プロが教えるわが家の防犯対策術!

Photoshop Elements 8やPhotoshop Elements 11には、照明効果があるのですが、Photoshop Elements 12では無くなってしまったのでしょうか?
再インストールや他のPCにインストールしても有りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。



> アドビに電話(有料)しまして質問してみました。
> そしたらアドビのサポートの方でも知らなかったらしく、
> 照明効果やテクスチャ効果が12から無くなっていたようです。

> 12のマニュアルは11のマニュアルに12の新機能を付け足しただけの物のようです

へ~ そんなこともあるのですねー Adobeの看板が泣きますね。

私は、まだ Ver.6 のままなので、先の回答は検索したマニュアルを読んだだけで投稿しました。
    • good
    • 0

> Photoshop Elements 8やPhotoshop Elements 11には、照明効果があるのですが、Photoshop Elements 12では無くなってしまったのでしょうか?



Photoshop Elements 12は使っておりませんが、下記URLのマニュアル(PDF)に「描画フィルター」に関する記述があります。(274~276ページ)

「Photoshop Elements 12 マニュアル(PDF) - Adobe」
http://helpx.adobe.com/jp/pdf/photoshop-elements …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難う御座います。

このマニュアルも見て書いてあるのも確認していたので、
バクなのかどうなのかって感じで我慢できず、
アドビに電話(有料)しまして質問してみました。
そしたらアドビのサポートの方でも知らなかったらしく、
照明効果やテクスチャ効果が12から無くなっていたようです。

12のマニュアルは11のマニュアルに12の新機能を付け足しただけの物のようです(~_~;)

お礼日時:2013/12/07 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォトショップ エレメンツ 照明効果について

フィルタ→描画→照明効果で スタイルのなかにある「2時方向スポット」「全方向性(青)」「クロスダウン」を削除してしまったのですが どのようにしたら復帰できますか。教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

 ゴミ箱を開いてください、Photoshopのアイコンと同じアイコンが無いですか?どれが、そのファイルかわからなければ、全てを元に戻すで戻してください。

 これで、戻るはずなのですが、ゴミ箱にも無かったら

ソフトをアンインストール後に再インストールしてください。

QPhotoshop Elements 4.0で 3Dのロゴは作れますか?

凝ったロゴを作りたいのですが Photoshop Elements 4.0で 3Dのものや メタル感のあるものなど作れるでしょうか? やっぱり凝ったものは Photoshopでなければだめなのでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1さんの言われるようにいろんなロゴが作れます.
3Dは、文字列と光の当る部分、及び影の部分の3つの領域を塗り分けることで作成出来ます.この場合、文字列の選択範囲をずらして「差の絶対値」で3色に塗り、文字列が立体的に見えるように色を塗り直し、色の境界をぼかして作成します.手順は、
まず、文字マスクツールのアンチェリアスはオフに設定
1.文字マスクツールで文字列を描く
2.描画モードを「差の絶対値」に変更し、少しずらした位置に文字列を描く
3.文字列が立体的に見えるように、色を塗り直す
4.<ぼかし(ガウス)>フィルターを利用して、色の境界をなじませる

次に、メタルですが、影付きのロゴを応用して切り絵風のロゴを作成することで出来ると思います.(ただメタリックな色合いが出せるかどうか?)手順は、
1.あらかじめ「背景」を塗り潰し、レイヤーを2つ作成しておく
2.「レイヤー2」を選択
3.文字マスクツールで文字列の形の選択範囲を作成
4.選択範囲を反転して、描画色(白)で塗りつぶす
5.「レイヤー2」を非表示.「レイヤー1」を選択
6.選択範囲の境界をぼかし、描画色に(黒)を設定
7..「レイヤー2」を表示し、移動ツールで「レイヤー1」の影を右下方向へずらす

以上です。

No.1さんの言われるようにいろんなロゴが作れます.
3Dは、文字列と光の当る部分、及び影の部分の3つの領域を塗り分けることで作成出来ます.この場合、文字列の選択範囲をずらして「差の絶対値」で3色に塗り、文字列が立体的に見えるように色を塗り直し、色の境界をぼかして作成します.手順は、
まず、文字マスクツールのアンチェリアスはオフに設定
1.文字マスクツールで文字列を描く
2.描画モードを「差の絶対値」に変更し、少しずらした位置に文字列を描く
3.文字列が立体的に見えるように、色を塗り直...続きを読む


人気Q&Aランキング