VC++6.0で画像処理プログラミングをしている学生です。

TIFF形式の画像をプログラムで開きたいのですが、方法がよくわかりません。
TIFFについて詳しく書いてあるサイトや、方法があれば教えてください。

なお、16bitのTIFFにも対応したいのでそのへんのことがわかる方、ご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

とりあえずTIFFの仕様書


http://partners.adobe.com/asn/tech/tiff/specific …

全部自分で作るんでしたら仕様書を理解してください。

何らかのライブラリを使用するのも可能なんでしたらライブラリを探すのも手かと。
だけどLZW圧縮のライセンスの都合上見つからないかもしれませんが。

参考URL:http://partners.adobe.com/asn/tech/tiff/specific …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とりあえず軽く仕様書を見てみました。
これを全部理解できる自信はないです・・・
けど、とりあえず読んでみます。
日本語のものがあればいいんですけど。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/22 12:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTIFF形式のファーマットの例

TIFF形式の画像のファイル構造を知りたいです。
前半がタグ(?)を用いて、画像の情報(解像度など)を示し、後半がピクセルごとの情報を示しているみたいなのをどこかでみました。また、さまざまな形式があることもわかりました。
TIFF形式の画像について、バイナリデータとして知りたいです。具体的(例として)に示されているホームページを知っている方、教えてください。例としては「解像度が8×6だとすると、バイナリデータの1つ目が 08 で、2つ目が 06 です。」って感じで説明しているホームページです。
知っている方がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

こちらにのっています。(p25~)
http://www.pressnet.or.jp/nsktiff/nsktiff.htm
NSK TIFF Rev1.2規定書 nskfmt12.pdf(PDFファイル)

で、良いのでしょうか?
知りたいことと違っていたら、ごめんね。

QVC++5.0とVC++6.0の違いは?

何がどう変わったんでしょうか?
なんとなく使っているだけなのでぜんぜんわかりません。

簡単にんでいいんで思いつくことを書いてもらえるだけでもうれしいです。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MFCのバージョンが違います。MFCのリファレンスを見れば6で増えた機能が分かります。

例えばブラウザを簡単に作れるCHtmlViewは6でないと使えません。

QVC++6.0でTIFF形式の画像を扱いたい

VC++6.0で画像処理プログラミングをしている学生です。

TIFF形式の画像をプログラムで開きたいのですが、方法がよくわかりません。
TIFFについて詳しく書いてあるサイトや、方法があれば教えてください。

なお、16bitのTIFFにも対応したいのでそのへんのことがわかる方、ご教授ください。

Aベストアンサー

とりあえずTIFFの仕様書
http://partners.adobe.com/asn/tech/tiff/specification.jsp

全部自分で作るんでしたら仕様書を理解してください。

何らかのライブラリを使用するのも可能なんでしたらライブラリを探すのも手かと。
だけどLZW圧縮のライセンスの都合上見つからないかもしれませんが。

参考URL:http://partners.adobe.com/asn/tech/tiff/specification.jsp

QVC++6.0からVC++.NETへの変遷について

VC++がようやく分かり出したこの頃ですが、今日本屋に立ち寄ったら、なっ なんとVC++の本がほとんど無くなり、代わりにVC++.NETとVC#ばかりになっていました。

C#はVC++とは違うと聞いていたのですが、読んでみるとVC++.NETもかなり違ってました。
(かなり違うという表現は、各人の状況により意見が異なると思いますが)

私のような本を見ながらコードを打って勉強している初心者にとって、VC++.NETの本ではVC++6.0を動かすことができません。

今から勉強する人や本を買って勉強しようとしている人あるいは、コンパイラを手に入れようとしている人はVC++.NETに移行してしまわざるを得ないのでしょうか?

すでにVC++6.0を十分活用出来ている人も、時代の流れでNETやC#を勉強していかなければならないのでしょうか?

つまり、単なるバージョンアップとは一線をなす変更がなされたということなのでしょうか?

良くご存知の方見解をお願いします。

Aベストアンサー

すぐにではありませんが、.NETに移行せざるを得なくなるでしょうね。
ただ、開発環境という面では、VS.NETにはC++が含まれており、C++の部分は
従来のC++も利用できるようになっていて、これはアンマネージC++と呼ばれています。
C++で.NETのコードを作成する時は、マネージC++という拡張仕様で記述します。
また、従来のコードと.NETフレームワーク用コードを混在させてアプリケーションを
開発することもできます。これは、相互運用という形で説明されています。

ということですので、C++で習得したものが無駄になることはありません。
たぶん、.NET環境の開発には、C++よりもC#やVB.NETを利用することが
多くなると思いますが、C++を理解していることはプラスにはなってもマイナスには
なりませんので、頑張って下さい。

.NET関連のサイトを2つご紹介しておきます。ご参考に。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/index.html

すぐにではありませんが、.NETに移行せざるを得なくなるでしょうね。
ただ、開発環境という面では、VS.NETにはC++が含まれており、C++の部分は
従来のC++も利用できるようになっていて、これはアンマネージC++と呼ばれています。
C++で.NETのコードを作成する時は、マネージC++という拡張仕様で記述します。
また、従来のコードと.NETフレームワーク用コードを混在させてアプリケーションを
開発することもできます。これは、相互運用という形で説明されています。

ということですので、C++で習得したもの...続きを読む

Qtiffファイルについて

仕事でAUTOCADを使用しており、tiffファイルを貼り付けて作業する事が多いのですが、そのtiffファイルを編集加工する良い方法があれば教えて下さい。
職場のPCにはphotshopがインストールされており、先日、200KBほどのtiffファイルをphotoshopで開いて、一部を消しゴムコマンドで消してtiff形式で保存し直したところ、ファイルサイズが元の約40倍の8MBほどになってしまいました。
試しに、200KBほどのtiffファイルをphotoshopで開いて、そのまま何もしないでtiff形式で保存した場合も8MBほどになってしまいました。
(1)なぜ、何もしていなくて同じ形式のtiff形式で保存しただけでこんなにもファイルサイズが大きくなってしまうのか
(2)photoshopでファイルサイズが極端に大きくならないようにtiffファイルを編集加工してtiffファイルで保存する方法(LZW形式やZIP形式での圧縮保存したtiffファイルはAUTOCADで使用できませんでした)
(3)ファイルサイズが極端に大きくならないようにtiffファイルを編集加工してtiffファイルで保存出来ソフト(有料でもOK)
など、どれか1つでも構いませんので、ご存知の方がいらっしゃったら教えて頂けますか?
よろしくお願い致します。

仕事でAUTOCADを使用しており、tiffファイルを貼り付けて作業する事が多いのですが、そのtiffファイルを編集加工する良い方法があれば教えて下さい。
職場のPCにはphotshopがインストールされており、先日、200KBほどのtiffファイルをphotoshopで開いて、一部を消しゴムコマンドで消してtiff形式で保存し直したところ、ファイルサイズが元の約40倍の8MBほどになってしまいました。
試しに、200KBほどのtiffファイルをphotoshopで開いて、そのまま何もしないでtiff形式で保存した場合も8MBほどになってしまいまし...続きを読む

Aベストアンサー

私AUTOCADに精通しておりませんが、どうぞご容赦下さい。
TIFFファイルには、様々な圧縮形式があり、一方のソフトでサポートしているものが他方でサポートされていない可能性が高いです。
(1)AUTOCADの方は、デフォルトで何らかの圧縮を施しているかと想像します。
Photoshopは、おそらく読み込みは様々な形式に対応しているので、何も考えずに読み込めるのだと思います。
ただし、書き出すときは、非圧縮かLZW・ZIP・JPEGのいずれかになってしまうのでしょう。これらのいずれかを保存時に選ぶことはできるはずですが、何も指定しないとおそらく非圧縮で、大変大きなサイズになります。
(2)PhotoShopの保存できる圧縮形式が上述の通りなので、おそらく無理だと思われます。
(3)私は、PaintShopPro9を使っています。今はバージョンが上がったものが売られているようですが、おそらく大丈夫でしょうが使ってないので分かりません。
「AUTOCAD TIFF 圧縮」で検索したら、以下のようなサイトが見つかりました。これのirfanviewと言うものでよいのではないでしょうか。フリーソフトです。
PhotoShopで編集して、irfanviewでファイル形式を整えるのでも良いかと思われます。

参考URL:http://kadoban2design.seesaa.net/article/98040843.html

私AUTOCADに精通しておりませんが、どうぞご容赦下さい。
TIFFファイルには、様々な圧縮形式があり、一方のソフトでサポートしているものが他方でサポートされていない可能性が高いです。
(1)AUTOCADの方は、デフォルトで何らかの圧縮を施しているかと想像します。
Photoshopは、おそらく読み込みは様々な形式に対応しているので、何も考えずに読み込めるのだと思います。
ただし、書き出すときは、非圧縮かLZW・ZIP・JPEGのいずれかになってしまうのでしょう。これらのいずれかを保存時に選ぶことはできるは...続きを読む

QVC++2005 VC++6.0で使えた関数がつかえない?(たとえば、GetModuleFileNameとか、、)

VC++超超初心者です。

いままであったVC++6.0で利用できていた、VC++2005で
GetModuleFileNameができなくなりました。
(利用できないことなんて、ないと思いますが、、、)

何か宣言とかinclude文とか必要なのでしょうか。

すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

VC++2005無料版にはPlatformSDKが別になっているのでそのままでは使えません
別にPlatformSDKをインストールしてVC++2005の設定を変える必要があります
VC++2008では無料版にもSDKが付属しています

