家から古銭・記念硬貨の類が出てきたので、オークションにでも出して処分しようかと考えています。
(もし、価値を見出して喜んでくれる人が居るなら、銀行で換金するより嬉しいと思ったので。そして田舎なのでコインショップなどは出店していないのです。)
ただ、オークション等ですと、どうしても郵送等の手段で相手に送らなければなりません。

実際は郵便や宅配便などで送っている方が多いみたいですが、
郵便は「郵便でお金を送ることは禁止されています。現金書留をご利用ください」というルールだったように思います。たしか、宅急便なども同様のルールだったのではないでしょうか?

これは、郵便でお金を送ったことが発覚すると「罰せられる」「書留との差額を請求される」「差し戻される」というようなことなのでしょうか?
それとも、「事故があったときは自己責任ですよ」という程度のことなのでしょうか?

郵便・各種宅配業者について、正しいルールが知りたいです。
調べましたが、明確な規則についてみつからず、、また、問い合わせしようものなら「現金書留を利用してください」と言われるのが目に見えているので、こちらを頼らせていただきました。

万一、法に抵触したり、訴えられたりするようなことなのであれば、素直に銀行で換金するなり、知人をあたるなりしようかと思います。

教えていただけますと大変ありがたいです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。



 実はこの質問はかなり面白いものです。というのは当局が法律を無視しているかもしれないという実情があるからです。具体的には。
 造幣局が毎年貨幣セットを発行しますね。これは扱いが通信販売だけです。申し込むと、何故か現行貨幣なのにも拘わらず、郵便の現金書留ではない「宅配便」で送られてきます。ただし以前は日通が扱っていましたが、近年どうなっているかは知りません。
 この例からみると、造幣局は貨幣セットや記念貨幣セットを現行貨幣ではなく、(貨幣としても使えるが)単なる趣味的な物品として扱っているようです。もちろん違法行為にならないように何らかの法を整備した可能性があるのですが、その辺は判りません。
 これから考えると、貨幣セットなどの通貨としてよりも記念品としての扱いに重点がある「商品」に関しては、一般民間人も同じ扱い方をして差し支えないだろうと思われます。
 もちろん同時に現行貨幣を送るとなると話が違ってきます。が、貨幣セットのみを例えば郵便でかつ書留便にする際に「財務省記念品」とでも記載しておけば、これで問題は無いのではないでしょうか。
 ただし現実がどうであれ、業者が「取り扱わない」と明言しているので、郵便以外の発送方法は避けるほうが無難でしょう。
 
 尚、回答無しで本人が既に削除してしまった以下のような質問が半月ほど前にありました。
> 普通郵便に硬貨を入れて送ったところ、局員に発見されて差し戻し、または発送停止となった。
> 郵便局から、返還するので局まで出頭するように連絡があった。
> 金額は100円なので、この際放棄してしまいたい。
> (まだ続くのですが以下の概略は省きます)
 これに際して私が調べたところ、現金書留以外で現行通貨を送品しようとするのが判明してしてしまった場合も、罰則は無い、ということです(きちんと記してある解説のページは改めて探しません)。
 上記の削除された質問のように、呼び出されて注意され、内容を返還するために身分証明書の提示を求められる。当然既に利用された郵便料金の返還は行われないが、受付局での消印前にこれが判明した場合にどうなるかは不明(私としては相応の手間が掛かっているので、没収で構わないと思う)。
 以上参考までにどうぞ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
興味深い内容で大変参考になりました。
貨幣であって貨幣でない扱いというのは、わかるような、わからないような・・・。
罰則はとくにないとのことですので、その辺りはある程度割り切って考えようかと思います。

お礼日時:2013/12/14 13:38

現行の紙幣・硬貨は 現金書留で送ることが、


郵便法で定められています。
日本円でないもの(外国のお金,日本の旧紙幣)は
この法律によらないので、
普通郵便でも扱えます(むろん書留にした方がいいですが、この場合現金書留でなく一般書留または簡易書留)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
郵便法というものなのですね。
「現行の」というしばりがあるとのことで安心しました。
記念硬貨や旧紙幣も、一応現在でも額面どおりのお金として使用することは可能だと思うのですが、今使えるということではなく、「現行の紙幣硬貨=これこれ」という取り決めがあるということなのでしょうか

お礼日時:2013/12/01 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧姓で届く現金書留について教えて下さい。 結婚したことを黙っている人から現金書留が送られて来ます。

旧姓で届く現金書留について教えて下さい。
結婚したことを黙っている人から現金書留が送られて来ます。

マンションのエントランス、ポスト、玄関の表札もすべて今の姓です。

住所と部屋番号さえ合っていたらちゃんと届きますでしょうか?

