二世帯の木造の注文住宅を建てようと思っています。
ハウスメーカーにしようと、思っているのですが、その理由は、単に、手っ取り早いというのもありますが、実家が持っているアパート(築15年くらい)を建てた工務店が、つぶれちゃった。というのも理由の一つなのです。
メーカーの方が潰れたりしなそう。

でも・・・建てた後の事って どうなのか、実は良くわかりません。
家なんて、どのくらいでどんな問題が出るか、わかりませんよね。

欠陥住宅とまでは、行かなくても何か、あったときに、やっぱり、業者が存在しているってことは、大きなことなんでしょうか?

メーカーで、建てたから、事後のことで、得するようなことってあるのでしょうか。

どなたか、教えてください!

A 回答 (3件)

今、法律で10年間が保証する期間として延長されました。

最近、多くなってきた手抜き工事や隠れた瑕疵の問題に対応したものと思われます。保証の内容は建築上の根本的な部分に限られるようですがひとつの進歩でしょう。
メーカーか工務店かの判断ですがどちらもいいところや悪いところがあるようです。メーカーは看板があって一見、安心のようですが実際の工事は下請けの工務店がやっているわけです。トラブルがあったときの対応はメーカーがしますが最初の施工は工務店がやるわけでしっかりした工務店であればメーカーの下請けでなくても後々のトラブルは少ないようです。要は実際の工事は同じ工務店がやるだけでメーカーの看板による安心があるかないかだと思います。しっかりした工務店を選ぶのに参考になるのが以下の
サイトですのでごらんください。

参考URL:http://ie-navi.com/present/index
    • good
    • 0

大抵の場合、建築工務店業者及び不動産業者が連帯となって窓口を設けてメンテナンスにあたっています。


実際のところ、その業者やメーカーによって異なりますが3年以内のメンテが妥当かと思います。
壁のひび割れ・床下の欠落・雨漏り・ドアの歪み・クロスのはがれ・等等~破損箇所によって1年保証とか2年以内にとかメンテの概要事項を書面で渡されるはずです。
あとはよほどの欠陥住宅でない限り、消耗度で自己負担の修繕になっていくでしょう。
注意しなければいけないのは、ローンは銀行等の金融機関と取引するわけで、メーカーは金融機関から一括清算するので・・・つまりその時点でメンテ保証も受け負わずにドロンする工務店もあり得るわけです。
まあ小規模なところより大手メーカーなら建築がしっかりしている分、保証にも自信があるので長期間のメンテナンスをしてくれると思いますが・・・・
その分売却価格も高いですよね・・・・。
    • good
    • 0

大手のハウスメーカーの場合メンテナンス専門の部署が有ります。


数をやっているので工法等にも安定感がありますね。営業面でもお客様のクレームは影響しますので早い対応が期待できます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q震度6弱で木造の家は潰れますか?

自分は埼玉南部に築8年の2階建の木造のアパートの一階に住んでいます。
今後関東大震災レベルの地震があれば、こういうアパートは潰れてしまうでしょうか。
現地が
震度6弱ならどうでしょう。
震度6強ならどうでしょう。
震度7ならどうでしょう。

ちなみにロフトで寝たりしているのですが、やっぱり危険ですかね。

Aベストアンサー

建築士です。

ある特定の建物が地震に対して倒れるかどうか、これは他の回答者さんが書かれているとおり様々な要因が絡み合ってきますので、この場で答えは出ません。

しかし築年数が浅いので、ほぼ現行の法律に従って建てられている今回の建物の場合、建物が健全であると仮定すれば耐震性能は下記の程度と考えて差し支えありません。

>震度6弱ならどうでしょう。

損傷しますが、倒壊はしません。

>震度6強ならどうでしょう。

損傷は激しいですが、倒壊はしません。

>震度7ならどうでしょう。

損傷が激しく、倒壊する建物もあります。


ちなみに震度7は最高の震度なので、地球が壊れる規模の地震でも震度7と判断されます。つまり、おおげさに言えば震度7に対して倒壊するしないを論議するのはおかしい。(一部のメーカーは過去の震度7の揺れに耐えれば震度7に耐えると過大広告している。)

>ちなみにロフトで寝たりしているのですが、やっぱり危険ですかね。

布団で寝ているより、落ちる危険性がある分だけ危険なだけです。

ちなみに耐震性は、現状を調査した上で構造計算を行うので素人にはわかりませんし、賃借人が調べることも出来ません。

建築士です。

ある特定の建物が地震に対して倒れるかどうか、これは他の回答者さんが書かれているとおり様々な要因が絡み合ってきますので、この場で答えは出ません。

しかし築年数が浅いので、ほぼ現行の法律に従って建てられている今回の建物の場合、建物が健全であると仮定すれば耐震性能は下記の程度と考えて差し支えありません。

>震度6弱ならどうでしょう。

損傷しますが、倒壊はしません。

>震度6強ならどうでしょう。

損傷は激しいですが、倒壊はしません。

>震度7ならどうでしょう。

損傷...続きを読む

Qハウスメーカーと工務店の違い

近い将来に家を建てようかと考えておりますが、いわゆるハウスメーカーと地元の工務店では、どのような違いがあるのでしょうか?特に工務店のシステムなどを教えて下さい。

Aベストアンサー

ハウスメーカーか工務店かの選択の前に、暮らしたい家のビジョンを持ちましょう。描いたビジョンをぶつけて、感性的に理解してもらえるところを選択するのが一番だと思います。家を建てる事が目的ではなく、建てた家で長年過ごしていく事が目的のはずだからです。
その時の注意点をいくつか・・・。
(1)総予算をはっきりしておきましょう。
 簡単な話です。自己資金(現金)がいくらか?返済可能 額から追った借入額がいくらか?合わせて総予算です。
(2)モデルホームより、実際に住まうために建てた家を見せ
 てもらいましょう。そこでご入居の方のお話を聞かせて もらって下さい。
(3)最初に提案してもらう時に、細かい要望は言わないよう にしましょう。
 まず、詳細の打合せをしていく業者を絞る意味で、大ま かなビジョンだけを話して、業者にコンペ的に案を出さ せる事で感性が合う合わないを判断しましょう。
 ビジョン・・・例えば、絶対的に必要な部屋の種類。
        (これは、何はともあれ伝えるべき事)
        こんな事がしたいという家に対する夢、        家族のコミュニケーションに対する考         え、子育ての事、趣味の事、夫婦各々プ        ライベートの事、来客の事・・・。
 ※こういう事が雑談的に話せればベストですね。
最後に、最終的な判断の中でひとつ大切な事は、見積の形式です。一式見積りではなく、材料手間の単価数量が細かく出ている詳細見積りを提出するところがいいでしょう。
詳細見積りは作り手側のひとつの誠意です。ただ、ここでの依頼側の注意点は、依頼側はあくまで総予算に対する管理を心掛ける事を主とし、単価数量に対してなるべく細かいチェックを入れない事です。
以上のような事を念頭に、結果としてハウスメーカーなのか工務店なのか、という事ではないでしょうか。

ハウスメーカーか工務店かの選択の前に、暮らしたい家のビジョンを持ちましょう。描いたビジョンをぶつけて、感性的に理解してもらえるところを選択するのが一番だと思います。家を建てる事が目的ではなく、建てた家で長年過ごしていく事が目的のはずだからです。
その時の注意点をいくつか・・・。
(1)総予算をはっきりしておきましょう。
 簡単な話です。自己資金(現金)がいくらか?返済可能 額から追った借入額がいくらか?合わせて総予算です。
(2)モデルホームより、実際に住まうために建てた家を見...続きを読む

Qハウスメーカーの指定工務店を探したい

家を増改築することになり、業者を探しています。
2×4住宅ということもあり、既存建物を設計したハウスメーカーと話を進めていますが、対応の遅さと価格面で不満を感じています。

他メーカーでもいいのですが、2×4住宅のメーカー指定工務店に直接頼めば、直接施工で、余分なマージン分安く上がるのでは・・・とシロウト考えで思うのですが、そういった工務店はどうやって探せばよいのでしょうか?

それとも、そういった工務店は設計力や管理力の点で
不安があるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

ハウスメーカーの規模が大きければ大きいほど、そういった専業の協力業者
(自前で設計から施工、アフターフォローまで全て行える工務店)が存在する
確率は高くなりますが、現実にそれを見つけるのは難しいと思います。
しかし、まれにハウスメーカーのホームページに、自らの協力業者の名前を
公表しているところがあるくらいですから、可能性はゼロではないでしょう。
あと、工事の規模が数千万円ならば、興信所を頼るのも一法かもしれません。

でも、運良く、そこの専属の業者を突き止めたとしても、実際に工事契約に
応じてくれるかどうか不安があります。
といいますのは、既に元のハウスメーカーが事情を知ってしまっているだけ
に、もし工事をしているときに、いつも世話になっているハウスメーカーに
現場を見られたら、その業者の信用が無くなって、取引関係が壊れてしまう
恐れがあるからです。
材料の仕入れ先業者との接触もあるはずなので、最初から最後まで、全て
隠密に工事を進めることは、ちょっと難しいかもしれません。

ここで私の意見ですが、私は、今のハウスメーカーと全く別の2×4業者を
探すべきだと思います。

利点としては、一つには、堂々と相見積もりを取ることができるからです。
見積もり明細の比較ができますから、不備が見つけやすくなります。
2×4の施工業者が加入する協会がありますので、検索してご検討されて
みてはいかがでしょうか?
あとリフォーム業者を公平な立場で登録している団体もありますので、
そちらの方面からの検索もされてみてはいかがでしょうか?


