電子書籍の厳選無料作品が豊富!

仕事を失ってから貯金を切り崩して生活しています。
就職活動はしていますが障害がありアルバイトでさえ採用してくれるところが全然見つかりません。貯金が底をつく前に生活保護の事を教えてもらいに市役所へ行きましたが門前払いの様な対応ばかりです。状況は説明しているのですが、要約すると「働きなさい。」の言葉ばかりで中々質問に答えてくれません。私も働きたいのです!でも、まるで生活保護費をもらうために嘘を言っているかのような対応です。(すみません。愚痴の様になってしまって。)


何度も市役所へ足を運び、やっとのことで家賃の上限が59800円ということを知りました。
しかし、その額を超えた所には住めないと言われました。
今、住んでいる所の家賃は6万2千円です。
そうすると59800円以下の所に引っ越さなければなりません。
でも、上限を超えた分は生活費を切り詰めればいいのではないかと思います。
市役所にその事を質問しても、曖昧な回答ばかりでハッキリ答えてくれません。
その様な対応で本当にもう疲れました。


生活保護を受けている方で上限家賃以上の住んでいる方はいないのでしょうか?
実際にそうしている方、あるいは、そういう方を知っていれば教えて下さい。
もし居る事が分かれば、改めて市役所へ行く気力も湧きます。
どうかよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

今済んでいるところで申請可能です。



別に役所で家賃払うわけじゃないからです。

家賃扶助という形で出ます。

ただし、単身世帯だと、6万前後しか生活扶助が出ませんので、その分を釣り崩すことになります。
障害者の重度(二級以上なら)障害加算で3万円ほど上乗せになります。

申請の際、口座に千円以上の残高がある場合、申請を却下される場合がありますので、予めお金は下ろしておきましょう。

申請の時に、窓口で「相談ですか?」と聞かれて「はい」と肯定すると、最後の最後で、次回までに検討して下さいと申請を受け付けません。
申請時には「申請するので、申請署を下さい」と断言しましょう。
そうしないと申請できません。
申請には口座の通帳と銀行印が必要です。

親が生活保護申請の取り下げ申請でもしない限りは、申請後30日で受給許可が下ります。
受給費は申請日を起算にされます。
許可されて日が、翌月の支給日を過ぎた場合は、許可された日から1週間後の平日に、保護課の窓口で2か月分受給することになります。
振込みは2ヶ月目以降可能です。
    • good
    • 29
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

障害は3級なので私の場合は対象ではないです。
申請する場合、現金・預貯金は4万円以下になってから来てくださいと言われています。
申請することになった場合、相談ではなく申請だと言わなければいけない事は知りませんでした。
とても勉強になりました。でも申請はしたくないのですが。
申請時に必要なものは既に教えてもらっています。これも教えてもらうまで時間がかかりましたが。

お礼日時:2013/12/15 16:25

大家がわ、管理する不動産店に相談して「共益費を別立てにする」など


家賃本体額を下げられないと、転居実費支給でいいから移れといわれるはずです。
生活保護世帯を前提の入居だと大家が認めてくれなかったり、
不動産店が選んでいる賃貸保証会社がたまたま認めない不便が起きる事もあります。

生活保護は国の法律で決まった事柄を市町村が行う物で、
それ以前に実施する貸付や住宅(家賃)支給などより決まりが厳しくなります。
さらに「再自立を前提に仕事を少しでもする」(差し引きされ、総額はわずかに加算有るが)
と毎月強いられるなど、免税、医療無償の利点よりきついはずです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

家賃上限というのは共益費も含めた上限だと勝手に解釈していました。
生活保護世帯を大家さんが認めない場合、隠そうと思っても勤務先や年収で分かってしまいますね。

>それ以前に実施する貸付や住宅(家賃)支給などより決まりが厳しくなります。

すみません。決まりが厳しくなるというのは具体的にはどのようなことなのでしょうか?

補足日時:2013/12/15 19:09
    • good
    • 27
この回答へのお礼

ありがとうございました。
また市役所へ聞きに行きます。(聞きに行く気力がでました。)
みなさまから聞いたことを市役所の方に言うと、対応が変わりそうな気がします。

お礼日時:2013/12/16 00:34

困っている人を支援するための税金からの生活保護ですので、ある線以上を超えると「生活には困っていない」と判断されます。



多分一般生活の平均の下限何%というボーダーラインだと思いますが、一般人が4万円の家賃で自力で暮らしていられるのなら6万2千円は生活を切り詰める努力をしているとは認められません。

もらった生活費から詰められるほどの金額はもらえないし、無理に詰めて貯金すると減額されます。

家に関しては生活費を詰めればと言っている時点で悲壮感がなさすぎて申請が通ると思えません。

場所がいいとか綺麗な物件とかは保護費受給者には認められません。引っ越し代がないというのがまずは問題ですが、安い所に転居という前提で一時金を借りることはできます。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「プラス2200円位いいじゃないか!」と思ってしまいましたが、
ゼロからの出発と思えばおかしいですね。
それと、私も引越し代を考えていました。
引越さない方が安上がりと判断してしまいました。

まだ申請はしていません。できることなら生活保護は避けたいと思っています。
だから悲壮感がないのだと思います。

お礼日時:2013/12/15 16:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!