外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

初めてなので、失礼がありましたら申し訳ありません。努力しますので、よろしくお願いします。
定着液液が60リットルほど溜まり、やってみたかったので銀を採ってみようと思いました。インターネットで見る限り、スチールウールでとるのが簡単かつ安全そうでした。その方法で下に沈んだ黒い泥状のものが溜まりましたが、これをどうすれば銀に出来るのかわかりません。「危険なのでやめた方が・・・」というのは、大分この泥を集めてしまった以上、考えていません。
それから、定着液のなかでぼろぼろになったスチールウールから銀を採りだす事は出来るのか?と考え、ただやり方もわからなかったので、銀がくすんだ時にやるように塩分とアルミホイルでくるんで焼いたところ、銀らしき一ミリ大の丸いものがいくつか出来ました。(あとで「銀かどうか調べるには」というこちらの記事も参考にし、銀磨きで擦ったら光りました)ただ、その後はなかなか出来ません。アルミホイルの燃えたものからの匂いや、定着液の原料からこの溜まった泥が硫化銀?なのかな、とも思いましたが、違う様です。
 実はこの問題はyahooさんでも聞いているのですが、意見を交わす事が出来ない仕組みなようなので、こちらに伺った次第です。どなたかご存知の方、科学にお詳しい方のご意見など、どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

銀の純度が高ければ、高温で銀を溶かして一塊にして少し磨けば良いはずです。

ある程度の純度の銀がまとまれば他の不純物は銀のしずくの外へ浮くでしょうし、炭素などは燃えてしまうでしょう。しかし不純物の方が量が多いと微粒子の銀同士が一塊になるのが難しいかと思います。

> これだと銀よりか鉄の方が多くなってしまうものでしょうか。

結果的には、かなりの硫化鉄が生じて、そこに少量の銀が含まれている状態かと考えられます。もし主成分が硫化銀なら灰吹き法を試みられた時に、単に合金にならないのではなく、硫化銀から鉛への硫黄の移動による何らかの反応が見られたと思われます。

現代工業的に行うなら銅の鉱石と混ぜて精錬し銅の中に銀を溶け込ませて置いて、最後に銅の純度を高めるための電解精錬の過程で銀を分離します、しかし個人でこれを実験するのは無理かと思います。今の処、黒い泥の巧い(人様に説明のできるような)精錬方法は思い付きません。

既に電気分解で巧く行っているなら、それが最良だと思われます。電池ではなくACアダプタの類から電気を取れば気長に処理できると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。気長にお付き合いいただきありがとうございました。
なかなか個人で上手くいくものではないようですね。なんとか簡単な電解方法を考えてみたいと思っています。本当に参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/10 10:59

お力に成れず残念です。



廃定着液に含まれる銀の量は、調べる資料によって、1リットル当たり 0.5g、0.8g、2.5g といった記述がありました。得られる泥の量は、どの程度でしょうか?予想される銀の量より泥の量が大幅に多いと、大量の不純物を含んでいると考えられます。

考え得る不純物としては

1:硫化銀なら、硫化銀に含まれる硫黄の量は銀の半分くらいです。

2:スチールウールの不純物だとしても、表面の錆(酸化鉄)とか炭素やその他の不純物の総量は、多くても溶けたスチールウールの量の一割に満たないと思います。

3:銀の身代わりとなって溶ける鉄の量は、定着液中の銀の含有量程度と考えられます。もし、スチールウールの溶け方が激しすぎるようなら、黒い泥には、スチールウールが一度溶けてから硫化鉄になったものがかなり含まれている可能性があります。

硫化鉄なら焼けば硫黄を燃やした時と同じ臭いがします。また硫化鉄を焼けば酸化鉄になりますが、酸化鉄なら溶けるのは1500℃以上です。酸化鉄は磁石に付く場合も付かない場合もありますので、磁石で判定できるかどうかは分かりません。

もし硫化鉄のために銀が回収し辛くなっているなら、スチールウールの投入量は含まれる銀と同じ程度、1リットル当たり0.5gといった量に制限する必要があるかも知れません。

この回答への補足

 いえいえ、重ねてのご回答をありがとうございます。感謝しております。
 スチールウールで置換する場合は、2リットルくらいのペットボトルや乳白色の空のポリ容器を使って行っていますが、スチールウールをそのまま放り込むのではなく、スチールウールに凧糸を巻き付け、引き抜けるようにしています。そこで引き上げて反応がもう無さそうだと処分し、まだありそうだと中の液体を廃棄してから新しく違う定着液を入れています。黒い泥は廃棄する時にひとつの瓶に集めています。
これだと銀よりか鉄の方が多くなってしまうものでしょうか。
ただ、いまのところ確実なのは、電解です。確実な銀が採れますが効率は悪いですね。
あと、お伺いしたい事があるのですが、銀かどうかわからないものが出てきたとして、今のところ黒い色のままなのですが、光らせる方法はあるんですか?もしご存知でしたらご教授くださいませ。

補足日時:2013/11/30 01:18
    • good
    • 0

専門家ではありませんが、回答が付いていないようですので。



スチールウールの下に沈んだ黒い泥が、銀そのもののはずです。細かな粒子で
あるため黒く見えます。沈まず、スチールウールに付着したままの黒い泥も、同じく
銀のはずです。ご存知のように白黒写真の黒色も同様の銀の微粒子です。
スチール=鋼とは炭素を少し含んだ鉄なので、スチールウールの鉄が溶けた後
には確かに少しの黒い炭素が残りますが、これは重くありません。

定着液(チオ硫酸ナトリウム)と、フィルムや印画紙からの臭化銀やヨウ化銀、
それにスチールウール(鉄+炭素)だけだと、硫化銀は生成しないと思われます。

黒い泥を集めて固めれば、小さくても金塊ならぬ銀塊になるはずです。

アルミホイルで包んで焼かれたのは、黒い泥、あるいは、スチールウール どちら
でしょうか?あるいは、両方をまとめて焼かれたのでしょうか?

銀が溶ける温度は約960℃で、アルミが溶けるのは約660℃ですから、アルミホイル
では銀を一度溶かしてから固めることは無理です。しかし銀が微粒子なら、
粘土を焼き固めて焼き物を作るように、微粒子の銀を焼き固めることができます。

銀のアクセサリを作るため、銀粘土という商品が売られています
http://www.artclay.co.jp/

もしまだ黒い泥が残っているなら、水でこねて、好きな形を作ってから、乾かして、
アルミホイルで包み焼きすれば、焼き締まって縮みますが、同じ形のまま固まると
思います。(表面はそのままだと、美しくはないので、磨く必要があると思います)

残念ながら 60リットルの中にどの位銀が含まれているか、私には判りませんが、
投入したスチールウールがいつまでも溶け切れずに残っているなら、もう定着液の
中に銀は残っていません。後は、スチールウールに付着したままの泥状の銀を、
スチールウールを揉み洗いするなどで回収するくらいしかできないかと思います。

この回答への補足

ご回答くださってありがとうございます。誰も回答はくださらないかと不安だったので、、。
スチールウールの方法は、置換、ということでいいんですよね。ただ、黒い泥を焼いても(900度位はでてるかと。)銀にならないんです。なにかの燃えかすのようになってしまったりします。私は真鍮をロウ付けしたりして趣味で工芸をしますが、銀が溶ける温度はもっと低いので溶けるはずなのですが。ただ、ぼろぼろのスチールウールを焼くと、焼いたカスからは硫黄の匂いがします。なので硫化銀ということがよぎったのでした。
焼いたのは、スチールウール、泥、どちらもです。少し乾いた泥を鉛に入れて灰吹き法も試しましたが、純度が悪く上手くいきません。(まず合金にするのが大変でした)
電解の方法を取るのが良いかと思い、電池で試しましたが余りに微力で埒があきません(@@)

補足日時:2013/11/28 13:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q写真現像液の廃液処分について

家で白黒写真の現像などをしています。そこで出る廃液の処分に困っています。
皆さんどうされているのでしょうか?引き取ってくれる業者さんがいると聞いたことがありますが、どこを探しても見つかりません。捨てられずに困っています。どうか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
 参考URLに産廃情報ネットのURLを貼っておきます。ここの、処理業者許可情報検索システムから場所、条件などで検索が可能です。
 ただ、↑はいずれも事業者を対象にしているところでしょうから、多分処理の分量に関する条件はドラム缶単位かもしれません。もっと処理が難しい物ならば量に応じて決まるかもしれません。しかし割合良くある酸やアルカリだと、20リットルポリタンクでも200リットルドラム缶でも料金が変わらない 、こんなことが起こる可能性も有ります。
  私のところは仕事で金属の切削屑を出しますが、料金は軽トラックならとにかく1台分で5000円、というようになっています(積めるだけ積んでも同じこと)。

やはり、先ずはbasilさんが言う様に現像材料の購入店で尋ねてみるのが良いのではないでしょうか。

参考URL:http://www.sanpainet.or.jp/

Q効率よい金、銀の回収方法を教えてください

分析の会社に勤めているのですが、金や銀の余ったサンプルからそれぞれ回収して売れたらと思っています。どういった回収方法がよいでしょうか?
銀は塩化銀にするのが手間もかからずよいと思うのですが、金メッキは硝酸溶解させたあと、不溶物を取り出し王水処理で溶液にはしています。上司は銅などが共存している溶液に亜硫酸ナトリウムで還元しているようですが、あまり教えてくれません。
どなたかの質問でクエン酸でも還元できる方法を知りましたが、なるべく簡単に効率よく純度もよい状態で還元→金属にしたいと思っています。
どなたかよい方法があれば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは.化学工学系の学生をしている者です.当方の研究室では,金および銀のナノ粒子合成,擬似メッキ廃水からのニッケル回収をやっておりますので,多少なりとも参考になれば幸いです.

金や銀を析出させるにはふつう水素化ホウ素ナトリウムやアミノエタノール等の還元剤を用いますが,還元剤自体が不純物であることには変わりありません.そこで,物理的な手法で析出させる報告例がいくつかなされています.

物理的な手法とは,超音波,マイクロ波,光照射等です.超音波はプローブ型が良いと思いますが,洗浄用の超音波槽でも還元可能かもしれません.60℃前後の熱めの湯中でやってみてください.マイクロ波装置には電子レンジを用います.以前,遊びでやってみたところ,金コロイドの析出が確認されました.光照射は銀が対象です.銀は感光性が高いからです.光源についてはよく存じません.個人的な経験と致しましては,実験台の蛍光灯下に一日放置したところ,銀の析出が確認されました.純度が重要であれば,析出晶を固液分離して結晶洗浄したものを溶解,再結晶する操作が必要かと思われます.

私の研究室では,ポリエチレンイミンを金および銀の還元剤に用いています.ポリエチレンイミンは保護コロイドとしても作用するので,ナノ粒子の液分散性が良くなります.昨年,ビッグサイトの粉体工業展で見かけた某企業でもまったく同様の方法でナノ金やナノ銀をつくり,触媒,抗菌スプレー,飲料水(なぜ?)に混ぜて商品化の宣伝をしていました.

いかがでしょうか.ちなみに析出物がナノ粒子の場合,ハンドリングが困難ですので,硫酸バンド等の凝集剤で落とすと良いでしょう.

こんにちは.化学工学系の学生をしている者です.当方の研究室では,金および銀のナノ粒子合成,擬似メッキ廃水からのニッケル回収をやっておりますので,多少なりとも参考になれば幸いです.

金や銀を析出させるにはふつう水素化ホウ素ナトリウムやアミノエタノール等の還元剤を用いますが,還元剤自体が不純物であることには変わりありません.そこで,物理的な手法で析出させる報告例がいくつかなされています.

物理的な手法とは,超音波,マイクロ波,光照射等です.超音波はプローブ型が良いと思いま...続きを読む

Qフィルムの解像度を画素数にすると?

フィルムたとえばVelvia100の35mm版の粒子径から
換算される等価画素数は幾らになるのでしょうか?
伸ばすと結構ザラザラになるので1000万画素ぐらい
かなと思うのですが、どうなんでしょうか?

よろしくお教えください

Aベストアンサー

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Image Sensor の方が高精細、高感度、広 Latitude になってきていますね。

単純に粒子径から計算すれば 6μm 径で 36mm×24mm ならば 6000×4000=2400 万画素、8μm 径で 1350 万画素ですが、あくまでも机上の理想論ですので 1000 万画素ぐらいというのが現実的な感覚値ではないかと思います。

Digi'Came' でも LPF (Low Pass Filter) のせいで 1000 万画素以上を謳っていても 600 万画素以下の高額一眼レフ機の方が遙かに解像度が高かったりしますし・・・。

素敵な Camera Life を(^_^)/

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Ima...続きを読む


人気Q&Aランキング