酢酸、ギ酸、レブリン酸を測定するのに最適なHPLCのカラムがあれば教えて下さい。Shodx Sugar SH1011のカラムを使っても大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

研究室に出入りの業者さんからカタログを取り寄せるかあるいは以下の参考URLサイトを参考にしてください。


「Shodex HP」
研究室の先輩は指導してくれないのでしょうかね・・・????

ご参考まで。

参考URL:http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/content1.htm
    • good
    • 0

「Shodx Sugar SH1011」については MiJun さんの回答がありますので,前半の「酢酸、ギ酸、レブリン酸を測定するのに最適なHPLCのカラム」についてアドバイス(?)致します。



他の質問もそうですが,実験方法に関する事はまづ指導教官に,次いで研究室の先輩に聞きましょう。

その上で必要なら,図書館にでも行って,HPLC の事がのっている成書を片っ端から開いて,「酢酸、ギ酸、レブリン酸の測定」が出ていないか探しましょう。

さらには,「Chemical Abstract」等の文献検索をしましょう。化学を行なうものにとっては,「Chemical Abstract」等の文献検索は基礎中の基礎です。

あるいは,各 HPLC カラムのメ-カ-からカタログなり,応用例集なりを集めて探して見ましょう。あ,各メ-カ-に最適のカラムを選ばせて,それらを比較してみるという手もありますね。

または,ダメ元でネット検索してみましょう。例えば,「酢酸」,「ギ酸」,「レブリン酸」を全て含むペ-ジを検索するとどうなるでしょうか?

いづれにしても,御自分でやれる事はたくさんあります。頑張って下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPLCとHPLC/MSの違い

大学院で研究を行なっている学生です。
環境水中のある化学物質の分析を行いたいのですが、幾つかの論文では分析機器としてHPLC/MSが用いられていました。
で、当研究室にはHPLC/MSが無く、かわりにHPLCならあります。

この二つの違いというものはなんでしょうか?
HPLC/MSで検出されるものはHPLCでは検出されないのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HPLC は物質を分ける過程。
MS は物質を同定(質量を測定する)過程。
HPLCで分けたピークを手動でMSにかければ、問題無いでしょう。

Qリン酸化と酸化的リン酸化の違い

リン酸化と酸化的リン酸化に違いはあるんでしょうか?
それとも同じ意味で用いるのでしょうか?

Aベストアンサー

分野によって違うかもしれませんが、
生化学の質問でしたら、

リン酸化
リン酸基を結合させる反応

酸化的リン酸化
電子伝達系に共役して起こるリン酸化
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%9A%84%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%8C%96

ミトコンドリアでATP合成酵素によってADPがATPになる反応は酸化的リン酸化、リン酸化はどちらも使えますが、
(先生によってはリン酸化と呼ばないように言うかもしれませんが)

Chk2がp53のSer15にリン酸基を結合させる反応はリン酸化と呼ばれますが、酸化的リン酸化とは呼ばれません。

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

QHPLC用のリン酸ソーダの調整方法

はじめましてHPLCの初心者です、よろしくお願いいたします。
実は文献を見ながらHPLC分析をする事になりましたが良く判らない事があるのでお教えください。
「C18カラムで移動相4mMリン酸ソーダ緩衝液(pH6.0)を1ml/minで流す」と文献にあるのですが、この中の4mMリン酸ソーダ緩衝液(pH6.0)の調整方法が良く判らないのです。
まず、リン酸ソーダといってもリン酸1ナトリウムかリン酸2ナトリウムのどちらを使えば良いのかわからないんです。
これらのことについて、どなたかお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでに出ている方法で問題ありませんが,別の方法を.

1L 作るとします.リン酸2水素ナトリウム(1ナトリウム)を 4mmol 分秤量し,水を900mLくらいで溶かします.
pH メータで pH を見ながら,1mol/Lくらい(適当でかまわない)の水酸化ナトリウムで pH を 6.0 まで上げます.
ビーカーの中身をメスフラスコに移し,1L に合わせます.
用途によってはビーカーの目盛で1Lにしてもかまわないこともあります.
ろ過とか脱気とかは必要に応じて.

Q高速液体クロマトグラフィー(HPLC)について

現在HPLCを勉強中なのですが、HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

>>HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなど
昭和電工様のHPLCの入り口のページを添付しました。ニュースレターなどをご請求下さい。
他に和光純薬様、東京化成様、島津製作所様、ジーエルサイエンス様などのニュースレターをお集めになると良いと思います。
また、日本化学会、日本薬学会、日本分析化学会での発表をご覧下さい。

参考URL:http://www.shodex.com/

QHPLCのリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製

 HPLCの緩衝溶液;リン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製法を教えてください。
 核酸関連の物質(ATP,ADP,AMP,IMPなど)をHPLCで分離させるために,島津の分析ガイドに掲載されている方法を用いています。その移動相なのですが,100mMリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)との記載です。
 とりあえず,考えつく方法で緩衝溶液を調製しました。リン酸溶液にトリエチルアミンを少しずつ加えてpH6.8に調整した後,リン酸濃度が100mMになるように定容しました。
 この緩衝溶液とアセトニトリルを100:1の割合でを用いて分離を行いましたが分離が上手くいきません。緩衝溶液以外の部分は設定を完全に合わせてあるので,緩衝溶液以外に原因が考えられません。
 ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私も同じアプリケーションを使って分析していると思います。同じように迷いました。
そしてコールセンターに問い合わせ、得られた回答です。
リン酸6.8ml、トリエチルアミン20.9mlを1Lに定容するんだそうですよ。

QHPLCに関する質問:テトラヒドロフラン

現在HPLCを使用してます。
テトラヒドロフランでカラムの洗浄ができることということが、HPLCの説明書に書いてあるのですが、
テトラヒドロフランはポンプによくないということを知人に言われまして。
どなたか理由をしっているかた教えてください。

Aベストアンサー

汎用されているC18などの逆相HPLCと仮定して回答いたします。
一般的に逆相HPLCで用いる溶出液の系は水+比較的水溶性の高い(極性の高い)有機溶媒です。具体的にはメタノール、アセトニトリル、使ってイソプロパノールでしょうか。

ポンプ自体はこのような溶媒の使用を前提として部品が使われていますので、THFなどの相対的に極性の低い溶媒を使うと部品(樹脂部品など)が痛むというハナシはよく聞きます。
ただし、最近の機器はその程度ですぐに機械がだめになるとはおもいませんが。
詳しくはHPLCのメーカーさんに聞くとよいかと思います。メーカーさんではそういった耐有機溶媒の実証実験をやっていますので。

Qリン酸塩溶液と酢酸カルシウムの反応

リン酸塩溶液中に酢酸カルシウムを入れたらどういった反応をするでしょうか?
リン酸塩溶液はPH7~8、温度は25℃程度として。

リン酸カルシウムができるのではないかと思っているのですが、副生成物は何ができるでしょうか?
できれば化学式で教えてくれるとありがたいです。
また、PHの変動はあるでしょうか?

Aベストアンサー

リン酸塩が pH=7~8、酢酸Caがおよそ pH≒9 程度として、

リン酸塩が緩衝溶液でないとして、加えた時点で pH=8~9 程度。

Ca3(PO4)2 が沈殿して多少pHが下がって 7~8 程度とすれば(かなり適当)、

酢酸(HOAc)のpKa=4.76<7 より、その殆どが酢酸イオン(OAc^-)の状態であると考えられるでしょう。

QHPLCによるカフエインの定量での溶離液について

HPLCによるカフエインの定量を行う際、まずメタノール100%を流した後に水:メタノール=60:40に切り替えて溶離液を流した後、カフエインの標準液を注入し、検量線を作成し、その後、カフエインを含む試料(お茶など)を流し、試料濃度を検量線より求め、終了して、また1週間後にカフエインを含む別の試料の定量を行う場合もその都度、最初と最後にメタノール100%を送液するように言われました。1週間後にいろんなお茶など同じカフエインの定量を行う場合でも、まずメタノール100%を送液した後、水:メタノール=60:40で濃度決定を行い、またメタノール100%を送液するようにしなくてはいけないのでしょうか。水:メタノール=60:40で送液してそのまま終了し、そのまま新たな別のカフエイン試料を注入してはなぜいけないのでしょうか。なお、HPLCはカフエインの定量だけで他の人はHPLCは使用しません。HPLCの初心者で分かりませんので宜しくご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験からいいますと

 (1). 分析終了後にメタノールでカラムを洗浄する。
    (カラムはメタノール充満状態で保存する)
 (2). 使用時はベースが安定するまで溶離液を直接流す。
 (3). ベースが安定したら分析を始める。
 (4). 分析終了後は(1)に戻る。
  
    参考にして下さい

Qシュウ酸→ギ酸の反応式を教えて下さい

文献を読んでいて、水中でシュウ酸が経年変化によってギ酸に変化・・という文面があったので、色々調べましたが、反応式が分かりませんでした。

単純に考えると
C2H4O4+H2→2HCOOH
になりますが、水中でこのようなことが起こるのでしょうか。

ご存知の方いらっしゃいましたら、教えていただきますと助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お書きになっている2つの式
>C2H4O4+H2→2HCOOH
>C2H4O4+H2O→HCOOH+H2CO3 

どちらもC2H4O2になっています。
蓚酸はC2H2O4のはずです。

蓚酸が蟻酸になれば炭素の還元が起こっています。
上の式はそれを表しているのですが水溶液中でH2を考えるというのは無理です。
還元剤のないところで還元が起こるという場合は不均化が起こっていると考えられます。
蓚酸の2つの炭素の片方が酸化され、他方が還元をされていることになります。
蓚酸が二酸化炭素になればCは酸化されています。

2つ目の式は
(COOH)2→HCOOH+CO2
と書いても同じです。

蓚酸は還元剤として働くというのはよく出て来ます。
酸化還元滴定の標準物質になっています。
その時の式は
(COOH)2→2CO2+2H^++2e^-
です。


人気Q&Aランキング