ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

現在中小企業診断士にて、財務会計を勉強しております。

その中で正味CFにて、

 正味CF=営業利益+減価償却費

となる式が出てきましたが、こうなる理由がよく理解できません。


ちなみに各項は
 ・正味CF=収入-支出
 ・営業利益=営業活動に行って得た利益
 ・減価償却費=固定資産を年々減少させる費用
といった理解でおります。


ご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1,2,3です。



>人件費や販間費、原価はどこにいったのでしょう?

人件費や販管費、原価等は、#1の回答のなかでは「現金支出」に含まれています。
現実には未払金等で現金支出ではないかも知れませんが、本件の本質には無関係ですので、あえてすべて現金取引を想定しています。

>というか、むしろなぜ減価償却費しか引かないのですか?

「しか」と仰せの趣旨が、「人件費等は何故引かないのか」という意味なら、その疑問は的が外れていますね。
人件費等は、「営業利益」を算出した過程で既に"織り込み済み"なのです。
そうではなく「何故退職給付引当金とかが関係してこないのか」という疑問なら真っ当です。でも、そういう疑問ではなかったようですね。

貴殿の読まれている参考書の前後関係がよく分からないので想像ですが、おそらく、期中でどれだけ現金が増えたか(若しくは減ったか)を計算するやり方を原理的に示そうとしたのだと思います。
普通、思いつくのは、売上でいくら入ったかを加え、人件費や仕入れでいくら出ていったかを差っ引けば答えが出ると考えるのが素直なところです。
なので、貴殿も、「人件費や販管費、原価等はどうなっているのか」と疑問を呈されたのだと思われます。

で、これは実は「CF計算書の作成の問題」なのです。CF計算書というのは、資金の流れを記述し末尾に結論的に資金の増減額を記載した計算書なんですが、この作成方法には大別して2つあり、ひとつは「直接法」でもうひとつは「間接法」です。
「直接法」は、直前で申したとおり、資金の出入りをストレートに追っかけていくやり方で、直感的に理解しやすいのですが、「間接法」というのは、利益に対して減価償却費などの『資金でない項目』を足したり引いたりして求めていくやり方のことを言います(本当は正確な表現ではないのですが、本スレッドの本旨ではありませんので・・・)。

■この間接法は、複式簿記の知識がないと決して理解できません。

貴殿の読まれている参考書の箇所は、「間接法」の"さわり"の部分を紹介しているものと思われます。
何故減価償却費しか引かないのかは、とりあえずは「回答#1をじっと見つめてください」としか言いようがありません。
    • good
    • 0

会計士です。



正味CFも色々と意味がありますが、テキストに出てきたものは
営業利益=キャッシュインフロー-キャッシュアウトフローと
考えているのでしょう。

つまり、利益=CFと考えています。

そうすると、利益の中に含まれている減価償却費は、
キャッシュフローを伴わない支出であるため、
(過年度においてもうキャッシュアウトしている)
その分を加算してあげます。

DCF法等企業の価値を計算する時に用いる方法ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ということは、

 CF=営業利益

ということに願わくばしたい。
しかし営業利益の中には現金支出を伴わない減価償却費を
含んでしまっている。そのため

 CF=営業利益+減価償却費

のように、減価償却費を足し戻してあげる必要がある。
という具合でしょうか??

お礼日時:2013/11/28 01:39

#1、#2です。



「減価償却費」は、消耗品費などと違って、『キャッシュ(お金)の出を伴わない費用』であることはご存知ですよね。
#1の例で、P/Lに減価償却費が100計上されているからといって、この年に100の現金が出ていったわけではありません。#2で補足説明したように、固定資産は何年か前にドーンとお金を出して購入済なんです。キャッシュはそのときに出ていっただけです。
つまり、「減価償却費」は「資金の支出を伴わない費用」なんです。
    • good
    • 1

#1です。



>・減価償却費=固定資産を年々減少させる費用
といった理解でおります。

上記理解は、勿論間違いではありませんが、下記のように理解することもできます。

消耗品を1000万円買えば1000万円の費用が計上されます。
同じように、1000万円の機械(固定資産)を買えば、1000万円の費用を支出したことになります。
ところが、消耗品はすぐに消えて無くなるのに対し、固定資産は何年何十年と寿命が長いので、会計の世界では、機械を購入した年度には全額を費用としては認めてくれないんです。その機械の寿命を仮に10年とすると、1000万円を10年分割で、毎年チョビチョビ費用として認めてくれるだけなんです。
この毎年認められる「チョビチョビ費用」のことを「減価償却費」と呼んでいるんですゎ。
このように理解すると、P/Lで、減価償却費が消耗品などと同列に並んでいる理由が理解できますね。

