英語の文法って文の最後まで聞かないと意味がわかりませんよね。 では修飾語や関係代名詞等がたくさん入ったような長い文章の場合はどうやって解釈すればいいのですか?やはり英語の堪能な方でも最後まで聞かないとわからないのでしょうか?
私の場合短いセンテンスならヒアリングもできるんですが、長くなると前の単語とか忘れて結局意味不明になってしまいます。何かヒアリングのコツでもあるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

mo-様は多分、まだ頭の中で日本語に置き換えているからそのようなことになるのだと思います。

最初のうちはどうしてもそうならざるを得ませんが、なれてくると自然にそのようなことをしなくても理解できるようになってくるものです。要するに、英語のまま理解するということだと思います。当然、native達はそうやっているわけです。ちょうど、日本人が日本語を聞くときと同じように。短いセンテンスならできるということですから、訓練を続ければきっとできるようになりますよ。特にコツのようなものはないと思いますが、短いセンテンスのやりとりの会話を聞いてたら、いちいち頭の中で翻訳している暇がなくってなれてくるような気がしますが、如何でしょう?くじけずに頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうなんです、その通りなんです。一度日本語に訳して理解しているのでスピード的につらいんです。ご指摘のとおり訓練次第なんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/01 09:51

長年英語国で生活しているものです。

こちらでは英語のネイテイヴでありながら授業に困る子供達が大勢居ます。授業についていけない、説明がわからない、長い文章にとまどう。調べてみると、頭が悪いのではなくて、ListeningComprehensionに弱みがあるのです。学校の先生はこの子たちにListening Comprehension のコツを教え、その練習をさせます。結局、聞き方のコツを学ぶわけです。
このコツは豊富にあり、生徒のレベルによって選択されます。(聞き方の弱点のテストさえあります)
もし近くに英語国から来たESLの教師が居られたら、相談されるとよいでしょう。

このコツは後には Reading Comprehension に関係します。長い文章を素早くさっと読みとおして理解するコツと同じです。だからコツ学びに時間をかけるのは決して悪いことではありません。

これは一般論として、どの生徒にもメリットがあります。
    • good
    • 0

どの程度の複雑さを言っているのかわかりませんが、


>英語の文法って文の最後まで聞かないと意味がわかりません
と言っている位なので、簡単に具体的な私のやり方を書いてみますね。
実は日本語こそ最後まで聞かないとわからない言語だって知っていましたか?
->この文は「知っていたか?」と聞く文でその前の言葉は何をという修飾にすぎません。
 つまり、日本語は一番大事な物が最後に来る言語です。
これをHead to Last ruleといいます。(英語はHead to firstですが実は日本語ほど厳格ではありません)
 このルールは「~が」という言葉が使われている以外はきちんと成立します。

単語と言うより一つの意味のある区切り毎にイメージしていきます。
たとえば、
The turning point was a 1998 meeting between President Kim Dae Jung and Japanese Prime Minister Keizo Obuchi, in which Obuchi apologized and both leaders declared Japan's 1910-45 occupation of the Korean peninsula to be a settled matter.The turning point was a 1998 meeting between President Kim Dae Jung and Japanese Prime Minister Keizo Obuchi, in which Obuchi apologized and both leaders declared Japan's 1910-45 occupation of the Korean peninsula to be a settled matter.
の場合、

The turning point was a 1998 meeting
で「ターニングポイントは1998年のミーティング」

between President Kim Dae Jung and Japanese Prime Minister Keizo Obuchi,
続いてbetweenと来たのでmeetingの修飾と気がついて、
「そのミーティングは金大中さんと小渕さんが会ったミーティング」

in which Obuchi apologized and both leaders declared Japan's 1910-45 occupation of the Korean peninsula to be a settled matter.
in whichと言われたので、更にそのミーティングでは、
「小渕さんが謝罪して、二人が既定事実として日本による占領があったと宣言した」ミーティングであるとわかります。

要するに全体像を先にイメージして、その各部分を後で肉付けするようにイメージしていきます。
これは日本語を聞くときと全く逆のやり方なので、みなさんの言うように慣れるしかありません。
訓練としては別に聞くときだけではなくて、読むときも必ず決して後ろに戻って見ないようにする訓練が効果的です。
いきなりヒアリングはきついので、初めは読書の時に決して後ろに戻らずに順番にまとまったブロック毎にイメージして修飾していくような訓練がいいと思います。
結構区切り方というのが重要です。

では。
    • good
    • 0

それは基本的に英語の思考に慣れていないからです。

英語の方が論理なセンテンスは分かりやすいです。文章は、次々流れる単語の羅列ですが、流れる順番に情報を伝えています。情報の流れにそって自然に理解できることが、英語の力です。なぜ日本語と英語は文法が違うかといえば、思考回路において「大切なもの」が違うからです。文章は大切だと思う順番に単語が並びます。
英語圏の人々にとっては、「主語」の次に「動詞」が一番大切なんです。日本人の場合は、「目的語」ですよね。
自然に英語が聞けるということは、自分の知りたい順番に「単語」が耳に入るということです。したがって英語圏の人も日本人の思考上の「大切なもの」が違うのでどちらが分かりやすいかという議論はナンセンスですね。
日本語思考で英語を聞くと無意識に目的語や修飾語にとらわれてしますので文章の最後の方に意識が向かいます。これを直すには、これといった手段はなく、いかに多くの英語にふれるかです。頑張ってください。

この回答への補足

そうです。慣れてないといわれれば返す言葉がありません。その通りなんです。もっと勉強します。

補足日時:2001/06/01 09:45
    • good
    • 0

★alamoana★と申します。



結論から申し上げますと,
「出来るだけたくさんリスニングして,慣れる」しかありません。

日本語は,述語が文の後の方に置かれますので,
それを聴き取るには,話されている文の最後の方になると
脳が集中してそれを聞き逃すまいとします。

これに対し,英語(または,印欧語)の場合は,
文の前のほうに述語などの重要なポイントが
スピーチされるので,日本語のような語順を脳が期待していると,
聞き逃してしまいがちです。

では,「どうすればいいか」ですが,
冒頭で言いましたように,慣れるほかありません。

よく,「英語で話すには英語で考えよ!」という
アドバイスをされる方がいますが,
私は,お勧めしません。
これは,脳が英語に慣れた時,
「結果として英語で考えられるようになる」ということで,
やろうと思ってできることではないような気がするからです。

この回答への補足

そうなんですね、慣れるしかないんですね。何か簡単に上達できるコツがあるかなと思ったものですから・・・。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/01 09:44
    • good
    • 0

逆に英語より日本語のほうが最後まで聞かないと意味が分からない言語


だと思います。日本語は動詞(述語)がだいたい最後にきて、しかも
「~ます」(肯定)なのか「~ません」(否定)なのか最後にやっと
判断できますよね。もちろん例外はたくさなりますが。
それに比べて英語はSVO、SVOCなど、文型構造から見ても分かる
ように、主語の次に動詞がきます。そして、don'tなどの助動詞も
その後(または疑問なら文頭)に続きますね?だから、比較的
前から意味を取っていきやすい言語だと思います。
(例)I didn't go to school yesterday because it rained hard.
前から意味をとっていけますね。
私は 行きませんでした 学校に 昨日 なぜなら 雨が ひどかった
  ⇒私は昨日雨がひどく降ったので学校に行きませんでした。
となるわけですね。これは簡単な文章での例ですが、基本的に
関係代名詞なども同じだと思いますよ。
(例)He is my friend who live in near here.
彼は 私の 友達です その人は 住んでいます このあたりに
  ⇒彼はこのあたりに住んでいる私の友達です。

ただヒアリングとリーディングと違うのは、強調語句が分かりやすい
ということです。書くのと違って話す場合は繰り返しの部分
(たとえば質問に答えるときに「その質問に対する私の答えは」のような部分)
はサラっと弱く発音します。だから、リーディングよりもポイントは
つかみやすいのですが、早口の人やなまりがあると大変ですね。
・・・どうでしょう?参考になりましたでしょうか・・・

