼んだのです。が、この神様、特定されたものではなく「土地神様」といわれるものです。名前はありますが、ほとんど認識されていません。

荘園精度が定着すると荘園を支配している氏族が先祖神を祀りました。氏族の先祖神だから「氏神」なんです。やがて荘園に暮らす農民も支配者の先祖神を自らの先祖神としました。(というか弱小氏族や氏族の本家以外も荘園で農業してますから)なのでそこに暮らす人の神様として氏神というものが出来上がった訳です。

やがて人々は生まれた土地を離れて暮らすことが増えてきました。
氏族などは移り住んだ地に新たに宮を建てていきます。八幡社が多い理由のひとつです。
一般の人は宮を建てることもありません。そこで移り住んだ土地の氏神を新たに自分の氏神としました。
だから氏神は住んでいる土地の神様なんです。
でも自分が発生した土地の神様がいる、土地神と氏神がごっちゃになり、生まれた土地の氏神を産土神と呼ぶようになりました。多くの土地神は氏神社に合祀、或いは境内社として祀られていますから、生まれた地の氏神を以って産土神としても問題にはなりません。

鎮守神社は国や地域の人が土地を護るために建てたお宮です。関東では特に平定に際してヤマトタケルを祀ったり、開拓に際してスサノオを、繁栄を願って応神天皇(八幡)を祀ります。さらに土地を伸ばして若宮社を建てたりします。
これらは総じて鎮守ですが、その神社の周辺の市町村で生まれると、鎮守が氏神になる場合もあり、そこから引っ越していけば鎮守が産土神と呼ぶことがあるわけです。

いずれにせよ、余り厳密な区分け等ないというのが正解でしょうね。

神棚の祀り方も様々で、中央の天照大神(神宮大麻)はほぼ同じですけれど、左に氏神様、右には崇敬神社の御神札を祀るという場合もあります。たいていの場合向かって左が優位ですけれど、あまり気にする必要はないと思います。
祀る順番も神社本庁では一番手前に天照大神を祀りますけど、手前は露払いという考え方もあり、これもあまり厳密に考える必要は無いと思いますよ。
私の友人は、各神社で神宮大麻を頂くので一人は中央に各神社の神宮大麻を集めているし、別の人は各宮に氏神大麻と神宮大麻を祀っているものもいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変ご丁寧なご回答でありがとうございます。
詳しくわかりやすいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/23 15:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学問の神様と縁結びの神様。

こんにちわ。
すみません、質問なのですが、、、
縁結びの神様のお札や破魔矢をお授けいただき
部屋に飾っていますが、
最近、わがままにも
資格を勉強していて
学問のお守りもお授けいただきたいと思っています。
なんとなく、
でも、、違う神社のお守りやお札を同じ部屋にしていいのでしょうか??
やはり一度お参りした神社はご縁ができるということなので、
失礼のないようにしたいのですが。。

やはり参拝してご縁のある縁結びの神社で学業お守りを買った方がいいでしょうか??

なんとなく、目的に合わせての方がいいのかなともおもったのですが。。縁結びの神様のところには縁結びを頼みに行き、
学問の神様には学問のお願いにいき。。など。。

両親の転勤等で学生時代はすべて北野天満宮にお世話になり、
きちんとお礼まいりもしていましたが、
東京に移ってからはいくのが困難になってしまい。。

みなさん、こういう場合
はどうしているのでしょうか??

学問は本人の努力!っというのはよくわかるのですが、
どうしても受験先に頼るものを持っていきたいような気がしてしまい。。

よろしくお願いします。

こんにちわ。
すみません、質問なのですが、、、
縁結びの神様のお札や破魔矢をお授けいただき
部屋に飾っていますが、
最近、わがままにも
資格を勉強していて
学問のお守りもお授けいただきたいと思っています。
なんとなく、
でも、、違う神社のお守りやお札を同じ部屋にしていいのでしょうか??
やはり一度お参りした神社はご縁ができるということなので、
失礼のないようにしたいのですが。。

やはり参拝してご縁のある縁結びの神社で学業お守りを買った方がいいでしょうか??

