経営工学科1年生です。経営工学概論の授業のレポートなんですけど、まだ経営工学っていうのがいまいちわからないうちにレポートを課せられました。タイトルは「これからの産業と品質管理について」です。A4一枚でいいと言われたのですが、どうとっついていいかわかりません。誰か切り口か、または考えを聞かせてくだされば助かるんですけど・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

134さんの補足になりますが..



昔の品質管理の考え方は、「Process is good , because product is good」
今の品質管理の考え方は、「Product is good , because process is good」
です。
すなわち「製品が規格に適合しているならば、製造工程はよい」という考え方から、「製造工程が良ければ、良い製品ができる」という最終製品重視から製造工程重視に変わってきています。
ISOも、製品に与えられるものではなく、製造工場に与えられるものですし..
    • good
    • 0

製造業の現場で考えること、でよければ。



ただひたすらに品質の良いものを作るのは、簡単なんです。コストをかければいいだけですから。

しかし、世の中デフレで価格競争が厳しくなると、そのコストがたいへんな重荷になってきます。そのため、ギリギリの設計で、そして最小限の品質管理費用で、モノを作らねばなりません。

1960年代の技術でアポロは月まで行けたが、宇宙開発事業団のロケットは失敗続きなのが良い例でしょうか。

「価格破壊に付き合わずに済む、付加価値の高い製品」が理想ではありますが、そんな都合のいい話の転がっている業界ばかりではありませんし・・・。

お耳汚しでした。
    • good
    • 0

 旧態の品質管理は、製品の品質を検査で試験して、問題がなければ出荷していました。


 しかし、次第に工程すべてに品質管理を求められ、TQC、そして、最近では、原料の入荷からその工程の一つ一つに至るまで、決められた工程をたどることを求められ、記録やシステムが重要視される品質システム「ISO9000シリーズ」が確立されてきました。
 これは、世界規格に適合するように作成されています。

 また、より人体への影響のある薬や原薬は、より厳しいGMPという規格をクリアしなければなりません。

 品質管理の手法としてQC七つ道具というものも活用されています。
これは、問題を視覚化し、よりわかりやすく表現する手法です。

 メーカー主導のQC(品質管理のこと)から、ユーザー主導のQCに移行してきています。

 歴史的側面、体系的側面、その内容と要求事項…切り口はいろいろあるかと思います。
    • good
    • 0

ではヒントになりそうなことをいくつか。



雪印乳業の食中毒事件はどのようなことが原因だったでしょうか。また事件後の
経営陣の対応はどうだったでしょう。その結果雪印というメーカーはどんなダメージ
を受けたでしょうか。


製造物責任法(PL法)によりメーカーはどのようなリスク管理責任を負うことに
なったでしょうか。
http://www.law.co.jp/okamura/PL_Law/

そもそもソフトウェアには製造工程というものはありえず、いったんプログラムが
完成すればすべてのコピーは同じものであることが保証されます。
ハードウェアに例えれば、一度設計図が完成したら誰がどうやっても永久に同じもの
を作れるわけです。このような場合は製品の品質≡設計の品質になるわけで、品質管理
の概念を適用するには、従来のようなモノの生産に対するアプローチとは違う考え方
が必要になると思いますが、そのような研究はなされているのでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学通信教育、通信教育部について

こんにちは。
今、工学系(特に機械、電気、通信関連)の通信教育課程、通信教育
学部大学、短大等、きちんと普通通学の学部生と同じに単位の修得の
できる、特に科目履修生が望ましいです(必要科目の選択が出来るの
で助かります)。
大学の通信教育・通信教育学部を探していますがわたしの調べる限り
ではわかりませんでした。
 某国立大学で似たようなのはありましたが、それは一般のカル
チャー関係の(~のための)通信教育で大学の単位と同等ではない
ことがわかりました。
 その様なことに詳しい方、その様なものはない事も含め是非
教えていただければ助かるのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2007年4月現在、工学系(特に機械、電気、通信関連)の学科を持つ通信制大学・短大は存在しません。

