日本で数少ない成長産業である軽自動車市場ですが、TPPに際し軽自動車に関わる税制が非関税障壁であると米国からの批判と改革の要望が来ており、日本はTPPに向けて軽自動車に関わる税制や法整備の改革を準備しているそうです。


そこで疑問に思ったのですが、米国系企業はなぜ軽自動車を作って日本で販売しないのでしょうか?
日本には軽自動車に関した販売規制や参入規制などがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 日本には軽自動車に関した販売規制や参入規制などがあるのでしょうか?



ありません。
自動車輸入に関しては、排気量に関わらず無税です(一応、各種検査量があるので完全に無税ではありませんが)。因みにアメリカ等は関税がありませす。


> そこで疑問に思ったのですが、米国系企業はなぜ軽自動車を作って日本で販売しないのでしょうか?

物凄く簡単にいえば、作れないからです。
外車で小さな車といえばローバーミニが有名ですが、あれですら1000cc前後(カタログによれば999cc)です。軽自動車の規格は660cc以下なので、余裕でオーバーです。

これより排気量が小さく、かつ走行性能や安全性を確保し、居住空間等を確保し・・・という技術というか発想は、海外にはありません。欧米の発想は「あれもこれもつけろ。エンジンパワーが足りないなら大排気量エンジン搭載で解決」というものです。
ウィンドウズが「あれもこれも付けて、重くなったのはマシンパワーを上げて解決」という方向で進化したのと同じですね。
    • good
    • 0

そこで疑問に思ったのですが、米国系企業はなぜ軽自動車を作って日本で販売しないのでしょうか?



(1)だいたい、豊かなアメリカ人は軽自動車を利用しませんので作る気がないです。
(2)軽自動車の税金UPさせたところでアメ車がうれるはずはないです。アメリカでもなかなか売れないのが現状ですから。

軽自動車の税金を多少UPさせても軽自動車は売れるでしょう。
日本の政治家は世界ではかいしょうがないから、単に税金UPしたいわけですから渡りに舟でしょう。
    • good
    • 0

軽が優遇されていて、ビッグ3には作れない(作る気もないだろうけど)から軽の優遇をやめろ、そうすれば普通車へ流れるから、という理屈ですね。

問題外です。
アメリカは普通車の税金もガソリンも安いからそういう感覚で物を言いますが、日本と同じにしてみればいいんです。そうすれば軽みたいな枠がどうしても必要になってきます。さすがに軽じゃあのでくのぼうは車体に収まりませんから1.5Lとかになるでしょうけど。
普通車の税金を先進国並みにすればいいんです。そうすれば軽ばかりがこんなに売れる事はありません。
    • good
    • 0

アメリカのビック3が、新たに軽を開発しても「利益率」が悪いので、既にそういう技術のある、スズキ・ダイハツ・スバルに大きく水をあけられます。


外車ではダイムラーAGぐらいですね。
フィアットなどは規格が軽に近いし登録も可能ですが、普通車です。
そもそも軽は細々したEUや日本で有効なだけで、商売上は利益率の悪い車なんです。

非関税障壁というのはこじつけ以外の何者でもありません。
    • good
    • 0

ない。


アメリカのBIG3は
商売下手だから

ちなみに、イタリアのフイアットの一部モデルは
軽自動車登録できる

なお、アメリカに軽自動車優遇制度はないが、
アメリカで軽自動車乗りたければ、韓国と自由貿易協定結んでいるので
自由に韓国製軽自動車購入できる
(韓国では 800CCまで軽自動車である)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング