こんにちは。
私は現在会計関連のシステム開発、運用に携わって5年目のものです。
今年、転職する予定になっています。今後同じようなシステム会社に
勤めるべきかそれとも他の仕事を選択すべきか迷っています。
現在の仕事を選んだのは将来的に経営コンサルティング(とくに業務改
善や現状の問題点についてアドバイスできるような戦術的コンサルティ
ング(?)の方)の仕事につながるだろうと思ったから選びました。
ですが、実際に仕事を始めたところ、コンサル的なお仕事はシステム屋
とは全く別で、お客様に提案するなどもってのほかという感じがします。
先輩方をみていると、この業界にいたら時間に追われずっと、システム
屋なのではないだろうか?と不安です。(システム技術者もすばらしい
お仕事ですが、自分の目標とは違うんです)

コンサルティング業務につくにはどのような方法があるのでしょうか?
この機会に新たなアプローチ方法も考え見直せたらと思っておりますの
でなにかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

本気で経営コンサルタントを目指されるのであれば、やはり経営コンサルタント会社に勤務するのが良いと私は思います。


経営コンサルタントというのは実に特殊な職種であり、この資格をもっていれば、とか、この技術をもっていればコンサルタントとしてやっていけるというものではありません。
むしろ、重要なのはそういった専門的な知識や技術を持っている人たちとの人脈があるかどうかです。
一般の企業で仕事をしていてはその会社と取引のある限られた範囲の人にしか接する機会が無く、コンサルタントとして重要な人脈形成という意味ではあまり向いていないと思います。幅広い知識や人脈を形成していくには、経営コンサルタントの仕事をやっていくのが一番近道だと思います。ただし、毎日が勉強です。来る日も来る日も勉強です。深夜まで仕事をして、それプラス勉強です。これはどこのコンサルタントも一緒だと思います。
コンサルタントにとってやって無駄になることは何一つありません。あなたの経験も必ず役に立ちます。
システムの開発、運用に長い間携わって来たという実績は、コンサルタントとして活躍する中で、大変な強みになるでしょう。また、以前の(まだ勤めているかもしれませんが)会社で知り合った方との繋がりを大切にしてください。
それでは、頑張ってください!
    • good
    • 0

以前、国内の独立系経営コンサルタント会社に勤務していました。

直接、アドバイスになりませんが、経営コンサルタントの参考事項を述べます。1.中小企業診断士のシステム部門を若いときに取得(実習がありますが)すると、自信もつき、対外的にも信用が出てきます。2.会計系でないコンサルタント会社では、話すこと、書くこと、数字分析の3つは能力が求められます。3.システムや業務改善というコンサルティングの需要は、期待するほど多くない。4.コンサルタントは、頭より、長時間労働で、出張ばかり、という勤務ができる人が大前提。だから、一部を除いて、働いている時間の割に収入が少ない仕事。5.楽をするコンサルタントは嫌われていく。どこの会社でも同じような提案書を出したり、良く調べずに提案したりするコンサルタント会社が多い。以前は「ノリハサ」と言われていました。ノリとハサミでつなげ合わす、ということです。いずれにしても、「自分のできないことは、コンサルタントとして発言しない」くらい能力のある人が求められています。
    • good
    • 0

私は単なる地元会社へ就職したつもりが、社内・社外プロジェクト系作業


ばっかりやっているイベント屋になってしまいました。

将来的に経営コンサルタントを目指すとの事ですが、業務改善や
現状の問題点を指摘でき、それについての方向性をまとめる戦略系コンサル
タントをめざしている様ですね。純粋に経営コンサルタントと言われると
僕なんかは法律・財務・市場分析の方に詳しいという感じがして、地道な
業務改善はあまり似合わないような気がしますね。

僕の経験からするとお客様にこんな事を実施して見たらどでしょうか?という
コンサルティングって コンサルティング会社の中でもプロジェクト立案的な
最上級コンサルタントの仕事でしょうかね。立案されたプロジェクトの中で
そういう方向では無くてこういう選択肢もありますねと説明するのも上級
コンサルタントの仕事でしょう。

その種の上級コンサルを実施するには、お客様が一体何を求めているのか
を広範囲に掴む業務知識、その中でどんな選択肢がお客様に対してBESTなのか
を提案できる専門知識、じゃあ君の提案が何円でできるの?と言われて
ざっくりの見積金額を想定するプロジェクト編成経験、などなどが必要になり
ます。それらを取得するには現状の自分が所属しているプロジェクト内で
貪欲に知識や経験を吸収し、何かのチャンスを見ては自己を売り込んで行く
事が迂遠そうに見えても大切かなと思います。

ただ、どちらにしてもそんな事が可能になるレベルに到達できるのは
ごく一部の人間ですので、yukkiy1さんが希望している業務を目指して
自分を売り込んで行く態度がどの会社へ所属していたとしても必要に
なってくると思います。待っているだけで機会が与えられるのはよっぽどの
幸運が必要ですね。

回答になっているのかはわかりませんが、お仕事がんばってください。
    • good
    • 0

すみません、「アドバイスお願いします」ということでしたので・・・#1に引き続き、また出てきました。


私も、まだまだ経験が全く足りないので偉そうなことは言える立場ではないのですが・・・。

そうですか・・・現在の会社の状況をお伺いするところによると、転職を決意されたことは間違いではなかったかもしれませんね。ユーザー系企業でしたら、なかなか難しいかも・・・。

ただ、戦術的コンサルティングをやりたいのに会計事務所とは、結びつかない気がいたします。

また、コンサルティングとは言っても、システムコンサルティングでしょうか?純粋に経営コンサルティングでしょうか?
システムコンサルティングでしたら、SEとしてまだまだ実績を積む必要があると思います。
経営コンサルティングでしたら、「戦術」ではなく「戦略」を提案することとなります。ITに関する基礎知識はあるわけですから、ファームへ転職された方がいいかもしれませんね。

また、コンサルティングの対象は大企業でしょうか?それとも中小企業でしょうか?
言い換えれば、チームを組んで大きな仕事をやり遂げたいと思いますか?
それとも、自分の力である会社を良い方向に導きたいと思われますか?

前者でしたら、外資系コンサルティングファームへの転職をお勧めします。チームを組んで動きますのでそこでノウハウを学ぶことができます。
後者でしたら、まだまだ実績と自信を蓄積しましょう。資格をとったところでコンサルタントと名乗れるわけではありませんが、「中小企業診断士」の勉強をされるのも良いかと思います。
コンサルティングするにあたっての知識を体系的に学ぶことができます。
    • good
    • 0

私も基本的には学生時代、経営コンサルタントを目指しておりまして、経営にはシステムが不可欠、それならばシステム構築をしっかり経験してからにしよう、ということで現在社会人7年目、単なるSEから脱却し、現在コンサルティングもしつつある者です。



システム開発業ではコンサルティングできないという考えはいささか早計のように感じます。

yukkiy1さんはどのようなコンサルティングを目指しておられるのでしょう?
例えば人事コンサルティングなどでしたら転職した方がよいかもしれません。
しかし、持論ですが、経営コンサルティングを行うには、十分な社会経験を積む必要があります。
その際、システム開発で様々なエンドユーザーを訪問でき、経営に不可欠なシステムについても学べます。

また、お勤めの会社は、どういった会社でしょうか?
大手の下請として出向主体の会社でしたら、大きな歯車の1つにうもれてしまい、全体図を見渡せなくなってしまう可能性もあります。
そういった場合は、転職することをお勧めします。

しかし、安易にそう考えずに、まず、ご自分の力で「コンサルティングをできない」という環境を変えてみてはいかがでしょう?
コンサルタントを目指されるのであれば、自分の会社くらい変えられなくて他人の会社を変えることなどできるわけがありませんよ。

まずは、システムの全体が見渡せる中小企業をターゲットにしてみてください。
できれば、ご自分で営業して獲得した顧客を。

コンサルティング・ファームへの転職を目指されるにせよ、まず実績に裏打ちされた絶対的な自信がなければまず採用してはもらえないと思います。
また、運良く採用されても、目の肥えた経営者は言うことを聞かないでしょう。

厳しいことを申し上げてしまったようですが、ぜひ頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんな漠然とした質問をしてしまったのにご意見を頂き、ありがとうございました。

現在勤めている会社はとあるグループ会社のシステム部門が独立した会社です。
この会社では親会社とその関連会社、子会社のシステムの運用、開発業務を主におこなっています。そのグループ内では同一の財務システムを利用しているのですが、私は現在そのシステムの導入、カスタマイズ、運用業務を担当するセクションにいます。上司はほとんど親会社からの出向社員ですし、たまにお客様だった方が出向されてきたりします。実はこの会社はもう辞めることは決まっているのですが早まってしまったかもしれませんね(笑)。

現在、システム会社に勤めるべきか、または会計事務所やコンサルティング会社に勤めるべきかなやんでいるんですが、やはり今までの経験を生かしつつ、将来的にコンサル業務ができるようになることを目指すとなるとシステム会社の方がよいのかなぁとおもえてきました。システム業務をこなしながらというのはつらそうですが。。。
アドバイス頂ければ幸いです。

お礼日時:2001/05/31 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【コンサル】アップさせた利益の何%を報酬とするのが妥当?コンサル終了から何年このマージンをもらい続けられる?

ある会社の短期アパートメント事業のコンサルティングをやります。
報酬は私達が介入してから、アップさせた利益(アップした売り上げ-アップした費用。過去の平均値からいくらアップしたかを見る)の数パーセントをいただこうと思っています。
また、コンサルとしてこの事業に関わるのを辞めてからも何年間はこのコンサル料金を支払い続けてもらおうと思います。(コンサルをしたことによって、利益が上がった状態が今後も続くので、今後もしばらく続くこの利益アップは私の貢献なので。)

コンサルティング業界の相場はどの程度なのですしょうか?
(35%ぐらいかなと漠然と思っているいます。私は個人のコンサルなので、小さいコンサルの相場が知りたいです。)
また、コンサルを辞めてから何年ぐらいもらい続けるのが妥当ですか?

私の役割は以下です。
売り上げを上げるための全ての作業です。権限的にはどこまで介入することも許されおり、市場の調査を行い、経営に反映させれます。また、アパートの部屋の視察やビルの管理人の指示管理の権限もあります。Webサイトのレイアウト変更など企画・仕様決定・実行も任かされています。

管理するアパートメントの状況は以下です。
アパートメントはビル6棟で各ビルに部屋が10個ぐらい個室である。2つのビルに1人ぐらい管理人がいて合計3人います。その人たちがお客の送り迎えや部屋の掃除などを行なっている。なので、部屋をきれいに保つやお客さんとの対応をよくするためにはこの人たちの協力がいる。
お客の集客はほぼそのアパートメントのWebサイトからです。Webサイトからの問い合わせに回答したり、部屋を手配するための事務の方も1人います。
Webサイト以外でも例えばフライヤなどを作り配ったりして、いろいろな形で宣伝は強化しようと思っています。この活動はいただくマージンに込みです。
Webサイトの更新に関しては、私がWebのエンジニアもかねているので、私と別のデザイナー、プログラマーと行いますが、Web改築費は別途いただきます。

ある会社の短期アパートメント事業のコンサルティングをやります。
報酬は私達が介入してから、アップさせた利益(アップした売り上げ-アップした費用。過去の平均値からいくらアップしたかを見る)の数パーセントをいただこうと思っています。
また、コンサルとしてこの事業に関わるのを辞めてからも何年間はこのコンサル料金を支払い続けてもらおうと思います。(コンサルをしたことによって、利益が上がった状態が今後も続くので、今後もしばらく続くこの利益アップは私の貢献なので。)

コンサルティン...続きを読む

Aベストアンサー

コンサルというよりもビル経営代行(プロパティマネジメント=PM)もしくは不動産仲介業者に近いですね。

報酬ですが、一般にプロパティマネジメントは米国の場合はテナント総収入の5%程度、国内は3~5%程度が相場です。
また、仲介業の場合、契約時に家賃1か月分を払うのが相場です。仮に平均的な入居期間が12ヶ月とすると、報酬は総収入増(≒家賃収入増と仮定)の1か月分÷12ヶ月=8%程度となります。こちらの方がオーナーにとってなじみのある基準になりますので、交渉はこれをベースに行うことになりそうです。

報酬の期間ですが、PMは権限を与えられている期間しか経営状況をコントロールできませんし、また建物オーナーにとっても契約満了以降同じ成果が継続されるわけでないために以降も成果報酬を払うことは納得しづらいです。ですので、契約期間のみ報酬をもらうのが一般的です。もしくは、ご契約期間中に入居した入居者に限定して、賃料の一定比率をその入居者が退去するまでもらう、といった契約になるでしょう。
また、仲介業の視点で考えれば、契約成立時点に報酬をいただくことになります。ただ、もしtosi_uさんが、入居者が退去しないように入居後もケアするのであれば、賃料の一定比率をその入居者が退去するまでもらう契約の方がオーナーにとっても納得感・安心感が出ると思います。

コンサルというよりもビル経営代行(プロパティマネジメント=PM)もしくは不動産仲介業者に近いですね。

報酬ですが、一般にプロパティマネジメントは米国の場合はテナント総収入の5%程度、国内は3~5%程度が相場です。
また、仲介業の場合、契約時に家賃1か月分を払うのが相場です。仮に平均的な入居期間が12ヶ月とすると、報酬は総収入増(≒家賃収入増と仮定)の1か月分÷12ヶ月=8%程度となります。こちらの方がオーナーにとってなじみのある基準になりますので、交渉はこれをベースに行うことになりそ...続きを読む

Q外資系コンサルと懇意なシステムベンダー

この質問は、「日本の産業構造」をコンサルとSIという切り口から見てみたいという興味に基づいてのものです。

今やコンサルティングとITは切り離せない関係にあると考えています。
となると、気になるのは両者の間の賃金水準の違いです。システム構築にはSEやプログラマーが不可欠ですが、そういった役割をコンサルティングファームの正社員で賄うのはコストパフォーマンスの点から難しいだろうと思います。

各コンサルティングファームは、例えば概要設計の後などのタイミングで、どこかのシステムベンダーに構築を依頼(外注)していると思うのですが、(特に外資系などは)情報子会社という「グループ内の業務部門」を持っているように見えません。
案件ベースで大手システムベンダーと協業することもあるかと思いますが、支出を落とすためにもいずれかの中小システムベンダーと懇意にしているのではないかと踏んでいます。

・上記推論が正しいかどうか
・正しいとすれば、下請けするSI企業の規模
・役割分担の程度(どのレベルの設計までをコンサルファームが手がけ、どのレベルからを下請け企業が負うのか)

これらについて知識を分けていただきたく。業界にお詳しい方のコメントをお待ちしております。
デロイトトーマツ、accenture、PwCCと言った会計系、キャップジェミニやアーサーアンダーセンと言った戦略系それぞれについて分かれば大変嬉しいです。

この質問は、「日本の産業構造」をコンサルとSIという切り口から見てみたいという興味に基づいてのものです。

今やコンサルティングとITは切り離せない関係にあると考えています。
となると、気になるのは両者の間の賃金水準の違いです。システム構築にはSEやプログラマーが不可欠ですが、そういった役割をコンサルティングファームの正社員で賄うのはコストパフォーマンスの点から難しいだろうと思います。

各コンサルティングファームは、例えば概要設計の後などのタイミングで、どこかのシステムベンダ...続きを読む

Aベストアンサー

どちらかといえばSIベンダーよりの19inch_rackです。
コンサルファームとの協業経験も少しだけあります。
以下、主観と経験に基づき回答いたします。

まず上記の推論ですが、大筋間違いないというのが私の感想です。
ただ、支出を落とすために中小システムベンダを・・・というのは
やや苦しいと思います。それはなぜか?
1.コンサルファームはそれこそ多種多様なコンサルを受けるわけで、
  その問題解決に固定した中小SIベンダーで対応できる可能性は低い。
2.特にSIによる解決を目指す際には、クライアント側にもノウハウがある場合が多く
  コンサル力の発揮のために、SIベンダーのブランド力を味方につける場合が多い。
3.コンサルティングフィーと比較すれば、SIベンダーの大小はコストパフォーマンスに差が出ない。

というわけで、大手のSIベンダーと提携するケースが多いというのが私の感想です。

また、役割の分担としては要件定義・新業務フローの策定・システム化への
落とし込みまでがコンサルファームまで行い、基本設計書からはSIベンダーが
行うのが一般的ではないでしょうか?大手であればあるほど上流工程から
プロジェクトマネージャ(SIベンダー)が参加してくると思われます。

但し、一部のIT系コンサルティング会社は自前でプロジェクトマネージャを
用意できますので、そのときのSIベンダは単なる下請け止まりですね。

以上です!

どちらかといえばSIベンダーよりの19inch_rackです。
コンサルファームとの協業経験も少しだけあります。
以下、主観と経験に基づき回答いたします。

まず上記の推論ですが、大筋間違いないというのが私の感想です。
ただ、支出を落とすために中小システムベンダを・・・というのは
やや苦しいと思います。それはなぜか?
1.コンサルファームはそれこそ多種多様なコンサルを受けるわけで、
  その問題解決に固定した中小SIベンダーで対応できる可能性は低い。
2.特にSIによる解決を目指す際には、...続きを読む

Qシステムコンサルになるための準備とは

わたしは今大学生なのですが、
システムコンサルになりたいのですが、
どのようなことを準備として勉強しておくべきでしょうか?
システムコンサルという仕事がいまいちピンと来ずに
困っています。
とりあえずリスクマネジメントや組織論、リソース活用論
などの本を読んでいるのですが…。
教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

コンサルとはです。
圧倒的な自信家であること
論理的な思考が得意であること
戦略思考であること、ここは概ね日本人は苦手です。

システムとは
業務知識です
あとは、いまはWEBかな
ここが深いといけると思います。

Q営業コンサルティングとコンサルティング

営業コンサルティングとコンサルティングの違いは、自分の会社の商品で解決するのと自分のノウハウを売って解決させる違いですか

Aベストアンサー

No2.です。

話が何か変だと感じていたのですが、もしかしたら「営業コンサルティング」ではなくて「コンサルティング営業」についてのご質問ではないでしょうか?

営業(修飾語)コンサルティング(名詞)はコンサルティングの一種ですが、
コンサルティング(修飾語)営業(名詞)は営業の一種です。

顧客のニーズを顧客がかかえる問題点、売りたい商品をその問題点に対する対応策という視点で捉えなおすことによって顧客のニーズを引き出し、販売につなげようとする販売手法を「コンサルティング営業」と呼びます。

飽くまでも営業手法であって、販売が目的であり、販売しようとしている商品が顧客の問題解決に使えるということを訴求する点がコンサルティングと似ているだけです。コンサルティング営業は、自社の商品を販売する目的で、顧客のニーズを掘り起こす販売方法です。その結果として顧客の問題が解決されることがありますが、問題解決は手段であって目的ではありません。

Qシステムコンサルティングについて

最近よくシステムコンサルタントという仕事を耳にします。
このお仕事なのですが、一体どういったお仕事なのでしょうか?
現在学生なのですが、こういう勉強をやっておいた方が良いと思われる勉強や資格取得などはあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再び#1の者です。
以下、あくまでも私感です。

> こんな自分ですが、ある程度経験を積んできたらシステムコンサルティング関係の業務を志望しても、きちんとやっていけるのでしょうか?

「知的好奇心」と「コミュニケーション力」さえあればやっていけます。
心配する必要はありません。

まず、大学の学部や専攻は全く関係ありません。
少なくとも私は全く考慮しません。

どんなことをやっていたかではなく、どんな姿勢で取り組んだかを評価します。
例えば、文学部で源氏物語について研究していた、などコンピュータとは全く関係なかったとしても、全くマイナスにはなりません。
逆に、denpanounabaraさんのようにコンピュータ関連の専攻であったとしてもプラスにもなりません。

学業だけじゃなく、スポーツを一生懸命やったとか、サークル活動を一生懸命やったとか、アルバイトを一生懸命やったとか、何でもかまわないのですが、一生懸命やった経験は必ず仕事でも生きてきます。

ちなみに、私も、経済学部出身でコンピュータとは無縁の学部でした。

「コミュニケーション力」は絶対必要として、あとは「知的好奇心」さえあれば、システムコンサルタントとして必要な知識は自ずと身に付きます。
逆に、仕事以外では身に付きづらいと言えます(特に業務知識などは)。

がんばってください。

再び#1の者です。
以下、あくまでも私感です。

> こんな自分ですが、ある程度経験を積んできたらシステムコンサルティング関係の業務を志望しても、きちんとやっていけるのでしょうか?

「知的好奇心」と「コミュニケーション力」さえあればやっていけます。
心配する必要はありません。

まず、大学の学部や専攻は全く関係ありません。
少なくとも私は全く考慮しません。

どんなことをやっていたかではなく、どんな姿勢で取り組んだかを評価します。
例えば、文学部で源氏物語について研究して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報