日本で数少ない成長産業である軽自動車市場ですが、TPPに際し軽自動車に関わる税制が非関税障壁であると米国からの批判と改革の要望が来ており、日本はTPPに向けて軽自動車に関わる税制や法整備の改革を準備しているそうです。


そこで疑問に思ったのですが、米国系企業はなぜ軽自動車を作って日本で販売しないのでしょうか?
日本には軽自動車に関した販売規制や参入規制などがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 日本には軽自動車に関した販売規制や参入規制などがあるのでしょうか?



ありません。
自動車輸入に関しては、排気量に関わらず無税です(一応、各種検査量があるので完全に無税ではありませんが)。因みにアメリカ等は関税がありませす。


> そこで疑問に思ったのですが、米国系企業はなぜ軽自動車を作って日本で販売しないのでしょうか?

物凄く簡単にいえば、作れないからです。
外車で小さな車といえばローバーミニが有名ですが、あれですら1000cc前後(カタログによれば999cc)です。軽自動車の規格は660cc以下なので、余裕でオーバーです。

これより排気量が小さく、かつ走行性能や安全性を確保し、居住空間等を確保し・・・という技術というか発想は、海外にはありません。欧米の発想は「あれもこれもつけろ。エンジンパワーが足りないなら大排気量エンジン搭載で解決」というものです。
ウィンドウズが「あれもこれも付けて、重くなったのはマシンパワーを上げて解決」という方向で進化したのと同じですね。
    • good
    • 0

そこで疑問に思ったのですが、米国系企業はなぜ軽自動車を作って日本で販売しないのでしょうか?



(1)だいたい、豊かなアメリカ人は軽自動車を利用しませんので作る気がないです。
(2)軽自動車の税金UPさせたところでアメ車がうれるはずはないです。アメリカでもなかなか売れないのが現状ですから。

軽自動車の税金を多少UPさせても軽自動車は売れるでしょう。
日本の政治家は世界ではかいしょうがないから、単に税金UPしたいわけですから渡りに舟でしょう。
    • good
    • 0

軽が優遇されていて、ビッグ3には作れない(作る気もないだろうけど)から軽の優遇をやめろ、そうすれば普通車へ流れるから、という理屈ですね。

問題外です。
アメリカは普通車の税金もガソリンも安いからそういう感覚で物を言いますが、日本と同じにしてみればいいんです。そうすれば軽みたいな枠がどうしても必要になってきます。さすがに軽じゃあのでくのぼうは車体に収まりませんから1.5Lとかになるでしょうけど。
普通車の税金を先進国並みにすればいいんです。そうすれば軽ばかりがこんなに売れる事はありません。
    • good
    • 0

アメリカのビック3が、新たに軽を開発しても「利益率」が悪いので、既にそういう技術のある、スズキ・ダイハツ・スバルに大きく水をあけられます。


外車ではダイムラーAGぐらいですね。
フィアットなどは規格が軽に近いし登録も可能ですが、普通車です。
そもそも軽は細々したEUや日本で有効なだけで、商売上は利益率の悪い車なんです。

非関税障壁というのはこじつけ以外の何者でもありません。
    • good
    • 0

ない。


アメリカのBIG3は
商売下手だから

ちなみに、イタリアのフイアットの一部モデルは
軽自動車登録できる

なお、アメリカに軽自動車優遇制度はないが、
アメリカで軽自動車乗りたければ、韓国と自由貿易協定結んでいるので
自由に韓国製軽自動車購入できる
(韓国では 800CCまで軽自動車である)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q《京都版》軽自動車の車検の流れは普通車と同じですか?

継続車検は毎年会社のバンをユーザー車検で行っているので判ってはおりますが今回軽自動車のユーザー継続車検を受けることになりました。普通車等の場合まず、車検予約を電話にてし車検当日書類を受付で印紙と共に購入し書類に記載し受付で書類確認を受けてレーンにて検査を受けてと言った感じですが軽自動車も同じ様な流れなのでしょうか?検査場によって違ったりしますか?京都の方で受けますのでご経験者の方ご助言お願いいたします。普通者のレーンはまず
サイドスリップやスピードメーター→ライトの検査→下回りの検査→
排気ガスの検査の流れです。軽自動車も同じでしょうか?
以前妹が軽自動車のユーザー車検を受けたそうですが予約なしで行ったそうですが予約しなくてもいけますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

軽自動車検査協会に予約からスタートです。
http://www.keikenkyo.or.jp/about_lmvio/jimusho/053.html
電話予約 075-671-0928
予約しないで検査に行っても追い返される事はないと思いますが、
スムーズに検査したいなら予約したほうが良いです。

検査の流れは普通自動車で経験されておられるなら話は早いです。
ほぼ一緒です。
違いと言えば、最後の下回り点検がピットではなくリフトアップになる
ところぐらいではないでしょうか?
http://www.keikenkyo.or.jp/check/howto.html

もっと詳細が知りたい場合は、
http://www.keikenkyo.or.jp/index.html
でご確認ください。知りたい事が全て載ってると思います。

南方面の方でしたら、軽自動車は南にはありませんので、
竹田の陸事まで行ってください。

Q日本の自動車産業のTPP対策はどうなってるの?

以前の記事では、TPPを実施すると、アメリカの自動車産業が打撃をうけるとのことで、軽自動車を廃止にする。又は、税金を高くとるなどの措置だと聞きました。最近、この関連のTPPのニュースがないので詳しく分かりませんが、日本の自動車産業はどのような対策をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

>軽自動車を廃止にする。又は、税金を高くとるなどの措置だと聞きました。

軽規格の廃止はアメリカとして表向きは望んでいますが、軽規格の存続にまんざらでもない様子です。
アメリカ車が今のままで日本では売れないことは百も承知ですし、「非関税障壁だ~」と言うにはこの軽規格があると便利ですからね。
日本で外車といえば事実上ドイツ車でしょう。アメリカ車の場合、興味本位でちょっと乗ってみたい車はあるかもしれませんが
自家用車にしたい車なんてないでしょう。どう圧力をかけようと、日本ではアメリカ車は売れません。と言うことで、軽規格はなくなりません。
税の優遇措置の廃止ですが、当面はないと思います。今回軽四輪税が7200円から10800円に上がっただけで、軽の販売比率がガクッと落ちていますから。
更に税上げの圧力をかけたら現政権の支持率が下がることはアメリカも承知していますので、それはありません。

>日本の自動車産業はどのような対策をしているのでしょうか?

実は発展途上国では日本の軽自動車を欲しがっているところは多いですよ。軽規格をそのままか、微調整で欲しがっていますし、既に
一部海外でも製造販売されています。軽自動車はガラ軽とも呼ばれ、日本にしか通用しない規格と言われますが、これはメーカーも
積極的に販売しなかったからなのです。高くて儲けの出る普通車を差し置いて軽を売れば儲けの減ることは火を見るより明らかです。
多くを軽に依存するダイハツやスズキは軽の国内販売縮小で、当然今後は発展途上国への輸出や海外生産に力を入れるでしょう。
ちょっと古いニュースですがこういうのは知りませんか?

http://toyokeizai.net/articles/-/15845

後考えられるのは、アメリカが発展途上国に対し軽を買わせない、売らせないような圧力をかける可能性は否定できません。
その前に、日本メーカーはそんな国々の経済の仕組みにしっかりと根を下ろすべく頑張るはずです。

>軽自動車を廃止にする。又は、税金を高くとるなどの措置だと聞きました。

軽規格の廃止はアメリカとして表向きは望んでいますが、軽規格の存続にまんざらでもない様子です。
アメリカ車が今のままで日本では売れないことは百も承知ですし、「非関税障壁だ~」と言うにはこの軽規格があると便利ですからね。
日本で外車といえば事実上ドイツ車でしょう。アメリカ車の場合、興味本位でちょっと乗ってみたい車はあるかもしれませんが
自家用車にしたい車なんてないでしょう。どう圧力をかけようと、日本ではアメリ...続きを読む

Q軽自動車のシートを替えた車検

軽自動車にレカロシートを付けています。
レールは社外品です。

レカロで有名なJET SETに聞いたら、軽自動車は
レールがなんであろうとレカロを後付したら
車検は通らないと言われました。

カレスト幕張でも車検は通らないと言われました。

スーパーオートバックス東雲にもレカロが多いので
聞いたところ、車検は問題ないとのこと。
うちで車検は通りますと言われました。

もう訳が分からないのですが、実際のところ軽自動車に
レカロを付けると車検は通らないのでしょうか?
本当はディーラーに出したいと思っています。

Aベストアンサー

うちも2車種継続して軽にレカロでしたがいずれも車検問題なしですよ。(ちなみにディーラー車検です)
3点式シートベルトがしっかり装着されていれば問題ないはずですけどね・・・。
何を勘違いしているのかは分かりませんが、断る所は無知or不安な所は全てダメという事でしょうから車検通るところで出せばOKじゃないでしょうか。

Q★日本は軽自動車を廃止しろ

米国は大統領選まで日本とのTPP協議を事実上棚上げしていた。

だが、オバマ大統領再選が決まり、早期の交渉参加表明を改めて日本に促すほか、
「TPPの求める高い基準」(米通商代表部のカーク代表)を満たすよう、自動車や保険などの重点項目で厳しい注文を突き付ける局面もあり得る。


 米国には他国と通商交渉を始める際、議会に90日前までに通告して承認を得る「90日ルール」があり、
米国側は議会対策として、日本に対し重点分野の市場開放を訴えてきた。

なぜそのような事態になったのですか?
今後の見通しは?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

グローバルスタンダードを決める、日本の軽自動車は日本外では使われない、売れない、だから、アメ車が売れないという論理でしょう、いいそうなことだよね。

Q【軽自動車】車検が切れてしまった場合の対応

タイトルの件、代筆投稿いたします。

軽自動車ですが、車検が切れてしましました。
もう、車に乗る事は出来ないと思います。

●業者に依頼して、車検を受ける場合
●自分で車検を受ける場合

の2通りについて教えて下さい。
よろしくお願いします。

また、車検は、軽自動車協会から、お知らせは来ないのでしょうか??

Aベストアンサー

こんばんは。まず業者に頼む場合は前回答者さんたちのであってますので、さしひかえます。こじんで車検を受ける場合は市役所で自賠責保険の提示と印鑑、免許証が必要。あとナンバー借りるお金です。車検受けるにあたり、個人での場合は、車検場に事前に予約の電話を入れて何月何日の何時に予約という連絡して、番号取得しないとすぐ行ってさぁ車検うけさせてくれはとおりません。あとここが大事。車検場にはラインがありまずマフラーの音、排ガスの検査があります。マフラーあなとかあったりしたらヤバイですから。次がブレーキテスト。ただちゃんと止まれば問題なし。次が車の下回りの点検。エンジンからオイルがにじんでいたら通らないから事前にオイル漏れないか確認して漏れて滲んでいたらダメです。その場合裏技ですが、車検受ける寸前にパーツクリーナーというものが、ホームセンターに売っているのでそれをオイル滲んで汚ないところにかけてタオルで拭き取る。その代わり車検うけたあとにちゃんと治す。最後がライトの点検。これはあかるさと向きを調べるんだけど、こればかりは素人には無理なんで、車検場の近くに光軸テストをやってくれる所が必ずあるから、そこで見てもらった方がいいと思います。光軸テストの費用はだいたい3000円です。あとお金かけたくなければ、書類も自分で書けば代書代も浮きます。代書代は2500円だと思いましたから。それとライトのレンズ、テールランプ、ウィンカーレンズ、割れてたりヒビもダメ交換してからでないと車検受けれません。あとは玉切れもダメ。交換です。初めてやるひとにはかなり面倒くさいと思いますけど。安く車検取りたければ、ユーザー車検が一番安上がりです。その代わり壊れたら自己責任ですから。
長々すいません。おいらはユーザー車検が一番なんで、ちょっとお節介でしたかね(^.^)b

こんばんは。まず業者に頼む場合は前回答者さんたちのであってますので、さしひかえます。こじんで車検を受ける場合は市役所で自賠責保険の提示と印鑑、免許証が必要。あとナンバー借りるお金です。車検受けるにあたり、個人での場合は、車検場に事前に予約の電話を入れて何月何日の何時に予約という連絡して、番号取得しないとすぐ行ってさぁ車検うけさせてくれはとおりません。あとここが大事。車検場にはラインがありまずマフラーの音、排ガスの検査があります。マフラーあなとかあったりしたらヤバイですから...続きを読む

QTPP推進 FTAよりTPPが有利-->韓は馬鹿?

テレビでTPP推進派の方が「FTAは1:1の交渉なので不利になる、TPPなら多国間だから日本にとって有利だ」と言っていました (9割が日米というのはここでは置いておいてください。ややこしくなるので)。

そこで質問です。韓国はTPPの存在を知っていながらFTAで合意しました。韓国はなぜ韓国にとって不利になるFTAを優先したのでしょうか。米韓FTAには何か特別な旨みがあったのでしょうか?

ご存知のかた解説をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

閉じるためのtojirukun

Q軽自動車と普通自動車の違い(車検の金額とぶつかった時の衝撃)

私は今、車の購入で悩んでいます。
車検の金額が軽自動車だと1万5千円ぐらい(?)
だと聞きました。
普通自動車の1000CCで10万円ぐらいだと聞きましたがそんなもんなのでしょうか?

それから万が一衝突事故になったときの衝撃なのですが、
軽自動車と普通自動車ではどれぐらい違うのでしょうか?
やっぱり軽自動車の方が普通自動車にくらべると
ぐしゃぐしゃにつぶれてしまうのでしょうか?
車に詳しい男性の知り合いが居なくてとても困っています。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。

>エアーバッグがついていても
これは個々の事例により、なんとも言えません。エアバッグが膨らんでいる時間はホンの一瞬で、すぐにしぼんでいきます。一方で交通事故は正面衝突事故ばかりではありませんから、エアバッグを過信してはいけません。また横転したり車体が上から潰れるような事故にはほとんど無力です。

さて現在の軽自動車の車体規格は、エンジン規格が660ccになってから2回目の変更規格です。つまり動力はそのままで車体だけを大きくしたので、車重はむやみに上げられず、したがってかなりトリッキーな設計になっています。その点で、やはり普通車よりは弱いと言わざるを得ません。
そのトリッキーさの一端として、代表的な軽自動車はどれも重心が高く、タイヤの小ささも手伝って踏ん張りが効かず、結果として横転しやすいのです。

そして普通乗用車ですが、最近は1ボックス車を買う人が増え、大きい車体の車が増えています。また大型トラックですが、こちらも規格の緩和があり、かなり大きい車が走るようになっています。
軽自動車が大きくなった・強くなったと言っても、道路の中ではやはり小さいことには変わりがありません。#6さんのおっしゃる
>交通事故のニュース
は、極論ではなく、本当にそうなのです。何年か前から自分どもの消防の指令には、軽自動車が絡んでいる場合には必ずその旨を盛り込むようになりました。

いずれにしても、自車より大きく力がある相手と衝突すれば、物理学的には当然自車のダメージが大きいということになります。

なお繰り返しになりますが、これらは、普通車の「コンパクトカー」にもほぼ当てはまります。

#4です。

>エアーバッグがついていても
これは個々の事例により、なんとも言えません。エアバッグが膨らんでいる時間はホンの一瞬で、すぐにしぼんでいきます。一方で交通事故は正面衝突事故ばかりではありませんから、エアバッグを過信してはいけません。また横転したり車体が上から潰れるような事故にはほとんど無力です。

さて現在の軽自動車の車体規格は、エンジン規格が660ccになってから2回目の変更規格です。つまり動力はそのままで車体だけを大きくしたので、車重はむやみに上げられず、したが...続きを読む

QTPP亡国論とTPP亡国論の嘘について質問です

日本のTPP参加に反対している人(TPP参加の即時撤回を求める会に所属している議員や日本共産党の議員など)は、TPP亡国論の嘘について論破することができると思いますか?
http://megu777.blogspot.jp/2012/08/tpp-1.html

Aベストアンサー

 平成24暦年の経済活動別(産業別)のGDP構成比(名目)をみると、第1次産業のシェアは1.2%となり、横ばいとなった。第2次産業のシェアは、製造業のシェアが低下したことから、23.9%となり2年連続で低下した。第3次産業のシェアは、サービス業などのシェアが上昇したことから、74.9%となり2年連続の上昇となった。
  http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kakuhou/files/h24/sankou/pdf/seisan20131225.pdf

 どちらもGDPサービス分野における、日本の体力健全サービスその一員なのかも?
「 元気があれば何でもできる! ダァーッ! 」 https://www.youtube.com/watch?v=wh1jsEL44Wc&index=2&list=PLkohPjPsDHGdD6LDvCfesR5tVYir9gBWT

Q軽自動車の車検の時期について

車(軽自動車)の車検の時期は何年ごとなのでしょうか?

Aベストアンサー

普通車と同じです。
新車を購入して1回目の車検は3年後
以後は2年ごとの車検が必要です。

Q来年の1月20日大統領就任日にトランプ氏がTPP離脱を発表すると発表しました。 これでTPPは

来年の1月20日大統領就任日にトランプ氏がTPP離脱を発表すると発表しました。


これでTPPは完全に発行不可能になり安倍晋三氏の強硬政策が無駄に終わったんですよね?

Aベストアンサー

政府は、自分たちが掲げてきた政策の失敗を認めたくないのでしょう。そこで、『日本としてはTPP発効に向けて全力を尽くしましたがアメリカの事情でやむをえず…』という形にするための単なる“言い訳パフォーマンス”とでも考えない限り、今の政府の動きはとうてい理解できないのです」

その一方で、衆議院のTPP特別委員会に参考人としても出席した弁護士の岩月浩二氏は、政府がTPP批准を急ぐ理由のひとつとして、「TPP対策予算にも注目すべき」と指摘する。

「政府は昨年10月の大筋合意直後から、TPP対策として農林水産関連の対策予算を組み、平成28年度には5000億円規模に膨れ上がっています。これは端的に言えば、与党の農家向けの選挙対策費です」

要するに「TPP対策」という名の下、あちこちにお金がバラまかれるのだ。

「当然、この予算は肝心のTPPが消滅してしまったら予算を組む理由がなくなってしまいます。ですから、政府は何がなんでもTPPが消滅したという事実を認めるわけにはいきません。多額の対策費はすでに『TPP利権』になっているのです。
このソースは..
http://news.livedoor.com/article/detail/12317636/

政府は、自分たちが掲げてきた政策の失敗を認めたくないのでしょう。そこで、『日本としてはTPP発効に向けて全力を尽くしましたがアメリカの事情でやむをえず…』という形にするための単なる“言い訳パフォーマンス”とでも考えない限り、今の政府の動きはとうてい理解できないのです」

その一方で、衆議院のTPP特別委員会に参考人としても出席した弁護士の岩月浩二氏は、政府がTPP批准を急ぐ理由のひとつとして、「TPP対策予算にも注目すべき」と指摘する。

「政府は昨年10月の大筋合意直後から、T...続きを読む


人気Q&Aランキング