『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

3月に東京からバス仕立てで、日帰り登山を中高年グループで実施するのですが、
この時期に適当な山をご推薦戴きたいのです。

メンバー:毎月の登山経験者(主に日帰り)15人前後、山の会を構成しています。
日時:3月の平日、都内を朝5時30分出発
行程:高年者が多いため、登りだけでみると、せいぜい2時間から2時間30分程度
    全行程で5時間半位(休憩、昼食時間を含む)まで
    原則無雪期登山、ただしアイゼンは持ってゆきます。
経験:日帰り登山の経験10年以上(毎月1~2回登山)

以上のような条件で、適当な山をご推薦戴ければと思います。
今回は私が幹事なのでいろいろ調べてはおりますが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>3月に東京からバス仕立てで


>日時:3月の平日、都内を朝5時30分出発
>行程:高年者が多いため、登りだけでみると、せいぜい2時間から2時間30分程度
>    全行程で5時間半位(休憩、昼食時間を含む)まで

せっかく3月に登られるんでしたら、
いつでも登れる無難な山選ぶより
その時期ならではの山に行った方が良いと思いますよ。
一応上記条件に沿った山のみあげておきます。

全て大きな駐車場あり、
コースタイム短め、3月(桜、梅等が綺麗)に適しているです。


(1)宝登山(秩父)

この時期なら梅が綺麗ですね♪
蝋梅は少なめかもですが、運が良ければ同時に見れると思います。
ロープウェイありますので、
なんかあった時に色々フォローがききます。
バスは止めた事ないので確認お願いします。

(2)幕山(箱根)

ハイキングコースに梅林が見事に咲き誇っており、
最初から最後まで気持ちよく悪く事が可能。
確か入園料を支払うのが珠に傷・・・


(3)金冠山~達磨山縦走(西伊豆)

ここから駿河湾越しに見える富士山は圧巻の一言です。
両山とも展望が良く、
綺麗な登山道なので気持ち良いハイキングが可能♪
3月後半なら桜も見え始めると思います。




後は何時でも登れてコースタイム短めな場所記載しておきます。
アイゼンある、10年以上で100山以上登っていると予想の元記載しているものもあります。
西上州はお勧めですが、確実に雪あるので、
気をつけて下さい。

箱根辺り
箱根山、明神ヶ岳、金時山

奥多摩辺り
御岳山~日の出山、浅間嶺

大月辺り
岩殿山、扇山、百蔵山、九鬼山、御前山(奥多摩のじゃないです)、
高川山

高尾辺り
城山~高尾山、景信山 、陣馬山、石老山、
生藤山

奥多摩辺り
日和田山~物見山、棒ノ折山、関八州見晴台

丹沢辺り
大山、大山三峰山、大野山

秩父辺り
秩父御岳山、四阿屋山、両神山(有料コース)

西上州
荒船山、立岩、鹿岳、黒滝山、烏帽子岳、三ツ岩岳

気をつけていってらっしゃい!!
    • good
    • 4

3月上旬なら雪が残っているかも。

希に下旬でも降ることがありますので、その際はアイゼン使うか諦めて下さい。バスということで、入・下山口を別にしてみました。
愛鷹山:十里木~越前岳~富士見峠(余力があったら黒岳)~山神社
金時山:夕日の滝~金時山~乙女峠~ふじみ茶屋
三ノ塔:ヤビツ峠~二ノ塔~三ノ塔~三ノ塔尾根~大倉
三ツ峠山:いこいの森~開運山~三ツ峠登山口、これは登りが長いかな?
竜ヶ岳:本栖湖~竜ヶ岳~端足峠~割石峠
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速調べてみます。

お礼日時:2013/12/07 19:17

こんばんは



>経験:日帰り登山の経験10年以上(毎月1~2回登山)

せめて直近半年くらいの登山履歴を開示しなければ必ずかぶりませんか?

