ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

慢性腎不全の患者から,聞いた話ですが、健康補助食品のシャンピニオンエキスがあり、60錠4600円もする高価なモノらしいのですが、どんな効果(薬事法で薬効は示すことが出来ない)がありますか 使っている方、過去に服用経験のある方に質問します・・・株式会社エムディエフMK 美ちょう寿 マッシュルーム抽出物 と箱に書いてあります

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

慢性腎臓病を患っています。



シャンピニオンエキスの消臭効果は1987年に発表され、健康食品として販売されて色々購入者が増えた事があります。

只、このエキスが消臭と同時に腸内腐敗産物抑制、血液の浄化、免疫力増強、或は慢性腎不全抑制に効果があることが発見されています。

私は4年前、突然クレアニチン値が2.1になり(腎臓機能25%位)食養生を栄養士の指導の元に始めました。

現在、4年になります。

食養生開始時、マッシュルームエキスの事を知り、神戸のある店で購入しました。が、今はマッシュルームが安くなっているので(何時も購入は中小マッシュルーム50個あまりで280円程、直径10センチ以上のマッシュルームは3個で300円位)しかし生のマッシュルーム、それも効果のより高いブラウンマッシュルームの方を食べればいいんじゃないかとも思いましたが、この錠剤と生食を併用しています。

ただカリウム含有量が多いので生食は量を考えながら。

現在クレアニチン値3.98まで来ていますが(値5.0で身体障害者3級)

三食とも自炊で各食物のたんぱく質(一日40g)、塩分(一日5g)、カリウム値(500以下)を小数点以下2位まで計算しての食生活ですが医者が驚くほど長持ち。

大抵の腎臓病食の生活ではとっくに透析だといわれてます。

好きな物も食べられないのは辛いのですが、色々専用食品を工夫しての事。

腎臓病専用の食事も買うことが出来ますが1ヶ月10万円掛かりますし米に至っては1キロ1500円。

それに比べればマッシュルームエキスは安いものです。

此処に詳しい実験結果などの説明が載っていますのでどうぞ。
http://www.nephron.co.jp/new_syanpi/syanpi_top_p …

だからと云って誰にでも効くと言う物では無いと思います。

カリウム制限があるので野菜や果物が食べられないのは苦しいですよ。(^^)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとう 同病それもクレアチニン2.1から,4年もがんばって,今が3.98でシャンピニオンエキス服用中とありますが参考にさせて頂きます 私は74歳・糖尿病歴30年・インスリン歴15年ですが糖質制限食の今の主治医に会った2011.11.18/Cr1.48だったのに、すでに2個の腎臓さまは,壊れていて、2013になり3.44(eGFR14.7)でG5(末期)になって毎月のように右肩上がりで10/15とうとう7.34になり12/8現在、7.13ですが、クレアチニン値だけが末期で、他のK P Hb などが透析するほどではないので、シャントもまだという主治医の見解です インターネットの世界では、シャンピニオンエキスとか、低周波通電器とか、蛋白質0.4g説とかいろいろ学習しています

お礼日時:2013/12/07 22:04

マッシュルーム抽出液といえばやはり消臭効果ですね。


以前これが含まれたペットボトルのお茶が売られていた記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう 消臭効果にための月4600円は高いですね

お礼日時:2013/12/06 21:22

一時期、流行った事がありましたよ。



おならや便の匂いがなくなるという触れ込みでした。

それで介護の現場でおむつをしている人たちに飲ませたりとか、
そんなこともやられていたように記憶しています。

僕も安いのを飲んでみましたが、
さほど匂いが消えたようには思いませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう 腎臓病に効くのでは無く、匂い消しですか

お礼日時:2013/12/06 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 慢性腎不全<腎臓と尿路の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    慢性腎不全とはどんな病気か  慢性(数カ月〜数年かけて)に進行する腎臓の病気によって、徐々に腎機能の低下が進行する病態(状態)です。 原因は何か  すべての腎臓病が原因になります(表15)。透析を導入された患者さんの原因となった病気は、多い順に、糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)、慢性糸球体腎炎(まんせいしきゅうたいじんえん)、腎硬化症(じんこうかしょう)(高血圧による腎障害)、嚢胞腎(のうほ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫の腎不全で食事について

腎不全の猫の食事についてです。

先週こちらで教えていただいたことを元に療法食に食事を切りかえようと思い、療法食と普通食同量から初めて少しずつ減らしていきました。
普通食を同量やってしまっていいのだろうかと思いつつ、今まで口を付けなかった療法食を食べきることができて、とてもうれしく思いました。