複式簿記では、物事を両面から捉えることが肝要です。
  片面:「減価償却費」という費用をP/Lに計上される
  もう片面:B/Sで、固定資産の簿価が同じだけ減少する
    • good
    • 0

〔P/L〕


 (収益)
  現金収入=1000・・・・・(1)
 (費用)
  現金支出=700・・・・・(2)
  減価償却費=100・・・・・(3)
 (利益)
  利益=(1)-{(2)+(3)}=200・・・・・(4)

で、
CF=(1)-(2)=1000-700=300
利益+減価償却費=(3)+(4)=200+100=300

∴正味CF=営業利益+減価償却費!!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかるような、わからないような。。。



現金収入-現金支出-減価償却費=営業利益

というか、むしろなぜ減価償却費しか引かないのですか?
人件費や販間費、原価はどこにいったのでしょう?

お礼日時:2013/11/28 01:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+税率×減価

「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+税率×減価償却費」と「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF-減価償却費)+減価償却費」の2つは同義なのでしょうか?

中小企業診断士の財務会計を独学中です。

TAC出版の「中小企業診断士 最短合格のためのスピードテキスト2 財務・会計」のP.120に

「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+税率×減価償却費」とあり、

また、営業利益をベースに算出式を以下のように展開することもできるとも書かれていました。

「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF-減価償却費)+減価償却費=(1-税率)×営業利益+減価償却費」

つまり、「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+税率×減価償却費」と「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF-減価償却費)+減価償却費」の2つは同義(イコールで結べる)なのでしょうか?

「(CIF-COF-減価償却費)+減価償却費」=「営業利益+減価償却費」というのは理解できるのですが、
式の「(CIF-COF)+税率×減価償却費」と「(CIF-COF-減価償却費)+減価償却費」の箇所がイコールになるような気があまりしないのですが、どうなのでしょうか?

営業ベースでと書かれているところがポイントになってるかと思うのですが。。よく理解できてません。

どなたか教えてください。お願いします。

「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+税率×減価償却費」と「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF-減価償却費)+減価償却費」の2つは同義なのでしょうか?

中小企業診断士の財務会計を独学中です。

TAC出版の「中小企業診断士 最短合格のためのスピードテキスト2 財務・会計」のP.120に

「経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+税率×減価償却費」とあり、

また、営業利益をベースに算出式を以下のように展開することもできるとも書かれていました。

「経済的効果(正味CF)...続きを読む

Aベストアンサー

経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+税率×減価償却費
経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+(税率-1+1)×減価償却費
経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)+(税率-1)×減価償却費+減価償却費
経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF)-(1-税率)×減価償却費+減価償却費
経済的効果(正味CF)=(1-税率)×(CIF-COF-減価償却費)+減価償却費

Qキャッシュフロー計算書の固定資産除却損の扱いについて…

質問なのですが、表題の通りキャッシュフロー計算書のどの項に固定資産の除却損を計上するのか分かりません。

例えばユニクロのC/Fですと、営業活動によるキャッシュフローの項に有形固定資産除却損が計上されています。
また別の会社では投資活動によるキャッシュフローの項に固定資産除却損が計上されている場合があります。

営業活動によるC/Fか投資活動によるC/Fかはどのように判断すればよいのでしょうか?
除却する物件によって変わるのですか?
お分かりの方がいらっしゃれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 有形固定資産除却損は通常は除却した固定資産の簿価であり、売却損とは異なり、通常はキャッシュの増加はありません。そのため、税引前当期純利益という「利益」を現金の裏付けのある営業キャッシュフローに変換していく過程で消し込んでいきます。

 具体的には税引前当期純利益の計算過程で除却損の金額がマイナスされているはずですので、営業キャッシュフローの計算区分で加算することで、非資金取引である除却損をのぞいていきます。

 そのため、通常は有形固定資産除却損は営業キャッシュフローの区分でプラスで計上されます。


 また、有形固定資産の除却時に除却作業等による現金支出を伴った費用(廃棄のための運搬費用など)が計上されることがあります。
 この場合の除却費は投資キャッシュフローの区分に計上されます。

 まとめますと、キャッシュの増減を伴わない除却損は営業キャッシュフローの区分に、キャッシュの増減を伴う除却損(除却費用)が投資キャッシュフローの区分に計上されます。

 よって、どちらが間違っているということではないと思います。

Q内部利益率(IRR)をわかりやすく説明してください

内部利益率(IRR)に関する資料を読んでいるのですが、うまく頭に入ってきません。

どなたか、わかりやすく説明していただけませんか?

