人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

よろしくおねがいします。

婚姻し、夫の会社を通して手続きも終わっており、社会保険事務所へ問い合わせても3号にきちんとなっております。

しかし、年金手帳の氏名欄の標記は旧姓のままになっています。
ブルーの表紙のものなので、表紙裏にある氏名変更欄に変更後の氏名を記載するようになっていますが、社会保険事務所でも記載してもらえないし、旧姓のままになったままですが、将来年金を受け取る時などに、手続きがややこしくなったりしないのでしょうか?
お恥ずかしい話ですが、離婚歴があるため、現戸籍のみでは氏名変更の経緯が容易に確認できないので、書類がたくさんいるハメになるのなら、今のうちにした方が簡単だなと思います。
自分で記入する欄なのでしょうか?
社会保険事務所に問い合わせても「特に問題ないです」と言われただけで、「じゃあ、記載しましょうか?」などとは言われませんでした。
そういうものなのでしょうか?
ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の年金手帳も、似たようなものです。



大学卒業直後に就職した会社で、厚生年金に加入して初めて作ってもらったもので、退職(国民年金1号に種別変更)、アルバイト先で勤務日数が増えたので共済年金に加入(国民年金2号に種別変更)、結婚(これは共済の方で氏名変更)、仕事を辞めた(国民年金3号に種別変更)、と一通り?変更しました。

やはり、氏名変更や住所変更を年金手帳に記入するのは、役所ではやってもらってません。
自分で備忘録として(勝手に)記入しています。

逆に言うと、役所(とか社会保険庁)で氏名や住所の変更手続きをしてあるなら、年金システム自体は変更されているということです。
年金手帳に「役所の公的記録として」氏名変更や住所変更が記入されていなくても、です……というか、現戸籍のみでは氏名変更の経緯が容易に確認できなくても、おそらく社会保険庁の「年金関係の変更記録」では、最初からの記録があるのではないでしょうか。
自分で記入する欄のようなので、自分で書いてあればOKかと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。まさに、私の不安にジャストミートしたお答えで、嬉しく思ってます。
変更してくれるものではないのですね。「勝手に書いておいてください」と一言事務担当の方からあれば、気にしないでよかったんですけど。 
本当に助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/04/24 10:10

最近は基礎年金番号でコンピューター管理しているので、年金手帳が単なる「忘備録」になっているんですよね。


もちろんそういう法改正があったのではないと思っていますが。
社会保険事務所あるいは区市町村の役所に行って「記入してください」というしかないでしょうか。
当然忘備録ですから自分で記入しても問題はないと思いますが、その時は戸籍をたどってその変更した年月日、手続きした役所なども併せて書いておいた方がいいでしょう。

ところで、年金手帳は今まで1冊しかもらっていないですよね?
そこんところが?だと、話がすべて吹っ飛びます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!はい、手帳も番号も一つだけです。 自分で変更箇所にも途中までは記入していたのですが、公的に訂正しないと駄目なのかしら?と思ってました。役所でも印鑑とか押してくれるわけではなさそうなので、問題なし!という結論にいたします。

お礼日時:2004/04/24 10:16

年金手帳の番号は生涯変わることはないはずです。



ご主人やご自身の現況(退職・転職・就職など)を種別変更を2週間以内に届け出れば社会保険事務所の方がおっしゃるように問題はないと思います。

どうしても都合が悪い場合はご相談されてはいかがでしょうか。

私の場合もyopieさんと同様、家内に離婚暦があり、種別変更の際、今までのお互いの就職や転職などを整理する際に氏名変更をして妻の年金手帳は2つあります。

ただ、詳細はケースによる要素もあると思いますので念のために市役所か社会保険事務所の年金課にお問い合わせしてみて下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
そうですね、年金基礎番号は一つしかないので、大きな問題は無いとは思いましたが、訂正欄があるのに、社会保険事務所に相談しても、特に何も手続きはしてもらえなかったので、「???」となりました。 将来、氏名が年金手帳と同一でない事で、手続きが煩雑になるなど支障がないのなら、いいのですが。
たまたま、対応した方の個人的な見解だけだったのかも、と不安になりましたので、ご相談してみました。
基本的な手続きは滞りなくやっているので、考え過ぎないでよいのでしょうね!ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/23 20:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金手帳の氏名欄を変えるには

