最新閲覧日:

 来年の春先に結婚式を挙げようと予定をしている者です。 
結婚式はたいてい「大安」に挙げるカップルが多いと思いますが、時期や曜日等の関係で「赤口」や「先勝」になってしまいそうです。
「大安」や「仏滅」の意味は多少理解しているつもりなのですが、その他の意味がよくわからず、「赤口」に式を挙げて良いものかと悩んでいます。「仏滅」以外に避けたほうが良いだろうとおもわれるものを教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

気持ちの持ちようだと思いますよ。


挙げられそうな日が複数あるならその中で皆さんが六曜の解説をされているので、それらを参考にして日取りに順位をつけてみるとか…。後々とやかく言われるのは何かと面倒で辛いでしょうから…。

私は今年の自分の誕生日に入籍しましたが、その日は先勝でした。その日は日曜日と言う事で市役所の守衛さんに婚姻届を提出する事になったのですが、受付は24時間、何時でもOKでした。が、やはりそれぞれの両親からの圧力?で午前中に提出しに行きました。
何かある度に六曜を引っ張り出されても面倒だと思って…(^-^;

最初から入籍は「誕生日」と決めて双方の両親に報告したので、特に大安じゃないから…とは言われませんでした。
    • good
    • 0

 これはあなた方ご夫婦がどの程度迷信を気にされるか、友人や親戚に何か言われたときにどうか、という点だけの問題でしょう。

私は2年前に挙式しました。私や妻は迷信を全く気にしないのですが、やはり親戚からいろいろと言われるのはいやなので、大安の日を選びました。
 ちょっとした段取りでも何でも不手際があったときに、式の日取りが吉日でなかったから・・といわれて気にしないのなら何もいうことはありませんが、少しでも気になるなら、「大安」「友引」以外はだめだと思います。
 いろいろとご準備にお忙しいことと思いますが、一つずつクリアして、どうぞすてきな式になりますように、お祈りもうしあげます。
    • good
    • 0

ご結婚がお決まりだそうで、おめでとうございます。


私も今年3月に結婚しました。その時は先勝でしたよ。
六曜についていろいろな情報がでてきるようですが、私が認識していることは皆さんと少し違うようなので、コメントさせていただきます。
まず六曜の元々の意味は他の方が書いてあるとおり宗教的な意味合いです。しかし、現在の六曜は戦後に作られたもので、日々1日1日に考えて付けられたものではなく、6種類の曜が順番に回っているだけ、言うなら日月火水木金土と同じようなものです。当然1つ1つの曜についている意味は戦後の日本人が決めた特別な根拠のないものです。
話は変わりますが、お葬式から帰った後なぜ塩を振るのかご存じですか?部落差別について正確に知識を持っていますか?曖昧にしか分からない人がほとんどだと思います。六曜も同じです。目に見えない、よく分からないものに振り回されているのです。
このことについて書いてある本がありますが、今手元にないのでお読みになってみたいようであればまたコメントしますので補足をお願いします。私も結婚式をすることになるまでbakabonnpapaさんが思っているくらいのことしか知りませんでした。でも同じように式の日取りを決める時に、両親と一緒に勉強したんです。
現実問題になると、お年を召した方の中には六曜を本当に気にする方もいると思います。幸いにも私と主人の親戚には猛反対する方はいなかったのですが、先勝に挙式が決まった時は私の両親が親戚の方に誤解のないように丁寧に説明してくれました。
bakabonnpapaさんもご両親に相談されてはどうですか?親族の中に六曜を気にする方がどれだけいるかによって日取りが変わると思います。本当は結婚されるお二人が気にしなければいつでも良いと思いますけどね、両家の問題なのでそうはいかないかもしれないですし・・時間的に余裕が有ると思うので(私は去年12月末に結婚が決まり3月中旬に挙式でした)じっくり考えて後悔のないようにがんばってください。ご多幸をお祈りします。
    • good
    • 0