しかし、普通食を減らしていくにつれやはり食べなくなってきました。
食べなくなると普通食をかけて食べさせたりもしましたが、これでは切りかえになっていないですよね。
ネットで見た、下に水でサラサラにした療法食、上にサラサラにした普通食で食べきったというのを見て試しましたが、水分は飲んだものの療法食は残してしまいました。

いろいろと方法を見つけるたびに試しているのがいけないのでしょうか。
今まで試したのは、療法食に水を足したものに普通食をちょっとまぜたもの、水でとろみをつけた普通食をかけたもの、療法食と普通食をサラサラにして二層式にした「だんだんまずくなる方式」にしたものです。

よく食べたのは上に水を足した普通食をかけたものだったのですが、食べなくなるのでまたかけてやる…としているとなかなか切りかえができません。

以前は普通食をあまりあげたくないという思いから、普通食に水を足したものの汁を療法食にかけてあげていました。
しかしなかなか食べず、ちょっと痩せてきたと思っていたところで切りかえ方を教えていただき、なんとか食べるようになってきたところだったのです。

そこへきてなかなか切りかえられず、あまり食べなくなってしまって…。
この場合、また同量おいしいものをまぜた療法食をあげるべきでしょうか。
同じように療法食を猫ちゃんにあげている飼い主さまは、どのようにして切りかえることができましたか?
できるだけ負担がないように療法食以外をあげないほうがいいと思っているのですが、猫は食べなくなってしまうのです。

あげている療法食でウェットは
ヒルズのk/dチキン、ロイヤルカナンの腎臓サポートです。

ドライフードは
ロイヤルカナンの腎臓サポートとスペシャル、キドニーケアです。
主にウェットをあげていますが、たまにドライフードも食べています。

腎不全の猫の食事についてです。

先週こちらで教えていただいたことを元に療法食に食事を切りかえようと思い、療法食と普通食同量から初めて少しずつ減らしていきました。
普通食を同量やってしまっていいのだろうかと思いつつ、今まで口を付けなかった療法食を食べきることができて、とてもうれしく思いました。

しかし、普通食を減らしていくにつれやはり食べなくなってきました。
食べなくなると普通食をかけて食べさせたりもしましたが、これでは切りかえになっていないですよね。
ネットで見た、下に水でサ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家の場合、療法食も普通食も徐々にではなく、昔からいきなり全取っ替えです。長くなるので詳細は省きますが、食にうるさい子でなければ、実は混ぜ混ぜしながら徐々にチェンジする必要もないんですよ。
ただ、主さまの猫ちゃんは悪戦苦闘しているとのこと、更に「食べない」というのが何の疾患に関しても一番の問題ですので、早急に対策を練り直さないとですね;

ふやかしてもペケですね。冷たい水でなく、ぬるま湯は試されましたか?それもダメなら、猫ちゃんお好みの素材…鶏肉、鰹節、煮干等の煮汁でふやかしてみてください。溶け出すナトリウムはごく微量です、ドライフードのナトリウム含有量と照らし合わせて。

他のメーカーの療法食は試されましたか?アニモンダ、スペシフィック、イースター、ザナベレ等からも療法食が出ていますよ。スぺシフィックは比較的食い付きがよく、評価も高いです。ザナベレの療法食はウリナリという商品名で、やや蛋白質が多いのと、ザナベレ自体保管が非常に面倒なのが難点なんですが、栄養価が非常に優れており、少食の子なら蛋白質多目でも相殺されますので、一食ずつ小分け・完全密封(真空状態)・冷暗所保管で、一ヶ月以内に食べきれるならお勧めです。ちなみに、どんなドライフードも冷蔵保存はお勧めしません、出し入れの都度湿気帯びと冷蔵の繰り返しになり、フードの劣化・酸化・カビの発生に繋がりますので。

また、腎不全の進行程度にもよりますが、必ずしも療法食に拘らず、療法食に近い内容の一般総合食を与える手もありますよ。うちの子は第3期ですが、療法食以外に、キャスター&ポラックス社のオーガニクス、アーテミスのシニアも時々食べさせています。どちらもオーガニックフードで、栄養バランス的にも優れており、食い付きもよく評価の高いフードです。アーテミスなら楽天で、アダルト用ですがサンプル販売してますよ、確か50gかな?こちらを試して食い付きがよかったらシニアの普通サイズを買う、てのもありかと。

それと、ウェット>ドライの食生活は栄養不足になりますよ。ウェットは80%以上が水分で、元来飲水量の少ない猫の水分補給や、食べる楽しみのためにも必要ですが、ウェットメインはよろしくないです、あくまでもドライメイン、ウェットそれなりで。お皿に移してラップで冷蔵保存すれば、この季節なら3日、夏場なら2日はもちます、毎日一缶与える必要はないですよ。

