出産前後の痔にはご注意!

カーオーディオでバッ直するのにケーブル太さにこだわります。
8AWGだと細い方で、4AWGや2AWGを使用する人までいます。
火災予防にエンジンルーム内バッテリー付近に元ヒューズを入れます。

50Aや80Aを見てもヒューズの中の線はかなり細いと思います。
ケーブルを太くしてもヒューズ部分ボトルネックになるから意味ないような
気がしたのですが、ヒューズ部分は気にしなくても良いのでしょうか?
(影響ないのでしょうか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

全く問題ない訳では無いですが、やはりヒューズ無は万が一の時に火災に成りますので、ちゃんと付けましょう。


ところで、そのヒューズですが、高い物だと伝導率を良くしたものが有るのでそれを使えば少しは抵抗が少なくなりますので、
音質にはやはり効果有りますよ。
http://joshinweb.jp/audio/10050/2098772435227.html
一例ですが、高いのが難点です。

ただ、付けないとやはり、大電流を流すんで車両火災に成りかねません。
これを、アンペアーを上げて太くしたらヒューズが切れない可能性も有りますのでここは守って下さい。

参考に成り、ますでしょうか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

旧い昭和の車なのでカーオーディオ類以外にも車室内の追加電装類やトランク
内の電磁ポンプへ配線を引き直しています。純正配線はバッテリー直後にヒュ
ージブルリンクが個別系統毎にありますよね。追加でそのレベルは難しかった
ので、室内へ8AWGで1本引き込んでコンソール内に弁当箱に個別回路毎にリレ
ーとヒューズを並べてヒューズボックスを作成しています。

とりあえずバッテリー→ヒューズボックスの保護のためバッテリー直後にヒュ
ーズを入れていますが、突入電流や振動で切れることを心配しています。走行
中にカーオーディオや追加メータは切れても走行に支障ありませんが、電磁ポ
ンプ等が止まると走行できなくなってしまいます。

カーオーディオ用のブレーカが色々ありますが、ボロ車の振動で落ちても困る
し、などと考えて、大きなアンプを何台も入れるようなカーオーディオの方々
はどうしているのか聞いてみたくなりました。

ご紹介いただきましたヒューズはスローブローと書いてあるのでヒュージブル
リンクと同じような効能を期待できるような気がします。ガラス管タイプのス
ローブローはmAクラスの小さなものしか見たことがなかったのですが、もう少
し大きな容量があるようなので探してみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/14 09:39

基本として、機器の消費電力の数値が真っ先です(W数)、そしてその電流を余裕を持って流せる電線を選定します、最後にヒューズの定格、電線の定格以下が理想ですが、瞬間的には少しオーバーでも、アマチュア規格ではありかと思います。


やみくもに電線太くして、それに合わせて、ヒューズの定格も大きくすると、肝心の機器が内部トラブルで機器の定格電流以上の過大電流が流れてもヒューズが破断せず、被害をより大きくする可能性もあります。
大電流に電線、ヒューズは持っても、機器から発火も・・・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
カーオーディオの質問から入ったため私の配線構成が明らかになっておらず申し訳ありません。バッテリーから1本メイン電源を引き込んで、コンソール部に弁当箱のリレーボックス(兼ヒューズボックス)を作成しています。このリレーボックスへ引き込んだメイン配線の元へ入れるヒューズ(またはブレーカ?)の選択に迷っていました。
なお、各リレーの起動電源(ACC、IGN、Light等)は運転席足元のヒューズボックスから取っているためリレーボックスは車室内設置とし、リレーのアウト側には各系統相応のヒューズを入れております。この場合のリレーボックス(兼ヒューズボックス)下部の配線はおっしゃる通りだと思っています。電線は多少余裕見て太くする分には良いと思いますが、ヒューズは消費電力を考慮して再チェックしてみます。
重要なアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2013/12/14 21:15

オーディオには詳しくありませんが…



確かにヒューズは抵抗になります、しかしその抵抗があるから熱を発して切れるようになります。

そもそも、配線を太くしたからと言って大電流が流れる訳ではありません、使用する機器がどれくらい消費するかによって電流の大きさが決まります。

ヒューズの選定ですが消費量によって決まります、合計の消費量を超えるヒューズであれば問題ありません、この先にヒューズボックスを取り付ける様ですので、各機器の消費量にあった物を選定すれば機器を守るためのヒューズは十分です。

車両火災を防ぐためにスローブローヒューズやヒュージブルリンクは危険だと思います。

それもふまえて、電磁ポンプ等の機器は別に配線する方が望ましいと思います、それでしたらこの配線はスローブローヒューズやヒュージブルリンクで対応できます、重要な配線は簡素にしておいた方が不具合が起きにくいですしトラブルシューティングも簡単です。


>ガラス管タイプのスローブローはmAクラス
ガラス管でなく一般的に現在の車両にに付か和ている物でしたら75A位までは手軽に手に入りますし、ホルダーも手に入ります。