▼(社)日本ツーバイフォー建築協会
http://www.2x4assoc.or.jp/
右上の「お近くの会員紹介」にて、お住まいの都道府県名を選択します。


▼住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる
 リフォーム事業者の情報提供サイト
http://www.refonet.jp/

参考URL:http://www.2x4assoc.or.jp/,http://www.refonet.jp/

ハウスメーカーの規模が大きければ大きいほど、そういった専業の協力業者
(自前で設計から施工、アフターフォローまで全て行える工務店)が存在する
確率は高くなりますが、現実にそれを見つけるのは難しいと思います。
しかし、まれにハウスメーカーのホームページに、自らの協力業者の名前を
公表しているところがあるくらいですから、可能性はゼロではないでしょう。
あと、工事の規模が数千万円ならば、興信所を頼るのも一法かもしれません。

でも、運良く、そこの専属の業者を突き止めたとしても、...続きを読む

Q木造住宅メーカーの柱の太さを教えて下さい。

これから家を建てようと計画をしています。主人も私も木造がいいと考えていますが(ツーバイフォーではなく、在来工法の方がより理想)同じ木造といってもいろいろ異なると思いますし、柱の太さなども違うと思います。工法については各社のホームページ等に概略が説明されていますが、柱の太さについてはどんなに調べてもよくわかりません。そこで各社の柱の太さを既に建てられたなどでご存知の方、教えていただけませんか?
今候補にあげているメーカーは
・住友林業
・一条工務店
・積水ハウス
・東日本ハウス
です。ちなみに二世帯なので3階建てを希望しています。

Aベストアンサー

設計事務所を主宰する者です、ご質問の趣旨とは少し離れるかもしれませんが参考にしてください。
ハウスメーカー77社/個別診断という本が出版されているようです。下記アドレスに掲載されています。
http://www.kj-web.or.jp/sinkan/hausu.htm
納得の出来るお家を希望でしたら、客観的な立場で、何でも相談できる、よい設計者をパートナーに選んで話を進めたほうがよいと思います。設計事務所は敷居が高いと思われがちですが、そうでもありません。
設計事務所を理解するのに
http://www.aurora.dti.ne.jp/~yoneto/Whjimusyo.html
を参考にしてください。
また多くの設計者に出会えるサイトを下記に紹介いたします。
設計を依頼されたお客様にいつも読んで頂いている本があります。
大変お勧めです。
それでも建てたい家(新潮文庫)著者:宮脇檀

参考URL:http://www.aims-system.co.jp/patio/service.html

Q今のハウスメーカーのシステムと違う冷暖房システムの家を建ててくれる工務店を探したい

54歳のMAGOmagoです。市の下水道工事が終る来年4月から、築30年の自宅を更新予定です。エコ住宅にしたいと思っていて、最近は暖冷房を太陽熱や地中熱で賄いたいと考えるようになりました。地中熱関連の人からNEDOが補助金を出してくれると聞きました。NEDOの資料によると、住宅メーカー等がNEDOのシステムの公募に提案をしておき、建築主がそのシステムを選択して補助金の交付申請をする方法のようです。そこで、地中熱の年間変化の無い15度前後の熱を利用する方法を考えていますが、これをNEDOに提案してくれる工務店を探したいが、良い方法が分りません。ハウスメーカーでも良いのですが、メーカーさんはそれぞれポリシーを持っているので無理かも知れません。こちらの思いを叶えてくれる工務店の探し方は・・

Aベストアンサー

MAGOmagoさん。今日は。
「NEDO」「地熱利用」「冷暖房」で検索しました結果、東京に本社がある『地熱エンジニアリング株式会社』が見つかりました。(URLは下記)
そのHPの「地中熱ヒートポンプ」(GeoHP)に詳しく解説があり、NEDOの補助金の件もきさいされていますが、まだ成案とはなっていない様子です。とにかく設備が大掛かりになり、初期コストが掛かるので日本では未だ民家への適用は一般的ではない様子です。
エコハウスについては私も興味があり、例えば、南 雄三氏のHP
http://www.t3.rim.or.jp/~u-minami/index.shtml
の「教室」を覗いて見てください。
(地熱利用のスーパーエコハウスは出ていませんが、いろいろな観点から、「いい家」の話しが出ています)
また、外断熱の家について一般工務店を探すのであれば、
http://www.matsumi.com/
から鐘化HPへ進み「ソーラーサーキット」メンバーが分かります。以上ご参考まで。

参考URL:http://www.geothermal.co.jp/index.htm

MAGOmagoさん。今日は。
「NEDO」「地熱利用」「冷暖房」で検索しました結果、東京に本社がある『地熱エンジニアリング株式会社』が見つかりました。(URLは下記)
そのHPの「地中熱ヒートポンプ」(GeoHP)に詳しく解説があり、NEDOの補助金の件もきさいされていますが、まだ成案とはなっていない様子です。とにかく設備が大掛かりになり、初期コストが掛かるので日本では未だ民家への適用は一般的ではない様子です。
エコハウスについては私も興味があり、例えば、南 雄三氏のHP
http://www.t3.rim.or.jp/...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報