それと、これすごく注意なんですが、猫ちゃんは10歳以上で、なおかつ甲状腺異常は併発はしていませんか?甲状腺異常はざっくり言って体が異常に元気(に見える)になるんですが、心臓が活発に動き、血流もよくなります。10歳以下位の子なら治療選択はあるんですが、オーバー年齢の子で腎不全と甲状腺異常を併発している場合、甲状腺異常の治療優先や対応療法食を与えると、腎臓の血流が急激に悪化し、あっという間に死亡することも少なくありません。あくまでも腎不全治療が優先になります。

ご不明・ご心配なことあったら、お知らせくださいね。

こんにちは。

我が家の場合、療法食も普通食も徐々にではなく、昔からいきなり全取っ替えです。長くなるので詳細は省きますが、食にうるさい子でなければ、実は混ぜ混ぜしながら徐々にチェンジする必要もないんですよ。
ただ、主さまの猫ちゃんは悪戦苦闘しているとのこと、更に「食べない」というのが何の疾患に関しても一番の問題ですので、早急に対策を練り直さないとですね;

ふやかしてもペケですね。冷たい水でなく、ぬるま湯は試されましたか?それもダメなら、猫ちゃんお好みの素材…鶏肉、鰹節、煮...続きを読む

Q腎不全の猫の嘔吐を止めたい

5月の初めから、3歳のオス猫が嘔吐を繰り返したため、5月末に血液検査をしたところCre2.5で、腎不全と診断されました。すぐに輸液をしてもらい、クレメジンを処方されました。落ち着いたように見えましたが、4日後にまた嘔吐が始まり、その後も毎日嘔吐。食欲はあるようで、催促されるのであげますが、キャットフードは食べません。食べるのは牛乳、チーズ、ささみです。2週間後に2回目の輸液、それでも嘔吐は毎日あり、その1週間後に3回目の輸液を昨日行いましたが、今朝嘔吐しました。食欲があり食べるのですが、吐いてしますのでかわいそうです。何とか嘔吐を止める方法はないでしょうか?ちなみに、ここ2週間はクレメジンではなく、ネフガードを1日3,4粒あげています。昨日からは処方されたタチオンを飲ませています。

Aベストアンサー

まず、できれば食事療法食を始めた方がいいと思います。
そして、腎機能の低下がある場合、蛋白質の制限(減量)が必要です。
現在の食事内容だと、食べた後に体調が悪くなるのではないかと心配します。
クレメジン、あるいはネフガードとも基本的には同じようなものですが、これらはこのまま継続していった方がいいでしょう。
そして、肝心の嘔吐対策ですが、H2ブロッカー(ザンタック・ガスターなど)の投与が有効だと思います。

また、猫にグルタチオンの投与は、現在否定されています。(かつては当たり前のように投与していましたが・・・)

Q腎臓と肝臓の改善に役立つ情報がありましたら教えてください

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠増えました)で、どんどん具合が良くなってきていました。

ところが、補液の期間を少しあけてから先日血液検査を行ったところ、BUN値:66.7・GPT値:126・ALP値:2429と再び悪化していることが判明したのです。医師のすすめで心臓サポートの療養食(缶詰)を与えてきましたが、こうなると腎臓サポートに切り替えた方が良いのでは?と思ってしまいます。ただ、かかりつけの医師は食事や食材についての知識はあまりない方で、元凶は心臓なのだから心臓サポートの食事が良いとおしゃいます。自己判断で納豆とフラックスシードオイルを毎日少量与えていますが、他に加えた方が良い食材・絶対に与えてはいけない食材、もしくは腎臓と肝臓機能の回復に効くサプリや漢方などの情報をお持ちでしたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?我侭なコですが我が家にとっては天使のような存在です。出来る限りの事をしてあげたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠...続きを読む

Aベストアンサー

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったのに・・・あんなコトやめておけば良かったのに・・・というオハナシです。

その1
今でも、とても後悔していることがあります。それは闘病中にワクチンを打ってしまったことです。1年に1回ワクチンを打たねば・・・という思い込みがあり、すでに17才の誕生日を過ぎている我が愛犬に例年通り、ワクチンを打ってしまいました。腎臓病の治療に強い主治医でありましたが・・・この主治医にも盲点がありました。もう人間でいえば・・・80歳かもしれないのに、予防注射を打ってしまったのです。この時に、いっきに具合が悪くなり寿命を縮めてしまいました。今でもホントに後悔しています。
須崎先生が犬の食事指導で有名ですが、もうひとり同じくらい食事指導で有名な獣医さんがいると、このQ&Aで教わりました。本村伸子先生という方です。その本村先生の本を最近入手しまして、読みはじめたのですが・・・その中で愕然とする衝撃的な記事を見つけてしまいました。ワクチンを年に1回打ち続けるコトがワンコの身体に、大きな負担になっているという内容の記事です。ワクチンは3年に1回で良いと推奨してあり、さらに高齢のワンコには、もうワクチンはいらない!と書いてありました。これは!!健康なワンコに対してすら・・・こう書かれているのですから。まして高齢で闘病中のコにはワクチンなんかいらなかったのです!!「あ~あの時に、この本を読んでいたら・・・」絶対にあんなバカな事はしなかったのに・・・涙。

