社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

お世話になっております。

現在個人事業主で、フリーのエンジニアしてます。
別の事業を将来立ち上げるために、資本金として貯金をしていきたいと考えています。
1年で300万程度の貯金予定で、利益は600万程度です。
現在は法人化は考えておりません。

この資本金の為の貯金を出来れば節税していきたいと考えております。
自分なりに下記が可能かなっと浅学ではございますが、以下を考えました。

(1)いくらか残ってしまうが、貯金の一部を個人共済にはいって、上限まで毎月払う
 ⇒別の事業を行う際にいったん廃業⇒再登録 or 法人化する?
(2)リスクが多大だが、金融商品で運用して増やす。
 ⇒節税ではないですね……。

資本金として最終的に手元に残るお金が減ってしまっては意味がないので、支出は出来れば抑えたいと考えております。
そのため、多額の生命保険への金融商品も視野には入れておりません。(個人なので小規模の生命保険には入ってます……)

上記の(1)(2)以外で節税効果、または効率的な貯金方法はございますでしょうか?
浅学の身であり、色々勘違いの点もあるかと思いますが、お知恵を是非とも頂けますと幸いです。
宜しくお願い致します。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

小規模企業共済を利用されたらどうでしょうか。



掛金はすべて所得控除額になるので、節税ができます。
個人事業の廃業時に、退職金扱いで受理できるので、退職所得控除が受けられるので「まず、税金はでない」です。

つまり「積立金がそのまま、所得控除額になる」お得な制度です。

デメリットは、積立金を支払わないでいると解約手続きを求められ、その際には元本割れがでる可能性があることです。
対応策は「積立金額を減らす」です。

年間84万円までの積立ができます。
おそらく、これ以上の額を可能にすると、節税対策として、ありったけの金を積み立てるケースが出るからではないかと、感じてます。

詳しく調べられてから始められると良いと思いますが「個人事業主には結構お得な制度」であることは間違いないです。

参考URL:http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/shoukibo …
    • good
    • 0

>色々勘違いの点もあるかと思いますが…



はい、たしかに。

>貯金の一部を個人共済にはいって、上限まで毎月払う…
>個人なので小規模の生命保険に…

これらはたしかに少々の節税効果はありますが、考え違いしてはいけないことは、出ていったお金以上に税金が安くなることはないということです。
少々の税金を払い惜しんで元手を大きく削るなど、愚の骨頂というものです。

とにかく現金を貯めることを最優先にするのなら、その年の所得税はきちっと払ったうえで、のこのは元本割れしない銀行預金にしておくよりほかありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング