あとヒール・アンド・トゥって何のためにやるんですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ヒール・アンド・トゥとは、右足で同時に、アクセルとブレーキを、


踏み分ける事です。
例えばドリフトなどを、行う場合など、
コーナーに進入し、脱出するときに、4速から2速、3速から1速、などの、
1速とばしの、シフトダウンをしなければ、いけないのですが、
(強力な、駆動力を、与えないとスピンします。)
普通に、クラッチを踏んだだけでは、それが出来ません。
そこで、ダブル・クラッチという、テクニックを使います。
これは、大昔のシンクロ(ギヤを、入れやすくする装置)が、ついてない!?
ミッションで使われたものです。
シフト・ダウンの際、クラッチを踏み、ギヤをニュートラルにして、
一度、クラッチを戻して、アクセルを踏んで、回転を合わして、(注1)
再度クラッチを踏んで、ギヤを入れる…。
と、まあ、忙しい作業ですが、なれの問題だそうです。

(注1)試してみたければ、クラッチを踏まずに、ギヤを入れながら、
アクセルを踏めば、意外に簡単に、ギヤが入ってしまう回転数が、
ある筈です。 (安全確認してくださいね、いきなり走り出します。)

CVTとは、基本的には、原付のミッションと、一緒です。
二つのプーリーと、Vベルトを使い、無段変速を実現したものです。
(図解に出来れば、わかりやすいのですが、文ではちょっと…。 すみません)
    • good
    • 0

本来の目的は他の方が書かれている通りなのですが、全く違った目的で私は使う事も有ります。

それは信号等で減速時にエンジンブレーキを使用する際、後続者に知らせる為に(エンジンブレーキではストップランプが点灯しない為)です、とくに黄色から赤色に変わる微妙なタイミングで、スピードもかなり出ている時ですが。
ヒール・アンド・トゥの練習にもなりますし。
    • good
    • 0

シフトダウンの際にミッション側の回転を落とさない為にダブルクラッチという技術を使いますが、ヒールアンドトゥはコーナー入り口などで急激な減速が必要な場合にブレーキングをしながらダブルクラッチを行う技術の事です。

エンジンの最も力のある回転域をコーナリング中もキープしておく為に行います。
ダブルクラッチについては、やや旧式の大型バスやトラックなどで、一旦ニュートラルに入れてからシフトチェンジをしている光景を御覧になった事はないでしょうか。ニュートラルに入れた時点で一度クラッチを繋いでミッション側に回転を伝え、あらためてギアを入れているのですが、現在の乗用車では各ギアともに自動的に回転をあわせる機構(フルシンクロメッシュ)が装備されている為に、絶対に必要不可欠な技術ではなくなっています。半端な技術でこれを行う事は逆にクラッチなどへの負担を増やすばかりではないかと思います。
    • good
    • 0

意味は、諸兄が言われているとおりです。


でも、オートマには関係ありません。だって、ペダル2つ、足2本ですから、そんなややこしいことする必要がありません。
車に乗って一般公道で使うような技術ではありません。
やるなら、サーキットでやるのかなあ。

以下は蛇足!!

うさ晴らしに、タイヤをきしませて公道の急カーブをせめる、10万円以上負担して(メーカーに作ってもらった)マフラーを付け替え(てもらって)て、大きな音を出して公道を走って、(自ら、みすぼらしいと思い込んでいる。本当はそうではない。立派に存在しているのにす)自己の存在感をアピールする。
そんなことで、どれだけ心が満たされるのか。残る空虚さは、わかっているのに。
車は、自分が作ったものではないし、その性能を自分が作ったものでのない。
自分は、乗っているだけ。メーカーやディーラや石油資本メジャーの手のひらで、周囲に迷惑をかけて遊ばされているだけ。だれも、そんなことでは、自分をみとめてはくれません。
    • good
    • 0

ヒール(heel)はつま先、トゥ(toe)はかかと。


右足のつま先とかかとをまるで日本の足かのように扱い、
アクセルおよびブレーキを操作します。
その目的等は他の方が答えられているとおりだと思います。
自動車レースやドリフト(走行の種類の一つ。土屋圭一氏が有名)の
ビデオなどで見ることができると思います。
    • good
    • 0

 「何のため?」ですか………んー………それには人それぞれの目的があると思いますよ。



 本来はサーキットなどで「早く走る」ため(「減速」+「(立ち上がり加速のための)シフトダウン」を短時間でやろうとするとどうしても必要になる技術です)編み出されたものでしょうが、それが出来るってだけで出来ないときより何か嬉しいものですし…ね。

 フツーに走っているときには全く必要ない技術ではあるとおもいます。

………たぶん。
    • good
    • 0

コーナー手前では減速しないと曲がれませんが、普通にブレーキを踏むと速度と一緒に回転数も落ちていきます。


そのままだと、そこから加速するのに時間がかかってしまいますが、例えば3速で出るなら3速に合わせた回転数を保つことで、立ち上がりの時のタイムラグを少なくすることができます。
これにより、コーナーからの立ち上がりが速くなるのです。
    • good
    • 0

確か、「ブレーキを踏む」動作と「回転数を合わせながらシフトダウン」を


同時にやることで、フットブレーキ+エンジンブレーキの制動を得るのが目的
だったと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセッテイング チェンジの意味

パソコン(機種 ST450P3-B Standard Edition
GenuineIntel メーカー:Sofmapオリジナルパソコン
Pentium(r)IIIProcessor/メモリー159.0MB)の電源を
入れOS(Windows98 Second Edition 4.10.2222 A)が
立ち上がる前の黒い画面の所で下記の様なメッセージ
が表示されるのですが、どういう意味でどうすれば良
いのですか教えて下さい。(下記のメッセージを表示
しなくさせる為には?)

BIOS detected JP3 setting change,
please enter SOYO COMBO SETUP to set
the CPU frequench and remember to
save before quit!

Press F1 to continue,DEL to enter SETUP

Aベストアンサー

バックアップ電池切れで、パソコン本体が記憶していた設定内容が全部消えてしまったものと思います。
起動後、時計がでたらめになっていればまず間違いなく電池切れです。

電池自体はCR2032という、ボタン型リチウム電池が使われていると思うので、確認してから買いに行って下さい。
最近は100円ショップにも売っています。

電池を交換したら質問の画面のところでDELをおして時計とかを合わせて、設定を保存すれば次は止まらずに進んでいくと思います。

Qヒール・アンド・トウとシンクロについて

ヒール・アンド・トウのwikiを読むと、
効用の項目の中にシンクロの負担を解消する手段でもあると書かれていました。
文面のとおりヒール・アンド・トウ(H&Tからブレーキを差し引いただけのブリッピング(中ぶかし)も含めて)をしないシフトダウンよりも、
したほうがシンクロの負担が減って保護されるということですよね?
よろしくお願いいたします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A6
シンクロメッシュ機構は通常運転でのの変速操作を容易にするものであるが、レースなどでは、シンクロナイザーによる回転合わせは時間が掛かるうえ、一種の摩擦クラッチでもあるので、発熱や摩耗も大きくなり、負担に耐えられない可能性もある。それを解決する手段の一つとして、この操作法が存在する。

Aベストアンサー

お説ごもっともな回答が出てますけどね。図を見て頭の中で考えたんでしょうかね。

シンクロの保護はされます。クラッチつなぐときは伝達トルクが0から100になるんじゃないでしょ。クラッチを戻し始め、つながり始めでカウンターシャフトは増速されますね。そしたらシンクロが同調するまでの時間がやらないよりずーっと短くて済みます。てことは、シンクロにかかる負担が少なくなるってことですね。論より証拠。上手にやればスパッと入ります。これはシンクロが回転合わせのために摩擦してないってことでしょう。つまりシンクロの摩耗が抑制される=保護されるということです。

耐久性云々についても、自動車メーカーはある一定の期間は保証しますけど、それを過ぎたら自前になるのは当然なことで、自分でする修理などについて、先延ばししたいと考えるのはある意味当たり前なことで、そのための方策は大事だと思います。

Qpeople change people どういう意味ですか?

people change people

どういう意味ですか?

Aベストアンサー

人々が人々を変える

Qヒール・アンド・トウによるシンクロ保護について

単刀直入に質問いたします。
ヒール・アンド・トウのwikiの効用の項目に、
ヒール・アンド・トウはシンクロの負担を解決する手段でもあると書かれていました。
ヒール・アンド・トウ(ブレーキを踏まないブリッピング(中ぶかし)も含めて)は、
シンクロを保護するかしないか(wikiが正しいか間違ってるか)と、
その理由をわかりやすく教えてください。
よろしくお願いいたします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A6#.E5.8A.B9.E7.94.A8
シンクロメッシュ機構は通常運転でのの変速操作を容易にするものであるが、レースなどでは、シンクロナイザーによる回転合わせは時間が掛かるうえ、一種の摩擦クラッチでもあるので、発熱や摩耗も大きくなり、負担に耐えられない可能性もある。それを解決する手段の一つとして、この操作法が存在する。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6435117.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6435605.html

単刀直入に質問いたします。
ヒール・アンド・トウのwikiの効用の項目に、
ヒール・アンド・トウはシンクロの負担を解決する手段でもあると書かれていました。
ヒール・アンド・トウ(ブレーキを踏まないブリッピング(中ぶかし)も含めて)は、
シンクロを保護するかしないか(wikiが正しいか間違ってるか)と、
その理由をわかりやすく教えてください。
よろしくお願いいたします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A6...続きを読む

Aベストアンサー

シンクロメッシュ機構というのは、ギアを変速する時に回転数の違うギアを摩擦で強引に回転を同期(シンクロ)させてギアを噛み合わせるための機構です。
なので、ヒール&トウというか、ダブルクラッチやブリッピングによる回転合わせをキチンとしてやれば、シンクロの摩耗は少なくなります。
距離を乗ってシンクロが摩耗してヘタった車は、そのまま変速するとギア鳴りすることがありますが、そういう車もダブルクラッチ踏んで回転合わせしてやると、スパッと変速できます。
(これまでにシンクロのヘタったマニュアルに乗ることが多かったもので・・・)
ギア鳴り上等でガツガツ変速するような荒い運転をする人は、シンクロもかなり痛むのが早いと思います。
まあ、変速なんてもんは、ほんとにキッチリと回転合わせてやると、クラッチ踏まなくても変速できちゃったりするんですけどね。
実際やってみたことありますが、うまくいけば確かにクラッチ踏まずに変速できます。
ただ、うまく回転合わずにおもいっきりギア鳴りしたりギアが入らなかったりガックンガックンとショックが来たりの方が多くて、慣れる前にミッション壊しそうだったので、すぐやめましたけど。(笑)
また、昔のF1やレーシングカー、大型トラックなどは、バイクのようなノンシンクロのドッグクラッチだったそうなので、こういう車ではダブルクラッチ等による回転合わせが必須でした。
(普通に乗用車と同じように変速しようとしても、ガリガリ言うだけでまともにギアは入ってくれない)
まあ、最近はF1もセミオートマでクラッチペダルのないパドルシフトだったりするので、今のレーシングドライバーはノンシンクロのレーシングミッションなんて乗れないんじゃないですかね・・・
あ、いや、F3なんかはまだマニュアルなのかな?
もしそうなら乗れるか。(笑)

シンクロメッシュ機構というのは、ギアを変速する時に回転数の違うギアを摩擦で強引に回転を同期(シンクロ)させてギアを噛み合わせるための機構です。
なので、ヒール&トウというか、ダブルクラッチやブリッピングによる回転合わせをキチンとしてやれば、シンクロの摩耗は少なくなります。
距離を乗ってシンクロが摩耗してヘタった車は、そのまま変速するとギア鳴りすることがありますが、そういう車もダブルクラッチ踏んで回転合わせしてやると、スパッと変速できます。
(これまでにシンクロのヘタったマニュ...続きを読む

Qget+change+backだとどのような意味になりますか?

You got too much change back at house.はどういう意味になりますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私には意味不明です。

「You got too much change back at」までは「~で、あなたは、おつりをもらいすぎた」という意味ですが、「at house」という表現は一般的ではありません。

例えばあなたの家なら「at your house」と必ず「your」を入れるものですし、「自宅」と言いたいなら「at home」です。ただし、自宅でおつりをもらいすぎるとは、どういう状況なのか私には想像がつきにくいです。まあ、たまに息子がそんなふうに言っててお駄賃をせびろうとしますが。

Qヒール・アンド・トウとシンクロについて

ヒール・アンド・トウのwikiを読むと、
効用の項目の中にシンクロの負担を解消する手段でもあると書かれていました。
文面のとおりヒール・アンド・トウ(中ぶかし)をしないシフトダウンよりも、
したほうがシンクロの負担が減って保護されるということですよね?
よろしくお願いいたします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A6

Aベストアンサー

sajihoさんが理解されている通り、ヒール・アンド・トゥは
MTのシンクロの負担を減らす方法です。
ただ、現在の国産車では部品の耐久性も高いので、
そこまで気を使う必要はないと思います。

一般道を通常走行するのであれば必要ないテクニックだと思います。

ただ、軽い上り坂で速度が落ちてきたときや追い越しのために
加速力が欲しくてシフトダウンするときは、クラッチを切ったときに
軽くアクセルをふかして回転数を合わせてあげるとシフトダウン後に
スムーズに加速体制に入れます。
(ブレーキを踏まないヒールアンドトゥみたいなものですね)
こんなとき、多くの方は無意識のうちに、クラッチを繋ぐ前にアクセルを
踏み始め、僅かな半クラでシフトショックを和らげていると思います。