その2
ワンコが胃腸の調子が悪そうだと思ったときに・・・独断でキャベジンを飲ませたこと。(><)これも失敗でした。
お母様が反対だとのコトですが、キャベツは胃薬の材料になるほど消化器官に有効なお野菜です。ナマであげることは「酵素(こうそ)」の補給にもなり、良いコトが多いのですけどねえ・・・。ワンコも喜ぶのは「酵素(こうそ)」を身体が欲しているのかも知れませんよ。よく犬が道端の草をアムアムしますが。あれは、酵素を補給するための行動だそうですから。酵素はナマの食べ物から補給できますが、果物には糖分が含まれているので、あげすぎは肥満の原因になるのでチョットだけ注意です。さて生のキャベツは身体に良いモノなのですが・・・キャベジンは体内に取り込むと・・・なんと胃酸と化学反応を起こし「塩分」に変化してしまうのです!この時も腎臓の具合が悪くなり、主治医にうんと叱られました。キャベジンはダメですが、ビオフェルミンは抗生物質を使ったアトには飲ませなさいと言われました。

その3
腎臓の悪いコが注意しなければならないのは食べ物だけではないのです。キッチンハイターなどの塩素系の洗剤について、主治医から追放するように指示されました。塩分は鼻からニオイで取り込むだけでもダメなのです。ちゃんと指示を守って「洗○革命」という酸素系の商品を使っていたのですが・・・ある日、来客の予定があるので室内をキレイにしようとハリキって、この酸素系の洗剤の付いた雑巾で床をせっせっと拭き掃除してしまいました。突然・・・ワンコが急変して様子がおかしくなってしまい、なにがなんだかわからず。このとき主治医が留守だったので、救急の病院を探してクルマで出掛けました。その時の病院で処方されたのが、窒素を吸着する墨のようなお薬でした。のちに出張から帰ってきた主治医に出来事を報告すると。わが家の居間の床は塩化ビニール製だったので、なんらかの化学反応を起こして塩素系のガスが発生してしまったと考えられると説明をもらいました。偶然、救急の病院を探すために、ともかくガス発生の部屋から外に連れ出したのが、たまたま幸いして大事にいたらなかったとのことです。(><)これも失敗でした。腎臓の悪いワンコは鼻からのニオイにも注意です。外出の際は工事現場の塗料など・・・臭いがする場所は避ける方が無難です。

その4
8月の主治医が夏休みのときでした。便秘を起こし・・・食事を受け付けなくなってしまいました。連絡を取ろうか迷い、様子を見ていましたが・・・とうとうガマンできずに「鶏肉」を食べさせてしまいました。
3かけぐらい、モグモグ食べたでしょうか・・・。主治医と連絡を取りTELで「便秘には無塩バターを舐めさせろ」と指示をもらいました。
便秘も解消され、主治医は夏休みの旅行を中断して帰って来てくれましたが・・・治療のかいなく・・・2日後に亡くなりました。「鶏肉」を食べさせたコトうんと叱られましたが・・・死ぬ前にちょっとはオイシイものを食べさせてやってヨカッタと内心は思っています。でも、主治医に「鶏肉」は脂肪分が無く、タンパク質のかたまりなので最悪である。「霜降りの牛肉」の方が、まだマシだと言われ・・・どうせなら「牛肉」を食べさせてやれば良かったなと後悔しています。えへへ・・・涙。

こんなオバカな失敗をするのは、きっと私だからですが・・・どうか、後悔のないように・・・いろいろと気をつけてあげてくださいね。

m(_ _)m 長くなりました。このへんで失礼します。

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったの...続きを読む

Q我が家の猫が腎不全と診断され、その後のことでご相談

オス猫で、我が家に18年います。もともと捨て猫でしたので本当の年は分かりませんが、拾った時にお医者に連れて行ったら「たぶん1歳くらいですね」とのことだったので、この猫は19歳くらいのおじいさんです。

ここの所、腎不全の症状が現れましたので病院へ連れて行ったところ、やはりその病気になっておりました。
今まで、家で皮下輸液の治療を1ヶ月半ほど続けてきました。
その間1回お医者に検査に行き、血液検査の結果は良好(と言うか、悪い方へは向かっていない)と言われ、安堵したのですが・・・。
最近、この猫の態度がおかしいです。
暗い所で眠り、ご飯とトイレの時に起きてきて、用事が済むとダダーッと走って暗い部屋へ行ってしまいます。

もしかして、皮下輸液が嫌いで(確かに少し暴れています)、もう飼い主が嫌いになって逃げているんでしょうか?
それとも、猫にも認知症みたいなのがあって、だんだんそのようになってしまうのでしょうか?

ずーっと、とても可愛がってきた猫です。
もし腎不全の治療が猫の恐怖になっているのなら、治療中止も考えたいですが・・・でもどんどん具合が悪くなるのを見ているだけっていうのも怖い気がします。

腎不全の猫ちゃんのことに詳しい方、我が猫の行動をどう思われますか?似たような経験のある方いらっしゃいませんか?
どんなことでも構いませんので、いろいろとお話を伺えたらと思います。よろしくお願いします。

オス猫で、我が家に18年います。もともと捨て猫でしたので本当の年は分かりませんが、拾った時にお医者に連れて行ったら「たぶん1歳くらいですね」とのことだったので、この猫は19歳くらいのおじいさんです。

ここの所、腎不全の症状が現れましたので病院へ連れて行ったところ、やはりその病気になっておりました。
今まで、家で皮下輸液の治療を1ヶ月半ほど続けてきました。
その間1回お医者に検査に行き、血液検査の結果は良好(と言うか、悪い方へは向かっていない)と言われ、安堵したのですが・・・。...続きを読む

Aベストアンサー

ウチのは皮下輸液始めて3年半がんばってくれた子が一番長かったかなぁ。
最後は別の病気でしたね。もうちょっとで18歳でした。

腎臓の機能がどれほど残っているかによるのでしょうけど、増血の方は大丈夫
だったですね。脈も血圧も比重も最後まで数値維持してくれました。
腎臓関係でやっていたのは輸液とクレメジン(200mg×2回)でした。

大らか過ぎる子だったのもあるのですけど、ほとんど嫌がることが無かったですね。
夏はそのままですが、冬は体温まで輸液を温めてカーテンレールにS字フックでひっかけたら
連れて来ます。机の上でクッションに寝かせて、アルコール消毒。
皮膚をつまんでテントのように三角になった所に、寝ている身体と並行(床と並行)にバタフライ
を切っ先を上向きにスッと射すとビクリともせずおとなしくしてたなぁ。(涙)
あとは抱え込んであげるように鼻先ぐりぐりやったり、のどを指4本でコリコリやっていれば
ゴロゴロ言ってじ~~っとしてた。(涙)
シリンジに輸液を注入する時だけは両手を離すんで、「終わったか?」ってな感じで動こうと
するんですけどその時は体ではなく頭をぱっと抑えれば逃げることはなかったです。一人で十分
出来ました。
参考になってないですな。

腎臓の機能低下は不可逆なのは御存じの通りです。「猫の寿命なんだからエゴで・・・」というひと
少なくありません。でもこれもご存じのとおり猫の腎臓は弱いんですよね。運動も毛艶もまだまだ
いけてるのにまして輸液という腎臓の負担軽減手段もあるのになにもしないなんて考えられませんよね。

いつか悲しい日が必ず来てしまうんですけど、痛みや気持ちの悪さを精一杯軽くしてやる行為は
自分を納得させる意味もあります。こういうとまた「人間のエゴで・・」としたり顔で言う人出てくる
のですけど、ネコ側は「生きたい」はあっても「死にたい」はありませんから、愛情が大前提で自信を
持って出来ることはしてあげましょう。

ウチのは皮下輸液始めて3年半がんばってくれた子が一番長かったかなぁ。
最後は別の病気でしたね。もうちょっとで18歳でした。

腎臓の機能がどれほど残っているかによるのでしょうけど、増血の方は大丈夫
だったですね。脈も血圧も比重も最後まで数値維持してくれました。
腎臓関係でやっていたのは輸液とクレメジン(200mg×2回)でした。

大らか過ぎる子だったのもあるのですけど、ほとんど嫌がることが無かったですね。
夏はそのままですが、冬は体温まで輸液を温めてカーテンレールにS字フックでひっかけた...続きを読む

Qクレアチニンが下がらない

慢性腎不全と言われ、大病院の腎臓内科にかかっています。
薬の主体は、クレメジンカプセル(200mg×30/日)です。

ところが、クレアチニンの値が3.3~3.6程度で、食事療法も行っているのですが、一向に改善しません。
ある雑誌に、クレメジンには、リンやカリウムが含まれていて、腎臓病に良くない。純炭粉末を飲めば、クレアチニンは目覚ましく下がるとの記事がありました。
医薬品であるクレメジンに副作用があり、サプリメントの方が効くというのは、にわかに信じられませんが、本当のところはどうなんでしょう?

同じお悩みの方、あるいは専門家の方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、私の知っている範囲でお答えします。

kikuandtakaさんが慢性腎不全となった原因の疾患にもよるとは思いますが、
クレアチニン3.3~3.6の状態から正常化することは困難かと思います。
現在の治療や食事療法は、これ以上腎機能が悪くなるのを予防するという意味合いのほうが強いのではないでしょうか。

病気や健康に関する情報に関しては、ネット上では誤った有害な情報が多く見受けられますので、信頼に足りるかどうか常に注意する必要があります。担当の先生に相談してみましょう。

Q猫の自宅点滴の必要経費は・・・

すみません、教えてください。
高齢猫が絶食してしまい、(これで3回目)
家で最後まで介護したいので
自宅点滴をしたいと思っていますが
それにかかる費用とかをどのくらいだったか教えていただけないでしょうか。また、できるとしたら何に注意したらいいでしょうか。
また、断る獣医もいるそうですが
その主な理由とかはなんでしょうか。
すみませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。
うちの腎不全で亡くなった猫も自宅で点滴してました。
費用はaigo-goさんと同じようだったと思います。
ビビッてやると嫌がるので根性と勢いでやるしかないです。
かなり嫌がりますよ。

お住まいが何処かわからないのですが、
東京都江東区の「とだ動物病院」の院長が家庭での医療の推進で有名ですよ。
うちは千葉県在住なのですがそこで教えてもらいました。

ほとんどの病院は断わられました。
でも1回5,000円から8,000円もかからるのに10分の1くらいで済むので助かりました。


「JBVPレクチャー」という団体では正会員・幹事で、
動物病院の先生に医療を教えている位の方なので腕は確かです。

http://www.toda-ah.jp/index.html
お近くの推進の病院を教えてもらってみたらいかがでしょうか。
同時になんで断る病院があるのかもお聞きになったらどうでしょう。

参考URL:http://www.toda-ah.jp/index.html

Q慢性腎臓病の猫 食べてくれない  たすけて

14歳 昨日 慢性腎臓病と診断されました

水はたくさん飲んでいます が 猫缶もカリカリもほとんど食べないので強制的にシリンジでいれたりしましたが

苦しそうなのでやめました いろいろ猫缶 しらすぼしかつおぶしかにかまささみおさしみなど買っても口にしません

輸液だけではだめだとおもいます 経験者様  なんでもいいのでたべてくれたものをおしえてくださいませ

もう死ぬのをまつのみなのでしょうか?

なにかいいものはないでしょうか?

口からは体からは毒素の臭いがしてたまりません クレメジンしかもらっていません

よろしくお願いします

Aベストアンサー

NO.4です
一週間に一度では少ないと思います

ウチでは4kgほどの♂でしたがまき散らすような嘔吐の症状が出た直後は
最初の2カ月は250cc毎日でした(体重当たりから言えば少なめでしたが
毎日のことでしたので)

その後125ccにして毎日 3カ月後にはそれが2日に一回
最終的には週二回をずっと維持しました

幸い保険もあるようなので(輸液の購入に適用されるのかは知らないのですが)
症状が一見してわかるようなうちは毎日でもやった方がいいのではないでしょうか

繰り返しますが治療ではなく体液内の毒素の割合を輸液を入れることで薄めるだけの
作業です 心臓や他の臓器の負担になるので入れ過ぎは絶対よくないですが入れられ
る範囲ではなるべく多く入れてあげてください

Q皮下輸液のあと(腎不全)

今年12歳のメスの猫です。
昨年の春の連休頃から腎不全での闘病中です。
わかった時には末期の診断で覚悟をする状態でしたが、危なくなるたびに持ち直し今まできました。

質問ですが、病院で皮下輸液をしてもらっています。
やはり少しずつ悪くなっているようで、輸液をして吸収されるまで今は一日半くらいかかります。
大抵前足のどちらかに偏ってしまって動くのにバランスが取りづらそうです。
昔どこでだったか、もんでやると吸収が早くなる、と読んだ気がするのですが、詳しい方がいたら教えて下さい。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず第一に補液の量が多すぎなのでしょうね...
ただ200ml程度ならば問題はないので,もしそれ以下の量で
と言うことならば猫側に問題があるのでしょうね.
(吸収能力が悪いなど)

あとは,輸液の成分の問題ですかねえ...?
どのような液を入れているのかが良く分かりませんが,
成分によっても吸収速度は変わってきます.

それと,前肢に貯まってくるとのことですが,
これは接種部位が悪いですね.
体幹部の上の方(肩周囲)に接種すれば当然に前肢に垂れてしまいます.
前肢に垂れると皮下組織の毛細血管量が少ないので,
当然のことながら吸収速度はさらに遅くなります.
そのくらい分かっていること(獣医さんならば)だと思うのですが...?

基本は垂れることを考えて,体幹部の中央に接種するのがポイントです.
そうすれば胸からお腹周りに広がるので,歩行に支障は出ないはずですよ.

担当の先生に接種部位を変えてもらいましょうね.
また揉んでも吸収はそんなに変わらないですよ.
速く感じるのは揉むことによって,周囲に分散する分
速く感じるだけです.

まず第一に補液の量が多すぎなのでしょうね...
ただ200ml程度ならば問題はないので,もしそれ以下の量で
と言うことならば猫側に問題があるのでしょうね.
(吸収能力が悪いなど)

あとは,輸液の成分の問題ですかねえ...?
どのような液を入れているのかが良く分かりませんが,
成分によっても吸収速度は変わってきます.

それと,前肢に貯まってくるとのことですが,
これは接種部位が悪いですね.
体幹部の上の方(肩周囲)に接種すれば当然に前肢に垂れてしまいます.
前肢に垂れると皮下...続きを読む

Qクレアチニンの数値が上がってきました!改善には?

50歳台前半の女性です。人間ドックで少しずつクレアチニンの数値が上がって今回ついに0.8になりました。飲酒、喫煙せず甘いお菓子が好きな以外は至って健康的な食事をしています。体重も標準より少なめで、コレステロールも正常です。ただし家族が病人だらけで仕事も忙しく気の抜けない忙しい毎日で、疲労感と闘いながら過ごしております。父は透析治療を受けており、自分までそうなるとお手上げです。とても不安です。このような中でクレアチニンの数値改善のためにできることがあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今尿たんぱくが出ていなければ心配しないでください.クレアチニンが上がってきて問題になるのは2を超えた時でしょう.(年齢に応じてeGFRというのが計算できます.50を切れば約半分の腎機能ということです.お医者さんに聞けば計算してくれます.)透析をするクレアチニンは糖尿病による腎不全なら8くらい,糖尿病がなければ10ですから0.8は全く心配いりません.2を超えると腎機能は約1/2になり,残った半分で倍働かなければならず,さらに1/3になれば3倍働かなくてはならず,3→4→5と上がっていくイメージです.尿たんぱく(-)で糖尿病がなく暴飲暴食がなければ心配いりません.腎機能を悪くするのは実は初期は脱水で水分不足です.かぜで熱をだしたなんていうのも含まれます.クレアチニンが正常値を超えてたんぱく尿があれば,たんぱく制限が必要になります.栄養指導のできる病院でお話を聞いてくればすっきり解決しますよ.

Q【猫】初めての流動食、カロリーエース、キドナ

高齢の愛猫が体調不良に見舞われています。
元気・食欲がなく、腎不全を疑いましたが病院で検査したところ異常なし。エコー検査もしてくれましたがコレと言った原因は掴めず。
高齢なので先生も「仕方ないねえ」という方向性のようです。
今までもこういう感じは何度かありましたが、病院で注射・点滴をしてもらうと翌日には回復したりしていました。
しかし、今回は病院から帰っても具合が悪そうなのが続いていて、好物を与えてもほんの少ししか食べてくれません。
もう数日間この状態が続いているので、そろそろシリンジでの強制給餌を考えています。
強制給餌というのが初めてなので、何点か教えて頂きたい事があります。
自分で調べた結果、シリンジで与えられる流動食は有名なもので「カロリーエース」「リーナルケア」「キドナ」というのがあると分かりました。

質問1、「カロリーエース」「リーナルケア」「キドナ」はそれぞれ「これだけ摂取していれば他には食べなくても大丈夫」というような総合栄養食的に捉えていいのですか?
質問2、「キドナ」は粉末なので、何かに混ぜて与えたりできるサプリ的なもので、流動食とは違うものですか?
質問3、これら以外に流動食はありますか?
質問4、これらを買わずに普通のドライフードや総合栄養食ウェットをふやかしてシリンジで与えても同じでしょうか?

よろしくお願い致しますm(__)m

高齢の愛猫が体調不良に見舞われています。
元気・食欲がなく、腎不全を疑いましたが病院で検査したところ異常なし。エコー検査もしてくれましたがコレと言った原因は掴めず。
高齢なので先生も「仕方ないねえ」という方向性のようです。
今までもこういう感じは何度かありましたが、病院で注射・点滴をしてもらうと翌日には回復したりしていました。
しかし、今回は病院から帰っても具合が悪そうなのが続いていて、好物を与えてもほんの少ししか食べてくれません。
もう数日間この状態が続いているので、そろそろ...続きを読む

Aベストアンサー

高齢のために、鼻が利かなくなって来ているのかも知れませんね。
早めに決断して、切り替えた方が良いですよ。

愛猫は、抱っこは嫌がりませんか?
抱っこ嫌がらなければ、強制給餌はやりやすい方だと思います。抱っこを嫌がると、猫にはかなり負担になると思いますので。
強制給餌でも、お湯でふやかしたドライフードを小さな団子にして、口に入れてみると意外に食べたりします。
それを上手に食べれないようなら、シリンジに移行すれば良いですよ。

フード団子でもシリンジでも、与える時は撫でて落ち着かせて、スレ主様も笑顔で穏やかにしなければダメですね。
食べる度に撫でてやって、「賢いねぇ」「偉いねぇ」と褒めながら与えてくださいね。
なかなか食べてくれないと、飼い主も必死の顔つきになるから、猫がビビります。

シリンジは容量30mlが、先端の穴の径が丁度使いやすいと思います。
容量20mlのタイプだと、先端の穴が1mmなので、3mmのドリルか細めの丸棒ヤスリで3mmに広げてやると、詰まりがなく使いやすい径になります。
3mm径にしておくと、ドライフードをミルで挽いてから、すり鉢で更にすり潰せば、お湯でふやかしてペーストにした物でも、詰ること無く給餌できますよ。

質問1について:
 3種ともに、それだけ食べさせればOK。
質問2について:
 サプリ的な物とは異なります。キドナはお湯で溶かすとクリームスープ状になる、総合栄養流動食です。粉末を、他のフードに振り掛けて与えることも可能。

質問3について:
下記もプリン状のペーストフードですから、シリンジ給餌は可能です。
少しレンジで温めてやると良いですね。
■ロイヤルカナン療養食
*退院サポート
*高栄養パウダー(こちら、キドナ同様お湯で溶かしてクリームスープ状になる流動食です)
■ユーカヌバ
*Aアシスト高栄養療養食
■ヒルズ
*ad缶 療養食

■その他:
◎「ニュートリプラスゲル」
高カロリー栄養食です。見た目は蜂蜜状です。
上記の他のペースト状フードや、お湯でふやかした粉末ドライフードに少し混ぜても良いし、ニュートリプラスゲルを、直接口元の歯茎周辺に塗ってやれば舐めてくれます。
食事後はかなりベタベタしますから、口元を湿らせたタオルで綺麗に拭いてやる必要ありますね。
◎クロレラサプリ:粒と粉末があります。粒なら、投薬と同様に直接飲ませても良いし、溶かしてフードに混ぜても良いです。粉末ならフードに混ぜるのも楽ですね。
◎電解水:通常の水より、水分の吸収が早いので、水分補給に効果的です。
ポカリスウェットを薄めても代用できますが、ロイヤルカナンなどの各ペットフード会社から、ペット用電解水として発売されています。

質問4について:
栄養価は上記流動食の方が、栄養価もカロリーもドライフードより高いです。体重が減り気味の様なら、上記の総合栄養流動食をしっかり食べさせてください。
体重がそれほど減っていなければ、ふやかしたドライフードやウェットの総合栄養食でも、現状は問題ないと思います。

少し頑張ってみて思ったほど食べてくれないようでしたら、迷わずにNo.1さんの回答の様に、鼻からカテーテルチューブを入れてもらう方が良いですよ。
シリンジ給餌は、慣れても数分かかりますけど、チューブフィーディングにすると、給餌時間は数十秒で終わりますから、猫、飼い主共に負担が激減します。

高齢のために、鼻が利かなくなって来ているのかも知れませんね。
早めに決断して、切り替えた方が良いですよ。

愛猫は、抱っこは嫌がりませんか?
抱っこ嫌がらなければ、強制給餌はやりやすい方だと思います。抱っこを嫌がると、猫にはかなり負担になると思いますので。
強制給餌でも、お湯でふやかしたドライフードを小さな団子にして、口に入れてみると意外に食べたりします。
それを上手に食べれないようなら、シリンジに移行すれば良いですよ。

フード団子でもシリンジでも、与える時は撫でて落ち着かせて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報