なんとなく...続きを読む

Aベストアンサー

 はじめましてMIKIKO33さん。kane_chanと言います。

 最初に、kinsyaさんが書かれたことについて、補足というか訂正というか。
 俗に言う「氏神」様ですが、元々の氏神は、「氏」の神と書くように、その地域の豪族である古代の氏族組織であるウヂが祖神または守護神として祀っていた神のことです。 
 平安時代以降は、血縁関係にある一族だけでなく、その氏族とともに生活を営んでいる者をも含めて「氏子」と称するようなり、中世初期に日本の地域社会で庶民の間でも古代のウヂに仮託したウヂ組織が形成されました。ですから、本来ならば、「氏神」ではなく「産土大神(うぶすなのおおかみ)」がただしいですね。

 本題に入りましょう。
 日本の神様は、八百万の神(やおよろずのかみ)と呼ばれるように、全てをこなせる万能な神様として、崇め奉られてきました。
 ですから、産土神にお願いすればよいでしょう。
 産土神は、その土地の力を一番上手く扱える神様ですから。
 もし近くに産土神の社が無ければ、その産土神を管理する神様がおられますので、そこに詣でられるのが良いでしょう。
 詣でる場合の作法も、しっかり身につけてください。
 神様は上位ですから、肩を露わにした服装で行かない、鳥居をくぐるときは拝する(腰を90度おり頭を下げること)等の事は、行ってくださいね。神社によっては作法が異なりますので、ここも気を付けてください(大体は2拝2拍手1拝)。

 あと、家で神棚にお札を祀る順番も決まっていますので気を付けてくださいね(一社であれば、伊勢神宮さま、その奥に、産土神さま、次にその他の神社のお札。三社であれば中央が伊勢神宮さま、右に産土神さま、左にその他の神社のお札となります)。
 お参りをする際には、神拝詞(しんぱいのことば)
 「掛けまくも畏き、天照大御神、産土大神、天地諸々の大神等の大前を拝み奉りて慎み敬いも白さく、万の禍事、罪穢あらむをば、祓い清めて、心にかかる雲もなく、大神等の御教えのままよに、直き正しき真心もちて、誠の道に違うことなく、負い持つ業に励ましめ給い、家をも身をも健やかに栄えしめ給えと、恐み恐み母 白す」
 (かけまくもかしこき、あまてらすのおおみかみ、うぶすなのおおかみ、あめつちもろもろのおおかみたちのおおまえを おがみまつりてつつしみうやまいももうさく、よろずのまかごと、つみけがれをあらむをば、はらいきよめて、こころにかかるくももなく、おおかみたちのおしえのままよに なおきただしきまごころもちて、まことのみちにたがうことなく、おいもつわざにはげましめたまい、いえをもみをもすこやかに さかえしめたまえとかしこみかしこみも もうす)
 唱詞(となえことば)
 「祓い給え、清め給え、守り給え、幸え給え」
 (はらいたまえ、きよめたまえ、まもりたまえ、さきはえたまえ) 等を唱えると良いでしょう。
 

 はじめましてMIKIKO33さん。kane_chanと言います。

 最初に、kinsyaさんが書かれたことについて、補足というか訂正というか。
 俗に言う「氏神」様ですが、元々の氏神は、「氏」の神と書くように、その地域の豪族である古代の氏族組織であるウヂが祖神または守護神として祀っていた神のことです。 
 平安時代以降は、血縁関係にある一族だけでなく、その氏族とともに生活を営んでいる者をも含めて「氏子」と称するようなり、中世初期に日本の地域社会で庶民の間でも古代のウヂに仮託したウヂ組織が形成...続きを読む

Q観音様と神様

同じ部屋に観音様にお参りしたときのお塩とお酒と、出雲大社で御祈祷をしてもらった際に頂いたお札とお守りとお米を祀り、毎日夜に別々に一日のご加護と願いを述べています。
観音様と神様とい うことで、同じ部屋はだめでしょうか。

Aベストアンサー

お札(御神札・大麻)って神様じゃないんです。「依り代(よりしろ)」といいます。これは神を降ろすためのもの。最近の人用にわかりやすく例えれば、神様との通信機。そんな説明をする人も居ます。

神道初期においては山や磐、樹木など。それが神籬(ひもろぎ=地鎮祭などで祭壇に立てる木の枝)や岩境(いわさか=石柱を立てたもの)
要するに意識を集中して祈る「印」であればいいんです。キリスト教の十字架、仏教の仏像や掛け軸も同じことです。

貴方にとって観音様の塩と酒も出雲大社の札も同じ。それ以上の物ではありません。

なのでどこにどう置こうが関係ありません。
それに日本は仏教伝来(公伝より前です)以降、明治に至るまで神仏習合の時代を過ごしてきました。
だから分ける事自体、無意味なんです。
どうぞ、今までどおり、ご信仰ください。

QA神社、B神社、C神社で引いたおみくじを大事に財布に入れて持っています

A神社、B神社、C神社で引いたおみくじを大事に財布に入れて持っています。が、数が増えてきたので処分したいのですが困っています。


今度たまたまA神社に今度行くのでA、B、C神社のおみくじも木の枝にくくりつけてきても良いでしょうか?

Aベストアンサー

おみくじはお守りじゃありません。持っていても何も起きません。
おみくじはその時点での運気の方向性を解説しているに過ぎないのです。

一年御籤は一年持っていて時より思い起こし、反省や勇気の糧にすればいいのです。
そして飛鳥なくなったら普通に捨てて構いません。もちろんの焚き上げも不要です。
私も財布を入れ替えるごとに捨てていますよ。

木に結ぶのは神に託すという意味がありますから、使い古しの御籤を結んでも、単なる投げ捨てでしかありません。

どうしてもごみ箱は嫌というのであれば、ドコでも古札箱は設置されている神社に行き、入れてきましょう。
もちろんそこの神様に多めにお賽銭を上げて、処分のお願いをするのは当然の事です。

Q氏神様について

神棚のお札についてです。

氏神様が住居の地域の神社であるということですが、引っ越しをした場合に氏神様は変わることになりますか?
それとも実家から転居したのなら実家のある場所が氏神様ということになりますか?
実家は現在住んでいる場所からは車で30分ほどなので氏神様のお札を買いに行くこと自体はさほど苦労しないのですが、やはり現住居地の神社に替えた方がいいのでしょうか?
現在神棚の氏神様の場所は空白になっております。崇拝神社はそことは別で、毎年の初詣で等もそっちに行っております

Aベストアンサー

人の往来がさほど多くなかった昔と今では解釈も変わってきています。
なので、現代の解釈をいたします。

氏神は今住んでいる土地の守り神です。
産土神(うぶすなかみ)は、生まれた土地の氏神です。
鎮守はその地域の土地の守り神です。

いずれも年代によって解釈が違ってきているので、参考にする文献によって説明が異なってくるでしょう。
上はあくまでも現代の一般的な理解ということです。
つまり氏神は引っ越すごとに変わります。

実はその昔「産土神」はありませんでした。
荘園時代に領地を治めているのは氏族、その氏族の先祖神や崇敬神を「氏神」と呼びました。
「氏人(うじびと)」はその一族をいいます。しかし荘園に住む人々も領主と同じ氏神を崇敬する事から、彼らが氏子の原型となります。
やがて時代が下り、氏族が解体して人々は直接土地との関係を深めていきます。この過程で住んでいる土地の守り神を産土と呼び、人々は産土神を崇敬するようになりました。
つまり本来産土とは土地を生む神様で、その土地に根付く住民もまた土地から生まれたので産土が「生まれた地の神」という意味に変化したのです
つまり基本的に氏神と産土神は同じものだともいえます。

今ではいくらでも住居地の移動が可能なので、氏神といえば住んでいる土地の神、産土といえば生まれた土地の氏神というように解釈が変化しています。

家内に祀るのは氏神でも産土神でもどちらでもかまいません。
社会生活で摩擦が起きなければどちらでもいいのです。

人の往来がさほど多くなかった昔と今では解釈も変わってきています。
なので、現代の解釈をいたします。

氏神は今住んでいる土地の守り神です。
産土神(うぶすなかみ)は、生まれた土地の氏神です。
鎮守はその地域の土地の守り神です。

いずれも年代によって解釈が違ってきているので、参考にする文献によって説明が異なってくるでしょう。
上はあくまでも現代の一般的な理解ということです。
つまり氏神は引っ越すごとに変わります。

実はその昔「産土神」はありませんでした。
荘園時代に領地を治めている...続きを読む

Q氏神様を教えて下さい。

名古屋市名東区神里に住む事になりました。
何事も最初が肝心!
氏神様をお参りしたいのです。

Aベストアンサー

家の一番近くにある神社が氏神様になります。
周りを自分で探してみるか、隣近所の方に聞いてみてはどうでしょうか?住宅地図等でも分かるかもしれません。
お住まいの所がどのような所か分からないので何とも言えませんが、新興住宅地の場合神社は無いかもしれませんので、その町の歴史を調べる必要があるかもしれませんね。

一応、参考に愛知県神社庁のURLを貼っておきます。

参考URL:http://www.aichi-jinjacho.or.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報