以前、「うちゅうの7人きょうだい」という大昔の絵本について質問し、良回答を頂きました。ところが、なんとそれではなかったのです!!どんでんがえし。

福音館書店の雑誌「こどものとも」1962年、三好硯也作・画。
これしかないと思い購入しましたところ、お話は確かに同じものでしたが絵が全く違いました。

福音館書店に問い合わせたところ、「これが他の絵で出ているなんて考えられない。あんたの思い違いやろ」(無論もっと丁寧な言い方だが)という話。
しかし私はみつけました。その違う本の奥付に、「THE TRAVEL OF MOON」と書かれているのを・・・。そういえば、日本人ばなれした画風でした!!

これは私の推理ですが、「THE TRAVEL OF MOON」こそ「うちゅうの7人きょうだい」の原題ではないのか。私が見たのは原作に日本語訳をつけた本で、福音館書店のものは絵も訳も日本人向けに焼きなおしたものではないのか。

この疑問を捜索中ですが、何か知っておられる方、教えて下さい!!!
それから、日本人ばなれした方のこの本を見た記憶のある方、記憶の片隅に眠っている思い出を語って下さい!どんなことでも手がかりになるはずです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

またまたtintagelです。



>これは私の推理ですが、~原作に日本語訳をつけた本

→原作は日本語でしょう。
 73巻「~民話/~訳」、『~ - An Old ~ Tale』、「Japanese Text ~」
 74巻「~作/~訳」、『~ by ~』「Japanese Text ~」
 日本語以外が原作であれば73、74巻のような表示がされるはずです。
 (詳細内容は下記にまとめました。)

>これは私の推理ですが、~「THE TRAVEL OF MOON」こそ「うちゅうの7人きょうだい」の原題~

→原題でなく英語題でしょう。
 71巻の原題『みつこちゃんのむら』は英語題では『THE VILLAGE IN SHINANO』です。
 日本作家の作品にも英語題を付けています。しかも直訳ではありません。


*これでは糸口がなくなりますね。
 そこで、次の方向で調べてはいかがでしょうか?

 (1)「うちゅうの7人きょうだい」特装版を確認してみる。
    神奈川県立図書館にあるようです。
    http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/
    しかし、絵は同じだと思います。
 (2)専門家に相談してみる。
    ・大阪国際児童文学館に電話のみですが「児童文学なんでも相談コーナー」があります。
    (ホーム左下の「レファレンス専用電話」です。)
    http://www.iiclo.or.jp/default.htm
    ・東京都立図書館
    (都民以外の利用(メール問い合わせ等)は制限があります。)
    http://www.library.metro.tokyo.jp/index.html
    ・国際子ども図書館(問い合わせ対応は不明です。)
    http://www.kodomo.go.jp/
    ・日本児童図書出版協会
     「さがしていますこんな本」というコーナーがあります。
     (質問方法はメール?)
    http://www.kodomo.gr.jp/

*こどものとも70~74巻の復刻版の情報抜粋です。
 (○はCopyrightの記号です。)

70、たろうのともだち、渡辺桂子さく、堀内誠一え
   TARO AND HIS FRIENDS
   Text ○ Keiko Watanabe 1962.Illustrations ○ Seiichi Horiuchi 1962.
71、みつこちゃんのむら、くまがいもといち作/画
   THE VILLAGE IN SHINANO
   Text & Illustrations ○ Motoichi Kumagai 1962.
72、うちゅうの 7にんきょうだい、三好碩也作・画
   THE TRAVEL OF MOON
   Text & Illustrations ○ Sekiya Miyoshi 1962.
73、おおきなかぶ、ロシア民話/内田莉莎子訳/佐藤忠良画
   THE TURNIP - An Old Russian Tale
   Japanese Text ○ Risako Uchida 1962.Illustrations ○ Churyo Sato 1962.
74、こもときつね、ビアンキ作/内田莉莎子訳/山田三郎画
   THE SLY FOX AND THE CLEVER DUCK by Vitaly Bianki
   Japanese Text ○ Risako Uchida 1962.Illustrations ○ Saburo Yamada 1962.