QIE10のTIFF画像リンクのメッセージ非表示

IEのバージョンを10に上げたらTIFF画像へのリンクでメッセージが表示されるようになりました。

HTMLのソースは、以下のように書いています。

<a href="test.tif" target="_blank">tiff</a>

ローカルのWindowsには、.tifに対してフリーウェアの画像閲覧ソフト(IfranView)に関連付けしています。
以前のバージョンのIEでは、上記のリンククリックで直接メッセージを表示することなくIfranViewでTIFF画像が開いていました。

IE10で、メッセージを表示させずにリンククリックでtiff画像が開くようにすることはできますでしょうか?
サーバー側の設定変更でも、ローカル側の設定変更でもかまいません。

Perlでtiff画像を表示するプログラムを作っています。
画像へのリンクが多く、大量の画像を確認しながら作業を進めるプログラムです。
クリックのたびにメッセージから「ファイルを開く」をクリックするのが面倒です。


■環境
サーバー
・Perl5
・Apache(自分に直接の権限はありませんが、業者に設定変更お願いすることできます)

ローカル
・Windows7
・IE10
・IfranView(画像表示ソフト)←tiffが表示されるのでしたら別アプリでもかまいません。

IEのバージョンを10に上げたらTIFF画像へのリンクでメッセージが表示されるようになりました。

HTMLのソースは、以下のように書いています。

<a href="test.tif" target="_blank">tiff</a>

ローカルのWindowsには、.tifに対してフリーウェアの画像閲覧ソフト(IfranView)に関連付けしています。
以前のバージョンのIEでは、上記のリンククリックで直接メッセージを表示することなくIfranViewでTIFF画像が開いていました。

IE10で、メッセージを表示させずにリンククリックでtiff画像が開くようにすることはでき...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく、ブラウザ依存のことなので、サーバー側でやることは無いでしょう。
ローカル側で設定できるかどうか、調べてないのでわかりません。

ただ、「クリックしたら自動実行」みたいなことは、セキュリティの関係でどんどん厳しくなっていく傾向にあります。

TIFFでなければならないのでしょうか?
ブラウザで標準で対応しているような形式(JPEG,PNG等)にすれば、いちいち聞いてこないはずです。
TIFFが必要なら、画面表示用PNGとダウンロード用TIFFを別に用意するとか。

Qvc++6.0 と vc++2500

vc++6.0で

ifstream ifs("userkey.dat");
ifs.getline(oc_user1, 63);

となっていてコンパイルできていたのですが

2005にしたら
コンパイルできません
どうしたらコンパイルできますか

6.0と2005の違いを知るには何を読んだらいいでしょうか?

Aベストアンサー

std::ifstream ifs("userkey.dat");
ifs.getline(oc_user1, 63);

としてみてはいかがでしょうか。

Qスキャナの解像度とTiffとJpgの保存の違いについて

スキャナーで地図を取り込む際に,
解像度300dpiでスキャンし,Tiffで保存すると,容量が90Mバイトにもなります。
そこで,
ペイントショップで,スキャンしたTiffを開き,JPGで保存しなおすと,圧縮がかかり,容量が6Mバイトにまで下がります。
このTIFFとJPGを画面で見比べても,画質に大きな違いが感じられません。
ペイントショップで解像度を確認しても,両方とも解像度は300dpiのままです。
私は,JPGで圧縮がかかり容量が減ることにより画質が下がるかと思っていました。
このスキャンの解像度とTiffとJpgの保存の違いがよくわかりません。
Tiffのメリットとjpgの違い等について教えてください。
ちなみに,
スキャンしたファイルは,後で,AutocadによってLTらすたを使いラスターデータをして貼り付ける予定です。

Aベストアンサー

TIFFはスキャナから得られたデジタルデータを100%保存します。
JPEGはスキャナから得られたデジタルデータのうち何割かを捨てます。捨てる割合は圧縮率に依存します。

JPEG画像の特徴は、人の目が認識できない色の変化・明るさの変化を単純化することです。この「変化」の度合いを「圧縮率」で制御します。

また、TIFFにはいくつか圧縮方式があります。ZIP形式、LZW形式などがありこの圧縮方式により保存時のサイズも変化します。これらの圧縮方式は復元する際に元の情報を100%忠実に再現できます。JPEGは保存する際に捨てるデータ(保存されないデータ)があるので100%再現できません。

QVC++6.0からVC++.NET2005へ移植

VC++6.0で作成したプログラムをVC++.NET2005に移植しました。
ビルドを行うと『fatal error LNK1104:ファイル'mfc42.lib'を開くことができません。』のエラーが出てしまいます。
ソリューションのプロパティを見てもどこで「mfc42.lib」の参照を定義しているのか分かりません。
どこで「mfc42.lib」の参照を定義しているのか教えてください。また、対策を教えてください。

Aベストアンサー

VC++.NET2005のエディションをお教えください。
Express Editionでは、リソースエディタがない、
ATL, MFCが使えないなどの制限がいくつか存在します。

また、VC2005などでは.NET Frameworkの開発が前提となっており
WIN32APIを使用する場合などについては、Platform SDKを
インストールする必要があります。


人気Q&Aランキング