ヒューズボックスはエンジンルーム内にあった方が便利だと思います、解体屋などで探すのはいかがでしょう、ヤフオクに出ていますがhttp://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n1 … この辺だとリレーもスローブローヒューズも付きますのでスッキリと収まると思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ヒューズ種別や使い分けをもう少し考えてみようと思います。

お礼日時:2013/12/14 17:47

再度のお礼有り難う御座います。


もしかしてと思い、昔のを探したら、、、、、  有りました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8174305.html

お久しぶりです。
スカイライン。現役 すごいですね。  今日、R-30のスカイラインを見ました。赤黒ツートンのノーマルでした。
僕が、高校生の時の最新モデルでしたが、懐かしく思っていて、帰って来てOKを開けたら、、、、、
もしかしてと思ったので。。。。

実は、JZX-90は刺さってとうの昔に廃車に成りました。
今は、おっさんらしく  カローラのワゴンに乗ってます。
定年に成ってゆとりが出来れば、 フィットのRSとかをLSD入れてシャコタンで乗りたいと夢見てます。

おっさんカローラ、あまりに走らないので、、、
ホイールだけ、昔にはめていた者を使ってますが、、、、、、
いかんせん、貧乏ですので、、、、

無事にウーファー取り付け完了のようですね。

純正の部品の欠品なども有り維持が大変かと思いますが、箱スカ 大事にしてあげて下さい。
五年前位までは、近くで、KGC10、ケンメリ 等 見かけたのですが、、、、
流石に、最近は見かけなくなりました。
今や、中古車で買おうなら300万だと思うのですが、、、、、

正直、良い音してる。。。 思いましたよ。 僕はですが、、、、
JZX-90(2500ccのAT)の前にSW-20のブーストアップ使用に乗ってました。
これは、LSD入れて車高調入れてましたが、コーナー全く駄目でした。
ノーマルのJZX-90の方がコーナー早かったです。

回答と、少しかけ離れてますが、、、、、、
今や、貴重な箱スカ 大事にして下さい。
電気関係、大変そうですね。
でも、それをまた直しながら乗るのが楽しい車かと思います。

実は、ヒューズはそのウーファーに使う為に取り付けましたが、約5年乗りましたが問題無でした。

長話に成り、大変失礼しました。
では、 箱スカ  可愛がってあげて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお世話になっており感謝いたします。
お互い似たような年代になりますでしょうか。
ゆとりができたら、またやんちゃな車の夢、良いですね。
そのうちどこか一緒に走りに行けると良いですね。
それまで箱スカ大事に乗り続けます。

何度もご教授をありがとうございました。

お礼日時:2013/12/14 17:25

お礼有り難う御座います。


読ませて頂きました。
これ、防水に成ってるか解らないですが、サーキットブレーカーと言う物も有るようです。
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%B …
オーディオのでかいウーファーを付けてる人とかが使ってると思います。
ただ、そういった改造は、バッテリーも交換して回答者2の方も書かれてる、オルタネーターも大容量の物に交換してると思います。
これなら、接点はしっかりとしてるので後は防水のしかっただけが問題かと思います。

昔に、200Wのアンプを使った時に室内にどの太さかは忘れたのですが、ヒューズを使って入れた事有ります。
意外と、長く持ちました。 一度も切れなかったです。  乗っていたのはJZX-90 マーク2でした。
参考に成れば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

確かにサーキットブレーカの方が通電的には有利な気がします。実は140Aのサー
キットブレーカも持っているのですが、エンジンルームの熱(かなり厳しいと思
います)や走行中の振動(足回りも硬いので)で落ちてしまうのが心配で使用を
ためらっておりました。サーキットブレーカが落ちてもショート部分を仮修理す
ればとりあえず入れ直せるのはメリットですが、結局、車から降りない限り再起
動できないので、走行中の信頼性がどうなのか・・・。

JZX-90良いですね。もう乗り替えられたのでしょうか。私は箱車で速くて家族も
乗れて、サーキットから家族旅行まで行けるような車が好きです。近所の人から
は暴走族と同一視されるだろうことが悩みですが。(笑)

私はKGC10スカイラインです。ノーマルオルタは40Aくらいだったと思いますが、
80Aにしています。それでも最近の車(140Aくらい?)と比較すれば小さいですが。
オーディオは600Wアンプ1発だけですが、追加メータや電磁ポンプなどへも送って
いるので、3sq程度のケーブルでは心配で8AWG(ちょうど8sqくらい?)で室内へ
引き込んでいるのですが、バッテリー直後で細く絞られるのが気に入らず・・・。

サーキットブレーカかスローブローヒューズかで悩んでみようかと思っています。
ヒューズは円筒ガラス管型よりもこんな形状の方が良いかと見ております。
<http://item.rakuten.co.jp/cyprus/10000914/>

お礼日時:2013/12/14 13:11

カーオーディオに80Aも使うんですか?960Wという計算になりますけど。

ちょっとしたコンサートができますね。
それだけ使う場合は、オルタネーター(発電機)を強化しないと消費に追い付かないと思います。デカイ車なら別ですが、2L程度だったらエンジン回転をそれなりに上げて40Aぐらいがやっとだったかと思います。足らない分はバッテリーを消耗しますので、そのうち、点火に回す分さえ無くなってエンスト。もちろんバッテリーも消耗していますからセルも回らなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

