現在、卒業研究でPeat・泥炭を取り扱っているのですが、泥炭中には大量のアルキル直鎖を含んでいてこれを取り除く方法があれば教えてください。有機溶媒で取り除けるらしいのですが何を使ったらいいかわかりません。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

卒研ですか!



まず、ご存知のように調査(下調べ)も研究の中で重要な位置を占めます。

ネットとか図書館で「泥炭」の成分を調べられては如何でしょうか?

特殊なものでなければその処理(分析法)も記載があるものが見つかるかもしれませんよ・・・?

まずは大学の図書館あるいは研究室の先輩からアドバイスを受ければどうでしょうか?

ご参考まで。

頑張って!!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天然有機化合物は直鎖が多い?

予備校の講師の説明で天然有機化合物は直鎖が多いという説明があったのですが、
何か理由はあるのでしょうか?


何かお分かりの方がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どういう化合物を直鎖とするか、何と比べて多いのか(量?種類?合成と比べて?)の定義によると思いますが・・・

例えば、合成と天然の直鎖割合のことなら、
合成化合物は元素の組み合わせの数だけ合成の可能性があり、その場合、直鎖より明らかに非直鎖の化合物の方が種類が多くなります。したがって、種々の合成が積み重ねられれば直鎖が全体に占める割合が少なくなります。その結果、合成物より天然物は直鎖の率が多くなります。

量や種類に着目すれば、多分天然有機化合物は非直鎖の方が多いのではないでしょうか?確かに低分子化合物でみたら直鎖が多いのかも知れませんが、生体を構成する高分子は非直鎖が主体ですし(糖、タンパク質、脂質は直鎖とは言い難い)、環状物質なども結構あります。量でも高分子(非直鎖が多い)が占める割合が明らかに低分子(直鎖が多い)より多いと思われます。

Qアルキルアンモニウム塩水溶液からアルキルアンモニウム塩の抽出

アルキルアンモニウム塩水溶液からアルキルアンモニウム塩の抽出
大学で高分子化学を専攻している4回生の学生です。

アルキルアンモニウム塩( [C8H17NH3]+Cl- )が溶解している水溶液から
アルキルアンモニウム塩を得たいのですが、どのような方法が考えられるでしょうか。

とりあえず、減圧や加熱で水を飛ばして乾燥させる、という方法を考えつきました。
ほかにも再沈殿などの方法で沈殿物を得ることは可能でしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

あなたの目的や操作上の制約等がわかりませんので回答しにくいです。水を飛ばすということを考えているのであれば、アルキルアンモニウムが取り出せさえすれば何でも良いということでしょうか?

普通に考えればアルカリ性にして、アンモニウム塩をアミンに変換し、有機溶媒(エーテルなど)で抽出し、抽出溶媒を除いた後、塩酸で中和する方法が思いつきます。これで具合が悪いということであればどのように具合が悪いのでしょうか?

まあ、単純に塩化オクチルアンモニウムを得たいと言うだけなら、購入するのが現実的だと思います。

Q有機溶媒の除湿(乾燥について)

すみません、よろしければ教えてください。
1立方センチメートルの空間内で有機溶媒(いろいろなもの)を噴射させる処理を行っております。この噴射によって湿度が上がるように感じております。
湿度を低く保ちたいので、有機溶媒を除湿(乾燥)させる方法・機器を探しております。(シリカなどでは難しいようで・・・)
ご存知の方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 1立方センチメートルという体積(容積)は間違ってはいませんか?
 間違っていないとしても、そんなちっぽけな空間に有機溶媒を噴きこむと
そこにあった空気は吹き飛ばされてしまって湿度も何もあったものでは
なくなるのではないかと思うのですが。
 それに、有機溶媒を噴射するのに圧搾空気を使っているとすると
その空気は十分に除湿してあるのでしょうね?

Q有機溶媒

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7874113.html

にて質問させていただいた者です。
ご回答いただきましたお二方には感謝しております。

質問にもありますが、ステンレス性のキッチンシンクに有機溶媒(シクロヘキサン、酢酸エチル及び酢酸ブチル)の液を誤ってかけてしまい、跡が残ってしまいました。

明日ホームセンターでクレンザー等を購入しようかと思うのですが、ホームセンターで購入できる
上記有機溶媒を除去できる溶媒はありますでしょうか?
like dissolves like と言いますが、私には思いつきません・・・

ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クレンザーで良さそうな気がしますが、
有機溶媒を敢えて試すなら私ならアセトン、エタノール、燃料用アルコール辺りを試します。


以下、補足です。参考程度に。

私もリンク先のお二方の回答に賛成です。

ただ、質問者様がクレンザーを試そうとしておられますので実際に有機溶媒をかけた部分が汚れてしまっているのだと考えさせていただきます。

それならば汚れた原因は有機溶媒ではなく、有機溶媒に溶けていた”何か”でしょう。
シクロヘキサン、酢酸エチル、酢酸ブチル自身は無色透明で、こびりつくような汚れともならないからです。これらの溶媒はティッシュで拭けば除去できてしまうものです。

ですからその”何か”を溶かし出す溶媒が必要です。
酢酸エチルは質問者様の仰いますようにホームセンターでの購入は難しいので、ホームセンターに置いてありそうな有機溶媒:アセトン、エタノール、燃料用アルコール辺りを試してみては?と思った次第です。

それでも取れなければクレンザーしかないですかね・・・。

Q溶解性の高い有機溶媒について

有機溶媒で溶解させたい物質があるのですが、適当な溶媒が無くて困っています。
この物質はジメチルホルムアミド(DMSO)、ジメチルスルホキシド(DMF)にはかなり溶けます。しかしこれらは使用できません。
シクロヘキサノン、テトラヒドロフランにはある程度溶解しますが求められている溶解性には足りていません。
一方、キシレンやトルエン、ヘキサン、エーテル類、アルコール類には殆ど溶けません。水にももちろん溶けません。
現状、候補としてN-メチルピロリドン(NMP)、ジメチルアセトアミド(DMAC)があるのですが、これ以外に溶解性の高いと思われる溶媒をご存知の方、ご教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジメチルホルムアミドでなく、モノメチルホルムアミドや無置換ホルムアミド、アセトアミドも試しましたか?
アミド類では環状のN-メチルピロリドン(正しくは1-メチルピロリジン-2-オン)もあります、便利です。
あと毒性はありますがHMPT(HMPA)ヘキサメチルリン酸トリアミドも一時流行りました。

有機溶媒ではないが「濃硫酸」も良い溶媒で、重濃硫酸はnmr溶媒です。有機物は良く溶け、容易に回収できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報