24歳の男です。23歳のときに両親の関係で母方の姓へ変わりました。
私自身は結婚歴はありません。

20歳から国民年金に加入していましたが、就職に伴い厚生年金へ移行します。
入社時に年金手帳を提出しなければなりませんが、手帳の氏名欄は
旧姓のままになっていて、どうすれば良いかと考えていたところです。

年金機構から送られてくる年金の納付書・領収証書には変更後の氏名で記載
されていますから、おそらく氏名変更の届け自体は行えていると思われます。
年金手帳の記載だけが旧姓のままということなのかと。
この場合、どのように手続きを行えば良いのでしょう?

(1)年金事務所で、手帳の「変更後の氏名」欄に今の氏名を記載してもらえば良いのでしょうか?
手続きは他県の事務所、または役所でも可能でしょうか?

(2)あるいは、今の記載のまま会社に提出すれば、会社が厚生年金加入手続きと共に処理して
くれたりしますか?

(3)過去の質問などを見ていると、手帳の氏名欄は自分で勝手に書いても良いという記載も
ありましたが、それで良いのでしょうか?
その場合、氏名の変更日はいつとすれば良いでしょうか?

24歳の男です。23歳のときに両親の関係で母方の姓へ変わりました。
私自身は結婚歴はありません。

20歳から国民年金に加入していましたが、就職に伴い厚生年金へ移行します。
入社時に年金手帳を提出しなければなりませんが、手帳の氏名欄は
旧姓のままになっていて、どうすれば良いかと考えていたところです。

年金機構から送られてくる年金の納付書・領収証書には変更後の氏名で記載
されていますから、おそらく氏名変更の届け自体は行えていると思われます。
年金手帳の記載だけが旧姓のままということなのか...続きを読む

Aベストアンサー

No.2/補足》年金手帳の変更後の氏名欄には氏名の変更日を書くようになっています。

・年金手帳はいくつかの種類があるのでしょうか(監督官庁の変遷が多いですから)。私の年金手帳は平成9年の社会保険庁のものですが「変更日」というものがありません。そして
・末尾の注意事項には氏名が変わったには氏名変更届けを市町村役場に出して下さい、となっています。もっとも質問者さんの場合は役所の原本は既に変更済みですから変更届けについては完了しています。
・ということでご自身で変更してもよい、というのが私見です。今回の提出先は勤務先止まりです。受付担当者の機嫌次第で何か言われるかも知れませんので日付欄は事実をお書きになったらいかがですか(余計な説明をいなくても済みます)。

Q3年も年金手帳の氏名変更をうっかり忘れていました

結婚して3年になるのですが、年金手帳の氏名変更の届けを忘れたまま3年も経過してしまいました。今更、役所で手続きは可能なのでしょうか?簡単に出来るのでしょうか?主人は会社員で結婚した時に、主人の会社へ私の年金手帳を提出したのですが、何も記載されていない事に最近気付き、現在焦っております。
それと、大変恥ずかしい話なのですが・・現在36歳で、3年前に結婚する1年前に社会保険に加入していて、それ以前はフリーターをしていて国民年金未納期間があるのですが、追徴金を含めると納める金額はいくら位になるのでしょうか・・?現在収入の無い主婦なので考えるだけで眠れなくなり憂鬱です。自業自得なのですけど・・。
詳しい方、回答のほう、よろしくお願い致します・・。

Aベストアンサー

現在、年金加入記録が迷子になっている問題が発生しているように、
正しいデータを登録しておくことは、将来の年金受給のためにとても大切なことですので、すぐに届をされることです。

>国民年金未納期間があるのですが、追徴金を含めると納める金額はいくら位になるのでしょうか・・?