この回答への補足

このように文面で書かれるとわかるんですが、私の場合やはり文面の場合は全体を読んで意味を捉えてると思います。だからヒアリングになるとちょっと・・・。
皆さんのお話を聞いて単に私が勉強不足なだけということがわかりました。もしかしたら未熟な私でもヒアリングできるコツでもあるかなと思ったんですが・・・。やはり勉強に近道なしですね。頑張ります。

補足日時:2001/06/01 09:41
    • good
    • 0

話しの順番のまま、そのまま聞いています。


最後まで聞いて、それから最初に戻って訳したりはしません。

最後まで聞かないと最初からの意味がわからないというようなことはありません。

細かい些細な単語はほっといて、強く言っている部分を
聞き逃さない様にすることが上達のコツでしょう。

耳に入ってくる順番に飲み込んでいくんですが。
訳そうとすると・・・。かえってわからなくなりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか順番どおりに聞くんですね。あたりまえですが私が日本語を聞くときも一度全部聞いてから内容を理解したりせず、その瞬間意味を理解しますものね。きっと英語もおなじなんでしょう。要は私はまだ未熟なのだということがわかりました。
強く言っている部分はなんとなくわかるんですが、それが肯定だったのか否定だったのか、現在なのか過去なのかわからない時があるのです。もっと勉強します。

お礼日時:2001/06/01 09:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q連体修飾語 連用修飾語 簡単な見分け方をおしえてください。 連体は名詞を修飾するんですよね? 固

連体修飾語 連用修飾語

簡単な見分け方をおしえてください。

連体は名詞を修飾するんですよね?
固有名詞はわかるのですが 、代名詞と抽象名詞がわかりません。

この二つの説明、または連用名詞の説明を具体例を交えて教えてください...

Aベストアンサー

体言(名詞など)を修飾するのが連体修飾語
用言(動詞など)を修飾するのが連用修飾語



>連体は名詞を修飾するんですよね?

こそあど言葉というものがあります。

これそれあれどれ 代名詞です、主語になり得ます。

このそのあのどの、連体詞です、主語になりません。名詞を修飾します。あらゆる、などもそうです。


抽象名詞は形が無いものをさすもの

平和、理想、憧れ、政治、などです。


>連用名詞の説明を具体例を交えて教えてください

連用名詞形、この概念は通常の国語文法にはありません。

外国人が日本語をスムーズに学べることを主眼に開発されたようです

http://blog.livedoor.jp/s_izuha/archives/5860103.html

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q中3英語、関係代名詞と分詞の質問です! 関係代名詞)My father has a car whic

中3英語、関係代名詞と分詞の質問です!

関係代名詞)My father has a car which was made in America.
分詞)My father has a car made in America.
となりますが、下の分詞の文は上の関係代名詞の文からwhich wasを省略しただけですよね?
しかし関係代名詞は目的格以外は省略できないはずで、上の文は主格なのでwhich wasは省略できず、下の分詞の文は成立しないと思います。
私の父はアメリカで作られた車を持っている。を英語に訳せとテストででたらどちらの文で答えたらいいのですか?

Aベストアンサー

目的格の省略ですので、どちらの文章も正解です。

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q中3英語の関係代名詞について質問です 関係代名詞の主格thatの使い分け方がわからないです 主格

中3英語の関係代名詞について質問です

関係代名詞の主格thatの使い分け方がわからないです

主格whoは(人)を説明するときにつかい
主格whichは(もの)を説明するときに使うということは分かるのですが…
主格thatは(人、もの)どっちにも使えると言う事でいいのですか?
例)She is girl who lives in Tokyo.
       ⬇
She is girl that lives in Tokyo.
  と表しても良いのですか? また
例)This is a movie which makes people happy.

  This is a movie that makes people happy.
と表しても良いのですか?

Aベストアンサー

はい。そういうことです。
まあ、girlの前に冠詞(a,an,the)
が抜けてますが

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Qヒアリングが苦手です。

リスニングが非常に苦手です。CNNを聞いたり、今話題の聞き流すCDも購入しましたが・・・。簡単な単語でも聞き取れるのははじめの部分だけ、どなたかコツを教えて下さい。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね.

ここ一年少し、使える英語と言う課題で書かせてもらっています.

日本語の文章を聞いたとき、どれだけ、一字一字を「気にしている」でしょうか。

言っている文章のフィーリングを感じ取っているに過ぎないんですね. ですから、前の文章が、「言ってる文章のフィーリングを感じ取ってるにすきないのですね」と言った時、この三つの違う言い方に気を取られるでしょうか. しませんね.

英語でもそうです. アメリカ人でもそうです. つまり、文章としてとらえてしまっているんですね. そして、その内容がわからないとき、(アメリカ人でさえ)What did you say? Repeat it for me. Say it again? 等をよく言いわけです.

例えば、聞き取れなかった名前でも、一応文章の全部を聞いてしまうわけです. そして、その時に、その名前が重要と言う事であれば、What did you say his name was?と聞き返すわけですね. What did you say after you said "mimi308, you are great!"?すばらしい人ね、といわれぼうっとなってしまって、後が聞き取れなかったと言う場面ですね. <g> そんなこといわれたことのない私なので、「聞いた話」です. <g>

と言う事で、練習のひとつとして、分からない単語などがあっても、気にしないで、どんどん、聞いた文章を追いかけて見てください. 頭の方が、英語の文章の流れに付いていってくれるようになります.

また、和訳を重要視する学校での英語の授業の悪影響がありますね. どうしても、聞きながら、頭の中で日本語に訳そうとしてしまう傾向がありますね. 英語のできる人は、というと、その壁を打ち破った人なんですね.

ですから、100%分からなくてもいいんです(今は).もし日本語に直しているようでしたら意識的に止めてみてください.. そして、CDの分からない文章を何回も聞きなおして見てください. 初めは落胆するような事があるでしょう.特に、CNNのような「お堅い」また、固有名詞の良く出てくるものは.

ですから、できれば、DVD(字幕を出すことが出来ますので)を使って、ビデオを追いかけて見てください.

フィーリングを読み取る/聞き取ることができればいいのです. 日本語でもそうなのですから.

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね.

ここ一年少し、使える英語と言う課題で書かせてもらっています.

日本語の文章を聞いたとき、どれだけ、一字一字を「気にしている」でしょうか。

言っている文章のフィーリングを感じ取っているに過ぎないんですね. ですから、前の文章が、「言ってる文章のフィーリングを感じ取ってるにすきないのですね」と言った時、この三つの違う言い方に気を取られるでしょうか. しませんね.

英語でもそうです. アメリカ人でもそうです....続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q小学校の長縄跳び大会の意味は?

娘の小学校では、毎年2月にクラス対抗で長縄跳び大会が行われます。1人づつ入っては出て3分間で何回出来るかを競いますが、この様な行事に何の意味があるのでしょうか?娘は、躊躇したり引っかかったりしてクラスの皆に何か言われたり、回転ドアの様なもの自体がこわくて嫌がっています。皆さんの学校はどうでしょうか?

Aベストアンサー

長縄跳び競技というと、ご質問のようなタイプと全員で一緒に跳ぶものが主です。いずれも、苦手な子には苦痛になることがあります。失敗の度に非難されたり、冷たい視線で見られたりする場合がそうです。しかし、たまにしか失敗しない上手な子には、周囲は穏便です。そんな苦手な子に非難が集まるような雰囲気では、これは成果が乏しいです。逆に苦手な子に対しても温かく励ますような雰囲気なら、成果は大です。何をやるにしても、能力の違う子どもたちが混ざって活動する以上、こういった問題は避けられません。
答になりませんが、よい雰囲気で活動できれば意味があり、好ましくない雰囲気で活動すると意味が薄くなるということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報