確かに車室内で常時30Aも使えばビックリだと思っています。No.1の方へのお礼に
記載させていただいたようにバッテリー→自作ヒューズボックスまでの8AWGケーブ
ル部分の保護目的なので、この部分の被覆が剥けてボディショートしたらどうせ大
きな電流が流れるだろうから多少大きなヒューズでも車両火災予防の良いかなぁ、
なんて発想でした。

カーオーディオな方々を見ていると最低でも8AWG、さらに4AWG、2AWGの方までいる
ようだったので、(不要に大きいと思われる)80Aくらいのヒューズを使っても、
まだまだヒューズ内は細くてボトルネックになるように見えたので、考慮不要なの
かなぁ、なんて疑問でした。

お礼日時:2013/12/14 09:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電装品の線の太さ

最近、電装品をいろいろ付けようかと思案中です。
それで線の太さがカーショップに行くと、たくさんあります。(0.5、0.75、1.25・・・)
車を見ると、結構細い線が多いです。
それで、既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?(例えは、0.5の線に、1.25のギボシ加工で繋げるととか・・・)
また、線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とするアンペア数ギリギリで耐えられる線を使ってるだけです。
つまり余裕が無いんです。
この余裕の無いトコから分岐させるのは危険です。

そして、車種によっては細い線のくせに、特殊な素材の線を使用して、細いのに高いアンペアを流してる場合もあります。
(特殊っぽい感じは被覆が透明で線の色が銀色だったりします)
(普通の線より硬い感じだったりもしてます)
(つまり一概に細いからって「低いアンペアが流れてる」とは限らないんです。。。)

線って、アンペアとボルトとワットの関係の話になっちゃうけど、御存じなければ、覚えちゃってください。
(ちょっとややこしい説明になるけど、読んでください)
(なかなか簡潔に書けないけどご容赦程を)
(覚えておけばとても便利)
(家電の話なんかでも使える内容なので)

カーショップなどで売られている線に「DC12V-200w以下」とか表示されているでしょ?

例えば、この線なら「DC12Vなら200W以下まで大丈夫だよ」って事です。

ボルト(V)xアンペア(A)=ワット(W)です。

ここから。。。

ワット(W)÷ボルト(V)=アンペア(A)ですよね?

つまり、この「例えばの線」は。。。
200(W)÷12(V)=16.666...(A)って事から。。。

16.666...アンペアまでOKって事です。
(まあ、16アンペアまでとしておきましょうか。。。)

この「16アンペアまでOK」のケーブルであれば、この線には「16アンペア」までの「負荷」を「使用出来ますよ」って事なんです。
「負荷」ってのは「取り付ける何某か」です。
例えばカーステやライトなどの電装品だと、解釈してください。

これらを踏まえて。。。

質問者さんがご覧になった、線で0.5や0.75って表示の後に「使用可能電力」とか書いてあって「DC12V-○○W」とかって記載があるでしょ?
(この記載が無いモノなんかバッタもんです、買わないで下さい)

このボルト数(V)とワット数(W)の記載があれば、上記の計算式でアンペア数(A)を求められますので、そのアンペア数値以下で使用します。

ボルト、アンペア、ワットのうち、どれか二つの数値が分かれば、残りの数値は計算式に当てはめれば弾き出せますよね?

車に「何か」を取付ける場合には新たに線を敷設した方がいいです。
(ホントはどっかを流用したほうがカッコいいんだけどね)

電装品を付ける場合には、その電装品の「必要アンペア数値」を確認して、そのアンペア以上に耐えられる線を使ってください。
(以上であればOK)
(言うところの太い分にはOKです)

「ぶっとい線」を一本、バッテリーや発電機のプラス側から車内へ引き込み、この「ぶっとい線」から分岐させて各種の電装品を取り付ければ、それなりにスマートな配線となります。
(電装品毎に線を車内に引き込むよりは、、、)

ですが、これとて、各種電装品の「合計アンペア数」に耐えられる「ぶっとい線」である事が条件となります。

各電装品の必要アンペア数が表示されてなくても、ワット数さえ分かれば、上記計算式からアンペアは求められますよね?

各種電装品のメーカーに「何アンペアなの?」って問い合わせてもいいけど。。。

そして必要アンペアが分かれば、それに対応した耐えられる線を使います。
ヒューズもその数値のモノを入れます。

<既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?>

「細い線で無ければいけない」とかじゃなくて、既設の線に流れてるアンペア数より、高いか?低いか?です。

低いアンペアしか流れてないトコから、より高いアンペアを求めるは出来ません。
出来ないと言うより危険です。
やっちゃダメです。

また、特殊な線っぽかったらちょっかいは掛けない方がいいです。
(分岐やギボシでは加工不可能な場合もあるし)

太いとこから細いのを取る=アンペア高いトコから低いモノを取るは出来ます。
(ヒューズボックス内から分岐させるはこれにあたります)
(所謂、パクって来るってヤツです)
(20Aのトコから10%くらいのアンペア=2アンペア程度を拝借するくらいなら問題は無いですけど、、、)
出来ますが、あまりお薦めはしません。

<線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?

これは、線を「入れ替える」とかですか?
でしたら、太い分には問題ないです。
(ちょっと無駄だけどね)

特殊な線っぽいのが使われてたら、流れてるアンペア数を調べて、その数値以上の線ならOKです。
流れてるアンペアが不明なら入れ替えとかはしない方が無難です。


車の電装品取付けには電源は出来るだけ、バッテリーや発電機から取ってください。
そして、あまりに多くの電装品を「取付ける」はしないで下さい。

あまりに多いとバッテリーや発電機の負担が大きくなり過ぎて、消耗の時期を早めたり、需要と供給のバランスが崩れて、エンジンが掛からないとか、渋滞中にエンストしてウンともスンともってなってしまう場合があります。

程度問題ですが、あまりゴテゴテ着けない方がいいですよ。

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とする...続きを読む

Qアンプの設置に伴う、電源ケーブルの引き込みと分岐について

 はじめまして。morifore4181と言います。どうぞよろしくお願い致します。
 現在、アンプ1台(カロ PRS-A700)を助手席下に設置するため、4ゲージの電源ケーブルをバルクヘッドを通して引き込みを考えています。そこで分からないことがあります。

1.エンジンルーム内やバルクヘッド自体がかなり高温になりますが、ケーブル保護は必ず必要でしょうか?必要な場合、露出しているケーブル部分を『コルゲートチューブで完全に覆う』のが正解なのでしょうか?

2.将来、アンプをもう一台追加する事を考えていますが、アース線と同じように、電源ケーブルにあっても、分岐した配線の長さは同じにした方が良いのでしょうか?

3.3の場合、通常は4ゲージを8ゲージ2本に分けると思いますが、4ゲージ2本に分けての使用は可能でしょうか?またそのメリット・デメリットはありますでしょうか?

以上、いろいろ手を尽くしましたが、よく分かりませんので、よろしくお教え願います。

Aベストアンサー

1.お手本の回答は「必ずやった方が良い」でしょうが、私の経験ではあまり神経質になる必要は無いと思います(^ ^;
過去に数台電源ケーブルの引き込みをやっていますが、熱問題が起こったことは今のところありません。
なるべくモロに熱を受けるところを上手く回避して引き込めば問題ないはずです。

2.そうなんですか?
私は聞いたことはありませんでした(^ ^;
アースも同じ長さの方が良いのですか?
う~ん・・・。
私の知る限りでは「極力、配線類は短い方が良い」です。
長さを揃えるのは各スピーカーケーブル類だけで良いのではないでしょか。
ただこれも神経質になる必要は無い程度です。

3.理論上、4ゲージ2本に分けた方が良いのではないでしょうか。
多分、抵抗を減らそうとして太いケーブルを使用しているわけですから、分岐後に細くする必要はないと思いますよ。
ただ取り回しが面倒ですよね(^ ^;
あとは分岐などせずにあらかじめ8ゲージでも4ゲージでもいいので最初から2本一緒に引き込んだ方が良いとも思います。
分岐させるとその分だけ配線が長くなりますので。

ちなみに私はデッキとアンプ用に2本、同じ電源ケーブルを引き込んでいます。
皆様は音質を考え、パワーアンプ用に太く抵抗の少ないケーブルを使用しているのだと思いますが、なぜ肝心のCDプレーヤーの電源がオーディオスペース裏の純正のバッ直配線を使用しているのでしょう。
オーディオ機器の電源は命みたいなものです。
大電力を使うパワーアンプのみが高性能な電源ケーブルを必要としているのではないのです。
家庭用オーディオをやっている人からみるとこれは信じられない話だと思います。

ご参考までに。。。

1.お手本の回答は「必ずやった方が良い」でしょうが、私の経験ではあまり神経質になる必要は無いと思います(^ ^;
過去に数台電源ケーブルの引き込みをやっていますが、熱問題が起こったことは今のところありません。
なるべくモロに熱を受けるところを上手く回避して引き込めば問題ないはずです。

2.そうなんですか?
私は聞いたことはありませんでした(^ ^;
アースも同じ長さの方が良いのですか?
う~ん・・・。
私の知る限りでは「極力、配線類は短い方が良い」です。
長さを揃えるのは各スピー...続きを読む

Qサブウーファーの電源の取り方

お世話になります。
サブウーファーの取り付けを考えております。
(ALPINE SWE-1200 最大出力150W)
説明書には、「電源コードは、車両ヒューズボックスを通した後の「10A以上確保できる常時供給電源」に配線してください。」とあります。
ウーファーは「バッテリー直」と良く聞くので、念の為色んなところに質問した結果、下記の通りでした。