現金書留なので郵便局も厳重になりますか?
免許証とかもすでに更新しているので旧姓の証明書はありません。

一時的に玄関の表札だけ外しておこうかと思っていますがそれで届きますか?

前もって郵便局に旧姓で現金書留が送られて来ると連絡したほうがいいでしょうか?

詳しい方や同じような経験をされた方などよろしくお願いします。

Aベストアンサー

転居届を出していないのであれば、出しておくことをオススメします。
一度だせば郵便局は把握しますので(独自の居住者名簿をもっており、宛先住所と宛名が居住者名簿と合わない場合は、居住確認を行うか、明かに違う場合は返送します)

なお、居住確認を行うのが原則ではありますが、担当者によってはこれをすっとばす人もいたりしますので、確実には転居届を出すのが一番です。

Q現金書留と簡易書留 安心なのは?

はっきり言ってこの二つの違いが説明を読んでもよく分かりません。
お金を送りたいのですが簡易のほうでは送れないのでしょうか?
郵便局でお金を送りたいと言ったら現金書留ですね、と言われました。
簡易の方が手数料が安いと後で知りました。
やはり手数料が安いほうで送りたいと思ってしまうのですがそれだとちゃんと届くのか不安です。
送る金額は2万円です。
郵便局のホームページを見ても分からない単語ばかりで理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現金を送るなら、名前の通り現金書留です。
簡易書留でも届きますが、もし何かあった場合、郵便法に違反してますので補償などが受けれない場合があるかも知れません。
NO.1の方が「簡易書留の場合受取確認をしないはず」と書いてますが、間違いです。受領印がいります。

Q現金書留は郵便局からしか送れないでしょうか?

平日は忙しくて郵便局に行けないのですが
現金書留は郵便局からしか送れないでしょうか?
コンビニなどからは無理ですか?

Aベストアンサー

コンビニでは、切手・葉書・ゆうぱっく受付くらいしか、やっていません。
しかも、切手については、よく売れる(必要性の高い)金額しか用意していないので、定型の25g超え50g以下の封書を送りたくて、90円切手が欲しいのに、取り扱ってなくて……80円切手と10円切手で我慢してくれと言われることもあるくらいです。
郵便物を取りに来る回数も、そこらへんのポストよりも少ないようです。

平日の日中に郵便局に行かれないなら、平日夜間や休日に、本局に行くべきです。
本局なら、普通の郵便局よりも、窓口があいてる時間は長いし(19時まで通常業務してます)、それを過ぎた時間帯(早朝深夜を含む)や土日も、ゆうゆう窓口という、閉局中の窓口があります。
切手販売から、速達受付、書留受付、不在票の荷物の受け取り、何でもできますよ。

Q現金書留を会社に送ったらちゃんと本人に届くか

現金書留を送りたい人がいるのですが、
諸事情によりその人個人の自宅などではなく、
その人が働いている会社の住所に送りたいです。

この場合、ちゃんとその本人に確実に手渡されますでしょうか?

変な話ではありますが例えばの話として、
会社の受付のお姉さんとかに渡されて、
その人が自分のポケットにしまっちゃう、
なんてことになる恐れは無いでしょうか?

組織の住所に個人的な郵便物を送った経験が無いもので、
恐れ入りますがアドバイス頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

送りたい相手の名前も当然記入しますよね。
○○株式会社△課 *◇※様

とそれに「親展」を付け加えればより確実性は上がるでしょう。
○○株式会社△課 *◇※様
『親展』

送る前には相手に連絡して事務に通知しておく事は必用ですが。

Q郵便局の現金書留について質問です 3970円と4120円では、どちらの方が発送料金が高いでしょうか?

郵便局の現金書留について質問です
3970円と4120円では、どちらの方が発送料金が高いでしょうか?また、一緒だったりしますか?無知ですみません…

Aベストアンサー

損害金額が1万円以内であれば料金は一緒です
http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/option.html

現金書留+430円(基本料金に加算)
(損害要償額1万円まで)
さらに5,000円ごとに+10円(上限50万円)
基本料金が120円(専用封筒が必要になるので定形外になります)
ですので120+430=550円になります

料金計算表
http://www.post.japanpost.jp/cgi-simulator/envelope.php


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報