人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

27日午前3時ニュースでB-52がグアムから通常訓練の名目でシナが定めた防空識別圏内を飛行して反応チェックした様ですが全然戦闘機一匹来ない平穏飛行だったと報道としてました—26日の飛行と思います。


これが日本の海保何かが飛行したら戦闘機とかシナはスクランブルさせるのかなー、米には遠慮して下に出てただけで日本機単独ならチョッカイ出して来るのかなー日米共同飛行なら目ツムッテテとか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

チャイナが いよいよ、不満分子の行動など、内部分裂の末期に近づきつつあるんで、外に目を向けさせるために、緊張を作り出そうとしている・・・・・



この説を流布するのが 一番いいと思うがね
    • good
    • 0

> これが日本の海保何かが飛行したら



その場合の中国のパフォーマンスは、中国が一方的に決めるものなので、予想は難しいですが。
ただ、中国の防空識別圏設定に対し、今回のアメリカのパフォーマンスは「素敵!」「カッコいい!」と感じますよ。

尖閣問題に関し、「日中間で解決すべき問題」として、かなり腰が引けていたアメリカですが、最近はちょっと変わってきています。
特に、防空識別圏に際しては、間髪入れずに批判していますし、ご質問の米軍機の侵入も、明らかに意図的で、即ち、アメリカの明確な意思表示ですからね。

この先、日本の航空機に対しては、何らか反応してくる可能性は否定出来ませんが・・。
今回アメリカが、それも軍用機が、いきなり侵入したことで、中国としては面食らったであろうし、出鼻を挫かれた形であることは、間違いありません。

もし日本の航空機には反応したとしますと、まずは「アメリカには手を出せないくせに・・」と思われ、世界に恥を曝すことになります。
また、アメリカ機は許し、日本機はダメとなりますと、特定国を意識した防空識別圏であって、この識別圏の、国際的な正当性などが揺らぐものになるでしょうね。

アメリカは、中国に対しては、そう言う先制パンチを浴びると共に、日本を筆頭に、中国と問題を抱える西側各国に、援護射撃しつつ、「皆で無視しようぜ!」と呼びかけ、リーダーシップを発揮した格好かと思われます。

尚、そもそも防空識別圏ってのは、範囲を設定するのは各国の勝手だし、敵か味方かを識別するのも勝手で、極論すれば、スパイ衛星を持ってる国などは、地球全体が識別圏みたいなモノですけどね。

ただロシアなどは、旧ソ連時代も含め、頻繁に日本の領空侵犯を繰り返したのは、日本の識別圏を調査する目的もあったのですよ。

軍事大国やら、NATOや日米安保などの軍事同盟圏においては、地球上が防空識別圏で当たり前と言う時代に、本来は敵性国家などには、内緒にしておいても不思議じゃない軍事情報の一つである防空識別圏を、世界に向かって宣伝する中国って・・・ちょっと愉快な国ではあります。

あるいは、日本に対する挑発とか、アメリカの出方を見る目的など、ミエミエと言いますか。
    • good
    • 0

中国には、アメリカに抵抗するほどの力はありません。


アメリカもそれを知っていますから、中国が、「識別圏は、中国国防部が管理する」「国防部の指令を拒否したり従わなかったりした航空機に、中国軍は、防御的緊急措置を講じる」などと、国際法を無視した理不尽な宣言をしても、「我、関せず」とばかりに、B-52は、いつもの通りの飛行をしているのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング