痔になりやすい生活習慣とは?

・お留守居役

・大小姓頭

・膳奉行

・道中仮目付

・小十人各御庭番

この5つの上下を教えてください。
偉い順びするとどうなりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

・お留守居役


御留守居年寄
諸大夫:万石級の大名格
実際は5千石級の旗本が就いた
定員5名
大名家にとっては留守居役は外交官としての責務も果たしていましたから、幕府とは取扱いが違います。

・大小姓頭
御小姓頭取:布衣500石御役料300俵
御小姓組番頭:3000石級の旗本
御小姓組頭:200俵~300俵(500石~750石)級の旗本

・膳奉行
御膳奉行
200~300俵(500石~750石)級の旗本
御役料200俵

・道中仮目付⇒不明
道中奉行:大目付が兼任
大名家にとって参勤交代は重要な責務ですので、道中方の名称、取扱いは幕府とは違います。

・小十人各御庭番
御庭番:100俵 両番格6人 小十人格8人・・・格は相当の意味
小十人組:100俵10人扶持

全部所轄組織が異なりますので、直接の上下関係は決められません。
格式としては禄高を目安として下さい。

上記はいずれも幕府のものですが、大名家によっては呼称、職務内容、格付けが異なります。
時代小説では作者によって役職名がいい加減なことがありますので注意して下さい。

出典:江戸幕府役職集成 笹間良彦 著  雄山閣出版
    • good
    • 1

何をもって偉いというか難しいのですが、ここでは


江戸幕府の職碌(役高)で見ることにします。

お留守居役  幕府の職制では「留守居番」
         職碌   千石~

大小姓頭   幕府では「小姓(組)頭取」
         職碌   三百~千石

膳奉行     職碌   二百俵(二百石と同格)

道中仮目付  臨時職でしょう。 幕府職制は定職しか
 ないようです。
 「徒歩目付」と同格とすると
         職碌   百俵
 (その頭取とすると  千石 になります) 

小十人各御庭番
 お庭番は吉宗が造らせたもので、隠密なので幕府職制では明確
ではないようです。お御庭番とかお庭の者とか呼ばれていたようです。
 「小十人衆」格とすると  
         職碌   百俵
この中では最下位です。

注)小姓について、藩によっては、年齢により
 児小姓、中小姓、大小姓と分けていますが、
 幕府の職制では、すべて小姓と呼びます。
 ただ俗には分けていうことも多いようです。

 以上は旗本が就任する職ですが、留守居番の上に
 大名が就任する「留守居年寄」があります。
 お留守居役はこれではないと思います。
    • good
    • 0

ninntomoさん、こんばんわ。



全て幕府の役職なら、全て旗本の役職です。御留守居役が一番高いです。
御留守居役は将軍不在の時の江戸城の警備責任者←道中仮目付はわかりませんが、道中奉行なら大目付の兼任です。←大小姓頭はわかりませんが、御小姓頭取ならここですね。←御膳奉行は将軍の召し上がるもののチェックをする役職です。
←小十人格御庭番お目見え以上の御庭番で隠密御用をする役職です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の武士の階級について

将軍家>親藩大名>譜代大名>外様大名>高家>旗本>御家人
(左は高く、右は低いという設定です。)

こうのような認識でよろしいですか?
間違っているところ、抜けているところがあれば教えてください。

Aベストアンサー

>こうのような認識でよろしいですか?

残念ながらよろしくないです。
なぜならば、階級のようなものを曖昧にして、誰が偉いのか分からなくするのが徳川家康の狙いだったからです。

親藩は将軍の親戚だという「名誉」があるだけで、藩主は幕府の要職には就くことはできません。
外様大名は禄高が多い大大名が多いですが、これもまた、幕府の要職には就けません。
譜代大名や旗本は徳川家直属の家臣で、禄高はあまり高くないですが幕府の要職に就き、実際の権力を持ちました。
特に旗本でも高家と呼ばれる旗本は、格式ではその辺の大名よりずーっと上でした。
有名な「忠臣蔵」の悪役、吉良上野介は4千2百石の旗本でありながら、5万石の大名である浅野内匠頭を「田舎侍!」などとののしっています。(まぁ、これはお芝居の話ですが)

名誉、禄高、権力、格式を分散させたのです。
これは謀反の防止の為です。

ようするに、色々な分野でNo1を作ることによって、誰かが徳川に対して謀反を起こそうと仲間を集めようとしても「俺の方が偉いんだ、お前の下になんかつけるか」「俺の方が偉い、いいや、偉いのは俺の方だ」と、誰かが突出したリーダーシップを取るのを防ぐ為です。

 

>こうのような認識でよろしいですか?

残念ながらよろしくないです。
なぜならば、階級のようなものを曖昧にして、誰が偉いのか分からなくするのが徳川家康の狙いだったからです。

親藩は将軍の親戚だという「名誉」があるだけで、藩主は幕府の要職には就くことはできません。
外様大名は禄高が多い大大名が多いですが、これもまた、幕府の要職には就けません。
譜代大名や旗本は徳川家直属の家臣で、禄高はあまり高くないですが幕府の要職に就き、実際の権力を持ちました。
特に旗本でも高家と呼ばれる旗本は、...続きを読む

Q江戸時代の役職です

江戸時代の役職です。どんな仕事なのか
教えてください。
1856年(安政3年)の頃です。

  御台様御膳所組頭相勤申候 

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>御台様御膳所組頭相勤申候 

(1)御台様・・・将軍の正室を言います。
安政3年(1856)ですと、13代将軍徳川家定の時代。
そして、御台様(正室)は、継々室(3番目の正室)の天璋院篤姫ですね。

(2)御膳所組頭・・・御台様の食事を作る御膳所・・・つまり、台所の組頭。

(3)相勤申候・・・その役職を勤めました。

(4)御台様御膳所組頭相勤申候・・・公方様の正室の御膳所の組頭を勤めています。(または、勤めていました)。

(5)ちなみに、将軍様の御膳所掛りは、公方様御膳所掛り、また、組頭であれば、公方様御膳所組頭と呼ばれました。
江戸時代、将軍のことは「将軍様」とは絶対に呼ばず「公方(くぼう)様」または「大樹(たいじゅ)様」「御公儀(ごこうぎ様」と呼んでいました。

(よもやま話)
(1)将軍と御台様や側室の食事は、毎回10人前作られ、その内2人前を御膳所組頭の配下の「(御)毒見役」が盛り付けられた品々を少量ずつ食べて毒が入っていないか、あるいは、腐ってはいないかを確かめます。

(2)毒見役のOKがでると、御台様(公方様も同じ)の前に2人前が運ばれます。

(3)御台様(公方様も同じ)は、一つの膳に盛り付けられた品々は、二箸しか口にせず、「お代わり」と称して、傍にはべる者が、もう一つの膳の品と取り替えて出されました。

(4)10人前作って、2人前は毒見役、2人前が御台様(公方さま)の前に、1人前は組頭、残りの5人前は、御膳所(台所)の者が(ありがたく?)いただきました。

(5)公方さまの朝食には、味噌汁に落とし卵が定番でした。また、必ず、魚の「鱚(きす)」が出されました。これは、「喜」という字があったため、喜ばしい魚と縁起かつぎをしました。

(6)天璋院篤姫は、夫である家定が死亡してから、14代家茂の代になり、和宮が正室となるが、しばらくは嫁と姑の間柄がうまくいかず、心労の日々が続きました。そして、篤姫は実家である薩摩藩邸へ、
「故郷の赤味噌を送ってもらってください。赤味噌でないと、食事が進みません」
と、書き送っています。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>御台様御膳所組頭相勤申候 

(1)御台様・・・将軍の正室を言います。
安政3年(1856)ですと、13代将軍徳川家定の時代。
そして、御台様(正室)は、継々室(3番目の正室)の天璋院篤姫ですね。

(2)御膳所組頭・・・御台様の食事を作る御膳所・・・つまり、台所の組頭。

(3)相勤申候・・・その役職を勤めました。

(4)御台様御膳所組頭相勤申候・・・公方様の正室の御膳所の組頭を勤めています。(または、勤めていました)...続きを読む

Q江戸時代の徳川家の譜代の家格の序列が 尾張>紀州>水戸 なのはなぜ?

江戸時代の徳川家の譜代の家格の序列が 尾張>紀州>水戸 だった、と読みました(吉宗就任のあたり)。
これはなぜなのでしょうか?もしかして、これらの分家のさい、尾張の1代目がほかより年長だったから、という理由でしょうか?家督の序列は3代家光以降定まった、と聞きました。

Aベストアンサー

名古屋城本丸は, (江戸城を除く) 他の城の本丸と違い「将軍が使う」ためにありました. だから尾張藩主は本丸ではなく二の丸を使っています.
名古屋城は, もともと西国 (特に大坂豊臣家) に対する最終防衛拠点兼最前線基地として使うことを考えて設計されています. 実際, 大坂の陣では家康自身が名古屋城に入って指揮をとるという計画もありました. もちろん, 家康は尾張藩主より格上 (義直の親だし, なにしろ大御所だから) なので, 家康が執務に使う部屋も藩主より格上でなければなりません. そのため, 設計時点では「藩主は二の丸を使い, 家康が本丸を使う」ということを予定していました.
ところが, 大坂の陣が予想した以上に簡単に終わってしまったため, 結局家康が本丸を使うこともありませんでした. が, まあそんな予定だったので, 藩主は二の丸で政務を執ることになりました.
平時に「将軍が名古屋城で政務をとる」ことは非常に稀なので, 本丸は通常空であり, 管理するための人がいるだけだったはずです.

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q藩の階級名について知りたい。

武士と一口にいっても非常に多くの階級があります。
たとえば足軽から旗本直参まで…。
また藩によって別藩にない特殊な階級もあります。
土佐藩などは「上士」の下の階級の「郷士」の間に、「白礼」という階級があり、これは「上士」の最下級の階級ですが、土佐藩独特のものだそうです。

このように、藩それぞれの階級についてすべてを知りたいのですが、お詳しい方、またサイトや文献などがありましたら教えていただきたいです。

時代は幕末の明治維新前です。

Aベストアンサー

将軍家は直身の旗本と御家人を主な構成要素にしていました。
それぞれ家禄高により100石以上が旗本で以下が御家人と成ります(例外も在ります)。
この知行地の石だかにより、就任出来る役柄も変わります。
3000石から2000石の旗本だと伏見奉行・大目付け・町奉行に成れますが
大番頭や若年寄りには成れません。
そして給米と呼ばれる役職手当てが支給されます。

外様や譜代の大名も基本的には将軍の家臣として扱われ
外様大名の5000石の家来でも、1000石クラスの直参旗本には
トラブルが起こった場合、慣例上勝つ事は出来ませんでした。
外様大名の家来は将軍の家来の家来に過ぎない陪臣で、
将軍の直接の家来である旗本の方が身分(階級)が高かったわけです。

譜代や親藩等は基本的に幕府の身分制度を基本とする身分と役職の類似した形態をとっていました。

しかし、御指摘のような土佐藩のような外様大名は成立過程に違いが在る為、
各藩毎に構成単位や要素が全く異なって来ます。
一口に外様大名と言っても島津藩のように室町時代まで歴史が遡れる旧族系の大名で
転封と呼ばれる引っ越しを経験しなかった藩は独特の身分制度を維持し続けましたし、
関ヶ原以降に取り立てられた比較的歴史の浅い藩になると
新規取り立ての家臣層で疑似譜代のような形態をとった藩も在ります。
100万石では必要でも1万石では不必要な身分・役職が在りましたし比較も出来ません。

一般的になりますが大体の外様大名の階級を御説明します。
大名がまずおります。
次に「御一門」「お家筋」と呼ばれる藩主の子孫・親戚筋がおります。
そして大抵藩の始祖以来の古参の「古参衆」「譜代衆」の家臣から
関ヶ原や大阪の陣以降に召し抱えられた新参の家臣までがいて、
それぞれ石高によって厳密に階級付けされています。
絶対では在りませんが古い家臣の家柄程石高が高く、
これは合戦による手柄等により過去に決定されたものがそのまま世襲されました。
この下に徒という鉄砲足軽等の階級が在りました。
御指摘のような土佐藩の様に長宗我部の旧領に転封された藩等は
改易された藩の家臣で帰農した土豪層を、家臣や準家臣の身分として位置付ける藩も在り、

毛利の様に減封されたさいに多くの家臣が帰農した藩では、
「もともと同じ身分で在った農民」達にも特別待遇が与えられ
階級支配もなだらかでした。
前田、上杉、南部、佐竹等は各藩歴史も古く事情も複雑で階級秩序も特徴が在ります。
同時に階級イコール家禄ではありませんし役柄でも在りません。
また、江戸期は歴史が長いので、初期の身分制度は商業経済が発達する事に伴い
かなり変容をとげております。

任意の個別の藩の時代を限定した体勢を調べられた方が理解しやすいと思います。
ご質問の範囲があまりにも大きい単位な為、もうすこし絞っていただけると答えやすいです。
各藩毎に学習されるのが近道だと思います。

将軍家は直身の旗本と御家人を主な構成要素にしていました。
それぞれ家禄高により100石以上が旗本で以下が御家人と成ります(例外も在ります)。
この知行地の石だかにより、就任出来る役柄も変わります。
3000石から2000石の旗本だと伏見奉行・大目付け・町奉行に成れますが
大番頭や若年寄りには成れません。
そして給米と呼ばれる役職手当てが支給されます。

外様や譜代の大名も基本的には将軍の家臣として扱われ
外様大名の5000石の家来でも、1000石クラスの直参旗本には
トラブルが起こった場合、慣...続きを読む

Q徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

こんにちは。

私の手元に、「江戸(嘉永)時代大名紋章及び城郭図」という地図があり、それを見ていて疑問に思ったのですが・・・。
徳川家は八百万石という力を持っていたにも拘わらず、江戸と呼ばれる範囲はあまりにも小さいと気が付きました。
他の裕福な藩は(加賀など)広々とした領土なのに、どうして徳川家の領土(城下町?)はこんなに狭いのでしょうか。
江戸以外にも、直の領土があったのでしょうか。
それとも、広い城下町を持つ必要がなかったのでしょうか。

教えていただけたら、ありがたいです。

Aベストアンサー

徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

日本全国の総石高が3000万石といわれている中、幕府直轄領の石高が400万石(13%)~450万石(15%)、旗本領が約400万石、合わせて800万石(27%)を上回り、全国の30%近くを占めます。面積について乱暴な言い方をすれば、同じ様な比率で直轄領及び旗本領を持っていたものと考えられます。ですから、全国の1/4近くの支配地を持っていたことになります(直轄領だけでいえば1/7程度)。
直轄領は、江戸時代には御料、御領、御料所などと呼ばれ、明治以降は天領と呼ばれますが、天領と呼ぶのが一般的です。全国に散在し、直轄地がなかったのは蝦夷地くらいのものでした。ただ、蝦夷地も、寛政11年1799に東蝦夷地を直轄領とし、文化4年1807には西蝦夷地も直轄領にします。この処置は、文政4年1821に東西共に松前氏に返却しています。
大きな直轄領としては、九州の日田地方、石見東部、愛媛東部、備中西部、播磨西部、但馬西部、大坂・堺・京都周辺、近江南部、大和南部、飛騨一国、中期以降の甲斐一国、三河・遠江・駿河・伊豆の過半、武蔵・安房・下総・上総の過半、常陸南部、会津西部、山形北部、秋田南部など全国に及んでいます。
一般に10万石以上の地域を支配する場合は郡代を、それ以下は代官を派遣して支配をしています。また、一部では譜代大名などに預けている場合もあります。
この他に全国の主要都市を、江戸・京都・大坂以外に、伊勢神宮門前町の山田、貿易港長崎、金山の佐渡、旧貿易港堺、他に奈良、伏見を直轄地として、遠国奉行を派遣しています(幕末には神奈川、下田、兵庫、新潟、函館などの開港地も直轄領化し、奉行を派遣)。
佐渡、伊豆、生野、大森などの主要鉱山も直轄地ですから、全国展開していました。

以上、参考までに。

徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

日本全国の総石高が3000万石といわれている中、幕府直轄領の石高が400万石(13%)~450万石(15%)、旗本領が約400万石、合わせて800万石(27%)を上回り、全国の30%近くを占めます。面積について乱暴な言い方をすれば、同じ様な比率で直轄領及び旗本領を持っていたものと考えられます。ですから、全国の1/4近くの支配地を持っていたことになります(直轄領だけでいえば1/7程度)。
直轄領は、江戸時代に...続きを読む

QGoogle Chromeとは何ですか?

Google Chromeとは何なんでしょうか? ブラウザなのでしょうか? もしブラウザとすると、私はInternetExplorer8を利用しているのですが、Google Chromeをダウンロードすることにより、IE8は使わなくなるということなんでしょうか? 

また、Google Chromeの機能もよくわかりません。もしお詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
Chromeは,ブラウザです。Chromeを使っていてもIEも使えます。同時に二つ起動させることもできます。
私のメインブラウザは,Firefoxというブラウザで,普段は,Firefoxを起動していますが,IEでしか機能しないサイトがある場合は,FirefoxからIEを起動して,そのサイトはIEでブラウズしています。

IEだけでなくて,いろんなブラウザを試して見るのも良いかも知れません。

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q旗本と大名

昔の日本で、旗本と大名どっちが偉かっんですか?
例えば、道ですれ違ったときに道をゆずるのはどっちとか

Aベストアンサー

それぞれが『殿様』と呼ばれていた階級です。大名は石高1万石以上で、格の高さは大名が上です。旗本から出世して大名になった者として吉宗時代の町奉行・大岡忠相です。綱吉時代に柳沢吉保も下級藩士から側用人を経て大名になりました。
江戸初期では旗本にはなるには直参であることが必要でした。しかし、幕末になると旗本株をお金で売買するようになりました。江戸城の無血開城談判で有名な幕格の勝海舟は祖父の代に旗本株を買った家系です。
旗本の中では書院番や幕格の旗本は格が高いのです。将軍のお側近くにはべるので特別なのです。外様大名は将軍に近づくことも出来ませんでした。江戸城松の廊下で『殿様』同士が出会うと格式の差でいろいろとあったでしょうね。
格から言うと徳川御三家、徳川御三卿家、松平家、親藩大名、外様雄藩大名、幕格旗本、外様小藩大名、旗本の順です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング