日本には八百万の神がいるそうですね。


かまどの神様→カグツチ・オキツヒコ・オキツヒメ(神道) 三方荒神(仏教)
トイレの神様→ ハニヤスビコ・ハニヤスビメ(神道) 烏枢沙摩明王(仏教)

葬式の神様っているんでしょうか?

記紀にはアメノワカヒコの葬儀が行われるという記述があったようにおもいますが
他にもいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
貼ってくださったサイトは大変参考になりました。

●神葬祭は故人の御霊をその家にとどめて、家の守護神となってもらうための儀式です。
●帰幽奉告(きゆうほうこく)といって神棚、祖霊舎(それいしゃ)に故人の死を奉告します。

http://www.e-osoushiki.jp/osoushiki3-4.html
より引用

と書いてありますね。
大変参考になりました。

お礼日時:2013/12/14 00:43

葬式は世界中の土民でもするでしょう。

彼らなりの葬式を。
私にとって葬式ほど嫌いな式もないのですが(インチキ糞坊主と偽善者の政治言動で)、現生人類の特徴が死を考える事であり死者を弔う事ですからね。
霊や神と対話するのが神式でしょ。原理じゃないのです。(キリスト教以前の西洋人とか?、)日本人は単に霊魂と対話しておきましょうという事から式を催すのです。対話の専門家が神職でしょ。お見合いとか役人接待とか親孝行の盃とか、そういうつもりにすぎません。
それを○○神道とか理論武装して世界原理に仕立てて式を機関のようにしたのは、儒教!と仏教の伝来のせいですよ。
土民的な日本人にしてみれば、政府が作り出す権力的な神々もまた八百万として受け入れた次第です。別にアマテラスが偉いとかじゃないでしょう。万物に霊を感じ畏れ敬う日本人の思想は。
その神様に対して何かしておきたければ、掃除して身支度してご挨拶という。対人的なマナーです。故人に対してお別れパーティーを開いてるような純粋な代物であり世界原理とかアマテラスとか全然関係しませんよ。近所の親父が持ち回りで神主役してもいいわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/12/15 11:37

>どこからこのような見解をお持ちになられたのか、説明をお願いします。


他の方も回答されていますが、元々神道には、神様の担当など存在しません。
仏教が入ってきて、仏教の仏に役割があることから、神仏混合により、役割が自然とできただけです。

神社に御参りするときには、色々のお願いをしませんか?
それこそ日本の神が担当を持たない証拠です。

また葬式という概念は仏教が伝来するまで存在しませんでした。
生者の国(常世)と死者の国(黄泉の国)が存在していますが、イザナギにより閉ざされて両国は自由に行き来できなくなります。
そのことは、記紀に書かれています。
ですから、常世には、黄泉の国を担当する神は存在しないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお、再回答ありがとうございます。

>仏教が入ってきて、仏教の仏に役割があることから、神仏混合により、役割が自然とできただけです。

ううーーん、これは難しい問題ですよね。
我々の知っている神道が仏教の影響を受けて成立したものなのか
それ以前からあるのか。

ただ、私はもともとの神道の形について質問したわけではないんですね。

回答者さまも「神仏混合により、役割が自然とできただけです。」とおっしゃっている。
これは「神仏混合によって、神道にも○○の神というのが生じた」という意味ですよね?

そういう後に生じた神格というものについても含めて質問しています。
また、仏教のみほとけに神という言葉を使うのはおかしい、といわれるかもしれませんが
たとえば妙見大菩薩は北極星または北辰の神
虚空蔵菩薩は知恵の神、などともいわれており
そういうみほとけについても含めて質問しております。

>神社に御参りするときには、色々のお願いをしませんか?