Q工学的な事に挑戦してレポートに書くっていう宿題と工学的な事を調べてレポ

工学的な事に挑戦してレポートに書くっていう宿題と工学的な事を調べてレポートに書くっていう宿題が出されたのですがまださっぱり決めてません。何かお勧めがあれば教えてください。

Aベストアンサー

蒸気機関なんかはいかがでしょう。
最初はピストン往復式では無く、冷却式でしたので、連続運転にひどく時間がかかりました。
ピストン往復式になったために小型化され、蒸気機関車にも使えるようになったのです。
また、回転式蒸気圧調節器も技術的に面白いです。
圧力が上がると回転部分の各速度が上昇して、付いている重りが遠心力で上に昇り、蒸気を抜くという工夫がされています、これにより破裂事故がなくなり蒸気機関の「信頼度」が飛躍的に向上しました。

Q大学受験の通信教育について 偏差値45くらいの高校からMARCH、駒澤大学を受けたいと思っているので

大学受験の通信教育について
偏差値45くらいの高校からMARCH、駒澤大学を受けたいと思っているのですが通信教育ならどれがオススメでしょうか?通信教育だけで合格できるものでしょうか?

Aベストアンサー

赤本で過去数年の試験で全て75%正解できるレベルに。
私は偏差値43の高校でした。その中では出来る方だったけど。MARCHに入れたよ。予備校行ってたけど国立目指してて、当時のセンター試験で撃沈した。そこから必死に赤本やったなぁ!

Q医療工学?機械工学?電子工学?

僕は今年浪人して再受験を考えている受験生です。 
志望大学は千葉大で、志望学部は工学部で将来は義眼の研究をしたいとおもっています。そこで伺いたいことがあるのですが、義眼の研究をするためにはやはり医療工学科にいかないとできないのでしょうか。それとも機械工学科や電子工学科でも研究できるのでしょうか。できれば医療工学系の職業に就いている方の意見が伺えれば幸いです。
また医療工学科の就職状態というのはどのようなものなのでしょうか。ちなみに千葉大のメディカルシステム工学科(医療工学科)はできてから3年しか経っていないので就職先があるのか心配です。

Aベストアンサー

義眼の専門家ではないので的外れかもしれませんが、

「義眼」と称して販売しているのは審美上の眼球です。視覚を取り戻す装置としての人工眼球ではありません。「視覚装置」に興味をお持ちであればどのような会社(ベンチャー)が取り組んでいるかご存知と思います。その会社に尋ねるのが最も近道です。

大学で目当てとする先生がいらっしゃるのであれば、先生にメールを出してみるのも良いでしょう。
やっている人に直接聞くのが一番です。研究紀要やカリキュラムをもらえるかもしれません。就職状況なども資料がもらえるはずです。真摯な姿勢で質問すれば、大学や企業も真剣に対応してくれると思います。

電気屋の目で義眼の将来を考えてみると次のようなかんじでしょうか?

目玉の大きさで目の機能を果たす装置は存在しない
目の機能はよく解明されていない(視覚と認識の関係)
カメラで写した画像を脳が認識する過程は解明されていない。たとえば人間の目は綿あめを見て脳内では綿あめをイメージできるが、カメラから捕らえた信号をどのように加工すれば脳内にイメージさせる手段はない。
カメラで写した絵を剣山のような装置で凹凸に変えて指先で認識するような装置は出来ている
文字は視覚で認識しなくても文字認識装置で音声などに変換できるようになっている
カメラで捕らえた色を「赤い」[白い」などと言葉に直すことは技術的に可能
というのが現状です。

http://www.bmc.riken.jp/~yagi/retina/index-j.html

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200602080032.html

こういった課題に対して
電子工学、情報工学の分野では認知科学、医用電子工学という研究が進められています。神経をどう模擬するかとか神経をどう刺激したらどのような認識がされるカなどです。
脳の機能解明をCTスキャナーや血流で解明しようとする研究もされています。装置の取り扱い上、医学部と工学部との共同研究になります。

いずれも学部レベルでは基礎の基礎だけです。就職先も必ず医用電子工学の分野に進むわけではないのである程度汎用の知識教育になります。
大学院に進めば先生の専門を一部分担して味見することができますが、実際にそのテーマで就職できるわけではありません。

学科長の先生(人工眼や視覚装置の研究が出来るかどうか)や学科事務室(就職状況)に問合せてみることをお勧めします
http://www.tms.chiba-u.jp/address.html

参考URL:http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200602080032.html

義眼の専門家ではないので的外れかもしれませんが、

「義眼」と称して販売しているのは審美上の眼球です。視覚を取り戻す装置としての人工眼球ではありません。「視覚装置」に興味をお持ちであればどのような会社(ベンチャー)が取り組んでいるかご存知と思います。その会社に尋ねるのが最も近道です。

大学で目当てとする先生がいらっしゃるのであれば、先生にメールを出してみるのも良いでしょう。
やっている人に直接聞くのが一番です。研究紀要やカリキュラムをもらえるかもしれません。就職状況など...続きを読む

Q佛教大学の通信教育について教えてください。

こんにちは。
現在、僕は30歳ですが近い将来、佛教大学の通信教育に入学を検討してます。
大学の通信教育は年間で何日くらい通学しなければならないのでしょうか?。
年齢的に正社員として勤務しなければならないので、年間通学日数が、大学に入学するかキーポイントになってます。
働きながら通信教育課程に在籍してるもしくは、在籍してた人は、会社と折り合いはつきましたか?。
それと、大学の通信教育は10人が入学して、卒業できる人は1人と聞いたのですが本当でしょうか?。
大学には毎月、通学しなければならないのでしょうか?。
良ければ教えてください。

Aベストアンサー

>大学の通信教育は10人が入学して、卒業できる人は1人と聞いたのですが本当でしょうか?。
大学には毎月、通学しなければならないのでしょうか?。

通信制大学での学習は、
(1)自宅に送られてくる教材や近所の図書館などから借りてきた資料を元にレポートを作成して、通信制大学に郵送する。
(2)1ヵ月後くらいに、採点されたレポートが返送され、合格していたら、次回の単位修得試験を通信制大学に受けに行く。
(3)さらに1ヵ月後くらいに、単位修得試験の結果が届き、合格していれば、その科目の単位修得となります。
・・・という感じの流れで、進んでいきます。

また、科目によっては、春・夏・冬に通信制大学に通学して、授業を受けるスクーリングという通学タイプの科目もあります。

ですから、仕事が忙しくてレポートがほとんど出せない・単位修得試験を受ける時間がない・スクーリングに参加出来ない・・・といったことが起こると、通信制大学入学から7~8年たっても卒業に必要な単位を満たすことが出来ず、留年し続けてしまう・・・ということになる可能性もありますので、必ずしも最短期間で卒業出来るとは限りません。

また、同じ科目のレポートを、何回も何回も書き直して再提出し直しても、合格にならず、レポートを書くことがだんだん面倒になってしまって、結局中退してしまうということもあります。
そのため、通信制大学の卒業率は、極めて低めということになってしまうのです。
基本的に、通信制大学・短大の場合は、卒業者数よりも中退者数や留年者数の方が多いです。

>大学の通信教育は10人が入学して、卒業できる人は1人と聞いたのですが本当でしょうか?。
大学には毎月、通学しなければならないのでしょうか?。

通信制大学での学習は、
(1)自宅に送られてくる教材や近所の図書館などから借りてきた資料を元にレポートを作成して、通信制大学に郵送する。
(2)1ヵ月後くらいに、採点されたレポートが返送され、合格していたら、次回の単位修得試験を通信制大学に受けに行く。
(3)さらに1ヵ月後くらいに、単位修得試験の結果が届き、合格していれば、その...続きを読む

Q経営工学

経営工学について詳しく教えてください。
学べる大学はある程度調べれたのですが、
具体的にどんなことをするのかはわかりませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 工学部のなどの他に、経営学部などを中心とした所でも勉強できます。

 東京理科大学経営学部経営学科などで、経営科学に関する分野の講義や演習を履修する方法があります。経営学部の場合には、簿記・会計や経営学などに関するウェイトが大きくなります。また、理工学部には経営工学科もあるので、本格的にシステムの概要をつかみたいのであれば理工学部の経営工学科を志望してみてはどうでしょうか?

・『東京理科大学理工学部経営工学科』
http://www.tus.ac.jp/fac/riko_man.html
・『東京理科大学経営学部経営学科』
http://www.tus.ac.jp/fac/keiei_man.html

 その他には、国公立大学では、秋田県立大学・筑波大学・東京工業大学・首都大学東京など、また、私立では、東京理科大学・日本大学・法政大学・早稲田大学などで勉強できます。


・『秋田県立大学システム学部経営システム工学科』
http://www.akita-pu.ac.jp/apu/02d.html
・『筑波大学第三学群社会工学類』
http://www.sk.tsukuba.ac.jp/College/index-j.html
・『東京工業大学工学部経営システム工学科』
http://www.eng.titech.ac.jp/administration/undergraduate/industrialsystem.html
・『法政大学工学部経営工学科』
http://www.k.hosei.ac.jp/ceng/hp/ie/index.html
・『ベネッセマナビジョン/学部学科検索/経営工学』
http://search.schoolbenesse.net/dke/servlet/Dke1203Servlet

 経営や経済の勉強は、他学部他学科などの履修制度を利用して他の学部の講義を受講することもできます。例えば、工学部の学生が経済学部で開講されている経済原論やミクロ経済学・マクロ経済学などの講義を履修することもできます。特に、同じ大学で、複数の学部や学科を有する大学では、決められた単位数などによって、他学部や他学科などの講義を履修することなどもできます。
 
 あとは、工学部であれば理数系の知識が必須になってくるので、数学や物理などの勉強を頑張って見てください。

 工学部のなどの他に、経営学部などを中心とした所でも勉強できます。

 東京理科大学経営学部経営学科などで、経営科学に関する分野の講義や演習を履修する方法があります。経営学部の場合には、簿記・会計や経営学などに関するウェイトが大きくなります。また、理工学部には経営工学科もあるので、本格的にシステムの概要をつかみたいのであれば理工学部の経営工学科を志望してみてはどうでしょうか?

・『東京理科大学理工学部経営工学科』
http://www.tus.ac.jp/fac/riko_man.html
・『東京理科大学...続きを読む

Q大学通信教育部に在籍中又は在籍していた方へ

大学の通信教育は卒業が難しいのでしょうか?通信教育について詳しい方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

現在通信制大学に在籍しているものです。
通新制大学は大学によって多少難易度が異なります。
それは教材だったり、提出するレポートの字数だったり、スクーリングの回数だったりいろいろです。

卒業が難しいというと言いますが、
おそらく「コツコツ勉強する」というのが苦手な場合は難しいです。
私は勉強自体をものすごく難しいと思ったことはありません。
けれど、続けることの困難さは感じました。
よって「つづけれるか」がキーになってきます。

通学課程にもいたので、違いを書きますと
通学課程の方が「親切」です。
これは手続き等を毎回通信はしなければいけないので、
毎月送られてくる学校からの冊子をチェックしていなければ
試験の日程やら、提出物の締め切りやらを逃してしまいます。
誰もしかってくれないのが通信教育です。

tom2002さんがどうして通信に興味を持ち、どんな学部に入りたいかがわからないので
アドバイスができないのですが、
下記のURLから探してみるといいですよ。
いろいろな大学の学部等も載っていて、リンクもあります。

私が通信制大学に入る時にチェックしたのは
・編入のため単位認定が充実しているか?
・スクーリングはどのくらい実施されているか?
・学びたい学部・学科があるか?
・学費は適当か?
・通信教育部が活発か?
・とりたい資格はあるか?
・2年間で卒業できるか?(編入のため)
・自分の好きな大学か?

このあたりをチェックしました。
実際大学へ電話したり、学校訪問をしたりもしました。

始めは飽きっぽくて手につかないという人もいますが
徐々に通信で鍛えられていく人もいます。
もちろん挫折していく人や、いろいろな事情があって辞めていく人もいます。

tom2002さんが、今どのような環境におかれているかはわかりませんが、
やってみなければわからいということもあります。
卒業以外のなにかがきっと得れると思いますよ。

入学するのなら、頑張って卒業してほしいです。
マイペースで勉強できるのが通信教育のよさです。

参考URL:http://www.uce.or.jp/

現在通信制大学に在籍しているものです。
通新制大学は大学によって多少難易度が異なります。
それは教材だったり、提出するレポートの字数だったり、スクーリングの回数だったりいろいろです。

卒業が難しいというと言いますが、
おそらく「コツコツ勉強する」というのが苦手な場合は難しいです。
私は勉強自体をものすごく難しいと思ったことはありません。
けれど、続けることの困難さは感じました。
よって「つづけれるか」がキーになってきます。

通学課程にもいたので、違いを書きますと
通学...続きを読む

Q経営工学について

私は、経営工学科の学生です。
そこで、三回生ということもさることながら、
就職活動も本格的に、迫っています。
そこで、就職活動の件なのですが、経営工学という学問を
面接の際、聞かれる場合があると予想されます。
正直、この学問は、あまり、他の工学に比べて、専門性が無いように
思われます。
この経営工学を分かり易い言葉で面接官に上手く
説明してくださる方いらっしゃいませんか?
個人的には、何事も効率化を図る手法を扱うくらいしか
浮かびません。
できる限り、経営工学を専攻している方を中心にお願いします。

Aベストアンサー

経営工学と言う事はIE,QC,ORなんかですよね。
「何事も効率化を図る手法」という後ろ向き(失礼!)よりも「数学等あらゆる手法を駆使して、会社が一番儲かる方法を考える学問です」というほうが受けるんではないでしょうか。

Q小学校教員免許取得 通信教育か大学院

私は現在大学4年で、高校・工業の一種免許状を取得見込みです。

大学時代のボランティアがきっかけで、小学校教員免許を取得し、将来的には小学校教員になりたいと考えています。そこで通信教育か大学院(上越教育大学か鳴門教育大学を検討中)の長期履修制度かで迷っています。
通信教育の場合、非常勤講師をしながらの取得を考えています。

通信教育と大学院のメリット、デメリット(採用試験対策や、その後の臨任での採用など)を教えて頂ければと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通信制大学
※メリット
最短で1年で2種、2年で1種の取得が可能
卒業する必要が無いので卒業研究等の教職に関係無い単位は取得する必要が無い
時間的に自由であり、教育実習時期以外はある程度の仕事もできる
※デメリット
通信制の単位認定は通学制よりも難しい傾向がある
スクリーング以外は、孤独に一人での勉強になる
教育実習先の確保は大抵自分でする

教育大学大学院へ進学
※メリット
最短3年で1種もしくは専修の免許状の取得が可能
普通に勉強すれば単位を落とすことは無い
採用試験の情報や対策が多く、周りの学生も教員志望なのでモチベーションも維持しやすい
長期履修制度の場合、2年分の授業料で3年間履修できる
教育実習は付属学校で行う
地元の公立学校では学閥が存在する(?)
※デメリット
卒業するまで最低3年かかる
3年間学生でその間はアルバイトくらいしかできない

Q大学の経営システム工学科で悩んでいます。

私は経営システム工学科に行きたいのですが、高校で科学・物理の勉強をしていないのですが、大学に入ったらついていけるでしょうか?
 
あと、私は女なのですが女子生徒はどれくらいいますか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

この学科は大学によっても大きく異なります。私が知っている範囲ですが、経営システム工学科は実験計画法や統計のことを主に勉強します。専門は統計や微積を使う研究が多いのですが、工学科の基礎カリキュラムには物理が多いです。物理といっても高校での物理というよりは微積が多いですので、微積がきちんと解けることの方が重要だと思います。
女子は年度によってもバラバラなのですが、1割いないのが普通だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報