下にリンクをつけたとおり、時効の2年を過ぎています。ご心配は不要でしょう。
けれども請求の心配をするよりも、むしろ納めたくても納められないことの方を問題にすべきです。
年金を受給するためには最低25年間保険料を納付する必要があります。

参考URL:http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/hokenryo_ans01.htm#qa0601-q606

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q退職後、夫の扶養に入れないと言われました

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」はもらえません。
(出産後に35万円の出産手当金はもらえます)

失業保険の受給は働く準備が出来るまで延期する予定です。(2年後くらいを考えています)

という事で、今年の9月1日からは私の収入はゼロです。

それで夫の会社の組合に9月から扶養に入れるか確認してもらった所、「奥さんの源泉徴収票を出して下さい」と言われました。
今手元にあるのは去年の収入である「18年度の源泉徴収」です。
それを見て「扶養には入れません」と言われたそうです。

来年になってまた「源泉徴収を出すように」言われた場合、19年度の源泉徴収を見せる事になりますが、19年度(今年)は8月31日まで働いたので、退職金も合わせるとちょうど130万を超えると思います。
そうなると来年も私は扶養に入れないと言われました。

私は来年は全く無職の状態なのですが・・(失業保険などの給付もまだ受けませんし)扶養に入れないのでしょうか。

「保険」も「年金」も前年度の源泉徴収を見て判断されるものなのですか?

他の方の質問を見ていると、なんだかおかしい気がします。
でも夫が会社で聞くとそう言われるらしく・・。
夫の会社の組合規則が厳しいのでしょうか。

ご回答を頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」...続きを読む

Aベストアンサー

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に収入があっても、退職した書類(離職票等)を提出すれば、理解してもらえると思いますが、退職後の扶養申請のことだと伝わっているのでしょうか。退職前の状態(現時点)で扶養申請することを相談されれば、当然断られると思います。

決定権者は健保組合であり、会社は手続きの代行機関でしかありません。なので、直接組合に確認されることをお勧めします。
永久に入れないことはないと思います。

>退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。

任意継続制度は、健康保険法上当然生きています。継続療養制度と勘違いしているのではないでしょうか。これは、あなた様の会社が間違った情報を持っていると思われます。これについても、直接貴方様が入っている健康保険(政管健保なら社会保険事務所、組合健保ならその組合)にご確認されることをお勧めします。任意継続は直接健康保険に手続きしますので、会社に関係なく直接手続きできます。

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に...続きを読む

Q結婚して夫の扶養となり健康保険を切り替える時どのような書類が必要ですか?

今アルバイト生活で、国民健康保険を納めています。
来年結婚して夫の扶養となるつもりなのですが、
夫の会社に提出する書類として何が必要でしょうか?

会社に問い合わせるべきとは思いますが、
ちょっと事情があってできないので、
基本的な書類とか、大体で良いので教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

まず夫の健保が政管健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が政管健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が政管健保かあるいは扶養の規定が政管健保に準拠している組合健保の場合

130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。

B.夫の健保が扶養の規定が政管健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
恐らく賞与についても独自の解釈をすると思われるので、そのことも含めて聞くしかありません。

ということでまず夫の健保が政管健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば政管健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は政管健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに沿うような形で扶養を外れないように働くということです。

>来年結婚して夫の扶養となるつもりなのですが

夫(になる人)の扶養になれるということは確認済みなのでしょうか?
上記のように結婚してからも仕事を続けるのなら、収入の制限がありますし、また夫の健保がBであればロのように前年の収入によって判断するところだと、現在は無職・無収入でも前年の収入が130万を超えていれば扶養にはなれません。
ですからそこのところを確認しているかと言うことです。
なれるだろうで確認せずに、土壇場になってなれませんという事になると大慌てと言うことになりかねませんが、どうなのでしょうか?

>夫の会社に提出する書類として何が必要でしょうか?

一応扶養になれると仮定して。
夫の健康保険の扶養になれば、国民年金は第3号被保険者になれます。
第3号号被保険者は保険料はなしで、国民年金に加入できる制度です。
ですから夫の会社には少なくとも「健康保険扶養者(異動)届」、「国民年金第3号被保険者変更届」、それから質問者の方の年金手帳を提出することになります。

それから扶養になっても自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。

市区町村の役所に連絡して結婚して会社の扶養になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養につ...続きを読む

Q年金手帳の記載について教えて下さい。

年金手帳の記載について質問させていただきます。

結婚し苗字が変わったので市役所の年金課で
氏名変更の手続きに行きました。
(私自身は扶養家族ですので第3号被保険者です。)

年金手帳には、以下の注意事項があります。
次のような場合の届出などには年金手帳の提出が必要です。
・氏名を変更したとき

ですが、年金課に行くと担当者に
「こちらですることはありません。自分で書き込んで下さい。
記録上の氏名の書き換えは会社がしますし、それはこちらにも反映されますので。
年金記録欄においても自分で書いて下さい。自分のメモ帳として活用してください。」
とのことでした。
年金手帳は身分証になる場合もあり、自分で書いたり訂正して良いものと
思っていなかったので驚きました。

そのようなものなのでしょうか?
それで良いならいいのですが、
昨今の年金のずさんな管理がありますので少々不安です。
お詳しい方、ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

市役所が行う国民年金の事務手続きは、第1号被保険者だけです。ですので、第3号被保険者は市役所では手続きそのものができません。

第3号被保険者の妻の場合、夫の会社が夫の会社を管轄する社会保険事務所に届けを出します。その届出の際年金手帳を出す必要はなく、基礎年金番号が届出書類に書いてあれば、OKです。会社によって違いはありますが、年金手帳を一度提出してもらい、番号を確認したらそのまま本人に返却するところも多いです。

以前は手帳を必ず社保事務所に出す必要があったのですが、現在は事務手続き簡素化のため、このようになりました。ですので、記録欄がある手帳では自分の備忘録として自分で記入して構いません。

どうしても気になるなら、社保事務所に年金手帳を持っていけば、手帳の氏名変更の記入はしてくれると思います。訂正印も押してくれるでしょう。

Q健康保険証取得手続き中の通院についての支払について

色々調べたところ、例えば転職したときや、結婚して旦那さんの扶養に入る時などに新たに申請する健康保険の資格取得手続きですが、最近は協会けんぽと社会保険事務所に事務処理が分かれてから、発行に3週間くらいは要するとのこと。
その間、健康保険証がない期間が発生するわけですが、仕方なく通院が発生した場合、10割を一旦払わなければいけないですよね。
そしてその際、『被保険者資格証明書』を申請してもらっておけば、保険証の代わりとして使えて3割負担ですむ、というのも調べましたが、社会保険事務所に聞いたところ、実情は、この証明書さえも、手元に届くのに時間がかかり、結局は本来正式な保険証の届く日より三日ほど早く届くだけとのことで、あまり利用している人はいない、という回答でした。
せっかくの証明書なのにあまり意味ないなと思いました。
結局、何か身の回りに変化があるときは、こうやって医療費の自己負担は避けられない・・・というのが現状なのでしょうか?それとも何か回避する方法がありますでしょうか?
企業の担当者さんなど、よくかかわっておられる方のアドバイスいただけたら幸いです。

色々調べたところ、例えば転職したときや、結婚して旦那さんの扶養に入る時などに新たに申請する健康保険の資格取得手続きですが、最近は協会けんぽと社会保険事務所に事務処理が分かれてから、発行に3週間くらいは要するとのこと。
その間、健康保険証がない期間が発生するわけですが、仕方なく通院が発生した場合、10割を一旦払わなければいけないですよね。
そしてその際、『被保険者資格証明書』を申請してもらっておけば、保険証の代わりとして使えて3割負担ですむ、というのも調べましたが、社会保険事務所...続きを読む

Aベストアンサー

病院は保険組合からは必ず保険証を確認するように指導を受けています。

医療費を病院が保険組合に請求する際、レセプトと呼ばれる医療明細を翌月10日までに審査機関に提出しますが、そこに有効である保険証番号を記載しなければなりません。
資格証明書にせよなんにせよこの期限までに記号番号が通知されなければ、次の請求までの1ヶ月分を病院が負担しなければならないのです。

病院によっては月末までに保険証が確認できれば自己負担分のみでよいとする場合もありますが、確認できる確証がないので一旦全額負担いただき、月末までに保険証が確認できたら返金、それ以降は保険組合へ還付請求というのが一般的な対応になるかと思います。

Q結婚後の年金手帳氏名

8月末に入籍して、名字が変わったのですが、思えば、年金手帳の氏名は変更しなければならないのでしょうか?
その場合、市役所ですか?
私は派遣社員で、派遣で保険に加入しているので、旦那の扶養になるわけではないのですが。
そこで、派遣先へ、今まで使っていた保険証と、年金手帳を郵送するのですが、年金手帳の氏名が変更なっていないことに気づき、どうしたらいいものかと。。
私の住んでいる市役所のHPを見て、変更手続きのいるもの、を確認したところ、氏名変更はかかれていなかったのですが。。
どなたかわかる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

手帳の書き換えはご自分で。

〉派遣先へ、今まで使っていた保険証と、年金手帳を郵送するのですが
派遣労働者は、あくまでも派遣元(派遣会社)の従業員です。
健康保険・厚生年金の手続きは派遣元がおこないます。

あなたが厚生年金に加入しているのなら派遣元を通しての手続きです。
国民年金第1号なら、戸籍届け出により自動的にされるはずですが。

国民年金は社会保険事務所の仕事で、市町村は一部の仕事の窓口になるだけですので、詳しく説明していない場合があります。

Q住所変更を忘れていました。

国民年金の3号Aです。

昨日、何気なく、年金手帳を見たら、住所変更がしてありませんでした。
7年前に同一市内間で引っ越しをしたのですが、その時に、手続きに行ったような気がしていたのですが、記載されていないので、やはり、忘れているんだと・・・。

この場合って、将来の受給になにか関係がありますか?

それと、今は、サラリーマンの妻で、個人での保険料の支払いをしていないので、よくわからないのですが、主人の会社名が変更になったのですが、なにか手続きとかありますか?

いずれにしろ、市役所の国民年金係に行けばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

既に書いておられる他の皆さんの内容と同じになります。
ご確認されたい場合は、市役所ではなくて、社会保険事務所の方がベストです。
国民年金1号の方は市役所が窓口でも、国民年金3号の場合は、厚生年金に加入しているご主人の会社の人事総務の方が、事務手続きをまとめて社会保険事務所へ申請されますので、社会保険事務所になります。
会社の管轄の社会保険事務所でなくても、大丈夫ですから、ご自宅のお近くの社会保険事務所へご確認されると良ろしいかと思います。

年金手帳への記入についてですが、
住所変更の欄は、平成9年に基礎年金番号が統一されてからは、変更後の住所を年金手帳へは記入されません。決して、社会保険事務所の職員の方や市役所の職員の方が記入を忘れておられる訳ではなく、正常に手続き済みでも何も書かれません。
よほど書いて欲しいと申し出て懇願された場合は、記入されることもありますが、たいてい記入されないことが多いです。
また同様に、年金手帳の後ろのページにある加入歴の欄も会社の方も、現在はほとんどの企業で、個人情報保護の面から年金手帳の記入欄には何も書かない場合が多いです。
だからと言って、将来の年金受給の際の金額には影響しませんから、お気にされなくても大丈夫です。

ところで、会社の人事総務の人が、転居した社員の健康保険証の住所変更はしたけれど、厚生年金手帳の住所変更の手続きを忘れておられる場合が、時々ありますよ。この際ですから、国民年金3号である奥さんの年金手帳だけでなく、ご主人の年金手帳の分も、念のため、住所変更がなされているかどうか、一緒にご確認しておかれてはいかがでしょうか。
もし住所変更されていなかった場合でも、手続きは、会社経由になりますが、すぐに手続きしていただけますから、ご主人の会社に依頼されれば大丈夫です。

ご主人が転職したのではなく、会社の方で社名が変更になった、所在地が変更したという場合については手続きは一切不要。ご主人の会社の人事総務の方が、会社に関する手続きを全てされます。
社名変更、所在地変更だけでなく、会社の社長さんが交代した場合なども、会社に関することなので、会社の総務人事の方が続きされますから、この部分に関しては、何もしなくて大丈夫です。

将来の年金に影響するのは、年金手帳がお手元に何冊か残っていると言う場合です。女性の場合は、旧姓の年金手帳がお手元に残っているという場合がよくあります。その場合は、一冊に番号をまとめる、統合する手続きが必要です。その場合も国民年金3号の方は、ご主人の会社経由での手続きとなりますよ。

既に書いておられる他の皆さんの内容と同じになります。
ご確認されたい場合は、市役所ではなくて、社会保険事務所の方がベストです。
国民年金1号の方は市役所が窓口でも、国民年金3号の場合は、厚生年金に加入しているご主人の会社の人事総務の方が、事務手続きをまとめて社会保険事務所へ申請されますので、社会保険事務所になります。
会社の管轄の社会保険事務所でなくても、大丈夫ですから、ご自宅のお近くの社会保険事務所へご確認されると良ろしいかと思います。

年金手帳への記入についてですが...続きを読む

Q夫の扶養に入る一番良いタイミングとは・・・?

扶養に入るタイミングについて質問させていただきます。

現在、私はアルバイトで年収130万円以上稼いでいる為、自分で社会健康保険に加入しています。

年内に、籍は入れるのですが年明け2月頃までは今の雇用形態のままフルタイムで働く予定です。(アパレル関係なので、繁忙期が過ぎるまでと考えています)
その後、夫の扶養に入った後は年収130万円以下になるよう雇用形態を変え、現在の仕事を続けるつもりでいます。

将来的に、妊娠・出産をした時にもらえる手当ては、自分で社会保険に入っている時と夫の扶養に入っているときで差は出てしまうのでしょうか?
それによっては、妊娠がわかるまではとりあえず今の雇用形態を継続していた方が得になるのでは・・・?と迷ってしまいました。

ちなみに、現在のはっきりとした年収は約170万円です。
そこから保険料などが引かれて、手取りは145万円程度になり、扶養に入って130万まで稼ぐのとあまり大差ない金額になります。

保険や手当てについて、調べてはみたのですが物によって受けられる・受けられないと様々でよく分からなくなってしまいました。

無知すぎてお恥ずかしいのですが、どなたか分かり易く教えていただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

扶養に入るタイミングについて質問させていただきます。

現在、私はアルバイトで年収130万円以上稼いでいる為、自分で社会健康保険に加入しています。

年内に、籍は入れるのですが年明け2月頃までは今の雇用形態のままフルタイムで働く予定です。(アパレル関係なので、繁忙期が過ぎるまでと考えています)
その後、夫の扶養に入った後は年収130万円以下になるよう雇用形態を変え、現在の仕事を続けるつもりでいます。

将来的に、妊娠・出産をした時にもらえる手当ては、自分で社会保険に入っている時と...続きを読む

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

つまり税金については国税庁をトップとしてそれぞれの税務署がその下にあるのでひとつの組織であり規定も統一されています、しかし健康保険については何らかの統括する機関がトップにあってその下に各健保がある統一された組織ではなく、各健保がバラバラに独自の規定を持って運営しているというのが大きな違いなのです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
年内に、籍は入れるのですが年明け2月頃までは今の雇用形態のままフルタイムで働く予定です。(アパレル関係なので、繁忙期が過ぎるまでと考えています)
その後、夫の扶養に入った後は年収130万円以下になるよう雇用形態を変え、現在の仕事を続けるつもりでいます。

ですから退職して無職・無収入になれば、退職した翌日から扶養になれます。

B.夫の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
場合によっては扶養になるのは来年あるいは、再来年と言うこともありえます。

ということでまず夫の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

「○○社会保険事務所」あるいは「全国健康保険協会 ○○支部」ならば協会(旧・政管)健保です、この場合は上記のAになります。

「○○健康保険組合」ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。
またBの場合は扶養になれなくても、第3号被保険者にはなれることもあるので気を付けてください。

つまり夫の健保によって扶養の規定そのものが異なるということです。

>年内に、籍は入れるのですが年明け2月頃までは今の雇用形態のままフルタイムで働く予定です。(アパレル関係なので、繁忙期が過ぎるまでと考えています)
その後、夫の扶養に入った後は年収130万円以下になるよう雇用形態を変え、現在の仕事を続けるつもりでいます。

夫の健保がAであれば給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
ですから年収ではなく月額が約108330円を下回ればその月から夫の健康保険の扶養と第3号被保険者になれるということです。
夫の健保がBであればその健保に聞かなければ扶養の条件は判りません。
例えば前年の年収を基準にしている健保であれば、その年一杯は扶養になれません。
ただし第3号被保険者にはなれる場合があります。

>将来的に、妊娠・出産をした時にもらえる手当ては、自分で社会保険に入っている時と夫の扶養に入っているときで差は出てしまうのでしょうか?

出産に関する手当てと言うと健保から出る出産育児一時金と出産手当金があります。
出産育児一時金は夫の扶養になっても夫の健保から出ます(名称は家族出産育児一時金ですが内容は同じです)、ですから扶養への切替時期に運悪くエアポケットのように無保険の時期が出来てしまってその時期にまた悪いことが重なって出産したと言うことでもなければ必ずもらえます。
ただ出産育児一時金にはどこの健保でも必ず出る最低金額として法定給付額があり、一部の健保ではそのほかに附加金がプラスαされます。
ですから質問者の方の健保には附加金があり夫の健保には附加金がない、ということですのでそういう場合に限ってどちらでもらうかによって損得があるということです。

一方出産手当金は質問者の方自身が被保険者として健保に加入していなければ受け取れません、夫の扶養では無理です。

出産育児一時金は平成21年10月1日から被保険者に支給するのではなく、直接支払制度という方式に変わりました。
直接支払制度というのは医療機関へ直接出産育児一時金が支払われます。
ですから今までですと退院時に妊婦側が出産費用を払って後日出産育児一時金を健保や国民健康保険に請求する方式でしたが、それですと一時的にせよまとまった金額を用意しなければいけませんでした。
しかし直接支払制度ですと出産育児一時金をオーバーした分だけを払えばよいので、まとまった金額を用意する必要はありません、また出産育児一時金より出産費用が少なければ差額は健保や国民健康保険に請求すればもらえます。
妊婦側としてすることは医療機関等の窓口などにおいて保険証を提示して、申請・受取に係る代理契約を締結することです。
ですから出産する医療機関の窓口で出産育児一時金の直接支払制度を利用したい旨を伝えれば、申請の用紙を渡してくれるはずです。

それと正確には出産育児一時金としては39万円です、3万は産科医療補償制度の保険料です。
ですから産科医療補償制度に加入していない医療機関ですと39万のみになります(そういうところは殆どないでしょうが)。
また42万は法定給付額なので、組合健保ですとその他に附加金が付くことがあります。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

つまり税金については国税庁をトップとしてそれぞれの税務署がその下にあ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング