を受けました。
それが、先日骨盤に転移しているのが分かり、抗がん剤(GCを3クール)と放射線3ダイン10回
を受けました。その結果、がん組織は半分ほどの大きさ(3.5cm)に縮小し、それなりの結果が得られたとの判断を主治医がしています。
現在は肝機能(GPT;104、GOT値;80)が衰えており、現在自宅で療養(3クール後;2週間)しています。
体調が落ち着いたら治療が再開されると思うのですが、そこで5点ほど質問させてください。
5点全てにご返事をいただけなくともいいのですが、教えていただけないでしょうか。
質問1放射線の治療を受けたわけですが、今後陽子線の治療を受けることは可能でしょうか。
担当医から放射線では痛みを取るだけで癌組織を駆逐する役割はあまりないと施術後言われ、がっかりきました。陽子線・重粒子線では効果があると聞いたのですが?
質問2副作用が落ち着いてきており、自分としては4クール目をしてもらいたいのですが、12月下旬にCTを撮り、それを見てからと考えておられるようです。効果があったと言われるから続けてやってもらいたいのですが、開けたほうがいいのでしょうか。
質問3主治医はGC療法に変わりGDC療法(ゲムシュタビン+ドセタキセル+カルボプラチン)を主治医は考えている(先日学会で発表)ようなのですが、学会で主治医はGCで効果が見られないようになったら、GDC療法がセカンドライン治療として使えると発表(ネットテで発表したものの概要集を入手)しており、まだ3クールしかしていないのにGDCをやりたいような口ぶりに聞こえます。入院当初GCで効果があるときには、GCで治療していくということだったのですが、本当に、早くからGDCをやったほうがいいのでしょうか。
質問4放射線、抗がん剤の治療後GPT値、GOT値が高くなっており、なかなか正常値の戻りません。原因はどのようなことが考えられるでしょうか。
質問5 4の質問に関連してですが、GPT、GOT値を下げる方法(食事等)を教えていただけないでしょうか。
  以上 質問させていただきましたが、一部だけでも結構ですからご教示いただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

陽子線の治療を受ける条件があります


残念ですが
病巣が原発であること
また限局であること(転移していない)
となっています

肝臓機能の低下については
原因として
放射線の影響(副作用)により肝臓が損傷していると思われます
肝臓は特に放射線の影響を受けやすいとされています
この場合の治療法については医師にお尋ねに
なるのが一番よろしいです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q放射線治療 技師 主治医

癌の治療で放射線をする事になりました

放射線の主治医の先生はとても若く 何と無く心配な感じがしたのですが

治療をする(照射)をするのは 放射線技師さんですよね?

放射線治療がうまくいくかどうかは 技師さんの腕ですよね??

主治医が位置を確認されるので やはり主治医の指示が重要か・・・

この辺り教えてください

Aベストアンサー

どのように放射線を照射するか(治療計画と言います)を決めるのはあくまでも医師です。
診療放射線技師は、その指示通りに照射することが仕事です。

どちらがいい加減でも、良い治療ができません。

放射線治療担当医が若い事で不安を覚えておられるようですが、若いから駄目で、ベテランだから良いとは、一概には言えません。若手の方が最新の内容をよく勉強していて詳しい時もあります。もちろん、経験がものを言う事もありますが。

経験年数が数年以内の、教育期間中の医師の場合は、先輩医師が治療計画をチェックするなど、バックアップ策を講じている事がほとんどですから、心配はいらないと思います。

あとは治療の内容によります。
乳癌の手術後の、乳房温存照射などは、症例数が多く、照射法がほぼ決まっていますので、若い医師でもベテランの医師でも大差はありません。

Q陽子線治療について

友人が、脾臓と両方の腎臓と小腸の一部に悪性リンパ腫のある疑いがあると診断されました。

治療費が高額でも、陽子線治療が良いのではないかと思いますが、適応部位があると聞きました。
この悪性リンパ腫の場合、陽子線治療を受けることについて、専門家の方のアドバイスと、一流の医師を教えて頂けないでしょうか。

これだけの範囲に亘っていると、かなり事態は深刻だと思いますので、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

専門ではないので、素人聞きかじり意見として聞いてください。

粒子線治療ですが、

基本的に
陽子線と重粒子線(炭素イオン)に別けられます。
特に重粒子線治療に関しては外科治療とほぼ同等の治療成績が
上がるようになりました。

ただ、現在国内では

陽子線治療が受けられる施設は9施設
炭素イオン線(重粒子線)治療が受けられる施設が3施設

しかありません。

ですので、選べるほどのまず数がありません。
また、日本にはいま100万人程度の癌患者がいますが
粒子線治療を受けられる患者さんは数千人、重粒子線に関しては1000人
程度しか受けることができません。
施設にはいま治療を希望する患者さんが殺到している状況です。

ですので、より確実に治る方が優先となりますので、転移されている患者さんは
基本的に適応外です。

なぜこんなに施設が足りないかというと、現在私が勤務している大学病院が
新病院を建てるのですが、手術室が18室もある大病院が建設費200億円かかります。
それに対し、陽子線、重粒子線治療施設はそれに匹敵するほどのお金がかかります。

また建築費だけでなく、現在、粒子線治療は患者さんに300万円程度費用負担をお願い
していますが、実際赤字にならないような費用を考えると800万円程度の費用をいただか
ないと赤字になります。ですのでランニングコストでも大きな赤字が生じます。
なので、今後もどんどん施設を作ることは難しいです。

ですので陽子線治療を受けられるのは基本的に難しいと思いますよ。

いま多方向からX線を当てる、IMRTという治療が治療成績が上がり、副作用もだいぶ
軽減されてきました。
2008年に保険適応されています。
ロボットで計算して、理論上は1000方向から当てられるのですが、実際は100方向ぐらい
から当てることになります。

ただ、こちらも今回のような多臓器転移の場合は、あまり適応にならないようです。

http://www.anticancer-drug.net/ion_beams/facilities.htm

http://allabout.co.jp/r_health/gc/313873/

専門ではないので、素人聞きかじり意見として聞いてください。

粒子線治療ですが、

基本的に
陽子線と重粒子線(炭素イオン)に別けられます。
特に重粒子線治療に関しては外科治療とほぼ同等の治療成績が
上がるようになりました。

ただ、現在国内では

陽子線治療が受けられる施設は9施設
炭素イオン線(重粒子線)治療が受けられる施設が3施設

しかありません。

ですので、選べるほどのまず数がありません。
また、日本にはいま100万人程度の癌患者がいますが
粒子線治療を受けられる患者さんは数千人、重...続きを読む

Q先日、健康診断を受けてGOTとGPTの値が高かったののと、エコーで肝臓

先日、健康診断を受けてGOTとGPTの値が高かったののと、エコーで肝臓が大きいとか形のことを言われたので、きょう再検査に行ってきました。

一週間後の結果を見てみないとちゃんとした事が言えません。ということだったのですが、肝硬変やNASHなど、いろいろなことを先生から聞いて緊張して、心臓がドキドキして、血圧も上がっているみたいです。怖くて仕方がありません。

詳しい結果が出るまではどうにもならないということは分かっていますし、先生もしっかり調べて土台をちゃんとしてから対処しましょうと言ってくれています。でも、何も手に付かない状態なので、ここで、少し相談させていただこうと思います。

まず、GOTの値は健康診断時は40、今日が44です。GPTの値が健康診断時は46、今日が52です。ちなみの去年のの数値はGOT35、GPT42です。平成18年の時が一番高くGOT74、GPT101でした。それからいろいろ気をつけて去年ぐらいまで下がってきました。運動や食事など。

そして、今日はフェリチンの値が428と高いと指摘がありました。

私はお酒をのまないし、肝炎の検査もB型C型とも陰性です。

帰宅してからいろいろと調べてみて、肝硬変やNASHのこともネットでいくつか見たらますます緊張してきました。

肝硬変はGOT方がGPTより数値が大きくなるといくつかのHPで書いてありました。私の場合GOTの値がGPTを上回ったことはないのですが、このような場合でも肝硬変の危険性はあるのでしょうか?

また、NASHは該当することが多く、私の場合いつも、GOT値?GPT値ですし、フェリチンの値も高いです。NASHは治るのでしょうか?

先生には結果が出るまであまり悪いこと考えないほうがいいと言われましたが、かなり気が弱い方なのでここで、相談させていただきました。肝臓の病気に詳しい方、ご回答をよろしくお願いします。

先日、健康診断を受けてGOTとGPTの値が高かったののと、エコーで肝臓が大きいとか形のことを言われたので、きょう再検査に行ってきました。

一週間後の結果を見てみないとちゃんとした事が言えません。ということだったのですが、肝硬変やNASHなど、いろいろなことを先生から聞いて緊張して、心臓がドキドキして、血圧も上がっているみたいです。怖くて仕方がありません。

詳しい結果が出るまではどうにもならないということは分かっていますし、先生もしっかり調べて土台をちゃんとしてから対処しましょ...続きを読む

Aベストアンサー

お返事を読ませていただきました。血小板、白血球ともに低いんですね。
もともと低いと書かれていましたが、その原因は何でしょうか?
血球減少は様々な原因で起こります。
もちろん、肝硬変でも起こりえます。肝硬変以外の病気でも、肝臓の病気を合併しやすいものなどもあります。

おそらく、担当の先生は、NASHのほかに隠れた病気がないか、といったことを中心に調べているであろうと思われます。

肝障害が指摘されてから、どのくらい経つのか、年齢、性別、ご家族に肝疾患の既往のある方はいるのか?血球減少が肝臓から来るものなのか、その他の疾患から来るものなのか?
おそらく担当医はそのあたりも含めて検討しているところと思います。

採血結果はやはりすぐには出ないので、まず、それを待ちましょう。

原因が特定できない場合は、さらに採血を追加したり、検査を追加することもあります。
肝生検をする必要もあるかもしれません。
そのあたりも、よく、担当医と相談してください。

私たち医療者は、手がかりを見つけ、考えられる疾患を一つ一つ除外していくという作業によってのみ診断できるのです。最終的な診断が付くまで、すこし、時間が必要かもしれません。すぐに診断が付かないからといってあせらないで頂きたいのです。

もし、ご心配であれば、肝臓専門医に受診するのも手かもしれません。(肝臓学会のホームページから肝臓専門医を調べることができると思います。)
ただ、その場合も担当医とよく相談して担当医から採血データや、画像データ、これまでの経緯を紹介状として頂いて下さい。

とにかく、あせらないことです。あせっても何も解決しません。一つ一つデータを揃えて、診断を詰めていくことが肝要です。
直接診せて頂いていないので、あまり責任をもって回答することができず、申し訳ありません。

お返事を読ませていただきました。血小板、白血球ともに低いんですね。
もともと低いと書かれていましたが、その原因は何でしょうか?
血球減少は様々な原因で起こります。
もちろん、肝硬変でも起こりえます。肝硬変以外の病気でも、肝臓の病気を合併しやすいものなどもあります。

おそらく、担当の先生は、NASHのほかに隠れた病気がないか、といったことを中心に調べているであろうと思われます。

肝障害が指摘されてから、どのくらい経つのか、年齢、性別、ご家族に肝疾患の既往のある方はいるのか?血球減少...続きを読む

Q放射線療法と心臓病について

頭頸部がんの治療についてアドバイス下さい。

現状の説明ですが、頭頸部のがん (鼻腔) は進行がんで、がん治療は症状の緩和と延命を目的に考えています。
この中で外科的手術、抗がん剤治療は行ないません。前者は既にそういう時期でない為で、後者は心臓に負担が掛かる為です。
心臓に負担が掛かるというのは、抗がん剤の危険性に加えて、幼少の頃から大動脈弁閉鎖不全という病気を持っているからです。自覚症状は幼少の頃から一度もありません。

がん治療を始めるにあたり、2つの病院で心臓の検査を受けました。
1つ目の病院では運動負荷心電図、心超音波、X線検査を行い、今すぐの治療 (人工弁置換) は不要と言われました。
もう1つの病院では、心電図、心超音波、X線、血液検査 (BNP) 、ABI検査、不十分との事で後日、心カテを行ない、結果的に手術の時期にきていると言われました。


1つ目の質問は、
心臓の人工弁置換手術を受けた場合、どの位の期間で退院、人並みとはいいませんが、まともな日常に戻れるのでしょうか。具体的に言うと、手術後、どの位の期間でがんに対する放射線治療を受ける事が可能になるのでしょうか。
手術優先を勧めるのは心カテを行なってくれた心臓内科の主治医です。

2つ目の質問は、
心臓の治療を後にした場合、頭頸部がんに対する放射線治療が心臓に与えるリスクはどの様な事が考えられるでしょうか。放射線治療は局所的なので、心臓に直接影響は出ないと考えてしまうのですが、如何なものでしょうか。
個人的希望はこの治療、即ち、放射線治療を早期に開始し、計画通り週5日×7週を終了させる、です。

3つ目の質問は、
放射線治療を始めてからある程度で途中休止し、心臓の治療に移行、終了後再び放射線治療、という流れを行なった場合、リスクはあるでしょうか。
これは頭頸部主治医からの1案で、がんの症状をある程度緩和し、心臓の治療を行なってもらう、という案です。
ただ、放射線治療を受けている中で途中休止期間が長くなると治療の効果が薄れる、とネットで調べましたが、もしそうであるのならば避けたい所です。

ちなみに、がん治療診察と心臓検査は異なった病院で行なっています。
説明がうまくできませんが、どうか、よろしくお願いします。

頭頸部がんの治療についてアドバイス下さい。

現状の説明ですが、頭頸部のがん (鼻腔) は進行がんで、がん治療は症状の緩和と延命を目的に考えています。
この中で外科的手術、抗がん剤治療は行ないません。前者は既にそういう時期でない為で、後者は心臓に負担が掛かる為です。
心臓に負担が掛かるというのは、抗がん剤の危険性に加えて、幼少の頃から大動脈弁閉鎖不全という病気を持っているからです。自覚症状は幼少の頃から一度もありません。

がん治療を始めるにあたり、2つの病院で心臓の検査を受けまし...続きを読む

Aベストアンサー

一般論です.

1)年齢、現在の全身状態、癌の局在、進行度
2)(心疾患がないとして)頭頚部癌を放置したときの予後予測、放射線療法したときの予後予測
3)(頭頚部癌無いとして)弁置換しないときの予後予測、弁置換した後の予後予測

がわからないと判断しようがないです.癌の予後が非常に厳しいならそもそも心臓の手術はしない方がいいでしょう.また、自覚症状がないのに弁置換術が必要というところが少し変と思いますが、エコーや心臓カテーテル検査の結果を見たわけでないのでこれ以上のコメントは差し控えます.

このサイトで質問してもまともな答えはできないですね.
上記の情報を得て、がんと心疾患のみれる大学病院などでのセカンドオピニオン外来を受診するのがよいと思います.(各種がんセンターは循環器は得意ではないので)

Q放射線治療の効果について

上咽頭癌の治療の為、抗がん剤と放射線治療の併用治療を受け、3日前に終わりました。先生からは、今のとこ癌の状態をみる限り、効きがよくないので、恐らく消失は、厳しいとの見解でした。しかし、放射線治療の効果は、後からでる事もあるとの事でしたが、だいたいどれくらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

放射線治療の効果について

65歳♂

今のとこ癌の状態をみる限り、効きがよくないので、

A:私も抗がん剤、放射線治療の経験者です。担当医の
「効きがよくない」と言う表現は多少なりとも効いていると
解釈できますが?、治療終了から3日では副作用等で
まだまだお辛い時期ですね、お察しいたします。
私の経験や医師の話からから申しますと、抗がん剤治療は
4クールと思いますが、終了時にCT撮影し前回CTと比較し
病巣の縮小と言う結果が現れる場合もあります。
放射線治療は私の主治医の話では縮小と言う顕著な結果より、
がん細胞を如何にやっつけたか?簡単に言いますとがん細胞を
焼き殺す訳ですから跡が残るらしいです、後の経過観察で判断
するわけですが、2~3ヶ月毎のCT(レントゲン)で縮小したり
又は変化が無ければ効いている訳です、半年先、一年先を
見なければハッキリとした結果は判らないらしいです?。
参考になりますかどうか?不審に思うことがあれば担当医に
詳しく聞くことをお勧めします、ご本人やご家族の安心にも
繋がりますし。お大事に。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報