「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

こんにちは、中古マンションの購入を考えている者です。

ネットでよい物件が見つかりA社にコンタクト、事務所に行って物件説明書(A4版1枚)とローンを組んだ場合のシミュレーションを頂きました。ちなみに、この物件はA社の専売物件でした。

条件に割合あっていたこともあり、内覧(居住中)を申込み、日取りも決めたのですが、どうしても担当者が若くて頼りないこと、また上司の部長さんも条件に合わない高めの物件のほうを進めるなど、今一つ信頼がおけないような気がして内覧を一度キャンセルしました(つまり、まだ内覧もしていません)。

次に別物件でB社に行ったところ、担当者と意気統合し、この人に仲介してもらいたいという気持ちが湧いてきました(このB社の物件は、話を聞いてみたら、希望には合っていないのでお断りしました)。

ここからが本題なのですが、A社と内覧キャンセルしたこの段階で、B社の担当者に、先述のA社の物件の紹介をお願いすることはできるのでしょうか?A社の物件はSUUMOでも公開していますが、専売物件である点が気になっています。

B社に迷惑を掛けたくないのはやまやまですが、A社のあの担当から買うのも・・・。A社は地元の大手で評判は悪くないです。B社は小さな不動産屋さんですが、お客さんの評判はいいようです(人柄が最高です)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

業者です。


Aが専任でないなら可能ですが、Bを経由しても結局はAを経由しなければ内覧も契約も出来ないわけで、既にAに質問者さんの氏名も顔も判明している以上、その物件をB経由でAとの共同仲介で勧めることは無理でしょう。
業者同士ではタブーとされています。
AがBにその物件を仲介させてくれるかどうかもわかりませんし、Bに事情を話して引き受けてくれるとも思えません。Aが大手なら尚更です。
業者は、大手程経費も賭けその信用で売り物件を集めます。SUUMOといえども1件数万円の掲載費用がかかります。業者間同士は競争ですから、自己で面識があり物件も特定しているお客さんを自社経由で他社で成約させることはありません。
一般で物元がAとBと2社ある状態なら、自由に選択可能ですが、業者間の都合で一般消費者には関係無いことですが、専任でAが物元である以上むずかしいのです。
Bに聞いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常にわかりやすく、また詳しい説明、本当にありがとうございます。このままA社で進めたほうが結果みなさんに迷惑かけなくて済みそうですね。
今回はA社で進めようと思います。踏ん切りつきました。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2013/12/05 23:44

B社を通じてもまったく問題はありません。

貴方の不安をB社が解消してくれます。手数料も同じです。A社で取引していたら、A社はいわゆる手数料の両手取りです。
私ならば頼りないA社の担当と取引して、手数料を値引かせます。頼りないやつほど、買い手が得をするからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
そうですか、B社で業界仁義上も問題わけですね。
B社の方に不安を解消してもらいますね(^^♪

A社への値引きプッシュですかあ、いいアイデアですね。
自分に出来るかなあ。頑張ってみます。
本当に親切にありがとうございました。

お礼日時:2013/12/04 22:44

いいんじゃないですか。


重要事項説説明だって、買うと決めないとしてくれないなんてのはおかしい習慣です。
ただ、A社は仲介料という手数料が半分になる訳ですから、4割ディスカウントしても
そのほうが儲かるわけです。最後の最後の残り福で、1年も売れ残って大バーゲンセール
バナナのたたき売り状態ででもなければ、今値引きじゃないと無視すると思います。
そうなれば、お終いです。
でも世の中おもしろいものですよ。
何年か後にその物件がその建物の他ではなく、安く売りに出ていたりするものです。
自分がそこまで頑張った物件は、チラシをみたらすぐわかります。
あーやっぱりあの時に買ってなかってよかったと、ひとり得心するわけです。
逆に本当にほしかったら、買えばよいわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
確かに両手取りであれば手数料を40%ディスカウントしてもA社は得するわけですね。目から鱗です。

最後の”自分が頑張った・・・・”のくだりは納得です。確かにそうですねー。

お忙しいところありがとうございました。

お礼日時:2013/12/04 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じ物件を買う場合に、不動産の仲介業者は途中で変更できる?

ある一戸建中古物件を購入する際にA社へ最初に案内をお願いしていたのですが、途中で、会社の福利厚生で、B社を通じて取引すると、仲介手数料が1%ほど割り引かれるという事実を知りました。

このような場合、既に現地へ見に行っている後からでも、事情を正直に説明(手数料の件)して、
仲介業者をB社へ変更可能なものでしょうか?


因みに、売主側の代理はA社の専売のようなので、
変更後も確実に取引成立した際には顔をあわせる業者です。

また、現段階では、金額の交渉やローンなど細かい話は一切しておらず、内覧のみお願いしている状態です。

内覧のほかには、物件の基礎の部分に関して
A社のおつきあいのある第三者機関に調査をして頂いた段階です。(但し、完全な判断はできなかったので次の判断業者へ連絡をとって頂いてる段階)

上記段階で、変更可能かどうか、教えてください。

A社の方には時間を割いていただいてるのでとても申し訳ないのですが、
仲介手数料の1%はやはかなりな金額なので、変更可能かどうか一度確認してみたいと思った次第です。

よろしくお願いいたします。

ある一戸建中古物件を購入する際にA社へ最初に案内をお願いしていたのですが、途中で、会社の福利厚生で、B社を通じて取引すると、仲介手数料が1%ほど割り引かれるという事実を知りました。

このような場合、既に現地へ見に行っている後からでも、事情を正直に説明(手数料の件)して、
仲介業者をB社へ変更可能なものでしょうか?


因みに、売主側の代理はA社の専売のようなので、
変更後も確実に取引成立した際には顔をあわせる業者です。

また、現段階では、金額の交渉やローンなど細かい話...続きを読む

Aベストアンサー

仲介業者の変更については、私はいつも「消費者に選ぶ権利があります」という回答を、ここでさせていただいています。
ですから基本的には質問者さまがB社に変更されることは不可能ではありません。
でもこのケースでは、それはやらない方がいいと思います。

>事情を正直に説明(手数料の件)して、仲介業者をB社へ変更可能なものでしょうか?

まず、事情を正直に話したら売主側の専売であるA社は、あなたに売ってくれなくなるでしょう。
業者を選ぶのは買主の自由と言っても、一度内覧までさせてもらった業者を断る理由が「手数料の違い」というのは、たいへんまずいです。
何の落ち度もないA社に内覧を依頼しておいて、ありがとご苦労さんと後足で砂をかけることになります。

金額の交渉やローンの話などは関係ないです。
仲介業者と決定的な関係を持つのは「内覧の同行」です。
これは、不動産業界ではそういうルールになっており、売主側もそれを承知しているのです。
もしB社に変更する場合は、またB社とともに内覧をしなければ、売主が承知しません。
で、この売主の専任がA社なんですよね。
だから無理なのです。
仲介業者は仲介手数料が収入源です。
A社は売主、買主両方から手数料を取ることができるように、買主を探してきたのです。
わざわざ客を他の業者に譲ることなんてしません。
私も売主の専任の業者で購入したからわかるのです。
営業ははっきりと「他の業者がどんな好条件の購入希望者を連れてきても譲りません。」と言われました。
売主が買主を選べるという法則からするとおわかりでしょう。
よほど売れ残る物件ならばそのような我侭に応じてくれる場合もあります。
でもどちらにしても仲介を変えたいと言った瞬間に、あなたの信用は崩れ去ります。
契約から決済までの間、あなたの方に様々な面で不利になると思います。
不動産の売買契約は、心象的にも気持ちよくできるようにしたほうがいいですよ。
その方が絶対にお得です。
特にマンションでなく一戸建てならば、契約や重要事項なども複雑になりますから、仲介業者に知恵を借りることも多々あります。
最初から信用をなくすようなことをしては、あなたが損をすると思います。

仲介業者の変更については、私はいつも「消費者に選ぶ権利があります」という回答を、ここでさせていただいています。
ですから基本的には質問者さまがB社に変更されることは不可能ではありません。
でもこのケースでは、それはやらない方がいいと思います。

>事情を正直に説明(手数料の件)して、仲介業者をB社へ変更可能なものでしょうか?

まず、事情を正直に話したら売主側の専売であるA社は、あなたに売ってくれなくなるでしょう。
業者を選ぶのは買主の自由と言っても、一度内覧までさせても...続きを読む


人気Q&Aランキング