私には信仰心がないので神社の前で手をあわせはしますが
何もお願いはしていません。
まあ、ふつうの人は神様にお願いするでしょうね。

>それこそ日本の神が担当を持たない証拠です。

いや、それでも○○の神と言われている神様はたくさんあります。
それは前回のお礼のところで説明したとおりです。

回答者様は、それらの神格は神仏習合によって生じたものだとおっしゃいます。
それを証明するのはすでに述べたように大変難しいことです。
(ここで証明してくださっても構わないですが)

しかし、それは質問の趣旨ではなく
神仏習合によって生じたのちの神格も含めて問うています。

>また葬式という概念は仏教が伝来するまで存在しませんでした。

いえ、3世紀の魏志倭人伝に葬儀のようすが記されていますよ。

死ねば、棺(かんおけ)はあるが槨(かく=墓室)はなく、土で密封して塚を作る。死去から十余日で喪は終わるが、服喪の時は肉を食べず、喪主は哭泣し、他の人々は歌舞や飲酒をする。葬儀が終われば、家人は皆が水中で水浴び(禊だと思うが、原文の入浴に従った)をする。練沐(練り絹を着ての沐浴)のようである。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wa … より引用

>イザナギにより閉ざされて両国は自由に行き来できなくなります。
そのことは、記紀に書かれています。

確かにそれは書かれてありますね。

>ですから、常世には、黄泉の国を担当する神は存在しないのです。

常世には黄泉の国を担当する神が存在しない、の意味がよくわかりません。
常世も黄泉の国もあの世、死後の世界と考えられます。
常世に王がいたかどうかは知りませんが
黄泉の国の王としてはスサノオがでてきますね。

お礼日時:2013/12/14 15:16

だから各故人が神様なんでしょ。

それを担当する神様を呼ぶのは式のための式を考えてる人らの要請でしょう。その神様に来てもらってどうするの?八百万は無駄な神様のための思想ではないと思います。式そのものを擬人化(神格化)する例があるのでしょうか。そんな面倒な式ではないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございます。
故人が神だということですね。

お礼日時:2013/12/14 14:46

キキは私に知的欲求を満たさないので読む気がせず読んでませんが考えれば。


葬式が霊(=神)を対象にしても、儀式の神が別途必要になるのでしょうか。
神式は神様との対話ですよね。死者という霊がいますよね。
式に判事としての神がいるのはキリスト教とかの構図ですよ。神式はその各々の神様のための式だから。
神様というより見えない人格を想定するのが日本の八百万であり権力的な神様沢山の多神教とは関係性が別次元なのでは。ヒンズーなどどうなのか知りませんけど。

お客様は神様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

別に葬式の神が必要である、という考えから質問をたてたわけではありません。

もしかしたら葬式の神というのがあるのだろうか、と考えたわけです。

それでアメノワカヒコの葬儀が行われたという記述があることを思い出し、
他にも記紀の中で葬儀をされた人とか、葬儀の神とされている神はありますか、というのが質問の趣旨です。

お礼日時:2013/12/14 01:35

アメノワカヒコは別に葬式の神ではありません。

天命を忘れ、天の使いを殺したので罰を受けただけです。
神道に葬式の神はありません。敷いてあるとすればワカヒコが死んだときに集められたガン、サギ、カワセミ、スズメ、キジですね。これらは動物ですけど、コレを神として祭れば神となります。
神道では自然神や先祖神を神として祀ります。そして神として祀れば神であり、神として祀らなければ霊でしかないんです。
祓い戸の神が特定の神でないように、葬儀においても一人ではなく分担して当たるというのが基本姿勢です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>アメノワカヒコは別に葬式の神ではありません。

まあ、たしかにそういうことは聞いたことがありません。
ただ、鳥たちがアメノワカヒコの葬式をしたという記述があるので
葬式の神とみなしてもいいのかな、と思いました。

一般に、記紀などに記された神の行いをもって、神の神格とするということはよくありますでしょう。
天目一箇神とか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9B%AE% …

>天命を忘れ、天の使いを殺したので罰を受けただけです。

だけです、というのがよくわかりませんが?
回答者さまも、鳥たちによって葬儀が行われたと書いておられますよね?