*検索結果です。(前回より増えてます。)

 96  96年復刻版
 特62 特装版

96 牛久市立中央図書館
96 鹿沼市立図書館
96 さいたま市図書館大宮エリア
96 市川市図書館
96 足立区立図書館
96 墨田区立図書館
特62神奈川県立図書館
96 横浜市立図書館
96 厚木市立図書館
96 石川県立図書館
96 白鳥町図書館
96 春日井市図書館
96 愛知県図書館
96 滋賀県立図書館
96 鳥取市民図書館
96 倉敷市立図書館
96 高知県立図書館
96 佐賀県立図書館
96 鹿児島県立図書館
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお世話になっております。
結論が出てから御礼の書き込みをしようとおもっていたのですが、まだ時間がかかりそうなのでとりあえず御礼申し上げます。
こんなに調べていただいて、20だけでは申し訳ないくらいなんですが。

いやー、英訳の件は書き込んだ後で気づいて「ああ、もう糸口がないいいい!」と失望していました。今後は詳しそうな人々に聞いて回る行脚をしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/16 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「宇宙の7人きょうだい」という大昔の絵本

「宇宙の7人きょうだい」という絵本を、30年くらい昔、小学校の図書室で読んだ記憶があります。横型の絵本で、その時既にボロかったので描かれたのはもっと昔でしょう。絵は日本人離れした綺麗な絵でした。星の子供たち7人が(子供が星なんです、人間じゃなかったと思う)旅をするのですが、次々脱落者が出て、目的地(?)に着けたのは一人だけだった、というような内容でした。

高校生の頃、それを読んだという友達に会ったことがありますので、存在したのは間違いありません。

購入につながる情報ならベストですが、あまりに大昔のものなのでムリかもしれません。「自分も読んだ」というお話でもいいです。

Aベストアンサー

「うちゅうの7にんきょうだい」(72巻1962年3月号)で
作家は「三好碩也」さんです。

「こどものとも」シリーズで月刊予約絵本(雑誌)です。
(通常書店では販売はなかったそうです。)

「福音館書店」さんHPの「こどものとも全リスト」にあります。
http://fetish-jp.org/ascat/jidou/yomi.htm#kokes

少なくとも3種類あります。       下での表記
1962年3月号 特製版        特62
1962年3月号 特製版でないもの  普62 どちらかか不明 62
1996年12月 復刻版         96


公立図書館

62 日比谷図書館

96 いわき市立図書館
http://www1.library.iwaki.fukushima.jp/scripts/books.dll/detail?result_set=9896&result_no=1
96 牛久市立中央図書館
96 足立区立図書館
96 横浜市立図書館
96 石川県立図書館
96 滋賀県立図書館
96 倉敷市立図書館

大学図書館(大学数の紹介にしときます。)
(閲覧、貸出は学術的目的がないと難しいと思いますので・・・)

「文部省 学術情報センター総合目録データベースWWW検索サービス NACSIS Webcat」で検索
http://webcat.nacsis.ac.jp/
特62  1大学
普62  1大学
 96 15大学

その他

(アニメかなにかではないでしょうか?)

栃木県の真岡市科学教育センター(プラネタリウム)で2001.3.11まで上映でした。なんとおしい・・・

「うちゅうの7にんきょうだい」(72巻1962年3月号)で
作家は「三好碩也」さんです。

「こどものとも」シリーズで月刊予約絵本(雑誌)です。
(通常書店では販売はなかったそうです。)

「福音館書店」さんHPの「こどものとも全リスト」にあります。
http://fetish-jp.org/ascat/jidou/yomi.htm#kokes

少なくとも3種類あります。       下での表記
1962年3月号 特製版        特62
1962年3月号 特製版でないもの  普62 どちらかか不明 62
1996年12...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報