結婚おめでとうございます。



わたしもNO.8の方と同じく赤口に式をしました。
今のところ問題はありません。

式場側で見せてくれた六曜も「正午の辺りがよい日」とあったので、挙式を11時から、披露宴を12時半からにして六曜にあわせたので特に言われませんでした。
日にちがちょうど数字が並ぶ日だったのでそっちの方がインパクト強かったのもよかったみたいです。

それより出席者の出席しやすい日にしたほうが良いかもしれません。
うちは、農業の親戚が多いので農閑期である冬にしました。
会社員や公務員が多いようでしたら年度末・年度始めを避けられた方が良いと思います。
    • good
    • 0

おめでとうございます。


先勝なら、午前中に結婚式を挙げたら良いと思いますよ。赤口はあまり良くないようです。この先何かある毎に日が良くなかったからだ。なんて事になっても嫌ですしね。あまり良くない日は避けた方が無難では。
    • good
    • 0

今はそんなに気にしない方が多いですね。


参加してもらう人たちが来やすい日取りでいいかと思いますよ。
ちなみに、弟は三月末の土曜日に挙げました。
確か先負だったと思います。
年度末ってことで、仕事が立て込んでる人もいたみたいで、
ちょっとヒンシュクっぽかったです。

やっぱり、仏滅だけは避ける人が多いみたいで
結婚式場は空いています。
しかも、他の日より安く設定されていますよ。
    • good
    • 0

一応しきたりにはうるさい田舎の者ですが、、、


最近では気にする人は少なくなっていると聞きました。(式場の受付の方に=ちなみに超有名な神社です)
六曜よりもまずは曜日と時期の都合優先ですからね。
ご年輩の方たちも、「若い人だから気にしないのね~」てな感じで結構寛容になってきている用です。
だから、みなさんがおっしゃるような「周囲の反対」というのはそれほどきつくないのでは??
ただ、これは家ごとの事情でよって全く異なってきますので、それとなく感触を探ってみることが確実だと思います。

赤口は正午を挟んだ時間帯が「吉」と言われていますので、うまく合えば何の問題もありません。
ちなみに私は赤口の午後に挙式しましたが、未だ何の問題もありませんよ~
    • good
    • 0

こんにちは、teketeke@大阪人と申します。


ご結婚が決まり、おめでとうございます。
さて、結婚式の日取りですが、最近では確かに仏滅等気にしない人もいます。
ただ式を挙げる当人達が良くても、両家のご両親やご親戚が許さない場合があります。
特に仏教徒でしたら、やはり気にしますね。
しかし基本的には仏滅と赤口(しゃっこう)は、避けた方が今後のご親戚付き合いの上では良いでしょう。
後々夫婦間で何かある事に、その事を持ち出す人がいますから。(苦笑い)
大安・友引が理想ですが、午前中の式であれば先勝。
午後からでしたら、先負なら大丈夫ではないでしょうか。
では
    • good
    • 0

bakabonnpapaさん、(ふたたび)こんにちは。



桜の花の咲くころに式を挙げるのは、とても素敵ですね。

たしかに、周りの人たちのことを考えると仏滅はまずいかもしれませんでした。
失礼しました。
    • good
    • 0

ご結婚おめでとうございます。

挙式形体にも教会とか神前とかありますよね。それにもよると思います。そもそも、この、「大安」とかは佛の方のことばというか、からみのように思うので、教会での場合はあまりうるさくない・・と聞いたことあります。どちらかといえば神前を希望する場合だと、「大安」「赤口」がね。縁起をカツグみないなところからね。あとは本人たちの希望をキチン式場側に伝えれば、いけません!!なんていわれませよ。ただ、式場側さんからもしかすると聞かれるかもしれないのは「ご両家の皆様の了解もあったのですか??」みたいに聞かれるかもしれませんね。例え本人がよくても、中には「式場側も止めてくれれば・・」とかクレームがついてしまっては、せっかくの式も台無しですよね。それに、式場側さんにも迷惑が掛かります。その点の配慮もきちんとしたうえで、考えてみてはどうでしょうか?参考にならなかったら、ごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