Aベストアンサー

>NPV=(初期投資額)+(将来予想されるCFの和)
>がゼロになる、またFINDRUNKさんのご説明でも、「NPVがゼロとして」とありますが、NPVがゼロになる、というのはどのような意味をもつのでしょうか?

NPVの式と意味は理解しているという前提でお話しします。

NPVの式で分母に出てくる割引率は「投資プロジェクトの要求利回り(資本コストとも言う)」を表しますが、これが上昇すると、分母が大きくなるので、NPVは小さくなります。
ここで、プロジェクトの要求利回り(r)で割り引いて、NPV>0となった場合を考えましょう。
この割引率をrからさらに引き上げていけば、NPVは減少していき、いずれNPV=0になりますが、このときの割引率(これがIRRです)は、(値をrから引き上げていったのだから)当然rよりも大きい値になっているはずです。
したがって、NPV>0ということと、IRR>rということは、ほぼ同じことを意味しています。
(同様に、NPV<0であれば、IRR<rとなっています)

では、このNPV=0となるときの割引率であるIRRとは何ものなのかということですが、「投資とリターンが等しくなるときの利回り」なので、要するに「その投資の平均利回り」と考えることができます。

簡単な例として、初期投資100万円、1年後に105万円得られるプロジェクトを想定してみて下さい。
NPV=-100+105/(1+0.05)=0
となるので、IRR=5%です。
これは「100万円を1年間投資して1年後のリターンが105万円である場合の利回りは5%です」というのと同じですよね。
因みに、もしプロジェクトの要求利回りが3%であれば、
NPV=-100+105/(1+0.03)=1.94
で、NPV>0で、IRR>要求利回り3%となっています。

したがって、極めて粗い言い方をすれば、
プロジェクトの要求利回り(r)=プロジェクトの借入金利%
IRR=プロジェクトの平均利回り%
NPV=プロジェクトの最終的な儲け¥
であり、
プロジェクトの利回りが借入金利より高ければ(IRR>r)、儲けが出ている(NPV>0)
と、感覚的にとらえてもいいと思います。(厳密な表現ではありません)

>NPV=(初期投資額)+(将来予想されるCFの和)
>がゼロになる、またFINDRUNKさんのご説明でも、「NPVがゼロとして」とありますが、NPVがゼロになる、というのはどのような意味をもつのでしょうか?

NPVの式と意味は理解しているという前提でお話しします。

NPVの式で分母に出てくる割引率は「投資プロジェクトの要求利回り(資本コストとも言う)」を表しますが、これが上昇すると、分母が大きくなるので、NPVは小さくなります。
ここで、プロジェクトの要求利回り(r)で割り引いて、NPV>0となった場...続きを読む

Q価格差異と数量差異について

価格差異=実際消費量×(標準価格ー実際価格)
数量差異=(標準消費量ー実際消費量)×標準価格
となると参考書には載っていますが、なぜ価格差異を大きくするように計算するのでしょうか?下記のように価格差異を計算する時に『標準消費量』、数量差異を計算する時に『実際価格』を掛けて計算しないのは何か理由があるのでしょうか?
価格差異=標準消費量×(標準価格ー実際価格)
数量差異=(標準消費量ー実際消費量)×実際価格

Aベストアンサー

細かく分けると
純粋な価格部分の差異
 =標準消費量×(標準価格-実際価格)
純粋な数量部分の差異
 =標準価格×(標準消費量-実際消費量)
のこりは混合部分

ですね。
ところで、標準原価計算の目的は「原価管理」ですから、現場管理者に管理できる部分(管理可能差異)と管理できない部分(管理不能差異)を把握したいわけで、この場合の価格差異は外的な要因のため管理不能、数量差異は内的な要因のため管理可能に分類されます。
混合部分は価格要因が含まれているため管理不能となりますから、価格差異に含めて計算するのです。

Q営業利益と事業利益の算出方法

テキストに
事業利益=営業利益 + 受取利息・配当
と書かれています。

また、営業利益に関して
営業利益=経常利益 + 受取利息 +配当金 - 支払利息
と記載があるのですが、そうすると

受取利息・配当は2回計上されることになりませんか?
この点に関して腑に落ちないのですが、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

事業利益に受取利息・配当が2回計上されるのかとのご質問は、営業利益と経常利益との関係式を誤解されたことから出たのですね。ご主旨理解しました。

>例えば営業利益 30,000とあった場合、
この30,000という数字には受取利息と配当金は含まれていないという
解釈でよろしいのでしょうか?//

そうです。営業利益には財務活動の収益・費用は含まれません。下記URLにある損益計算書(報告式)をご覧ください。

参考URL:http://ameblo.jp/dokuboki/entry-11172010238.html

Qキャッシュフローで、固定資産売却益が▲な理由は?

キャッシュフローに詳しい方、お教え願います。
実は、とある会社の有価証券報告書を見ていたところ、キャッシュフローで判らない箇所がありました。
営業活動によるキャッシュフローの部分の固定資産売却益が▲表示、支払利息もキャッシュアウトだと思っていたのに+表示、、何故なのでしょうか?
そもそも、キャッシュフローに弱い為、理解不足がありますが、どなたかお教え願います。

http://www.nichiryo-pan.co.jp/
上記アドレス内の会社情報の中の 平成13年3月期の決算短信(連結)
内の8ページ目に連結キャッシュフローが記載。

Aベストアンサー

再度の回答です ちょっとわかりにくかったようですいません でわかりやすく事例で・・ 当期は営業活動で50万円で商品を仕入れ、100万円で売却したとします それに加え簿価30万円の車を50万円で売却したとします。 損益計算書上は営業による利益50万円と車両売却益20万円の計70万円の当期利益となります 一方、当期のキャッシュフローはというと、営業活動による正味のキャッシュの流入である商品の売上100万円と商品代の50万円との差引き50万円と固定資産である車両の売却代金50万円の計100万円となります。さあここからですが・・・間接法によるキャッシュフローでは70万円の当期利益からスタートしますが当期利益は営業活動も財務活動も投資活動もすべてごっちゃになって計算されていますので、これをそれぞれの活動ごとに再分類しキャッシュの流れを再計算するひつようがあります。 で70万円から営業活動で発生したものではない車両売却益20万円を取り除いて50万円にします そうすると売上100万円から商品代50万円引いた額50万円と一致しますよね これが営業活動による正味のキャッシュフローになります 一方車両の売却によるキャッシュフローは20万円ではなく売却代金である50万円ですよね(20万円は単なる「益」なのでキャッシュの流入と違います) で これは営業活動ではなく投資活動によるものだから50万円を投資活動の区分で加算するのです ・・・ながいですが わかりました?

再度の回答です ちょっとわかりにくかったようですいません でわかりやすく事例で・・ 当期は営業活動で50万円で商品を仕入れ、100万円で売却したとします それに加え簿価30万円の車を50万円で売却したとします。 損益計算書上は営業による利益50万円と車両売却益20万円の計70万円の当期利益となります 一方、当期のキャッシュフローはというと、営業活動による正味のキャッシュの流入である商品の売上100万円と商品代の50万円との差引き50万円と固定資産である車両の売却代金50万円の計100万円となります...続きを読む

QAD-AS曲線(マクロ経済学)

最近マクロをまじめに勉強し始めたんですが(^^;)、AD-AS曲線の意味がわかりません。

というかマクロ経済学全体的に苦手なんですが・・・
どなたかご存知でしたら簡単なマクロの教科書的サイトを教えていただけませんでしょうか??

お願いいたします<(_ _)>

Aベストアンサー

AD曲線はIS-LM分析で物価が変化したときに国民所得がどのように変化するかを表しています.実際に物価を変化させてみればAD曲線がどのような形になるかはすぐ理解できるはずです.IS-LM分析は短期では物価は変化しないという仮定の下に成り立っていますが,仮に物価を変化させてみると,モデルの中では物価が下がるとLM曲線は右にシフトします.
なぜなら,LM曲線は貨幣市場を均衡させる利子率と国民所得の関係なので,
物価の下落⇒実質マネーサプライの増加
ということになり,この状況の下で貨幣需要が貨幣供給とつりあうためには,国民所得が増加するか,または利子率が上がる必要があります(理由は自分で考えてください).そうするとLM曲線が右にシフトすることがわかりますね?つまり,物価が下落するとLM曲線が右にシフトするので国民所得は増加します.物価と国民所得は負の関係になっているのです.

一方,AS曲線は労働市場を均衡させる物価と国民所得の関係と考えればよいでしょう.
つまり,
物価が下がる⇒実質賃金の上昇⇒労働需要の低下
⇒生産量の低下⇒国民所得の減少
となるので,最初と最後をとれば物価と国民所得は正の関係を持っていることがわかりますよね.

AD曲線はIS-LM分析で物価が変化したときに国民所得がどのように変化するかを表しています.実際に物価を変化させてみればAD曲線がどのような形になるかはすぐ理解できるはずです.IS-LM分析は短期では物価は変化しないという仮定の下に成り立っていますが,仮に物価を変化させてみると,モデルの中では物価が下がるとLM曲線は右にシフトします.
なぜなら,LM曲線は貨幣市場を均衡させる利子率と国民所得の関係なので,
物価の下落⇒実質マネーサプライの増加
ということになり,この状況の下で貨幣需要が貨幣供...続きを読む

Qコンパクションとガーベジコレクションの違いが分かりません

どちらも同じように、メモリ領域の隙間を集めて、連続した利用可能なメモリ領域を増やすとありますが、違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

No1 hpsk さんの回答されている通りですが、名前を見てみればイメージしやすいのではないでしょうか。

 メモリコンパクション:記憶領域の圧縮
 ガーベジコレクション:ゴミ収集

使わなくなった領域 (=ゴミ) を解放する (=収集する) のがガーベジコレクションです。
ちなみに、プログラミング言語の機能としてガーベジコレクション (GC と略すことが多いです) と言った場合、使用しない領域をプログラマが意識することなく、自動で解放してくれる機能を指します。
たとえば、Java には GC があるとか、C/C++ には GC がないとか…。

ただし、ゴミを収集しただけでは、使用可能な領域が断片化してしまうことがあります。
この断片化のことをフラグメンテーションと呼びます。
連続した大きな領域が必要になったときに、フラグメンテーションが多数発生していると、必要な領域が確保できないことがあります。
これを解消するのが、メモリコンパクションです。

# MS-Windows 系 OS で、デフラグという機能があると思いますが、
# これはハードディスクのコンパクション (=フラグメンテーションの
# 解消、デフラグメンテーション) を行っているわけです。

本来の意味としては、メモリコンパクションにガーベジコレクションの意味は含まれないと思うのですが、どうなのでしょうか?>詳しい方、フォローあればお願いします!

確かに、情報処理試験の参考書の中には、両者を同じ意味としているものもあったように思います。
しかし、実使用上は上記のような差異があることを覚えておくと良いと思います。

No1 hpsk さんの回答されている通りですが、名前を見てみればイメージしやすいのではないでしょうか。

 メモリコンパクション:記憶領域の圧縮
 ガーベジコレクション:ゴミ収集

使わなくなった領域 (=ゴミ) を解放する (=収集する) のがガーベジコレクションです。
ちなみに、プログラミング言語の機能としてガーベジコレクション (GC と略すことが多いです) と言った場合、使用しない領域をプログラマが意識することなく、自動で解放してくれる機能を指します。
たとえば、Java には GC があるとか、...続きを読む

QP/Lにおける長期借入金の返済について

P/Lにおける長期借入金の返済について

ある会社のB/Sに固定負債として、長期借入金があった場合、その返済金額はP/L上のどこに反映されるものなのでしょうか?私の認識では営業外費用として計上されるとの認識なのですが、この認識で問題ないのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ないですが、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

よくある質問ですが、結論からいうと、借入金元本の返済は費用になりません。
ゆえに損益計算書にはでてきません。
損益計算書にでてくるのは、支払利息部分だけです。


なぜ借入金の返済は、お金を支払っているのに費用にはならないのでしょうか?
それは、最初の借入実行時に、お金が入ってきても収益にはならないからです。

銀行からお金を借りて入金した時には、収益として課税されることはありませんね。
したがってその反対に、借入金の返済によりお金が出ていったとしても、それは費用にはなりませんし、税金を安くすることはできないのです。

借入金とは、入金時に収益にはならず、出金時に費用にもならないのです。
つまり、借入金元本の増減(入金・出金)により損得は生じないのです。

お金を借りたことによる「支払利息」部分だけが営業外費用になるのです。



参考になれば幸いです。

QFCF計算における支払金利除外の理由

企業価値などを算出する際に、FCFを割引率で現在価値に割り戻したりしますが、なぜFCFは、NOPAT(税引き後営業利益)を使い、あえて「支払金利」を除いて算出するのでしょうか。
支払金利を除外ということは、FCFはあくまで「企業価値算定の指標」であり、実際に手許に残っているであろうキャッシュではない、ということになるのでしょうか。
宜しくアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

teyanさん、こんばんは。
すみません。前回の回答で『以上をご確認いただいたうえで本題ですが、NOPADを使わずに税引後利益を使うとすれば、それはつまり・・・』のくだりのところを『NOPADを使わずに税引後経常利益(支払金利控除後営業利益)を使うとすれば、それはつまり・・・』と訂正させてください。

さて、新たな疑問について『2年目,3年目のFCFを計算する際に何故、割引率を2乗,3乗とする必要があるのでしょうか?』とのことですが、

まず、企業価値を離れて、次の土地の例を考えてみてください。

(将来にわたって永続的に)500万円の収入(賃貸料)が得られる土地があるとします。この土地の購入を検討している人がこの土地に投資する場合に期待する収益率を10%(銀行の預金金利3%+リスクプレミアム7%)と予想するとき、この土地の値段をいくらで評価するでしょう?

この土地からは毎年500万円の収益が得られるので、土地の値段をSとすれば、
S=1年目の500万円の現在価値+2年目の500万円の現在価値+3年目の500万円の現在価値+・・・・(永続)
となりますよね。
ここで、
1年目(1年後)の500万円の現在価値をaとすれば、
a+a×10%=500万円 ∴a=500万円/(1+0.1)
2年目の500万円の現在価値をbとすれば、
bは1年後にb+b×10%=(1+0.1)bに、2年後には(1+0.1)b+(1+0.1)b×10%=(1+0.1)^2×bになり、これが500万円だから、(1+0.1)^2×b=500万円という等式が成り立ちます。
よってb=500万円/(1+0.1)^2
同様にして3年目の500万円の現在価値は500万円/(1+0.1)^3、4年目の500万円の現在価値は500万円/(1+0.1)^4となります。
そして結局、
S=500万円/(1+0.1)+500万円/(1+0.1)^2+500万円/(1+0.1)^3+500万円/(1+0.1)^4+・・・・(永続)と表せることになります。
この式の両辺に公比1/(1+0.1)を掛けて引くと
(1-1/(1+0.1))×S=500万円/(1+0.1)
∴S=500万円/(1+0.1)/(1-1/(1+0.1))
  =500万円/0.1=5000万円
土地の価格は5000万円と評価されることになります。

一般に、(永続的に将来にわたる)毎年の収益をp、期待収益率をrとすると現在価値の総和は次のように表されます。
p/(1+r) + p/(1+r)^2 + p/(1+r)^3 +・・・(永続)
=p/r
この式は「永続価値モデル」と呼ばれる有名な式なので覚えておいて損はないと思います。実は、上記の土地の問題もこの公式にあてはめれば、500万円/0.1=5000万円と一発で答えが出てきていたわけです。

ところで、この問題の「土地」を「企業」に、「収入」を「NOPAT」と置き換えてみてください。企業でも同じ考え方でその価値を評価できることがご理解いただけるでしょう。

そして、2乗、3乗している理由は上記のとおり(簡単に言えば複利計算をしているからということですが)です。また、teyanさんのおっしゃる「係数」とは、この土地の例でいえば、500万円に掛けている、1/(1+0.1)や1/(1+0.1)^2、1/(1+0.1)^3のことですね。

teyanさん、こんばんは。
すみません。前回の回答で『以上をご確認いただいたうえで本題ですが、NOPADを使わずに税引後利益を使うとすれば、それはつまり・・・』のくだりのところを『NOPADを使わずに税引後経常利益(支払金利控除後営業利益)を使うとすれば、それはつまり・・・』と訂正させてください。

さて、新たな疑問について『2年目,3年目のFCFを計算する際に何故、割引率を2乗,3乗とする必要があるのでしょうか?』とのことですが、

まず、企業価値を離れて、次の土地の例を考えてみてください。
...続きを読む


人気Q&Aランキング