飛行機は、翼上面の空気の速度が翼下面の空気の速度よりも速い場合、翼上面の圧力が翼下面の圧力より低くなるというベルヌーイの定理を利用し、揚力を得て飛んでますよね。
 でもこの原理、逆さ飛行をしているときはどうなんでしょうか?翼の向きが逆になるため墜落しそうな気がしませんか?

A 回答 (2件)

一般的なプロペラ機の場合、翼断面形状はグライダーなどと違い、


上面が膨らんで下面が平面(若しくは軽く凹む)ではなく、
上下面共に似たような形状をしています
  (若干下面のふくらみが緩やか)

したがって、そんなに極端な揚力が発生しているわけではありません。
sesameさんがおっしゃるように
背面飛行の場合は迎え角をとる(昇降舵で調整する)事で実質の揚力を得ています。

これがジェット戦闘機等になると
翼はもはや安定板と変わりませんので背面でもあまり影響ありません。
  (ジェット戦闘機はエンジンの推力のみで飛んでると言っても過言ではない)

ヘリコプターとなると複雑で
ローター(回転翼)ピッチを瞬時に調整する事で
宙返りやローリングが出来るようになります。
  (一部の軍用ヘリや最近の機体のみ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど!
背面飛行の場合は空気の速度差による圧力差を利用するのではないのですね。
謎が解けました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/31 21:13

飛行機の話は地理学というより物理のような気が。



それはそれとして。
飛行機が背面飛行してる時って、昇降舵などを調節してある程度の迎え角が取れるようにしてるんじゃないでしょうか?

風→\

というような状態だと、ある程度の速度があって角を取りすぎていなければ、とりあえず飛行機は失速しませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カテゴリを間違えてしまいました。すみません・・・
それはそうとして、早速の回答ありがとうございます。
そのような状態だとしても翼には地面に向かって力(ベルヌーイの定理)がかかるわけで・・・
航空ショーなどで見られる逆さ飛行のままの上昇はできないように思えるのですが・・・

お礼日時:2001/05/31 19:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベルヌーイの定理とは、速度や圧力は変化するが位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーは、変化し

ベルヌーイの定理とは、速度や圧力は変化するが位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーは、変化しないということでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

何をとぼけたことを!勉強してないことが明らか。
ベルヌーイの定理はエネルギー保存の法則そのもの。
何をとぼけたことを!勉強してないことが明らか。
ベルヌーイの定理はエネルギー保存の法則そのもの。
位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーの総和は不変。
これがベルヌーイの定理

Qベルヌーイの定理を用いて,翼に揚力が発生する理由を説明することができますか?

ベルヌーイの定理を用いて,翼に揚力が発生する理由を説明することができますか?

どのように説明したらよいでしょうか?
教えてください.よろしくお願いします

Aベストアンサー

・ベルヌーイの定理や(その他の定理)を用いて、飛行機が飛ぶ理由を、原因⇒結果式に定性的に簡単に説明できない
ってことと、
・飛行機が飛ぶ理由はいまだ解明されていない
ってのは、全く違うので、そこのところは誤解のないように。

きちんとナビエストークス方程式で流体のシミュレーションをすれば、コンピュータの中で飛行機はきちんと飛びます。もちろん背面飛行だって可能です。
つまり、ナビエストークス方程式という一つの式(仮定)にもとずいておこる現象をシミュレーションしたら、現実と同じことが起こるわけです。
こういうときに、物理では、「この現象を解明した(説明できた)」といってます。
流体力学は複雑で、いろんなことが同時に起こるので、原因⇒結果式の簡単な説明をするのは難しいのは確かです。

そもそも、原因 ⇒ その結果出来事1が起こる ⇒ 出来事1が原因で出来事2が起こる ⇒ … ⇒ 最終的な出来事が起こる
なんて感じで、定性的に一直線に説明できる現象なんていうのはほとんどないです。
「定性的に一直線に説明できないこと」と、「その現象が起こる理由が未だ解明されてない」は全く違います。

・ベルヌーイの定理や(その他の定理)を用いて、飛行機が飛ぶ理由を、原因⇒結果式に定性的に簡単に説明できない
ってことと、
・飛行機が飛ぶ理由はいまだ解明されていない
ってのは、全く違うので、そこのところは誤解のないように。

きちんとナビエストークス方程式で流体のシミュレーションをすれば、コンピュータの中で飛行機はきちんと飛びます。もちろん背面飛行だって可能です。
つまり、ナビエストークス方程式という一つの式(仮定)にもとずいておこる現象をシミュレーションしたら、現実と同じ...続きを読む

Qベルヌーイの定理について、位置水頭、速度水頭、圧力水頭の単位はなぜメートルになるのでしょうか。 速度

ベルヌーイの定理について、位置水頭、速度水頭、圧力水頭の単位はなぜメートルになるのでしょうか。
速度水頭は速度エネルギーなのに…

Aベストアンサー

水頭の定義だから。
水の持つエネルギーを水柱の高さに置き換えたものが水頭。
例えば運動エネルギー。
Mgh=1/2(Mv²)だから
h=v²/2g  vの単位[m/s] gの単位[m/s²] より hの単位[m]

Q航空力学的浮力を発生する翼面の一方の空気を加熱・膨張させると… ?

質問内容
「飛行機などの”いわゆる翼”の各々上下を流れる空気の一方を、
他方に比べかなりの圧力差がでる程加熱・膨張させるとどうなるのだろう?」

本文
御世話になります、

しょうもないことかも知れませんが、
頭に浮かんだことの結果が知りたくなってしまいました。

それは
「飛行機など、揚力を発生させる”いわゆる翼”の、
各々上下を流れる空気の一方を、大幅な減圧が生じる程(液化する程)冷却するとどうなるのだろう?
上手く設計すれば自ら空気を吸い込み、揚力を増す・または自ら推進力を得るのではないか?」
と、いうものです。

しかしこれは「どうやってこれ程収縮・減圧を起こさせるか」に問題がでますよね?

でもこれは要は、
翼を流れる双方の流体間に大幅な圧力差が生じるほど、
一方が他方に比べて容積変動を起こした場合どうなるか、
ということだと思えるので、
冷却する側の反対側を加熱して膨張・増圧させることで、近似値的な結果は得られるのかな? と思えます。

勝手に話を進めているようでなんなのですが、
なので「飛行機など、揚力を発生させる”いわゆる翼”の、
各々上下を流れる空気の一方を、増圧する程加熱・膨張させるとどうなるのだろう?」を質問させて頂きたく思います。

風洞を自由に使える環境にあれば進んで自ら研究したいテーマなのですが、
残念ながら私はそこにありませんので、皆様に縋りたく思います。

実験結果と出来れば解説を掲載している書物またはサイトをお教え頂けないでしょうか、

自ら試験された結果などもお寄せ頂けると有難いです。
(※此方は質問形態として一種御法度のような気もしますが、… )

後、こういう方向性の質問を率先して扱っているサイトが他にあれば併せてお教え頂けると有難いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

質問内容
「飛行機などの”いわゆる翼”の各々上下を流れる空気の一方を、
他方に比べかなりの圧力差がでる程加熱・膨張させるとどうなるのだろう?」

本文
御世話になります、

しょうもないことかも知れませんが、
頭に浮かんだことの結果が知りたくなってしまいました。

それは
「飛行機など、揚力を発生させる”いわゆる翼”の、
各々上下を流れる空気の一方を、大幅な減圧が生じる程(液化する程)冷却するとどうなるのだろう?
上手く設計すれば自ら空気を吸い込み、揚力を増す・または自ら推進...続きを読む

Aベストアンサー

こういう思考実験をしてみます。↓

・断面が完全対称翼型の翼を迎角0°で流体中に置く。
・この翼は鉄板で出来ており、その下面のみを真っ赤に
 なる程加熱する。上面は流体温度のまま保持される。

...この場合、通常の加熱しない状態では上下面に発生する
負圧も正圧も同じなので、揚力は発生せず抗力のみが働きます。
しかし、下面が加熱されると、ラジオメーターと同じ原理で
下面の方が分子運動量が大きいので 下⇒上 の力が発生し、
相対風に直角方向の「揚力」が起きたことにはなると思います。

ラジオメーター効果 Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%8A%B9%E6%9E%9C

ただ、現実的にはこれによる力は期待できるほど大きくない気が
します。(どうやって計算できるかすら解りませんが...)
また、速度域でも違うでしょうが、空気に常時冷却されるのでは
この上下面の温度差を維持するのは困難でしょう。

困難だといっても、技術が進めば不可能ではないかもしれません。
(容易に数千度に加熱出来る技術とか、その逆に冷却できるとか。)
現状、主翼内は燃料タンクにもなってますし、大型機のタンクの
下面は主翼下面そのものですので真っ赤に加熱する訳にもいきません。
何かを燃焼させるにしても同様です。

上面を冷却するにしても既に旅客機はマイナス数十度の環境で飛行
してるので、さらに冷却するには液体ヘリウムくらいの冷却剤を
大量に使う必要があるのではないでしょうか。その兼ね合いで後は
「採算があうのか?」に結局なると思います。

追加された部分で:

>円周の1/6の円弧の両端を直線で繋いだような~(省略)
 翼直線部位でも昇圧が発生するのですか?
相対風に平行、迎角ゼロで置くという意味なら下面には発生しない
と思います。
あんまり関係ないですが、翼弦の1.6倍の半径の円弧を上面とする
翼型は模型用に存在し、JAL850 と言います。

>水を霧状に散布した上で何か燃料を燃焼させれば
目的は異なりますが、ジェットエンジンで「水噴射」は存在して
実際に使われています。ただこれは、吸入空気温度を下げて空気量
を増やすことが主目的です。
ロールス・ロイス ダート Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%B9_%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%88
ボーイング747 Wiki (747-100項)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0747
航空実用事典 水噴射
http://www.jal.co.jp/jiten/dict/p217.html#08-27

こういう思考実験をしてみます。↓

・断面が完全対称翼型の翼を迎角0°で流体中に置く。
・この翼は鉄板で出来ており、その下面のみを真っ赤に
 なる程加熱する。上面は流体温度のまま保持される。

...この場合、通常の加熱しない状態では上下面に発生する
負圧も正圧も同じなので、揚力は発生せず抗力のみが働きます。
しかし、下面が加熱されると、ラジオメーターと同じ原理で
下面の方が分子運動量が大きいので 下⇒上 の力が発生し、
相対風に直角方向の「揚力」が起きたことにはなると思いま...続きを読む

Q非粘性流体中の平板翼の揚力係数について

非粘性流体中の平板翼の揚力係数を求める実験をしており、個人的に理論解を調べているのですが、流体力学の文献を開いてみてもなかなか載っておらず困っております。もしよろしかったらそれが載っているWebや文献などを教えてもらえたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NASAやNACAの文献は当たられましたか?
航空関係の図書館なら古いNACAテクニカルレポートなどが
置かれているのではと思います.
または,ウェブではこちらはいかがでしょう?
http://ntrs.nasa.gov/search.jsp

私自身は直接調べたことはないのですが,ご参考まで..

参考URL:http://ntrs.nasa.gov/search.jsp


人気Q&Aランキング

おすすめ情報