車を購入したディーラー
こちらでは接続作業自体をやってはいないが、お客様が接続したのを見ると、ナビの常時電源から分岐で取っている。

某有名カー用品店
ナビの常時電源から分岐、ヒューズボックスの常時電源から取れば良い。
150Wフルで出ることは、まず無いでしょう。

ALPINEのユーザーサポート
ヒューズボックスの常時電源の元から。
普通はヒューズからではなく、ボックス裏側の元から取り出すとのこと。
付属の電源コードがギボシのオスなので、それが挿さる加工が必要と思われる。
(付属コードの切断・加工はするなと説明書に記述あり。)
下記が「説明書と異なりませんか?」と確認したところ、バッテリー直でも大丈夫ですとのこと。
http://alpine.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/1545

どれが正しいのか、いまいち決め兼ねています。
ちなみにALPINEに、ヒューズから電源を取るコードを使用しても良いか確認したところ、「10A以上確保できれば良い」との回答でした。

バッテリー直でも、「充電制御車」というものはできないと聞いたので、この車種は大丈夫?とディーラーに確認しましたが、それについても明確な回答は得られませんでした。
カー用品店は、そのような車種でも繋ぐ場所さえ選べば大丈夫とのこと。
これは車のメーカーに直接確認しなくてはなりませんかね、、、、。


付属の電源コードの先はギボシオスで、そのすぐ後に10Aのヒューズが入っており、他、リモート、オーディオ、アースの線と一緒になっております。
私としては安全なのであれば室内側から取りたい気持ち、危険なのであればバッテリーから取るしかないと思っております。
実際に同じようなウーファーを取り付けた方の意見をお聞きしたいのですが。
よろしくお願い致します。

お世話になります。
サブウーファーの取り付けを考えております。
(ALPINE SWE-1200 最大出力150W)
説明書には、「電源コードは、車両ヒューズボックスを通した後の「10A以上確保できる常時供給電源」に配線してください。」とあります。
ウーファーは「バッテリー直」と良く聞くので、念の為色んなところに質問した結果、下記の通りでした。

車を購入したディーラー
こちらでは接続作業自体をやってはいないが、お客様が接続したのを見ると、ナビの常時電源から分岐で取っている。

某有名カー用品店
ナビの...続きを読む

Aベストアンサー

私は車内にアンプとかプロセッサとか色々つけてるのでバッ直にしてます。その方がその後の機器変更が便利なので。

正直なところ、サブウーハーつけたいだけならバッ直にこだわる必要はないですよ。

雑誌とかバッ直薦めることは多いんですが、音質に有利!とか言ってもパワードサブウーハーだし。外部アンプ取付→セパレートスピーカーの良い奴とかならバッ直薦めますけどね。

基本はメーカーの言うとおり、10A取れるならバッ直にこだわる必要はありません。
バッテリ直で接続する場合、製品付属の細い10A接続ケーブルではなく、バッ直用のケーブル(かなり太い)を使う必要もあるし、車内引き込み等かなり手間がかかります。そこからさらにアップグレードするならその時バッ直で良いんではないですかね。

Qパワーアンプのつなぎ方を教えてください(超初心者)

よろしくお願いします。

友人から「ALPINE MRV-F400」というパワーアンプを貰いました。
しかし接続の仕方が判らなくて困っています。
そこで接続の仕方をご指導してください。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する
2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する
3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?
4) 「REMOTE」とは何ですか?
5) 「GND」とは何ですか?
6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

現在、フロントスピーカーは純正、リアスピーカーは置型BOXタイプ、
それとスピーカーケーブルをそのまま付けるタイプの簡単ウーハーがあります。

これだけでわかっていただけるか判りませんが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれを接続します。なければ同様にRCA出力もないと思われるので取り付け不可能です。

5) 「GND」とは何ですか?

グラウンドすなわちアース、つまりマイナスのことです。ボディーの鉄板部分に配線します。

6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

1と2をフロント左右 3と4をリア左右です。1)で繋いだRCAケーブルと対応させます。


いわゆる4チャンネルアンプと思われます。4チャンネルとはフロントスピーカー左右とリアスピーカ左右の4つのスピーカーを鳴らせますよってアンプのことです。

あと蛇足ですが、超初心者ですので、、、っていう言い出しはネット上で逆に嫌われる傾向にあることを付け加えておきます。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれ...続きを読む

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

Qパワーアンプのリモートコントロール線について。

車のナビオーディオに、パワーアンプを増設しようとしています。

取付説明書の記載では、パワーアンプ側のリモートコントロール入力には、原則はオーディオユニット側のリモートコントロール出力線を接続することとし、それが無い場合は車体側のACC電源の接続するととあります。

そこで質問なのですが、使い方として、走行時にに100%ナビオーディオを起動しているのであれば、どちらを接続しても同じということでしょうか?

