プロが教えるわが家の防犯対策術!

300角のコラムですが意匠上これにモルタルを塗りたいのですが
ラス下地はどのように取り付ければいいのでしょうか?
ラスの施工自体が最近少ないのか見たことがありません。
細い鉄筋を柱に溶接してそれにラスを溶接するのですか?
細いラスを溶接なんかすると溶着する前に溶けてしまいそうな気がするのですが。
それとも鉄筋に結束線のようなものでくくりつけるのですか?
ネットで検索してもなかなかでてきません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>とりあえず昔ながらの正規の取付け方が知りたいのです。


正規の職人ならどうするか? という話ですか?
リブラスなどの名前で呼ばれている、薄い鉄板や折り曲げた鉄板にラスがくっついたものを、柱に巻き付けるようにして、ところどころスポット溶接します。
http://www.daishin.co.jp/msekou.html

>ラスの施工自体が最近少ないのか見たことがありません。
ラスモルタルの耐久性が低く、数年~10年でさびが出ます。また、水がしみこみやすく、内部の鉄骨を保護する機能はあまり望めません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ズバリです、助かりました。

お礼日時:2013/11/22 12:46

細い鉄筋をコラムから持ち出すように溶接して、その先端に鉄筋を横に取り付ければいいと思います。


そうすれば、横付けした鉄筋にラスを結束線で張っていけば容易です。
コラムの4角は、縦付けした方が角がきれいにいきます。

ここで、注意したいのは、モルタルと鉄骨に隙間が出来ます。
そうなると、結露の発生が考えられます。
ラスを張るその鉄骨との間に薄くても板状のスタイロ材を入れておく方がいいでしょう。
それが、裏あて効果で、モルタルもしっかり押えられてきれいに仕上がると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど結露も注意しないといけないんですね。
参考になります。

お礼日時:2013/11/22 12:46

鉄骨の柱には、想像を超える力がかかっているものです。

素人細工はやめましょう。危険です。

1.モルタルの重さはバカになりません。大多数の柱をモルタル巻きするのであれば、建物重量が増えて耐震性に問題が出ます。
2.溶接がうまくできず、柱を削ってしまうと、柱の強度が大幅に落ちます。プロの溶接でも、施工後チェックすると、必ずこの手の欠陥が見つかります。プロの場合は、溶接で埋めてサンダー仕上げします。

モルタルでなく、それに似た材料を考えたほうがよいです。モルタルそっくりに見える壁紙なんかもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

とりあえず昔ながらの正規の取付け方が知りたいのです。
外部に面する柱数本です。

お礼日時:2013/11/18 15:51

鉄骨と鉄筋の間にラスを挟むようにして溶接してはいかがですか。


当然ラスには穴が開きますが、そのくらいの穴は問題ありません。
ラスをビスで留める方法もあります(最近は9mm位の鉄板に使える通称一発ビスとかピアスビス、ドリルビスと言うビスが売られています)が、大変でしょう。
ラスは火事になったり、古くなってくるとごっそり落ちてきたりで使われなくなってきたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

最近は使わないので、あまり見たことがなく取り付け方法がよくわからないんです。
正規の付け方を探すのですが見当たりません。

お礼日時:2013/11/18 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄骨造のモルタル外壁と鉄筋コンクリート造の見分け方

建物の外壁での電波反射のシミュレーションをしたいと考えています。
鉄筋コンクリートとモルタルでは反射率がかなり異なるため、鉄骨造のモルタル外壁と鉄筋コンクリート造を見分けたいのですが、見分ける良い方法はありませんか。
建築のことは全く素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正直、表面を仕上げていれば(塗装など)専門家でも見分けは難しいです。
建物の感じである程度は分かるのですが、絶対とは言い切れません。
研究で反射率などを調べるなら、正確さが必要でしょう。直接、建物の持ち主に聞くか、住所と番地が分かれば、法務局で建物の謄本をあげれば構造は分かります。

Q「延焼のおそれのある部分」にかかる部分の構造について

敷地面積が約750m2の土地に鉄骨造平家建の事務所を新築する予定です。この敷地は防火地域または準防火地域ではなく、法22条区域となっています。
が、敷地を有効に利用するため、建物が延焼のおそれのある部分にかかっています。

そこで、この延焼ラインにかかる部分の外壁もしくは開口部はどのような構造にしなければならないのでしょうか?
自分なりに調べたところ、
屋根…不燃材料
外壁…(延焼ライン内に限り)準防火性能を有する土塗壁等の構造
にしなければならないと解釈したのですが、これを材料にたとえるとどのような構造にすればよいのでしょうか?

現状は
屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
外壁…防火サイディング
    内装…壁:PB12.5mm+クロス仕上
        天井:ジプトン9.5mm仕上
外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
で考えていますが、このような構造でも大丈夫なのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんですね。勉強不足でした。

>外壁…防火サイディング
    内装… 壁:PB12.5mm+クロス仕上
       天井:ジプトン9.5mm仕上
防火サイディングは、防火構造認定品だと思いますので、OK!一応確認しておいてください。
*確か断熱材の充填の要求があったと思います。

>外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
これはNGです。
防火戸認定品のアルミサッシで、網入りガラスを使用しなければなりません。
(網無しでも認定品が出ていますが、かなり高価です。)

金属板の屋根は、断熱性能に不安があります。
快適な事務所にするのであれば、屋根面の断熱をかなり強化したほうが、光熱費の助けになり、快適な空間が得られると思います。

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんです...続きを読む

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q開口部における枠と額縁の違い

建築学科に在籍している学生です。
建具表に記載してある「枠」と「額縁」の違いが今ひとつ区別できずに悩んでいます。

いわゆる、ドア周りは「枠」で窓周りは「額縁」ととらえていたのですが、どうやらこの考え方は間違っているとのこと。。

どうぞアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確な「定義」は知りませんが…

「枠」はサッシュや扉の可動部(=障子:Fixも含む)のフレームとなっている部分を指して言う言葉。
額縁は開口部(扉、窓)と壁(や天井)との取り合いに用いられる部材で、回り縁や幅木と似たような性格の納まり上の部材と認識しています。

それなので、納め方によっては額縁なしでも可能。(一番単純なのはドン付けとか)
室内の扉などでは、枠を壁との納まりまで考慮して大枠にしていたりすることもあり、この場合は額縁は用いないのが一般的です。
もっとも、扉の場合は、額縁に当たるものを付けても、意匠的に枠の延長として見せていると、「付け枠」とか「ケーシング枠」などと言って、枠という言葉が用いられるようです。
それなので、目的や見え方から呼称がつく場合もあるみたい。(←このあたりはいい加減ですが)

開き扉を例にすれば、通常は枠に丁番やアームストッパー、ラッチ受けなどを取り付けているので、枠と障子は機能的に一対になっていると言えます。
額縁はこれに付属して付いているので、扉本来の機能とは切り離して考えられる部材とでもいう感じでしょうか。
とはいうものの、枠なしの扉や窓などもたまに作りますので、この言い方も絶対というわけでもなさそうですけれど。

正確な「定義」は知りませんが…

「枠」はサッシュや扉の可動部(=障子:Fixも含む)のフレームとなっている部分を指して言う言葉。
額縁は開口部(扉、窓)と壁(や天井)との取り合いに用いられる部材で、回り縁や幅木と似たような性格の納まり上の部材と認識しています。

それなので、納め方によっては額縁なしでも可能。(一番単純なのはドン付けとか)
室内の扉などでは、枠を壁との納まりまで考慮して大枠にしていたりすることもあり、この場合は額縁は用いないのが一般的です。
もっとも、扉の場合...続きを読む

Q建築内装の「FFE」とは何の略語ですか?

専門家がよく建築内装の事を「FFE」と言っていますが、何の略語ですか?
仕事でちょくちょく「FFE」がでてきて困っています。

Aベストアンサー

F・・・家具furniture
F・・・什器(じゅうき)同じくfurnitureあるいはfixtureの類
E・・・備品equipment

それぞれのabbreviation(省略)だと思います。
とにかくその類のものでしょう。
内装関係だから間違いないと思います。

Q自動火災報知設備工事費は幾ら位するんですか?

我が家は、4階建で1階に店舗と1DKの部屋が7部屋と2DK1部屋ある小さなマンションです。総延べ床面積460m2なんですが、今度の消防改正に伴う自動火災報知設備の取り付けを求められています。入居者も少なく店舗の入居者も無くとても経営が苦しいのですが この設備予算をどれだけ見れば取り付けれる物でしょうか? 
このところ老朽化が進んで修繕工事に追われていてとても金銭的に困っています。なるべく安く上げたいんです。お知恵がありましたなら教えて下さい。

Aベストアンサー

 今回の消防法改正で自動火災報知設備が義務設置になった事業所の方に聞くと、No.2の方が言われているように、100万円前後の見積もりの方が多いような気がします。が、数社の見積もりを取られて検討されるのが良いともいます。また、当座の出費を抑えたいのであれば、松下電工のリース方式があります。6年または7年契約で支払いは方法は月単位です。(私は松下電工の関係者ではありませんので詳細は松下電工に確認してください。リーフレットもあるはずです。)それ以外のメーカーでリース方式を行っているところは今のところは多分無いと思います。
 融資制度については、地元の消防本部に確認されると制度についてある程度は教えてもらえます。しかし、消防機関が融資するわけではないですし、無償貸与ではないので金利も必要となります。
 ところで、消防署の担当者から聞いてみえるとは思いますが、工事依頼をされる時に、住宅部分でも住宅用の感知器では対応できませんので注意が必要な事と消防機関に届出が必要ですので注意してください。

Q柱としてH型鋼があまり使われていない理由

重量鉄骨の住宅でも、柱としてH型鋼が、あまり使われないのはどうしてでしょうか。(殆どの住宅メーカーは軽量鉄骨 重量鉄骨でも柱に角型鋼を使っています)

柱にH型鋼を使うと何か問題でも有るのでしょうか。(耐震性とか、ねじれに弱いとか)

Aベストアンサー

H型鋼見てわかるとおり4方向対象ではありません。
よって、X方向Y方向の曲げに対する強さが違います。

構造計算ではX方向Y方向に同じ力が加わると想定して計算しますので、X方向は大丈夫でもY方向はダメになる場合があります。
その対応策としてブレス(筋交い)を入れるのです。
ブレスを入れた面は、建具をつけるのに制限が出てきます。
よって、コラム(角型鋼管)を使ってX方向Y方向共に同じにして(専門的にはラーメン構造と言う)ブレス無しにするのです。

X方向Y方向の力の弱いほうに合わせてブレス無しにすることもできますが、鋼材費が高くなりすぎます。

Q回り階段(螺旋階段)の巾について

回り階段の踏み面の巾は狭い方から30cmという規定がありますが、先日役所にて階段巾(回り部分)も狭い方から30cmいったところから広い方に向かって必要な寸法を確保しろと言われました。
これは基準法上正しいのでしょうか?
 ちなみに階段巾75cm以上必要な場合の螺旋階段は直径でどの程度必要になるのでしょうか?

Aベストアンサー

住宅の場合、法的に必要な階段幅は75cmですよね。
踏面は15cm以上ですが、周り階段の踏面は、階段幅の狭い方から広い方に向かって30cmの位置で15cm以上あれば良いのです。

役所がおかしなことを言ってるようですが、1回転する螺旋階段の場合はそうしなさいという指導でしょうか。

この見解を一般の住宅の回り階段に適用されると、階段の回る部分だけ、91cmモジュールが使えなくなり、住宅の回り階段が異常に大きくなります。

法規の解説本に、回り階段の寸法の法的チェック部分が記載されてますので確認してください。役所の見解は誤りです。

Q延焼の恐れのある部分

はじめまして。私は建築を勉強しているのですが、
『延焼の恐れのある部分』についての質問があります。延焼部分って
用途地域や防火地域、22条区域などの指定が無くても発生するものなのでしょうか?
また鉄骨の建物を増築して延焼にかかる場合、建具を防火設備にするだけでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

防火地域や用途地域とは切り離して考えて下さい。
ようは自分の建物が燃えた時や隣の家が燃えた時に延焼を防ぐ為の法令です。隣地境界線から1階は3メートル、2階以上は5メートルまでが延焼のおそれのある部分で防火構造の壁(建築基準法に規定されてます。)で作らなくてはなりません。
同様に自分の敷地内でも2棟ある様な場合には建物と建物の中心から1階は両側に3メートルづつ、2階以上は両側に5メートルづつが延焼の恐れのある部分となり防火構造の壁で作らなければなりません。

鉄骨の建物の場合は外壁・軒裏を防火構造、建具は防火設備、屋根及びその下地は不燃性能を持たせた物で作らなければなりません。
例外もあり、国土交通大臣が認めたものについてはそのまま使用できます。しかし、大臣が認めたもの(すなわち大臣認定)はとても大変な作業になりますので、通常は前者の条件を満たす事で合法としています。

Qベタ基礎だけど防水シートなし コンクリートは湿気を吸って強度を増す?

家を新築しようと思って色々な建設会社から話を聞いています。
建築には全くの素人です。
大半の建設会社でベタ基礎を勧められます。
素人感覚なのですが、
ベタ基礎だと、
地面からの湿気が蒸発されず、水が溜まって、長い年月経つと、
住宅に影響が出ないか心配です。
建設会社の回答では、
●防水シートで湿気は遮断
●基礎パッキンで通風可能  とも言われますが、
何十年後、防水シートが破れたりして
基礎の下は水溜りになりはしないのか…
と考えてしまいます。

ある建設会社では、ベタ基礎で防水シートはなしといわれました。
(通風孔は数箇所あり)
そこでは、
●湿気があがって、その水分をコンクリートが吸収して
  コンクリートが強くなる
と言われました。

これを聞いてびっくりしました。
本当なんでしょうか?
何かコンクリートについて参考になる
情報があれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

コンクリートの強度のことですが、圧縮強度というのが決まっていて、その強度が出るまで乾燥させるのは好ましくありません。

コンクリートの圧縮強度を確認する試験をするためにテストピースというのをつくるのですが、水中養生といって水のなかで保管するのもあります。
外壁をモルタル仕上げをしたあとむしろを水で湿らせて乾燥させないようにしたり、コンクリートを乾燥させないように散水したりするところもあります。

防水シートについては、地面の上にじかにコンクリートを打ってそこを床とする場合、湿気をあげたくないときに敷きます。(アパートの一階床など)よって一般住宅の場合基礎の立ち上がりがあるので必要ないかもしれませんね。
(調湿のため?炭なんかを敷きこんでいる方もいるようですが) 
 
換気口は、建築基準法で決められています。

水が溜まるかもってことですが、雨が降って水はけが悪いですか?もし悪ければその対策(盛土をするとか)はしなければならないと思いますが、そうでなければ大丈夫だと思います。


人気Q&Aランキング