>神道に葬式の神はありません。敷いてあるとすればワカヒコが死んだときに集められたガン、サギ、カワセミ、スズメ、キジですね。これらは動物ですけど、コレを神として祭れば神となります。

動物は神使とされていますね。
たとえば春日大社の神使は鹿であるとか、伏見稲荷の神使いは狐であるとか。
サギ、カワセミ、スズメ、キジはアメノワカヒコの神使だと考えられないでしょうか。
おそらく、昔の人は死んだ人の魂は鳥になると考えていたのだと思うのです。
巨大な前方後円墳などは鳥の視点で作られていると思います。
空の高いところからみなければ、その形が確認できないですから。

それとも、歴史の古い神社でどこかに動物を祀った神社はありますか?

>祓い戸の神が特定の神でないように、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%93%E6%88%B8% …

上記には次のように書かれています。

神職が祭祀に先立って唱える祝詞である「祓詞」では「伊邪那岐大神 筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に 禊祓給ひし時に生り坐せる 祓戸大神等」と言っており、祓戸大神とは、日本神話の神産みの段で黄泉から帰還した伊邪那岐が禊をしたときに化成した神々の総称ということになる。

なお、この時に禍津日神、直毘神、少童三神、住吉三神、三貴子(天照大神・月夜見尊・素戔嗚尊)も誕生しているが、これらは祓戸大神には含めない。「祓詞」ではこの祓戸大神に対し「諸諸の禍事罪穢有らむをば祓へ給ひ清め給へ」と祈っている。

『延喜式』の「六月晦大祓の祝詞」に記されている瀬織津比売・速開都比売・気吹戸主・速佐須良比売の四神を祓戸四神といい、これらを指して祓戸大神と言うこともある。(上記より引用)

これをよむと、祓戸大神とは「黄泉から帰還した伊邪那岐が禊をしたときに化成した神々の総称」であると読め、
回答者さまがおっしゃるように特定の神ではない、ということとは違うように思えるのですが?

>葬儀においても一人ではなく分担して当たるというのが基本姿勢です。

と書いておられるところをみると、特定の神ではない、というのは複数の神がいる、という意味なのでしょうか?

お礼日時:2013/12/14 01:28

八百万の神は神道に基づく神です。



神道には天国も地獄もありません。
黄泉の国があるだけです。

そこに儒教と仏教が入ってきて、天だ
天国だ、地獄だ、という概念が出来、
仏教が葬式担当になったのです。

だから、葬式はあっても、葬式の神と
いうのはおりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

神道には天国に対するものとして、常世の国があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E4%B8%96% …

また地獄に相当するものとしては黄泉の国のほかに根の国というのもあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B9%E3%81%AE% …

ですので、もうしわけないですが、
>神道には天国も地獄もありません。
黄泉の国があるだけです。
というのは間違いだということになると思います。

>そこに儒教と仏教が入ってきて、天だ
天国だ、地獄だ、という概念が出来、

これは、神道が儒教や仏教の影響を受けて成立したものなのか、
儒教や仏教以前より神道はあったのか、という大変難しい問題になると思います。

私たちが知っている神道とはおもに記紀神話にもとづくもので
記紀の成立は奈良時代で、すでに仏教が伝来していますから、
記紀が仏教の影響をうけていないとはいえないです。

しかし、これは質問の趣旨でないので、とばしましょう。

>仏教が葬式担当になったのです。

これについてのソース、またはあなたがそうお考えになる理由を教えてください。

うちの田舎は神式で葬式を行っていますが。

>だから、葬式はあっても、葬式の神と
いうのはおりません。

記紀の神代の記述にアメノワカヒコの葬儀を行ったとあります。
アメノワカヒコの葬式は仏式で行ったということでしょうか?

今思い出しましたが、昭和天皇の大喪の礼は仏式ではありませんでしたね。

皇室の葬儀は、飛鳥時代・奈良時代~江戸時代まで寺院にての仏式の葬儀が行われていたが、孝明天皇の三年祭の際に神式が復古され、神道式で執り行われるようになった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%96%AA% … より引用

それでは再回答を心よりお待ちしています。

お礼日時:2013/12/13 10:33

日本人の葬式のほとんどが仏式で行いますので、葬式の神様はおりません。


そもそも日本の八百万の神は、特定の事象や物の神ではなく、祓い神です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>日本人の葬式のほとんどが仏式で行いますので、葬式の神様はおりません。

いや、うちの田舎は神式で葬式していますよ。

>そもそも日本の八百万の神は、特定の事象や物の神ではなく、祓い神です。

どこからこのような見解をお持ちになられたのか、説明をお願いします。

記紀神話にはたとえば「智慧の神」のように神格をあらわした表現はないかもしえませんが、
「神には特定の事象に対する神徳がある」と考えられていたことは確かだと思います。

いくつかその例を挙げておきます。

●スクナヒコナ

国造りの協力神、常世の神、医薬・温泉・禁厭(まじない)・穀物・知識・酒造・石の神など多様な性質を持つ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF% … より引用

●菅原道真
朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の対象となる。現在は学問の神として親しまれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E5%8E%9F% … より引用

それでは、再回答を心よりお待ちしています。

お礼日時:2013/12/13 10:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q汎神論と多神教(八百万の神?)の違い

汎神論と多神教(八百万の神?)の違いは、簡潔に言うとどのような点にあるのでしょうか?また、汎神論は一神教特有の考え方でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

汎神論は哲学に似て難解で、多様な形があるので、
一概には言えませんが、極力簡単にいうと、
人間に似た人格的存在の神を否定する考えです。
もちろん宮崎監督のアニメの世界とは似ても似つかないものです。
(宮崎アニメは寓意具現が多いのでむしろ多神教的)
一切万有は神であり、神と世界とは同一であるとする宗教観・哲学観は、
英雄神的な神格を見るギリシャ神話のような世界の対極といえます。
多神教が、すべての自然現象、ひとつひとつに人格的な神の存在を置くのに対して、
汎神論は、いっさい人格的個別の存在の神を置かないのが特徴で、
人間も含めてすべてが神の内包物であると考えるわけです。
神が恣意的に世界を動かすというのではなくて、
人間も含めて宇宙全体が神を構成する一部にすぎないので、
そこには神の意思が存在しないか、
あるいは存在しても人間のレベルと遠くかけ離れている高次元的であるので、
その意思は人間が認識できる人的な意思・精神とは全く異なるというわけです。
汎神論は一神教の考えに加えて、数学的な世界観が影響してます。
一神教も、精神主義・神秘主義から離れて、世俗化して
多神教と大差ない人格を持つ”神様”をあがめ、
天使とか悪魔とか、聖人うんうんと、神様以外の神的存在を
多く求めるようになったので、その対極として哲学の世界で
神とは何か、を真剣に問うていった過程でさまざまな思考がうまれたわけで、
汎神論もそのひとつということになります。

汎神論は哲学に似て難解で、多様な形があるので、
一概には言えませんが、極力簡単にいうと、
人間に似た人格的存在の神を否定する考えです。
もちろん宮崎監督のアニメの世界とは似ても似つかないものです。
(宮崎アニメは寓意具現が多いのでむしろ多神教的)
一切万有は神であり、神と世界とは同一であるとする宗教観・哲学観は、
英雄神的な神格を見るギリシャ神話のような世界の対極といえます。
多神教が、すべての自然現象、ひとつひとつに人格的な神の存在を置くのに対して、
汎神論は、いっさい...続きを読む

Q国家神道の三人の神様とは?

ラジオを聞いていたら国家神道について話されていました。
その方が仰るには
「戦前の国家神道というのは八百万の神という位に
沢山の神様がいた。
しかしマッカーサーの指示により
3人にしぼられた」
ということでした。

その三人の神様というのは
どのような神様なんですか?

Aベストアンサー

そのラジオは聞いていませんが・・・とりあえず

・国家神道を作った明治政府が、「神社合祀令」を出して神社の整理(統廃合)をしました。
・戦前戦中の国家神道の三貴神は「アマテラス」「スサノオ」「ツクヨミ」です。
・戦後はGHQ(マッカーサー?)の指示により、国家神道は解体(国家と神道の分離)されました。

Q 学問の神様として祀られている菅原道真は、いつ頃から学問の神様として祀

 学問の神様として祀られている菅原道真は、いつ頃から学問の神様として祀られ受験生の参拝の対象となったのでしょうか。

 かつては、京の重職を左遷されたことで怨霊となり、事ある毎に災害や異変が起きると京都の人々は、菅原道真の怨霊だと恐れていましたが、怨霊封じで神社を建立し、英霊とすることで怨霊封じから学問の神様という流れになってきたとも思いますがどうでしょうか。

 分かる方おりましたらご回答ください。

Aベストアンサー

学問の神様と広く言われるようになったのは江戸時代からです。
徳川綱吉が湯島に学問所を作って以来、学問所の近くに元々からあった湯島天神が、学者さんや学生さんに信仰されるようになりました。その後、寺子屋でも祀られて庶民にまで浸透しました。

ちなみに湯島の学問所では、公式には孔子を祀っていました。

Q本来の神道の考え方は「天皇を中心とした神の国」ですか?それとも国家神道だけですか?

現在の神道(神社本庁系?)は国家神道の流れを汲んでいるようですが、
明治以前の神道の形も、「天皇を中心とした神の国」なのでしょうか?
多神教(八百万の神?)とは矛盾しているように感じるのですが。

それとも、天皇家とは直接関係のないところで、神道の考え方は成立していて、「~神の国」は明治政府による創作なのでしょうか?

本来の神道(土着信仰としての神社?)について知りたいのですが、調べても難しくてよくわかりませんでしたので質問しました。
当方素人のため、わかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。難しいけど、面白い質問ですね。
私は勉強不足で国家神道についてはよく知らないのですが

>明治以前の神道の形も、「天皇を中心とした神の国」なのでしょうか?

日本神道の最も古い文献は古事記・日本書紀です。
わかりやすく現代語訳されたものが出版されていますからぜひ読んでみられるといいと思います。
ただし、古事記や日本書紀以前から神道はあったと思われます。
たとえば魏志倭人伝に
「身分の高い人が尊敬される作法を見ると、ただ手を打つだけで、中国の跪拝の代わりとする。」
との記述があり、これは神社にいって柏手を打つことを思わせます。
ただし、古事記・日本書紀以前にあった史書は蘇我蝦夷が自殺をはかって自宅に火をつけたときに
焼けてしまって現存せず、内容もわかっていないようです。

古事記や日本書紀のテーマはおおざっぱにいって二つあると思います。
(1)皇位を継承するのは天照大神の子孫に限られる。
(2)怨霊鎮護

(1)はまさしく「天皇を中心とした神の国」であることを主張するものだと思います。
天皇家が万世一系で(そうではないという意見もあるようですが)現在まで続いてきた要因のひとつであるといえるのではないでしょうか。

ただし、神道でこういったテーマを掲げているにもかかわらず、江戸時代には天皇家の権威はかなり落ちていたようです。

また(2)においては、政治的陰謀によって不幸な死を迎えた人物が怨霊となって祟るのを、神として祀ることで鎮めようとする内容が記されています。

代表的なのは奈良県大神神社の大物主命です。10代崇神天皇の御世、疫病や風水害がおこり、また人民が背くなどして国が乱れたのは大物主命の祟りであるとして、大物主命の子孫である太田多根子を神官として大物主命を祀らせることで、大物主命の祟りは納まったと記しています。

大物主命は出雲大社の大国主命と同一神とされています。
というのは大国主命の前に光り輝く神が現れて「私を祀るように」といい、
大国主命が神に名を問うと「私はあなたの幸魂・奇魂」と答えたとあるためです。
そして大国主命が自分自身である大物主命を祀ったのが大神神社だということです。

この記述をどうとらえるかは研究者によって意見が分かれると思いますが
私は大物主命=大国主命とは初代神武天皇が日向より東征してやってくる以前に大和にあった政権の王だと思います。
というのは、神武は東征に出立するにあたって
「東にはニギハヤヒが天の岩船を操ってすでに天下っている」と発言しているからです。
ニギハヤヒは正式名称を天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてる くにてる ひこ あめのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと) といいますが
大物主命は倭大物主櫛甕玉命という別名もあり
二神は櫛・玉が一致するところから同一神ではないかと言う説があります。
ここから、神武以前に畿内に王朝があったと考えられます。
ニギハヤヒは物部氏の祖神とされていますから、その王朝は物部王朝であったという説もあります。

また初代神武天皇と10代崇神天皇はどちらも和風諡号をミマキイリヒコといい、ふたりは同一人物であるという説もあります。

とすれば、記紀に記された崇神天皇代の記事は日向から東征してやってきた崇神=神武が自らが滅ぼした物部王朝の王を怨霊と怖れ、神として祀った話だということになります。

では大物主と同一神であるとされる出雲大社の大国主はどうなるんだ、となると思いますが
梅原猛氏によれば、大物主という神が根の国とされていた出雲へ追放されたのが大国主ではないか、「出雲の国譲り」というが、もともとは「大和の国譲り」だったのではないかとしておられます。

>多神教(八百万の神?)とは矛盾しているように感じるのですが。

これは私自身の考えですが、
日本は多神教ではありますが、神も輪廻転生すると考えられたのではないかと思われます。
輪廻転生というのは仏教の考えですが、古事記・日本書紀が成立したころ、すでに日本には仏教が伝来してかなりの年月が経過しており、また日本では本地垂迹説をベースに、神仏が習合されていました。

本地垂迹説というのは、日本古来の神々は仏教の神々(仏)が衆上を救うために仮にこの世に姿を現したものであるとする考え方で、仮にこの世に姿を現した日本古来の神々のことを垂迹、神のもともとの正体である仏のことを本地仏といいました。

天皇が即位すると大嘗祭が行われますが、この儀式は天皇が天照大神と同体となるものではないかと言う説があります。
つまり、天皇とは天照大神の生まれ変わりだと考えられたということだと思います。
http://www.tanken.com/daijyo.html
また日本の神は子を産みますが、子とは神の分身のことを意味しているのではないかという説もあります。
八百万といいますが、それは神が分身を作った結果で、
もともとの神はそんなに多くない野では、と思います。

>純粋な土着信仰としての神道があったなら、今も残っているのかも気になります。

大神神社は三輪山を御神体とし、神殿を持ちません。
地元に伝わる伝説では、神は神殿はおろか、拝殿すらつくることをこばんだとのことです。(拝殿はあります。)
また大阪府枚方市交野市あたりは肩野物部氏が本拠地としていたところですが、星田妙見宮などやはり神殿のない神社があります。
 http://murata35.chicappa.jp/meisho/myokendensetu.htm
これらは神殿のある神社よりも古い形態を残す神社で
物部氏による祭祀の形態ではないかと思います。

反対意見もあると思いますが、ひとつの意見としてお考え下さい。
 

こんばんは。難しいけど、面白い質問ですね。
私は勉強不足で国家神道についてはよく知らないのですが

>明治以前の神道の形も、「天皇を中心とした神の国」なのでしょうか?

日本神道の最も古い文献は古事記・日本書紀です。
わかりやすく現代語訳されたものが出版されていますからぜひ読んでみられるといいと思います。
ただし、古事記や日本書紀以前から神道はあったと思われます。
たとえば魏志倭人伝に
「身分の高い人が尊敬される作法を見ると、ただ手を打つだけで、中国の跪拝の代わりとする。...続きを読む

Q日本の神様とキリスト教の神様は

日本の神様とキリスト教の神様は別物ですよね。

仮に十字軍の時代に日本がすぐ隣に隣接してた国だったとしたら

日本はキリスト教の率いる十字軍に侵攻されてたのでしょうか?

Aベストアンサー

十字軍の時代に日本が隣接していたら、その時代のまえにキリストや12使徒などが熱心に布教してとっくにキリスト教になっていたでしょう。

大陸に近いイギリスもキリスト教ですし、アイスランドもキリスト教です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報