こちらのサイトで条件入力してお調べになってはいかがでしょう

http://www.yamakei-online.com/yamanavi/route_sea …

条件を入力して検索すれば20~30件は該当すると思います

下山付近に近い日帰り温泉も探しておくと喜ばれるでしょう

http://www.day-onsen.com/



ご参考まで
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
検索・調査いたします。

お礼日時:2013/12/07 19:16

房総の低山を2つくらい周遊しては



白眉は房総のマッターホルン、伊予ヶ岳
http://www.geocities.jp/bdfys621/081004iyogatake …

組み合わせるとしたら鋸山とか富山、高宕山あたりかな
http://www.kanko.chuo.chiba.jp/kanko/3296/
http://www.kanko.chuo.chiba.jp/kanko/3260/
http://www.kanko.chuo.chiba.jp/kanko/2759/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速調べてみます。

お礼日時:2013/12/07 19:16

追加


高尾山・陣馬山コースは7時間だから無理かも。
御岳山(929m)、大山(1252m)、金時山(1212m)、岩殿山(634m)、川乗山(1363)、武甲山(1304m)、塔ノ岳(1491m)の7つ。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/cellist/yama/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大山(1252m)、金時山(1212m)、川乗山(1363)、武甲山(1304m)、塔ノ岳(1491m)を検討対象とします。

お礼日時:2013/12/07 19:14

高尾山599mか高尾山・陣馬山(857m)コース



参考URL:http://www.takaotozan.co.jp/cource/
    • good
    • 1

下旬がベストですが、ここなどはいかがでしょう?



http://www.geocities.jp/hirame4989/sub395.htm

http://yamaon.ojaru.jp/mikamo.htm

http://hirasan.canada2194.com/mikamoyama.html

登山というよりは、ハイキングなので物足りないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
登りだけで2時間から2時間半位で、全5時間半位を想定しています。
その点で、少し物足りないと感じています。

お礼日時:2013/12/07 00:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日帰りで行ける涼しい山(東京から)

 山には行きたいのですがまとまった休みが取れません。
今の季節日帰りで行ける東京近郊の山は登るに暑そうですが、その中でも割合涼しそうなお勧めの山はございませんでしょうか。

Aベストアンサー

日光は中禅寺湖周辺は、下界より10度気温が低いです。
標高を調べていくと、目的地の大体の目安になります。用意する上着を選ぶのも楽です。

日光白根山などは如何でしょう?近くに立ち寄り湯もあります。

QG.Wの時期 雪がほとんど残っていない お勧めの山

新しく質問を建てました。

小学6年の息子が軟弱なので、少し鍛えるべしと、山行きを計画していますが、G.Wの時期は高い山は半端でないくらいの雪が残っているようです。
東京から車で前夜から出て、現地で仮眠をとると言うスタイルで、行ける範囲、できれば甲信越地方で、この時期にお勧めの山はどんなところがあるでしょう。

2泊3日程度を考えております。
危険な箇所は避けたいですが、体力勝負的なところができたら望ましい。

上高地一帯は夏の予定にしておりますが、こだわらないとします。

Aベストアンサー

#5です
 先の回答の時点では、今後登山をする予定が有るか否かが不明でしたのでオンヨネのレインウェアを紹介しましたが、今後継続の予定が有るのでしたらゴアをお薦めします。それは多くの防水透湿製品の内で耐久性が図抜けているからです。
 実は我が家の息子にも確か小学5年生のときにモンベルのストームクルーザーのSサイズをを買い与えました。南北アルプスや東北の深い山も縦走させましたのでアウターの良し悪しは命にかかわりますから。現在高一(174cm-62kg)ですが山を普段歩かせていると若いうちは太らないので今でも幅は何とか間に合っています。
 勿論、長さはツンツルテンですが、靴と違って、アウターは幅さえ合えば裾丈や袖丈に関しはかなり融通を利かせる方法が有ります。それは登山用スパッツとオーバーグローブ(中綿の無し)を組み合わせればいいのです。
 これらは共にゴアをラミネートしており、スパッツは膝下までを、オーバーグローブは肘下までをカバーします。いくら丈が短くなっても半そで半ズボンではありませんので雨は確実に遮ります。最近急に肩幅が広くなってきたのでそろそろ買い替えですが。

 私も息子に体力的な負担を伴う登山をさせておりましたので、前回の回答では特に触れませんでしたのが、質問中の「危険な箇所は避けたいですが、体力勝負的なところができたら望ましい。」との文章がいささか気がかりです。経験上、体力勝負の山が一番事故が多いように感じるからです。山の事故は、危印のあるところより、大半はなんでもないところで起こっているように感じられます。見るからに危険な場所では誰でも慎重に行動しますが、疲労が蓄積されると注意力や判断力もおかしくなり、なんでもないところでもズッコケます。統計的に滑落や転倒に分類されている事故も本当の原因はその前段階での疲労ではないでしょうか。
 体力差が大きいパーティの場合、遅れている人間は当然疲れますが、待たされる側は汗冷えにより体力を奪われます。昨年大量遭難死が起きたトムラウシは危印の全くない体力勝負の2泊3日コースですが、体力の無い者が遅れだし、体力のあるものは待たされ過ぎているうちに体温を奪われ、両者とも疲労凍死に至ったのではないかと推測しております。
 
 質問者の方は、悪天候でビバークするだけの経験があるとは思えませんでしたので、前回の3コースは緊急避難用に複数の小屋が有ることを大前提に選定しました。
 因みに、前回の3コースの踏破距離と累積標高差は、丹沢山系は22kmと2000m、大菩薩は16.4kmと1650m、雲取は23.6kmと1820mになります。都庁の展望台が約200mですから、あれを8往復乃至10往復することになり、山慣れている人間でも日帰りの限界に近いと思います。トレイルランの様に極端に荷物や靴が軽い場合は別ですが。
以上気づいたことを思いつくままに。

#5です
 先の回答の時点では、今後登山をする予定が有るか否かが不明でしたのでオンヨネのレインウェアを紹介しましたが、今後継続の予定が有るのでしたらゴアをお薦めします。それは多くの防水透湿製品の内で耐久性が図抜けているからです。
 実は我が家の息子にも確か小学5年生のときにモンベルのストームクルーザーのSサイズをを買い与えました。南北アルプスや東北の深い山も縦走させましたのでアウターの良し悪しは命にかかわりますから。現在高一(174cm-62kg)ですが山を普段歩かせていると若いうちは...続きを読む

QGW中のオススメ登山ルート

4月26日から29日まで連休なのですが、この期間で
北・南ア・八ヶ岳周辺の3000メートル級で、比較的安全な山
はありますでしょうか。

今のところ単独です。
冬山は今年からはじめ、天狗・硫黄岳クラスを2回(ツアー)
行きましたが、正直、体力的に物足りなく感じました。
夏は北・南ア周辺でコースタイム程度で登っています。

東京よりの埼玉在住です。
他の地域でもオススメできるところがありましたら、ぜひご教示ください。

Aベストアンサー

 冬山は八ヶ岳をツアーで2回程度の経験、ということになると、単独で登れる3000m級はかなり厳しいという感じがします。
 この季節の3000m級はまだ残雪もたっぷりありますし、日中は軟雪になりますが朝夕はかなりガチガチになりますので、アイゼン&ピッケルワークはきちんとできること、というのが最低条件になります。2回のツアーでそれが身に付くとも思えませんし。
 また、この季節は晴れていればTシャツ1枚でも歩けるのではと思うくらい暖かいのに(実際にTシャツ1枚であるけば日焼けダルマになってしまいますが)、荒れれば厳冬期とたいして変わらないほど寒くなりますから、天候の読みがきちんとできないと危ないです。
 加えて夏道が出ているわけではありませんから、特に荒れて視界が悪い時は確実なルートファインディングもできないと危険です。
 また、まだ降雪の可能性がある時期ですから、雪崩に対する対処も求められます。

 つまり、一言で言えば登山者として総合的な実力が必要、というわけです。

 それでもなんとかなる3000m級・・・

 3000mというにはちょっと足りませんが、南アルプスの鳳凰三山、あるいは北アだと立山、涸沢くらいでしょうか。これらより少しレベルが上がって北アの燕岳や常念岳あたりでしょうか。
 でも、単独ではどれもあまり薦めたくはないですね。敢えて言えば室堂からの立山往復か涸沢くらいでしょうかね。体力的には物足りないでしょうが、技術と経験は圧倒的に不足しているわけですから、せめて体力くらいは目一杯マージンを持っておかないと。
 涸沢にしても、上高地から涸沢往復だけならそれほどハードルは高くありませんが、奥穂高や北穂高にまで登るのは、八ヶ岳に2回登った程度のアイゼン歩行経験では心配で仕方ありません。
 5月って日中は軟雪になるため、アイゼンワークはある意味厳冬期より難しいです。プロのガイドやヒマラヤ経験者ですら、5月の軟雪の雪団子に足をすくわれて亡くなっていますから。

 歩行距離が短く、営業小屋が数多くあって悪天候下に逃げ込め、かつ難易度がそほど高くない、ということで考えると、やはり鳳凰三山、立山、涸沢くらいでしょうか。

 なんにしても十分すぎるほど慎重に計画&行動してください。

 冬山は八ヶ岳をツアーで2回程度の経験、ということになると、単独で登れる3000m級はかなり厳しいという感じがします。
 この季節の3000m級はまだ残雪もたっぷりありますし、日中は軟雪になりますが朝夕はかなりガチガチになりますので、アイゼン&ピッケルワークはきちんとできること、というのが最低条件になります。2回のツアーでそれが身に付くとも思えませんし。
 また、この季節は晴れていればTシャツ1枚でも歩けるのではと思うくらい暖かいのに(実際にTシャツ1枚であるけば日焼けダルマになって...続きを読む

Q夏の登山 都内から日帰り可能 

去年の秋から登山をはじめた初心者の女性です。
1000M~1800M、ガイドブックに一般向けとある山に
都内から日帰りで月1~2回登ってます。
ただし、冬はお休みしてました。

夏に都内から日帰り可能な山はありますか。
近郊はどうしても暑いと思うのですが、
「まあ、マシかな」という初心者向けの山があれば
教えていただきたいのですが。

公共の交通手段を使います。
移動時間が少なめか、歩行時間が少なめなら
最悪1泊してもいいです。

土日しか行けず、体力がないので
月曜の仕事に差し支えない程度のプランが希望です。

Aベストアンサー

歩く距離を少なく涼しい高い山ならロープウエイなど利用
(1)谷川岳 ロープウエイー天神平ー谷川岳往復 1300-1900m
(2)木曽駒 ロープウエイー宝剣岳 2900m
(3)乗鞍の御来光バス 頂上まで往復3時間 2700-3000m
一泊しなければならないが雲海とご来光が最高 昼間もOKですが
平湯泊で平湯~乗鞍岳 濃飛バス 御来光バス
http://www.nouhibus.co.jp/new_02/nori_bus_1.htm
乗鞍高原泊 乗鞍高原~乗鞍岳 松本電鉄 御来光バス
http://www.alpico.co.jp/information/company_news/2008/07/post_114.php
山頂まで歩くならフリース、レインスーツ(防寒兼用)準備
歩かなくても雲海とご来光は見える。天気がよければ

Q女性の方へ。初めての山小屋泊!必要なものは?

教えて!goo より、こちらへ移りました。
こちらでは初めての質問です。よろしくお願いします。m(__)m

今度初めて山小屋に泊まることになりました。
女性のみなさん、何を持っていってますか?

体力的にも荷物はなるべく少なくしたいのですが
最低限の基礎化粧品や着替えなど結構重くなってしまって。
特にパジャマなどはどうされているんでしょう?
山登りの格好のまま寝るの?着替えるとしたらどこで?

また、Tシャツってそのまま1枚で着ていますか?
それとも下着(キャミなど)つけていますか?

初めてのことで楽しみな半面、いろいろ不安です…
女性の方からの山小屋話をお聞きしたいです。
アバウトな質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます。着替えは降雨防寒・汗濡れ対策に機能性下着(ユニクロの冬用長袖 )を1セットのみを携行します。寒いときは予備下着・雨具まで着込んで寝袋・布団に入ることもあります。
 ・肌着に綿は忌避です。汗が乾きにくく冷えるためです。大抵スポーツブラ+ユニクロ機能性Tシャツ+長袖ポロシャツ(+雨具)。薄手で乾きのよいものを重ね着します。
 ・布団の清潔さが気になる人は、シュラフシーツ(薄布一枚の寝袋:2-3千円?)を持参することもあります。
 ・山小屋は、混むと男女でも相部屋雑魚寝です。緊急対策として宿泊を断れないため。
 ・恥ずかしい話ですが。雑魚寝を良いことに女性の布団に手を伸ばす不埒な輩も居ます。寝るときは女性で固まる等、自己防衛してください。
 まぁ初めてでご不安であれば、余力の限り荷物を持ち込むのも、一つの経験です。楽しんでください。

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます...続きを読む

Q下山時に足の親指の爪が痛くならない工夫

最近、山歩きを始めましたが、下山時に足の親指の爪が痛くなってしまいます。爪というか爪の付け根あたりです。

最近テニスをするときもそうだったんですが、今回は特に痛くなってしまいました。

たぶん足の親指が他の指よりも出ているためと思います。

登山靴を大きくすればブカブカになってしまうと思いますので、テーピングとかそういう方法で工夫することはできないでしょうか?

同じような悩みをもっていらっしゃる人で何か良い方法があったら教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

私は長年使っていて問題なかった登山靴が、下山中に爪先があたり、痛めるようになりました。歳を取ると土踏まずが崩れて足が扁平になり、少し長くなることが原因らしい。靴ひもをしっかり締めるなど、いろいろやったのですが効果はありませんでした。履き慣れた靴で、捨てるのももったいないので行きつけの登山店で聞いたところ、足首が細いので紐がしっかり締まらず、下りで爪先が当たってしまうと言われました。それを防ぐため、薄い靴下をはいて、足首の前面に厚めの靴下を切断した物をあてがったところ、靴ひもがしっかり締まり、爪先が泳がないようになりました。かなり効果があったと思っています。お試しになったら如何でしょう。

Q1月上旬、関東で日帰り登山、軽装備

こんにちは。

今週末か来週末に新しく買った登山靴を履いて出かけたいと思っていますが、アイゼンなどは持っていません。
軽装備で日帰りできる山を教えて頂けませんでしょうか!!!

Aベストアンサー

奥多摩の御岳山。

JR御岳山の駅からバスで御岳山ロープウェー。
御岳山から、日の出山山頂に。
大したアップダウンなく、すぐに到着。
あとは、つるつる温泉方向にひたすら下山。
つるつる温泉で休憩したら、シャトルバスで五日市の駅に。
コースとしては、こんな感じ。
http://www.geocities.jp/hmrmyamada/yamaaruki/hinodeyama.html

でも、これじゃあ、コースが簡単すぎて・・・とおもわれるのでしたら、いくらでもバリエーションをひろげられます。
http://www2.ocn.ne.jp/~mitakevc/courseinfo.html

つるつる温泉にいけば、もっとキツイコースを終えた方々が登山姿をしていますので、
「こんな簡単なコースで登山姿は恥ずかしいかな・・・」
という心配はいりません。

Q北岳のテン場では、肩の小屋と北岳山荘ではオススメはどっち?

北岳のテン場では、肩の小屋と北岳山荘ではオススメはどっち?

7月の3連休で白峰三山をテン泊したいと思います。
1泊目は肩の小屋か北岳山荘を考えていますが、どちらか決めかねています。
登山道、テン場からの景色、その他いろいろな面から、おすすめはありますでしょうか?
このコースは2度目になりますが、前回は右俣から肩の小屋泊まりでした。

ぜひご意見をお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは

北岳山荘はこんな感じです。
■ テン場は北岳山荘の方が広くて快適です。(人も多いけれど)
■ 水は肩の小屋は雨水、北岳山荘は下の沢からポンプで汲み上げです。(どちらも有料)
■ 北岳山荘には郵便局があり、絵はがき等出せます。ただし7月の連休に開設しているかは不明。
■ お花畑は断然肩ノ小屋の方が綺麗です。ただしその時期は行ったことがありません。

初日に北岳に登頂して、翌日に間ノ岳、農鳥岳を回って奈良田温泉に降りるのが一般的でお薦めです。
■ 奈良田温泉に泊まる場合には、連休でしたら予約が必要かもしれません。
■ 恐ろしいのは雷です。稜線は途中農鳥小屋以外は避難できる場所が無いので天候判断は慎重に。
■ 朝の四時に北岳山荘を出発すれば、15時前には奈良田へ到着するはずです。

一泊目は御池小屋、二泊目は農鳥小屋に泊まるのもありです。ただし雨だと「草すべり」が・・・

>前回は右俣から肩の小屋泊まりでした。
根性がありますね^^

Q東京から1泊2日でいける山

東京から1泊2日でいける山

お世話になります。8月に東京から1泊2日でいける登山を計画してます。テントはないので小屋泊を予定してます。そこそこ登りがいのある山でできれば森林限界のあるような高山希望です。いままで行ったところのないところが好ましいですが、下記以外でどこかよいところご存知の方いらっしゃいますでしょうか?よろしくお願いいたします。

・八ヶ岳(赤岳・横岳・硫黄岳)
・甲斐駒ケ岳
・仙丈ケ岳
・北岳
・木曽駒ケ岳
・那須連峰(茶臼岳)
・谷川岳
・武尊山
・四阿山

Aベストアンサー

■ 雲取山がないです。
http://www1.ocn.ne.jp/~kumotori/

HPをみたら、まだ新井の爺さん現役なのか・・・すごいな (;´Д`)
色々な意味で著名人なので生きてるうちに一度はお会いしておいた方がいいかも。

>そこそこ登りがいのある山

奥多摩駅から歩くシゴキのコースから、三峯神社から登るなんちゃってコースまでいろいろ選べます。


■ 金峰山もお薦めですね。
http://homepage3.nifty.com/kinpousankoya/

山頂直下の金峰山小屋もよいのですが、大日小屋の雰囲気も捨てがたいです。

どちらも手軽で、何度訪れても良い山です。さすが百名山!

Q剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳点の記を昨日、テレビ映画で見ました。
私は約10年前に厳冬期(12月下旬)に仲間と剣岳登山をしたことがあります。丁度本格的登山を夏から始め、初めての雪山でした。
映画に出てくる長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。お天気に恵まれ、雪崩もなく、雪庇も踏み外すこともありませんでした。

ルートは扇沢 黒部ダム 内蔵助平 真砂沢 長治郎谷 剣岳頂上 早月小屋 早月尾根 馬場島
でテントは真砂沢、早月小屋の横の2泊3日でした。
映画の当時の剣岳登山はあんなに困難を極めていたのでしょうか?行者も登っていたと映画で出てましたし。ただ単に天候に恵まれなかっただけなんじゃないでしょうか?

また、このルートは見た目は迫力あるのですが登りの長治郎と頂上までの最後の岩場も難なく上れました。不安を感じたのは頂上直下の岩場だけ位でした。

よく剣岳を登るのは大変だとか初心者にとっては危険だと山をよく知っている人から聞きます。剣岳登山は厳冬期の方が登りやすいのでしょうか?そのときのメンバーは大学登山の経験豊富な方々ばかりで
私だけが初心者でした。夏は登山をしたことがありません。

そのときに元気な若者たちは源治郎尾根とか赤谷とか何とか窓というグループに分かれていました。
私は年配者のグループでした。

剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳点の記を昨日、テレビ映画で見ました。
私は約10年前に厳冬期(12月下旬)に仲間と剣岳登山をしたことがあります。丁度本格的登山を夏から始め、初めての雪山でした。
映画に出てくる長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。お天気に恵まれ、雪崩もなく、雪庇も踏み外すこともありませんでした。

ルートは扇沢 黒部ダム 内蔵助平 真砂沢 長治郎谷 剣岳頂上 早月小屋 早月尾根 馬場島
でテントは真砂沢、早月小屋の横の2泊3日でした。
映画の当...続きを読む

Aベストアンサー

>長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。
ルートがなかったんです。
そのルートは、先人が「登りやすい路はどこにあるのか」を経験を重ねて見つけ出し、整備しているものです(整備というと木道や階段などを想像しがちですが、北アルプスにおいてはそれと限りません。)
もちろん、扇沢までも路などはありませんから、そこまで行くのさえ苦労したはずです。
(というか、当時は黒部ダムはありませんから富山側から立山経由で行くしかなかったはずです)

装備も、非常に簡素であったでしょうし、食料も重かったのではないかと思います。
携帯用コンロなんてものはありませんし、ゴアテックスの雨具もないです。
現代の登山は、用具もノウハウも当時とは比較にならないほど進化しています。
結果、体力にしても根性にしても、今と比較できないほど登山は危険に満ちていたはずです。

あなたが登った厳冬期ですが…あなたはゴアテックス&羽毛の最新ウェアを着ないで、フリーズドライの食品を利用せず、携帯用コンロを利用しないで、LEDの懐中電灯もなく、ナイロンのテントを布の重いテント(ナイロンテントの3~5倍近い体積と重さになるはずです)を背負って!というのを想像できますか?あ、シュラフもシュラフカバーも使わないでくださいね。

>そのときのメンバーは大学登山の経験豊富な方々ばかりで私だけが初心者でした。
経験豊富な先輩方がいたから、しかも初心者が一人だったから登れたのです。
その、経験豊富なメンバーも「経験を積み重ねて」「ノウハウを得ている」から登れたわけで、地図を作るための人は目的が違いますし、登山の専門家でもないです。当然、当時はアルピニズムのノウハウなんかも日本では殆ど無いに等しかったのです。

もっと低い山でも、遭難事件は起きています。
ツアーでは当然経験豊富なガイドが付いているにもかかわらずです。初心者が多ければ、経験豊富なガイドがいても…昨年は8人が北海道でなくなっているのじゃなかったでしたっけ?

あなたの場合、恵まれた環境で登山ができただけで、決して、それが当然だとは考えるべきではないです。

>長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。
ルートがなかったんです。
そのルートは、先人が「登りやすい路はどこにあるのか」を経験を重ねて見つけ出し、整備しているものです(整備というと木道や階段などを想像しがちですが、北アルプスにおいてはそれと限りません。)
もちろん、扇沢までも路などはありませんから、そこまで行くのさえ苦労したはずです。
(というか、当時は黒部ダムはありませんから富山側から立山経由で行くしかなかったはずです)

装備も、非常に簡素であったでしょうし、食料も重かっ...続きを読む


人気Q&Aランキング