Q英語の意味をお願いします>_<‼︎‼︎Â is frenchBut no change in

英語の意味をお願いします>_<‼︎‼︎

 is french
But no change in pronounciation
Because in the past some words were written differently
For example in the past we wrote : forest. Now forêt
Same with : haste. Now hâte
In fact we add ^ on "a" and "e" to compensate the "s"

Aベストアンサー

 はフランス語表記で、発音上の変化は伴わない。
何故なら過去においては別の表記が為されていたからだ。
例を挙げると、
forest → forêt
同様に、haste → hâte
つまり "a" や "e" の上に ^ を乗せるのは "s" を補うためなのである。

Qヒール&トゥ

かの土屋圭市氏はどこでも常にヒール&トゥしていますが大変安全です
ヒール&トゥは普通の人には練習して身につけるのが難しいものです
それが出来ない人達がヒール&トゥは危険だと否定しているのです
やらないのは自由ですが危険だとか禁止だとか馬鹿などというのは
そう言う人達には技術が無くてやりたくても出来ないからです
町中でもヒール&トゥをすすめる本も昔からたくさんあります
否定的なことを言うのは上手に出来ない人への負け惜しみにしか聞こえません
運転法は人それぞれかも知れませんが理解出来てない人は運転音痴と断言します

これは正しいことで間違っていませんよね?

Aベストアンサー

ヒール&トゥが町中では全く必要ないと思う人、できない人はやらなければいい。人がどう言ってもやる人はやる。僕はできるし必要ならやります。それでいいんじゃありませんか。

エルグランドの話、ATでやるにはどうやるんだろうと頭の中でシミュレーションしてしまった自分を笑いました。

Q「CHANGE THE GAME」の意味を教えてください。

DJ OASISの楽曲で「CHANGE THE GAME」という曲が
ありますが、その言葉の意味を教えてください。

恐らくHIPHOP用語なんだと思うんですが
HIPHOP用語を説明しているサイトで調べても
記載されていませんでした。
よければ皆さんが知っているHIPHOP用語の
サイト等も教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

「CHANGE THE GAME」自体はまだ聞いた事無いんですけど色々HIPHOPのスラングが載ってるサイトなら・・・
http://hiphop2ch.s13.xrea.com/
http://www5.plala.or.jp/badboyz8112t/
http://lyricz.info/
などがあります。
あとDJ OASISじゃなくK DUB SHINEの方ですがスゴイカッコいいアンオフィシャルサイトがあるんでアドレスのせときます→http://www.cathedral.jp/k2/index.html

Qヒール&トゥとバイクの操作

自分はATの軽自動車に乗ってますのでヒール&トゥとは無縁ですが、時々マニュアルのバイクに乗ることもあります。
クルマでいうヒール&トゥとはバイクだとどういう操作になるのですか。
アクセル開きながらブレーキ踏むなんて矛盾してると思うのですが、どういう時に使うのでしょう。

Aベストアンサー

普通は、コーナーに行くまでにブレーキで減速をしながら順次ギアを落としてエンジンブレーキも併用して(…つつ、回転を維持しているんですけど)、ブレーキをリリースすることで加重移動をおこしてリーン(コーナーリング)のきっかけにしているわけですよね、バイクだと。
これを、横着して一気に5速から2速とへってやる場合は、クラッチを切っている間にアクセル当てるじゃないですか。それが、「ブレーキ掛けながらアクセルを開く」ですから、ヒールアンドトゥーになるわけです。

バイクであると、ブレーキリリースをコーナーリングのきっかけ作りなどに使っていますから、アクセル開き加速をしながらブレーキをひきづっても意味があまり無いのですけど…。

クルマであってもブレーキの目的は制動で、ヒールアンドトゥーでも入力の主はブレーキペダルで、アクセルを開くのは加速が目的ではなく、出入力の回転を合わせるつじつま合わせにひとつの足でやるので、器用さ(技術)が必要になっているのです。
バイクにとっては、両手とその指、両足を使えばさほど特殊な技術ではないですけれど、クルマではひとつの足で調整しないとならないので、特殊な技術になります。ですので、それが出来るから「上手でしょ?」という自慢をしたいネタのひとつになります。バイクでいえば、アクセルターンみたいなものです。

普通は、コーナーに行くまでにブレーキで減速をしながら順次ギアを落としてエンジンブレーキも併用して(…つつ、回転を維持しているんですけど)、ブレーキをリリースすることで加重移動をおこしてリーン(コーナーリング)のきっかけにしているわけですよね、バイクだと。
これを、横着して一気に5速から2速とへってやる場合は、クラッチを切っている間にアクセル当てるじゃないですか。それが、「ブレーキ掛けながらアクセルを開く」ですから、ヒールアンドトゥーになるわけです。

バイクであると、ブレー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報