それとも、それ以外にACCよりもリモー出力線に繋いだ方がよいメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 普段の使用や音質面では、通常のイグニッションスイッチの操作(≒エンジンのON・OFF)でポップノイズが発生しないのでしたら、どちらの回路から取っても特に問題ない(ほとんど変わらない)と思います。
※外部アンプ用のシステムリモートをACCから取る場合に、同一のACC回路上に余程ノイズを発生する機器(海外製の安価なドラレコや液晶モニタ-など)でも接続されていない限りは音質面での差は出ないと思います。

 特にAV&ナビ一体機の場合は、オーディオ機能の使用状態に関わらずナビの案内音声や各種操作音などを車両スピーカーから鳴らす必要がありますので(機種によっては地デジの緊急放送への即時対応も)、例えオーディオ機能がOFF状態であっても外部アンプ用のシステムリモート端子は常に出力がONになっていると思います。また、最近のAV&ナビ一体機ではシステムリモートの出力はナビ起動と同時にON状態になり、システムリモートへの出力をOFFにすることができない機種の方が多いと思います。
※昔の、ナビ機能を停止する「ナビスタンバイ」の機能があった頃の機種ではどうだったのかは分かりません。(←「ナビスタンバイ」とは言いましても完全にナビ機能を停止させるわけではなく、液晶画面表示をOFFにしたり一切の案内音声を止める程度でバックグラウンドでは常に自車位置測位はしているはずです)

 アイドリングストップ機能搭載車でアイドリングストップ状態からの復帰時(エンジン再始動時)にナビorオーディオが再起動してしまう車種の場合や、リモコンエンジンスターターを取り付けていてIG-ONからスタート(セルモーター始動)までの待ち時間を長めに設定しておられる場合や昔のディーゼル車でエンジン始動前に数秒間のグロー(余熱)が必要な車種などの場合、MT車の場合は坂道発進などでエンストした場合のエンジン再始動時、…などでは、外部アンプのリモートコントロールの配線をナビorオーディオの外部アンプ制御用のシステムリモート端子ではなくACCから取っていた場合の方が外部アンプ本体電源のOFF時・ON時共にポップノイズが発生する可能性が高くなると思います。
※ナビorオーディオのシステムリモート端子から取っていても、イグニッションスイッチのACC⇔OFFを連続して何度も切り替えた場合や、いつもの手動でのエンジン始動時にIG-ON状態から微妙に時間をおいてからスタートした場合(セルモーターを始動した場合)、MT車でのエンスト時のエンジン再始動時、…などではポップノイズが発生する場合があります。

 ただし、外部アンプ本体までのシステムリモートの配線が途中でショートしたときに、システムリモートの配線にヒューズが無かったり、ヒューズがあってもそれよりも手前側でショートした場合、ナビorオーディオのシステムリモート端子から接続してあればナビorオーディオの本体側でエラー表示されるかナビorオーディオ本体のヒューズが切れるだけで済むかもしれませんが、車両ハーネスのACC電源回路から取っていると車両側のヒューズが飛んでしまい、同一のヒューズ回路上にある他の車内機器が使用できなくなります。
※例えば(車種にも因りますが)、ナビorオーディオと同じACC電源回路から外部アンプ用のシステムリモートを取っていて車両側のヒューズが切れた場合にはナビorオーディオ以外にもルームランプや集中ドアロック機能なども使用できなくなる可能性が考えられます。
※外部アンプ本体側の接続端子がコネクター形状などでショートしにくい設計でしたらまだいいのですが、(ネジ止めの)ターミナルタイプでカバーが無く端子がむき出しの場合で、更にアンプ本体を人や荷物などが触れやすい場所に設置しておられるのでしたら十分にご注意ください。
※外部アンプまでのシステムリモートの配線にヒューズを取り付ける場合、ヒューズの位置は車両ハーネスからの分岐箇所に近いほど安心です。

 また、外部アンプ側のリモートコントロールをナビ本体とは別のACC電源回路から取って接続している場合では、他の機器で不具合が発生して車両側のヒューズが切れてしまうと外部アンプが作動しなくなりますので、この場合に外部アンプでフロントスピーカー(≒ナビの案内音声が再生されるスピーカー)を駆動しているとナビの音声案内などを聞くことも出来なくなってしまいます。
※例えばシガーライター(アクセサリーソケット)に繋がる車両ハーネスから分岐して外部アンプ用のシステムリモートを取っている場合で、シガープラグタイプの機器(携帯電話機用の充電器など)が故障または配線がショートした場合など。

 普段の使用や音質面では、通常のイグニッションスイッチの操作(≒エンジンのON・OFF)でポップノイズが発生しないのでしたら、どちらの回路から取っても特に問題ない(ほとんど変わらない)と思います。
※外部アンプ用のシステムリモートをACCから取る場合に、同一のACC回路上に余程ノイズを発生する機器(海外製の安価なドラレコや液晶モニタ-など)でも接続されていない限りは音質面での差は出ないと思います。

 特にAV&ナビ一体機の場合は、オーディオ機能の使用状態に関わらずナビの案内音声や各種操作...続きを読む

Qバッ直について

 何度か 電装関係の質問をした時に
回答で「バッ直」について デメリットがあるからと指摘を受けました。

 私は、「リレー付電源ケーブル」という市販のケーブルを
http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=2049
購入店で取り付けてもらって ナビ、電装品等に繋げているのですが

 この場合は「バッ直」とは言わないのでしょうか?

 デメリットがあるからと指摘を受けた人は、
カーステ、ヒューズ等から分配するのが
安全で一般的だと回答されたのですが
<安定した電源取り出し>には バッテリーから
直接電源を取った方が 良いような気がするのですが
どうなんでしょう?

 火災の危険があるような商品を市販するもの?

Aベストアンサー

私見です。

私は、バッテリー直結とは言いません。
私が考えるバッテリー直結とは、リレーなどを介さない事です。

質問者さんの考え方、取り付け方法は、適切だと思います。
注意点としては、稀にリレーがONになりっぱなしの故障がありえるので、
車を降りる時にナビなどの電源がOFFになっている事を確認されると
良いと思います。

リレー付電源ケーブルをエンジンルームから車内に引き込む作業が大変なので、
その工事をしなくて済むカーステ、ヒューズ等から分配するのが一般的になります。

Qオーディオ用パワーケーブルの太さについて

こんにちは。
オーディオ用のパワーケーブルについてお聞きしたいのですが・・・

 4CHアンプを購入しまして、これの電源を取るために、パワーケーブルを購入しました。このケーブルは10ゲージというやつです。

 そこで、この4CHアンプでこのケーブルを使っても大丈夫でしょうか?フルパワーで慣らすことはまず無いと思います。よろしくお願い致します。諸元値は次の通りです。

4CHアンプ能力
最大120W×4(14.4V)
定格60W×4(14.4V)
定格40W×4(12.0V)

別の話ですが、もしケーブル太さが足りない場合には、使った場合には、火災になりますか? よく聞くのが、ウーハーなどが鳴る場合に、ヘッドライトやルームランプなどが暗くなるのは言われることだと思うのですが・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして

まず答えとしては◎大丈夫です。
ポイントが何点かあります。
取り付け方法によっては◎が×になります。

アンプのスペック的に
10ゲージ位が丁度良いと思います。
逆に太すぎても音に力と言うかレスポンスと言うか
スピード感が微妙に?なくなって来ます。

>4CHアンプ能力
最大120W×4(14.4V)
定格60W×4(14.4V)
定格40W×4(12.0V)

とのことですので通常、定格40W×4(12.0V)
付近で駆動する感じだと思います。
きちんと取り付ければ火災もありません。

ですが取り付けはDIYですか?
パワーケーブルはバッテリーのプラスから直接しっかりと10ゲージ用の端子を使って
接続しましょう。(車内の常時12Vからとると10ゲージ使う意味ない。)
全ての端子は抵抗の少ない金メッキされてる物だと更に良いです。
端子のサイズが合ってないとカシメたつもりでも振動などで抜ける可能性が
あるので気をつけて下さい。(抜けてグランドに落ちると火災です。)

音質的には良くないかもしれませんがが抜け防止に半田を入れてしまうのも裏技です。
次に電源からなるべく近い所でフューズブロック(ブレーカー)を入れて下さい。(15センチ以内が良い。)

プラス線にばかり目に行きがちですが入り口(+)と出口(-)は同じ太さが理想です。
グランド(-)は出来ればフレーム部分にキチンと鉄肌をペーパーで出して短い距離で
落として下さい。

各所には絶縁テープ、コルゲートチューブを巻きましょう。

>よく聞くのが、ウーハーなどが鳴る場合に、ヘッドライトやルームランプなどが暗くなるのは言われることだと思うのですが・・・
これはキャパシターと言う電気を一時的にためておくコンデンサーの様なパーツを使うと解消されて音のレスポンスも良くなります。

こだわると大変ですが安全の為にこの位はしましょう。
参考までにどうぞ

初めまして

まず答えとしては◎大丈夫です。
ポイントが何点かあります。
取り付け方法によっては◎が×になります。

アンプのスペック的に
10ゲージ位が丁度良いと思います。
逆に太すぎても音に力と言うかレスポンスと言うか
スピード感が微妙に?なくなって来ます。

>4CHアンプ能力
最大120W×4(14.4V)
定格60W×4(14.4V)
定格40W×4(12.0V)

とのことですので通常、定格40W×4(12.0V)
付近で駆動する感じだと思います。
きちんと取り付けれ...続きを読む

Qスピーカーケーブルの太さ

スピーカーケーブルというのは結構色々あるようで、太さも結構色々あるようですね。

例えば BELDN だと
8471 16AWG(1.31sq)
8474 14AWG(2.069sq)
8477 12AWG(3.29sq)
は基本的に太さが異なるだけで後は同じようですが・・・

正直な話、ケーブルの太さというのはどういった基準で選定すればいいんでしょうか?

太ければそれだけ抵抗が増えそうな気もしますが、その分電流が多く流れそうですし・・・・

太くなることによるメリットデメリットを教えてくれませんか?

特にデメリットがなければ一番太いものを購入しようかと思っています。

Aベストアンサー

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケーブルが良い音がすると考えるのは大きな間違え。
表皮効果が音声帯域の中で発現しますから、低音域と高音域とのバランスを上手く設計しないと崩れて、どちらかの帯域強調型となりやすい。

細いケーブルの欠点;
導体抵抗が大きくなるのでダンピングファクターが小さくなる。
ケーブル長が短い場合には問題がなく、太いケーブルより良い音が得られる可能性大。

参考URL:http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケー...続きを読む

Qパワーアンプの消費電力について

カーオーディオ用のパワーアンプ(パイオニア製)GM-D7400の購入検討をしているのですが、車の取り付ける際に、80Aのケーブルを接続するのですが、こういったパワーアンプというのは、出力W数を常時消費しているもなのでしょうか? 

例) 
300Wのパワーアンプは、音が出ても小さくても、音量に関係なしに常時300W消費し続けているものなのでしょうか? 
それとも、このパワーアンプにて最大音量にしたとき(最大音量で実用できないと思いますが・・・)にようやく300Wになるものなのでしょうか?? 

GM-D7400は200W×4=800W・・・ 
私の車はマーチなのであまり車格の大きいものではないので、常時800Wもの電流が消費されていると考えるとバッテリーが不安です。 

無音時には消費電力がゼロ・・・いったことはないにしても、 
常時、800Wの電力を消費していると思うと購入に躊躇してしまいます・・・汗

Aベストアンサー

はじめまして♪

オーディオアンプの出力ワット数と言いますのは、最大どこまで出せるか?
と言う指標です。

お乗りに成っている車が最大180Km/hと言えば、普段からそんな速度を乗じ出す事が無いのと同じです。

カーオーディオの場合は数値を大きく出した方が売れると言う形式から、家庭用オーディオの一定時間以上安定的に出し続けられるワット数表記は行なわれず、ほんの数秒とかの瞬間最大値をメインとして書かれているのが一般的です。
どの程度違うかと言えば、おおむね半分と見るのが常識的範囲です。
平均的に100W×4=400Wくらいが持続可能な実用域限界と想像されます。

実際にはフルボリュームで聴き続ける事も無いでしょうオから、さらに1/10くらいでしょう。

仮に、20Wづつ、合計80W出力したとすれば、12V6.666A、アンプ内のロス消費を加えて7A程かと思います。瞬間最大の800Wだとすれば12V66.66A、ロスを加えて67Aくらいでしょう

実用余裕度として電源に80Aのケーブル、実際には大電流で電圧降下を起こしますので、実用上の数値の4倍から10倍というのがオーディオ等では常識なので、連続最大時の4倍近く、実利用時の10倍以上という観点から十分に余裕度を持った、音に関してよく考えられているカロッツェリアらしい配慮でしょう。

アクセルを踏み続ければガソリンが多く消費されるのと同じで、バカでかい音を出し続けなければ電気も多く消費されません。

音量自体はスピーカーが音に変える効率次第です。
スピーカーのスペックに○○dBという部分が有ります。
例えば、、ST-V171Aの場合は、
出力音圧レベル 87 dB
と書かれています。
この数値は1Wで1m地点でどのくらいの音量が得られるかと言う数値です。

3dBアップにアンプパワーは2倍に、6dBなら4倍、10dBなら10倍、20dBなら100倍という具合に成ります。

家庭内で会話が可能な音量域では平均85dBくらいと言われますが、車内はエンジン音やロードノイズ等が在るので2倍なら88dB、4倍なら91dBほどの音量が欲しい所でしょう。
上記のスピーカーの場合、2Wで90dBの音量が得られる計算。
これが普通に聴く音量として、ガンガン鳴らす! としてさらに10dBアップの100dB再生させた場合は平均20W出せば良いのです。
音楽再生はダイナミックに音量も変化するので、平均から数倍、時には10倍もの余裕度を持った方が好ましい場合が在ります。
GM-D7400ですと単チャンネル辺り瞬間最大200Wと言う事なので、もっとも贅沢な余裕度10倍に相当しますね。

最大出力余裕度だけが音質的な着眼点では在りませんが、そういうものなんです。

ちなみに、dB(デシベルと読みます)と実際の音の感覚として、興味が在りましたらリンク先も眺めてみて下さい。上記した室内の平均音量85dBと言うのが実際にはけっこう大きい音の環境と理解出来るかと思いますよ。(^o^)
http://www.geocities.jp/fkmtf928/dB_sound.html

余談が多く成りましたが、2W+2Wのカーコンポも、200W+200W+200W+200Wのカーオーディオも実用上と十分な余裕度と言う視点から両方ともに成立する物だとご理解頂いた上で、バッテリー等への負担も考えてご利用頂ければと思います。

はじめまして♪

オーディオアンプの出力ワット数と言いますのは、最大どこまで出せるか?
と言う指標です。

お乗りに成っている車が最大180Km/hと言えば、普段からそんな速度を乗じ出す事が無いのと同じです。

カーオーディオの場合は数値を大きく出した方が売れると言う形式から、家庭用オーディオの一定時間以上安定的に出し続けられるワット数表記は行なわれず、ほんの数秒とかの瞬間最大値をメインとして書かれているのが一般的です。
どの程度違うかと言えば、おおむね半分と見るのが常識的範囲です。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング